鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

今日の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

627: :2016/04/28(木) 22:43:34.82 ID:

出産当日に浮気もしくは風呂屋や072三昧でお見舞いに来ない男をどう思う?かつ会社や他の身内には嘘ついて見舞いに行ってたことにしたりイクメンぶったり

ポイ捨て物件かそれとも老後に復讐か

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

369: :2016/04/28(木) 07:04:46.89 ID:

職場の年下の毒男から好きと言われ適当に笑って流してた
それでも好き攻撃を止めない毒男が懐いてくる子犬のようで可愛かった
気付けばいつの間にか私は彼を好きになってた
個人的に連絡を取り始めたら会話の端々から「恋人は面倒だからお手軽な浮気相手が欲しい」だけなんだと判明

一線越えずに済んでるけどそんな人を好きになってしまった自分が情けない
一晩眠ったら決心つくと思ったけどそんなこともなくて辛い
離婚して恋人同士として付き合いたいと思ってたのに
そういうのは望んでないよと明るく言われてしまった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

621: :2016/04/18(月) 22:31:17.03 ID:

相談お願いします
付き合って半年、ここ2ヶ月半は事実上同棲している彼女が行為させてくれません
こういう場合どうすれば進展すると思いますか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
729: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/23(木) 01:01:03.61 ID:VPwfP4gY
大学一年生の夏休みのことです。 
温泉が好きで着付けも出来るので一ヶ月のみの中居のアルバイトに某有名温泉地へ行きました。 
アルバイト自体初めてでしたけど、接客未経験でも大丈夫という文言をバカ正直に信じていたので 
いたので、初日から心を砕かれました。 
30分前に仕事場について遅いと30分説教 
自前の着付けセット(祖母から借りた上等のもの)を豚に真珠と笑われる 
団体客の朝食の部屋で、「すみません、新人なんですけど本当に能無しで今まで何して生きていたんでしょう。 
多めに見てやって下さい」とお客様に挨拶 
あだ名は動かないゴキブリ 
仕事出来ない奴に休憩は要らないと休憩なし 
草履を生ゴミシューターにポイ 
初日から帰ろうかと思いましたが、交通費貰えないので我慢しようと思いました。 
二日目は男性のみの団体旅行の宴会で、コンパニオンが大量に来てドン引き更にコンパニオンが脱ぎ出して二重にドン引き 
酔ってるお客様だらけで、お尻や胸を触られる上に、おじちゃんが上手に仕込んであげるから部屋においで 
とか耳元で囁かれるその他セクハラ三昧 
気持ち悪いので中居長に相談したら、相手してもらえるだけ儲けもんと思えと言われました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
4: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/08/12(水) 23:42:27 ID:XxXT2lOT
兎良(バニラ) 


3年前の自分をころしたい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
87: 彼氏いない歴774年 2008/01/11(金) 02:03:16 ID:MthDZqmp
高校の頃、年末に班ごとに分かれて県内の老人ホームを訪問するという学校行事があった。 
当日、朝から施設にお邪魔して、職員さんに指導して頂きつつ大掃除のお手伝いをしていると、「女の子がそんな重いもの持ったらいか~ん!」とか言いつつ入居者のお爺ちゃん達が登場。 
どう見てもお爺ちゃん達より二の腕の太い私が運んでいた机を奪っていった。他に運ぶものも沢山あったのだが、「わしらが運ぶ!」と触らせてくれない。 
どうしたら良いかわからずオロオロしていると、職員さんが、「『じょしこうせいが来る!』って、一週間前から張り切ってたのよ~。好きなようにさせてあげたらいいわ。」と笑い混じりに教えてくれた。 
しかし私達の班は、ぶっちゃけ余り者で構成された喪女部隊。女子高生は女子高生でも、垢抜けずもっさりした女子高生だった。

申し訳なくなり、お爺ちゃん達に「ごめんね~…もっと美人が来たら良かったねぇ…」と言ったところ、 
「なにを言ようる!わしらが若い頃は、あんたらみたいな顔が"女優顔"言うて美人じゃったんで!」 
「なんのなんの、今でも十分べっぴんさんじゃよ~」 
「安産型で、働き者で、なにより気持ちが優しい!理想の嫁さんじゃ!」 
「わしがあと60年遅く生まれとりゃあ、あんたらみたいな良い娘さんをほっときゃせんがな。」 
と返事が返ってきた。 

女の子扱いされたのも、優しくされたのも、あんな素敵な言葉をかけられたのも生まれて初めてで、思わず惚れそうになったwww 
私もあと60年早く生まれたかったよ、お爺ちゃん…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

832: :2016/04/22(金) 19:24:54.07 ID:

経験人数一桁の人と結婚したいなと言われました。
叩かれるかもしれませんが私は経験人数二桁いってて彼氏もそのこと知っています。

そっ かごめんね、経験人数一桁の人でいい人見つかるといいねって送ったら「すぐヤる女とは結婚したくないよねwてかすぐヤれる女とかいくらでも出会おうと思え ば出会えるしヤれるけど処/女とかはなかなか…年取る前に小学生に手出すしかないのかなw」みたいな返信が来ました。

同棲するって話出てるしゴールデンウィーク一週間一緒にいる約束もあるのに言われました。
どういう意図で彼はこういうことを言ってるんだろう?別れたいのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

15:愛とタヒの名無しさん2010/07/15 13:56:40

新郎は料理人、新婦は会社員という組み合わせ。
私は新婦ちゃんの先輩で、新郎とも一応顔見知り。
披露宴は順調で割と良い感じにすすんでいた…新郎友人のスピーチまでは。
新郎友人がニコニコと笑いながら
「新婦ちゃんは料理ができないそうですが、新郎が俺が基本から仕込んでやると豪語しているので…」
と言った瞬間、新郎の笑顔が凍りついた。

何せ、二人並んで私の前で
「新郎君がね、新婦ちゃんは料理下手でもいいんだよ。僕が一生君のためにご飯つくるからって言ってくれたの」
「いやー。新婦ちゃんって本当においしそうにご飯食べてくれるんで…この笑顔のためなら毎日つくりますよ」
なんてノロケ話を聞かされたのはほんの10日ほど前。
どうも新郎は職場では「亭主関白でいく」宣言をしているようで、友人スピーチもそこからきたものらしい。

…が、新婦ちゃんの機嫌は見る見る悪くなり、隣で挙動不審になる新郎。
「そっかー。新郎君、料理下手な女とはやっぱり結婚したくないんだー。そっかー。
基礎から仕込むなんて面倒なことするより、料理上手な奥さんみつけたら?」と言って
そのまま高砂から降りてずかずかと自主的退場を開始する新婦。
「ちょ・・ごめん!違うから!そんなこと言ってないから!!」と泣いて縋る新郎。
まるでその姿は貫一お宮のよう(古い?)だった。
「嘘だから!僕そんなこと絶対言ってないから!新婦ちゃんのために一生ご飯つくるから!!!」
絶叫に近い声で泣きながら訴える新郎をみて新婦ちゃんが
「ホントに?一生つくってくれる?」「うん!約束するよ!」
ここで自然に会場からは拍手が沸き起こった(小さかったけど)
一人悪者になった同僚は、スピーチ途中のまま席に戻り、なんだかちょっと居心地悪そうに自棄酒を飲んでいた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

555: 愛とタヒの名無しさん 2015/10/02(金) 13:01:06.13 ID:p+/TaUsi.net
従兄の結婚式でブーケ投げる時、
「まだ結婚してない方は前に」と言われ、
とりあえず私も前に出た。
新婦友人の中、ブーケが投げられる。
思わず手を伸ばすとスポッと入った。

新婦友人たちからは「誰、あの人」という目で見られ
叔母(新郎母)には「空気読め」と怒られた。

まぁ、かれこれ8年前の話です。
その後、2人目の従兄の結婚式があって
ブーケ投げる時にまた私は前にいた。

ブーケ投げる。
また私の腕にブーケがスポッとおさまった。

叔母にまた怒られた。
今度は私がブーケを投げたいな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

707: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 22:59:59.59 ID:w913gYNV.net
別に助ける側の損になる状況とは思えない状況で、
助けてくださいとお願いしたのに助けてくれなかったうえ、
助けないでおこうみたいな反応をされたこと。

交通量の多い3車線の道路で、
左端レーンで停車してる車がいた。

自分はバイクで、渋滞の先頭にその車を見つけ、
バイクを停めて運転手に声を掛けた。
どうも停車中にエンストして
それっきり動かなくなったらしく、
助けを呼んでいる最中だった様子。

とりあえず後ろが渋滞なんで移動させてあげた方が
いいのかなと思ったので、ギアをニュートラルに入れてもらう。

移動を試みるが、歩道の段差を乗り越えないと
待避もできないなと思っていたとき。

近くの洋服の青山から、
老夫婦と呼ぶには若いくらいの年代の夫婦が出てきた。
車を押すのを手伝ってもらおうと
「すみません、車一緒に押すのを助けてくれませんか?」
と声をかけた。

妻の方がまず、えっと声を上げ、
こちらに近寄りかけたとき。
夫がさっと妻の手を引き、
逃げるように反対の方向へ行ってしまった。
去り際に「ええわ、行くな、関わらんとこう」
みたいな事も言っていたかもしれない。

助けてくれるかなと思っていた自分は拍子抜けだった。
結局車の運転手の父親が直後に到着し、
車を一旦洋服の青山の駐車場へ待避することが出来た。

夫婦は既に洋服の青山を車で出た後だったよう。
車を押してもらうだけだったんだけど、
余計なトラブルに巻き込まれる気でもしたのだろうか。
何故あの夫婦は逃げるように帰ってしまったのかが気になる。

このページのトップ