鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

今日の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
261: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/25(火) 00:58:06.05 ID:4gyxvGBI

義姉が少しずうずうしい気がする。

義母亡き後、遺品の整理をした際、「私ちゃんは、着物を持っていきなさい」と、
義母の着物をいくつか私にくれた。

ありがたく頂戴して、時々虫干しして大事にしていた。
それを見て恋しくなったのか、「やっぱりお母さんの着物、形見として私が欲しい」
というので、義姉に返した。

が、数日後「私には着物は荷が重い。あなたのようにマメに管理できない。」
と、私のところへ持ってきたのはいいが、渡した時よりも幾分コンパクトになっていた。

たとう紙は無く、タオルのように小さくたたまれた着物が、スタバの紙袋へ収まっていた。
「良く入ったな…」と感心しつつも、シワだらけになってしまった着物を見て悲しくなった。
後で聞くと、買取店に持って行ったものの高値にならず、私に寄越したらしい。

その後も、義母の生前一緒に買い物に言った時に、義母に買ってもらった私の指輪を
「それも形見として私が持つべきかも…」と狙っていたり、私たちが義実家の近くに買った
マンションも「ここって私の実家でもあるよね?」とおかしなことを言い出す始末。

本当にこの人が、あの優しくて聡明な義母の実子なのか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
257: 1 2013/01/22(火) 13:48:55.62 0

後味悪いかもしれない、
なんかよく判らない修羅場です

結婚した後分かったんだけど、
夫の実家がニート(夫の実妹)を飼っていた
それまで夫含む義実家が必死に隠していて、
完全にいない存在になっていた。

結婚式も
お互いの家族だけで
簡単に済ませちゃったし
全然気付かなかった。
まさかそんな、家族を隠すなんて。
ウトメ夫ともに凄いちゃんとした人達なんだよ。

ある時

義実家に遊びに行ったら、
二階から何度か
大きな物音がしたんで気付いたの。
ウトメも夫も凄く謝って、
全てこちらが面倒を見るから
気にしないでくれと言われた。
実際義実家は代々の資産家だし、
夫も私も金銭的に問題は無いし、
今までその妹に
迷惑をかけられた事などもなにも無いし、
とにかくあまり関わらないでいようと思った。
夫によると、
妹さんは本当の引きこもりで、
全く部屋から出てこないんだそうだ。
ご飯もあまり食べない。
携帯やパソコンも(多分)持ってない。
日々何してるんだか謎。
息を殺すようにして生活していて、
だから家族も妹さんと
顔を合わせないように気を遣って
生活しているんだとか。
大学までは普通に行ってたんだけどって。
5年以上ひきこもりか…。

そんなある時、本当に偶然に
妹さんに出くわしてしまった。
義実家の廊下で。夜中に。
妹さんは、メチャクチャ美人だった。
昔の柴咲コウみたいな一目で分かる美形。
聞いてみたら、通っていた大学と言うのは
東大だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
24612007/11/30(金) 13:34:17 ID:aveesl2s

旦那さんに先立たれてからパートで細々と生活を支えていた母子家庭を見かねて
時々夕食のおかずなどを差し入れてあげていたことがあった。
もちろん食費はこちらもち。
相手から何かもらうとかしてもらうことなどなにもないし下心もなかった。
その家のトメ(故人)さんに主人が入院しているとき子どもをずっとあずかってもらってり
わたしもお昼やお茶をご馳走していただいたりと、たいへん親切にしてもらったから、あのときの恩返しの意味もあった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
31名無しさん@HOME2008/05/23(金) 21:36:49 ID:0

新スレが立ったところで、DQ返しの、報告です。
食べ物や他人が絡むので、本当にDQで申し訳ない。最初に、謝ります。
そして、文章を書くのが苦手なので、読みにくくてすみません。

私は、血の割合では、4分の1日本人。
残りは、白人のごちゃ混ぜ。国籍は日本。(生まれと高校からは日本です)
夫が長期の海外出張へ出てから、突然狂ったみたいに、
ウトメのいびりが凄まじく、どうにか、ギャフンと言わせたく。

(トメ)
私の洗濯物だけ、穴を開けたり、郵便や荷物を、勝手に開けたり。
一回は、下着のマタの部分だけ、切り取られてたこともあるし。
お風呂は、私が入る時にはタンクにお湯ないようにするから、ほとんど水。
(ウトメ)
父の祖国の料理を作れば、鬼畜米英のうんたらかんたらと、料理を捨てるし。
それがショックで、泣く子供の頭を、うるさい!と叩いたり。
母の祖国の料理を作れば、鬼畜米英(ry
*父は日独ハーフ。母はゲルマン系イタリア人。
むしろ、日本の同盟国側だったんだけど、ウトメには白人=鬼畜のようです。
ちなみに、ウトは戦後生まれ。戦争で家族を失ってもいません。
子供にまで、ため息をついて、髪や目の色を悪く言ったりもするし。
私へのいびりなら、まだ戦えるけど、子供にまで手や口を出すのはアウト。
夫が、海外へ長期出張の時にやるもんだから、連絡してDQ返しの許可ゲット。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
3423422008/05/26(月) 10:51:53 ID:0

大トメがボケ入って「あれがない嫁が盗んだ」とか言い張って困ってた。
中途半端なまだらボケなので、近所にも言いふらすし、
調子がいい時しか見てない近所の人は信じてしまった。
ババァが近所で「トメをいびる鬼嫁!」と噂しちゃってて、
最強の良トメの義母は、内にも外にも敵ばっかり。
ウト(大トメの息子)は「ママンはボケたりしない!お前らが盗んだんだろう!」
と言っては、大トメがいう「盗まれた」物を捜索、
大トメが「孫嫁が来てから無くなった!!」と言い張るので
夜遅い時間に家に来て家捜しした事もあった。

ある時、私の祖母が作った半纏と、母が編んだカーディガン(結婚前から愛用)を
「これがばっちゃんの言ってた無くなった上着だ!」と勘違いし、
私を泥棒呼ばわりし、持って行こうとしたウトと夫が大ゲンカ。
夫も多少ボケと認めたくない所もあって「年だから…」とごまかしていて
「じゃあおばあちゃんに見てもらおう、そうしたら一目瞭然だ!」
とタンカを切り、義実家へ。
大トメに見せたら、泣きながら「あった~、ウトちゃんやありがとうなぁ~」。
そして私に「この泥棒!」と言いながら殴りかかってきた。
ウトは大トメを止めながら、「返ってきたんだからいいじゃないか」とか言ってるし、
義母は泣くし、夫は呆然とするしで…

夫は完全に目を覚ましたんだけど、ウトがどうしても「ママンはボケてない路線」を変えない。
実家に行って、まだ学生の私が斑点とカーディガンを着てる写真を持って来て、
「ほら、こんな昔からきてるんですよ」とウトに見せても、納得しない。
と、言うか納得しようとしない…
「ばっちゃんは昔っから町一番のしっかり者だったんだぞ!
行事があれば町中の女房達を仕切ってなぁ!何とかかんとかでなぁ!!」
と怒鳴る。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
356名無しさん@HOME2013/05/06(月) 17:23:24.07 ID:0

多少フェイクあります。

トメは子離れできず過干渉、しかも、息子を世話したいというならまだ理解できるのだけど
ワタクシを大事にして!嫁より優先して!だってワタクシは母親ナノヨ!という人。
私や私実家を貶める発言も多く、うんざりした夫は親と距離を置いて私を守ってくれていた。
ところが、ウトが逝ったあと、トメが病気を理由に同居を要請してきた。
弱って老い先短い可哀そうなワタクシの面倒を全部見てね、家事や介護は嫁がきちんとすること!と。
夫は、本当に病気ならば必要な援助はするけど、
そのような理不尽な要求には応じられないと、きっぱり同居を断った。
悲劇のヒロインになりきったトメは、夫の弟に泣きつき、義弟は
「兄貴は病気の母さんになんて仕打ちをするんだ、
母さんは俺が面倒を見る」と大見えを切って、勝手に同居を決めてしまった。

慌てふためいた義弟嫁に泣きつかれ、夫と私が義弟を説得しようとしたら
ここでトメが「恩知らずの長男ちゃんなんか、もう縁を切るわ。
私が死んだら、遺産は全部次男ちゃんに遺すわ」発言。
これを聞いた義弟嫁が突然掌返して同居をOKした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
685名無しの心子知らず2007/12/03(月) 00:23:40 ID:En6h3ghQ

これだけでは何なので、先日出会ったプチせこさん話を。
友人の結婚式があり、8ヶ月の赤連れで広島まで行ってきた。
(ちゃんとシッター手配したのでつつかないでね)
帰りの新幹線に乗るため、当日緑の窓口で確認したところ、
グリーンのお客さんがほぼ0ということなんで、
それならもし泣いても、デッキに出る迄の間騒音にならんだろ・・と
ドア近くで2席を確保した。

で、出発時間になって席に座ったら、いきなり肩を叩かれて
「あの、ここグリーン席ですよ」とか言うオバサンが。
ひょっとしてダブルブッキング?と慌てて指定席券を出すと、
それをひょいと取り上げて、ちょうどやって来た車掌さんのところへ。
うわ~~~やっぱり、orzになってたら車掌さんがいきなり
「すいませんが、指定席券を持っておられないなら
こちらの席には座られないでください」

続きます。

このページのトップ