鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

今日の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
727: 名無しさん@おーぷん 2014/09/30(火)12:00:24 ID:???
課で一番の美女が、顔真っ赤にふくれあがらせてぶっ倒れるのを至近距離で見た瞬間。

美女は酒が飲めないとかで基本飲み会は誘っても来ない。
忘年会とか大きい行事はさすがに来るけどジュース飲んで一次会で帰る。
一部の社員の間で「美女さんが酔うとこを見てみたい」と話題になってた。
そんでバカがこっそりジュースに仕込んだ。
でも口に近づけたところで美女はアルコールの臭いに気づき、飲まなかった。
タチの悪いイタズラなので上司が叱り、そいつらはぶーたれてた。

それで懲りたと思ったんだが、翌年またやらかしやがった。
今度はお吸い物に仕込んだ。美女は鼻風邪ひいてて臭いに気づきにくい状態。
風邪ひいてるのを承知でお吸い物に日本酒たらしたらしい。
一口飲んで、美女「ぐうっ!」と叫んだ。声にびっくりして美女を見るとみるみる顔が真っ赤になって
ふくれていって、その場にバターンと真後ろにひっくりかえった。
飲めないんじゃなくてアレルギーだったんだそうだ。

そっからは救急車騒ぎ。忘年会どころじゃなく阿鼻叫喚。
酒を仕込んだ主犯は美女の親に民事で訴えられ、左遷→退職。取り巻きは訓告と減棒。
美女は悪くないのに異動になった。その後退職。
もう10年以上前の話だけど、今だったらもっと問題になってただろうと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
475名無しさん@HOME 2014/09/28(日) 15:26:45.64 i.net
自宅に帰ったら夫の浮気現場だった。
カッとなって消火器で殴りかかった。
気が付いたら数年が経過していた。

消火器で殴りかかった後、夫が私を落ち着かせて話し合いになったそうだ。
話し合いの途中で私は「あなたに捨てられるなら死んでやる」と窓から飛び下りたそうだ。
夫と愛人の目撃証言に矛盾はなく、自殺未遂として処理されたそうだ。

怪我で入院、退院の後、協議離婚が成立したそうだ。
「あなたが戻らないなら何もいらない」と言って、慰謝料どころか財産分与も受け取らなかったそうだ。
消火器で殴りかかった時に愛人の顔に傷が残ったそうだ。
女性の顔に傷を残して申し訳ない、と、父の遺産の半額を賠償として愛人に渡したそうだ。
書類は全部揃ってる。間違いなく私の筆跡だ。

この数年の記憶は全くない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
40名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)01:02:41 ID:1YaZoMmU6
中学のころ塾に通っていたんだが、
講師は派遣大学生だった。

中3の夏に
その派遣大学生が派遣をやめて
大手塾へ就職するということで
生徒1人1人に手紙を配っていた。

塾は小規模で個人経営、
生徒数は少なく、その講師を知らないひとはいなかった。

私にも手紙が渡され、中を見ると
別れを惜しむ文章と メアドと電番 が書いてあった。
「私さんだけに教えるね、誰にもいっちゃだめだよ」
と併記されていた。

当時私は受験ストレスに負け、
家出をしたり学校でヒステリックになったり
不安定な精神状態だった。
悩みがあったら塾内で講師にあれやこれや
相談していた。
「塾のひとはまだ信頼できる。客観的だ。」
なんて考えていた。

その日さっそく家に帰って
「実は好きな人がいて、でもこれが好きという感情なのかどうか」
といった趣旨のメールをした。
当時学校の友達には話しづらいことナンバー1、
好きな人関係の話。
塾内での相談の延長のつもりだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
713恋人は名無しさん 2014/09/23(火) 06:32:23.02 ID:c1WsMhla0.net
彼は高校卒業して就職。私は進学。
一足先に社会に出た彼を私は尊敬していたし
彼も大学で勉強頑張れって応援してくれているというお互いを尊重する良い関係が続いていた。

交際3周年の記念日に彼から手紙を貰うというサプライズがあった。
「大学卒業したら結婚したい」というようなことが書いてあった。その時は素直に嬉しかった。
しばらくして、彼の妹に会ったときに「手紙マジ感動したっしょ?私的に自信作」と言われた。



私の表情が曇ったのを見て妹は「あ。やべっ」
という言葉をあからさまに吐いて立ち去ろうとしたが、
首根っこ捉まえて白状させた。
結果は想像通り彼氏が妹に作文をお願いしたということだ。
私は怒りというよりも悲しくて、彼氏に「あの手紙、代筆だったんだね」と言った。

それに対する彼氏の言い訳。
「俺高卒だから。作文が苦手だった。読書感想文も苦手だった。
確かに妹に書いて貰ったけど、気持ちはありのままを書いて貰った」

そう言うので「結婚したいとか書いてあったけど?」って聞いたら
「え?あ、ああ、そりゃ、将来的にはもちろんそのつもりはある!」
手紙にあった「大学卒業したら」というフレーズは妹の創作ということが判明。
てか内容にほぼ完治してないじゃん。
準プロポーズってとこがあの手紙の一番の盛上がり所なのに。

あまりの詰めの甘さに引いた。
私が別れると言ったら全力で引き留めてきたので、
「デート代などは全額彼が持つ」ということを条件に関係を継続。
結局は大学2年次には大学に彼氏が居たしATM利用して別れた。

妹に会う機会があったときに「ゴーストライターはクライアントと内容を摺り合わせておかないとダメだよ」って忠告したら、
「私ゴーストじゃないよ~生きてるよ!」とか的はずれな返ししてきて兄妹揃って馬鹿だった
以上、元彼の話です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
5名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 12:35:34.17 .net
過去に妻に「愛してる」と言った(叫んだ?)話でもよかろうか…
昨日預かりクリーニングから取ってきたコート見て思い出したのだが…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
857名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)13:01:44 ID:cY2gLvEj9
私の結婚と同時に、我が身を犠牲にしつつ母をウォーターさせて離婚を決意させた時のことが修羅場。
すごく長くなった。ごめんなさい。

父は無駄にプライド高いモラハラ野郎で、俺の金なんだから~とテンプレを言ったり、過呼吸ぽい詐病を使ったり、思った通りにならないと大声を出して物や人にに当たり散らすようなクズ。
母は母で共依存で、どんなに私や周りが言っても、お母さんも悪いしでもでもだってちゃん。
そして20年近くストレス性(原因は父)の病気持ちで、軽度の鬱病。

そんな両親を見て育ってきたから、私は結婚に夢もする気もなかった。
一生両親のかすがいとして生きていくものだと思ってた。
でも、縁あって父とは正反対の人と結婚することに。
彼とも相談して、親戚も年寄りが多いから呼びにくいこともあるしと、大々的な結婚披露宴ではなく親兄弟のみ呼んで小さな結婚式のみ執り行いたいと両家に伝えた。
彼親も面倒事は嫌と言って諸手を挙げて賛成。私の母も同様。父も同意してくれたはずだった。挙式1ヶ月前の夕食までは。

忘れもしないその日、急に親戚を呼べと言い出した父。後で聞いたことだけど、親戚には後で伝えるから言わないで欲しいと言ってたにも関わらず、田舎の親戚のおっさん(あまり親しくない)に娘が嫁にいくと話したら参列してやってもいいと言われたらしい。
もう、式場は小さいところでと抑えてるからキャンセル料掛かるし、人数は決定してるから無理だと呆れ半分苦笑いで伝えた。
そしたら、食卓にあった食事を皿ごと薙ぎ払いやがった。
思わず呆けて父を見たところからもう記憶は無い。起きたら青あざだらけで病院だった。忙しいはずの彼が居てビックリした。
後から聞いたら、ご近所さんが、犬の散歩で通りがかった時に家からすごい音と怒声と悲鳴が聞こえたそうで、驚いていたら頭から血を流した母が転がり出てきたらしい。
母は父に鍋で殴られ、私は引きずり倒されて腹や顔、身体を殴ったり蹴られたらしい。その時のことは覚えてないし、思い出したくも無いけど。
そのまま警察と救急車呼んでもらって~という流れだったみたい。

母がその時は被害届を取り下げたというのを後から聞いた。『お父さんを犯罪者にしたら結婚が消えるんじゃないかと怖かった』らしい。けど、でも調書が残った。DVの相談実績にもなった。
父は解放されたけど、母と私は打撲やパニックなんかがあって退院後は家から逃げた。
避難させてもらったところが母の姉妹で伯母とその家族と私に半月ギッチリ父の矛盾点を指摘した。言われたこと・酷いと思ったこと・されたことをノートに書いて後で読み返してみろと言った。母の人生は母だけのものだから、自分のしたいように好きにしたらいい、私のことは考える必要はないと言って、私は婚約者のところに行った。
ノート何冊にもなった物を読み返したら目の前が開けたらしい。それまでも心療内科に掛かって同じことやっていたのにね。
そのまま親戚に離婚に強い弁護士を紹介してもらって、調停へ。
調停でも父はいろいろやらかしたらしいけどスレ違だと思うから割愛。
ただ、調停員から『離婚しないで、何か良い方法を見つけましょうとは私からは言えません』というようなことは言われたようだった。

結局その後、予定通りに挙式をした。もちろん父は呼ばずロードは1人で歩いた。したかった髪型には引きちぎられたからできなかったけど、メイクさんが外に出るところとか頑張ってくれて見た目には分からなかったから安心した。

で。仕事中のはずの父から気持ち悪いロミオメールみたいな物が届いたから、胎教に悪いし吐き出しで書き込んでみた。本当に長くなってすみません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
333名無しさん@おーぷん 2014/09/25(木)22:16:27 ID:cxqoJqYFi
ここのところ、ニュースは少女誘拐殺人?でもちきりだね。
うちの娘が小学校に入学した当時、ちょうど同じくらいの少女の誘拐が多発していた。
学校から防犯ブザーが支給されたし、集団下校、個人情報保護が厳しくなっていった。
道路で人に道を聞かれても、教えてはいけません。コンビニで聞いてくださいって答えましょう、なんて
学校で指導するわけ。世知辛い世の中だな、なんて思ってた。
藤子不二雄のアニメとか、サザエさんなんかで道を聞かれると「ご案内します」なんて礼儀正しく
訪問先まで案内してるのを見て、今じゃ速攻防犯ブザーだなぁ、なんて思ったのを覚えている。
入学したての娘は当然集団下校。幸い近所に同じ年の子が沢山いた。
学校生活にも慣れてきたある日の午後、妻から携帯に電話がかかってきた。
「娘が帰ってこない」って。

集団下校のコース(先生が引率)から近所の子軍団が分かれる地点でママ軍団が待っているんだけど
うちの娘だけいない。
他の子に尋ねると、○○ちゃんといっしょに帰った、とか、よくわからない返事。
慌てて学校に電話するも先生は携帯を持っていない。携帯はかなり普及していたけど、まだまだ持ってない人も多かった。
先生に確認も取れず、隣の家のママに留守を頼んで、妻は自転車で娘の探索に出た。
通学路、近道、迷いそうな場所…。何往復しても見つからない。
俺も仕事で県外へ出ていたけど、帰宅しようかどうしようかかなり混乱した。
ぱっと帰れればいいけど、配達の途中だから、取引先に迷惑はかけられないけど、娘が心配で仕方ない。
小一時間ほどして、お隣の奥さんから電話がかかってきた。どうやら娘はお友達の家にいるらしいと。
家と学校を何往復もして探し回っているうちに、妻はパニックになって、携帯を忘れて行って連絡が取れない。
また帰ってきたら説明するから安心してくださいって。
俺はほっとしたけど、娘の自分勝手な行動にも腹が立って。妻の心境を思うといたたまれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
545愛と死の名無しさん 2014/09/26(金) 00:09:07.73 .net
今週末結婚するんで余計なお節介した反省と厄落としのカキコ。
姉の結婚式で受付をやった時の話でフェイクありです。
そして義兄さんごめんなさい。

新郎 バツイチ40代前半
新婦 私姉初婚20代後半
私  新婦弟 20代前半

受付に和服美人(姉より少し若い?)がきて
「本日はおめでとうございます。新郎に招待された○○です。」
といって差し出した御祝儀が分厚くて雑誌位の厚みがありました。
名前を確認すると和服美人は受付用のリストには一応名前があるものの、招待客用の席次表にはなぜか名前が無い。
和服美人は着物を着慣れた感じで着物の感じもなんか違ってました。(後で知ったのですが、結婚式では若い女性は振袖を着る事が多いのに和服美人が着ていたのは留袖だか訪問着だかだそうです。)
この時点で不審に思っていたところ、新郎が和服美人を出迎えに登場。
受付をしながら断片的二人の「パパ久しぶり」やら「ママが」と言う会話が聞こえてきたのでこれは怪しいと思い、受付を他の人に任せて両親に「新郎の愛人が来てる!」と報告をしました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
351名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/25(木) 10:20:54.23 .net
両親が幼い時に事故で死んでから
血のつながった家族が妹だけでそれこそ
なんでもしてやりたいと思ってて
彼女は最初のうちは理由説明してそれでもいいって
言ったのに最近あーだ こーだとうっとうしい・・・
結婚なぞするもんじゃないな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
353おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 03:44:19.13 ID:U7XSNGD4.net
1/2
初なので変なとこあったらごめんなさい。
スマホからなんで改行が読みにくいです…

私が中学の頃に相次いで両親が病死し、それからは祖父母が育ててくれた。
地元が田舎だったので都会で就職し一人暮しを始めたが、私が25の時に祖父が急死し祖母も脳梗塞で足が不自由な体に。
祖母は私の将来を考え強く反対したが、それ以上に私が祖母のことが心配で堪らなかったので会社を辞め家に戻った。
29になった今も祖母の身の回りの手伝いをしつつ、大きな問題もなく二人仲良く生活してる。
いらないかもだけど一応ここまでが前提。

そんな我が家に突然、遠方で娘夫婦と同居してる祖母姉(80)が泣きながら転がり込んできた。
祖母姉は手持ちバッグ一つ持って家出してきたらしく、
「もう娘達の元には帰りたくない、どうかここに置いてくれ」と涙ながらに土下座。


話しを聞けば、専業主婦の娘さんが一ヶ月入院することになり家事を任された。
その家事の内容が、娘夫(60)、孫娘×2(30、26)の3人分の朝晩の食事作り、昼のお弁当作り、
毎日の洗濯と掃除、買い出し等々で、高齢の祖母姉は一週間で心底疲れ果ててしまって、
娘夫や孫娘にせめて買い出しを手伝ってもらえないかと相談した。
 
近所にスーパーは皆無で祖母姉は毎回バスを乗り次いで買い出ししてたらしく、
唯一の免許と車持ちである娘夫に送迎を、それが無理なら孫娘に仕事帰りについでにスーパーに寄ってほしいと頼んだ。
答えは3人とも「絶対嫌だ!自分達は働いてるんだから家事は家にいる婆ちゃんの仕事!甘ったれるなサボらずやれ!」
祖母姉は怒り狂う3人が恐ろしくてそれ以上何も言えず、後日入院してる娘に相談するが
「それくらい母さんがしっかりやってよ、夫や娘を使わないで」と逆に怒られたらしい。

このページのトップ