鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

今日の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
135: 恋人は名無しさん 2010/08/09 17:53:52 ID:lTRCBHom0
彼の友達Aから、「愛してるよ(はあと)」&寝ている私の頬に顔をくっつけている写メが届いた。
しかも、同報メールorz
彼、彼と共通の友人にも送られてるよ。
訳が分からなくて、メールしたら、週末に彼の家で宅飲みした時に、
「こいつ(私)、酔って寝ると何しても起きないよ~」と彼が言って、
鼻にポッキーを入れたりいたずらしたらしい。
その時に彼友Aも図に乗って、頬にキスしたり、写メをとったりしたそう。
すごく気持ち悪くて、顔が赤くなるまで洗ったけど、まだキモイ。
気が動転して、上のやり取り、全部、同報メールでしてたんだけど、
彼、彼友が気持ち悪いってことで、メールにアドレスがあった友達や
その周辺からCOメールが来てるらしくて、彼から私に文句のメールがガンガン来る。
同じクラブで、同じ専門なので、共通の友達が多いんだよね。
気持ち悪いので、私もCOしようと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
169: 離婚さんいらっしゃい 2011/12/23 01:58:40
直接な嫌がらせではないけれど再婚のお知らせを旦那がしてから連絡が増えた
今まで年に数回の事務的な連絡だけだったようだけど急に

「あの時はまだお互いの全部を解り切れてなかったんだろうね」とか
双方で話し合い面会はなしにしていたのに
「子供が最近あなたに会いたがるの、それなのに会えないとは私は言えない」とか
「離れていても私達がこの子の両親には変わりないからね」とか…
再婚したから養育費下げられたくないとか?単純に自分の子を忘れてほしくないとか?
なんだかなぁ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
101: 可愛い奥様 2014/02/08 22:19:16 ID:0esKsi330
職場の後輩(♀)から夫に「上野駅から帰れなくなりました」とLineで連絡来たらしい。
夫はこんな日に出掛けるなんてバカじゃねぇの?とか言いながら帰宅方法探してあげてる…
今夫に連絡してる目の前の機械で帰宅方法探せよ、と内心イライラ。

この後輩、やたら夫と仲良いからすげームカつく。
夫はその気ないのかもしれないけど、仕事以外で何かあったら夫に相談、みたいな印象を受ける。
仕事以外では友達感覚で夫は付き合ってるみたいだけど、本当に嫌だ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
343: 【末吉】 【413円】 ! 2009/01/01 19:46:19
年の初めにバカエネ話。

年末、3年前に離婚した元夫と元ウトメが実家に来た。
雁首そろえて「今年中に決着付けたいと思って」と言うので
てっきり未払いの慰謝料と示談金かと思いきや「元夫と再婚」の要請でしたw

元夫はプリンにはまり、借金してまで女に貢ぎ、
ウトは「男の甲斐性!」トメは「私も苦労したけど今こんなに幸せ!あなたも老後は幸せ!」
と寝言こいて息子擁護し、元夫も「さすが僕のパパンママン!!」とはっちゃけた。
会社に迎えに来たんで、珍しい事もあったもんだと乗ると、行ったのは義実家。
「今日から同居、アパートは引き払ったよ~、荷物も持ってきたからね~
だって家賃もったいないじゃん」で、
そこから激しい嫁いびり&「相手してもらえなくて寂しいだろう」とウトのセクハラ&
トメの嫉妬からくる暴力暴言で、必死に実家に逃げた。

実家には元夫から連絡があり、戻って来いと言うのかと思ったら
「もう限度いっぱいで苦しいからお前名義で金を借りるか、
お前の父親に頼んで保証人になってもらって借金の一本化したい」との事。
その後は弁護士入れてプリンに慰謝料請求、
プリンがそれを拒否したためプリン職場に給料差し押さえ入れてもいいよ、と言うとプリン親登場。
「プリン子はバツ一でかわいそうな子なんです」と値引き要求してきたが
大笑いしてきっちり200万いただく。

元夫には泣き付かれてロミオ手紙も貰ったが、
そこに「やってません」と完全否定していた不倫や私の私物売却、
勝手な引っ越しと家具の処分、貯金の使いこみ、生活費を入れない、
ウトのセクハラ、トメの暴力などなどが書かれていて、
「辛い思いさせてごめんね、もうこんな事させないよ」とwwwww
ウトメも「こんな事してごめん」って手紙よこして、
新証拠ゲト!!と示談金貰ってあげて終わらせた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
74: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/28 17:14:44 ID:Qh+MHNpJ
婚約者が浮気した

開き直ったのか浮気相手とは純愛だ、真実の愛を見つけたと言ってきたので
「たとえ純愛であろうとあなたが婚約者のいる身で余所の女と寝たクズなのは事実だし、
浮気相手はあなたに婚約者がいると知りながら寝たクズなのも事実だ
別れてからならどうぞご自由にと言ってやるけどそうではないのも事実だ
浮気男と寝取り女、クズ同士でお似合いだね」
と言ってやった(実際はなまってるのでもっとキツイ口調)

当然慰謝料の請求もしたんだけど
「ついこの前まで婚約者だった相手に多少の情はないのか」とゴネてきた
なので「あなたは本来他の女に言うべきではない恋愛的な好意を示す言葉を
他の女にも言ったわけだから、あなたの言葉には信憑性や誠意、
重みと言った物はもう感じられない。土下座も同じ。
他の女と寝たような体で土下座されたって何にも感じない。
あなたが誠意を示す手段は目に見える金銭を支払う事しか残っていない。
そちらこそ、婚約者だった相手に少しの情や罪悪感はないのか」
と言い返したら魔が差したんだとか言って泣き出したw純愛じゃなかったんかいwww

泣かれたって浮気したのは事実だし何より私が冷めたので婚約は破棄
この一件で両親から勘当されて慰謝料全額自分で払う羽目になってた
向こうは結構裕福なお家だったんだけど、
それは親の資産であって婚約者が自由に出来る訳ではないからね
ビンタなんかしたら負けだと思ってニコリともせずに言ってやったのでスッとした

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
745: 名無しさん@HOME 2011/10/16 23:38:13
ところどころフェイク入れていきます。
浮気してた夫の49日が終わった次の日に同居してた義実家から出て行きました。
食事の品数で私だけ差別したり、それを「我が家の風習」と言い張って見て見ぬふりをしてた夫に愛想が尽きかけてた。
夫婦生活も姑に聞き耳をたてられてるのが分かり、さすがにマザコン男も嫌になったのかセッ●スレス。
それが原因で不倫に走ったのか、不倫が原因でセッ●スレスなのかは微妙なところ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
88: 離婚さんいらっしゃい 2011/12/10 16:18:29
旦那、養育費払ってると思ってたら払ってなかった
皆さんならこんなときどうしますか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
246: 愛と死の名無しさん 2014/02/13 10:41:21
【 居住地域/年齢/性別 】関東/29/女
【 結婚歴/子の有無 】 なし
【 家族構成 】父・母・妹
【 家族の学歴 】父高卒、母短大卒、妹大卒
【 家族の宗教 】特になし
【 障害者の家族 】特になし
【 同居家族 】一人暮らし
【 同居の可能性 】遠方の為なし
【 身長/体重/似ている有名人 】155/50/広末涼子
【 親族の国籍等 】特になし
【 健康状態 】良好
【 体型/頭髪/胸のサイズ 】普通/栗色ボブ/Bカップ
【 最終学歴 】高卒
【 職業/職種/肩書き 】総務事務/一般職

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
182: 名無しさん@HOME 2012/08/01 13:37:26
1・2

従妹はものすごい体が大きい子でした。
身長164cmの体重89kg(叔母の情報)
従妹が大学1年生の時の事でした。
毎年お盆と正月は父の実家に帰るのが当たり前となっていましたが
その年に限って従妹は色々な理由をつけて帰省をしませんでした。
次の年、お盆に帰省すると家にはすらっとした人がいました。
従妹でした。
体重を35kg近く落としてスレンダーな体になっていました。
人って痩せると本当に印象が変わるんですね。
元々愛嬌のある顔でしたが物凄く可愛くなっていました。
修羅場はこの後。
従妹家族は全体的にふくよかな体をしています。
叔母も叔父も体格は良く、私の両親や父方の祖父母に親戚一同は
よく従妹家族の悪口を言っていました。
体型の事からそのほかの事まで。
さすがに本人たちの前で言うことはなかったのですが、私はとても不快だったのを覚えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
38: 離婚さんいらっしゃい 2010/10/17 01:02:06
前嫁(私より10歳若い)が私に色々メールしてきて面倒くさい
彼に未練があって一生好きだとか、私はモデル並に美人でスタイルが良いとか、やたらモテて大変だとか…ネタがないときは、過去の彼とのメールをコピペ

先週の連休は「彼と子供達と旅行に行くから、子供のためにも連絡しないで」と嘘メール。
ビシッと言ってくれない彼にも幻滅した

もうやめようかな…

このページのトップ