鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

今日の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
397: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/13(火) 02:52:45.30 ID:TOzerfHD
夫の親族とキャンプに出かける日に流産し
午前中処置して昼頃帰宅した。

その日は一日休養するつもりだったのに
夫が上の子を自分一人で見るのが煩わしいと思ったのか
どうしてもキャンプに行けと言う。
「車に乗っときゃ着くんだから」

2時間車に揺られるのも辛い全身麻酔後の体だった。
殺意が湧いた。
所詮女の体のことなんてどうでもいいんだなとつくづく思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
8名無しさん@HOME2012/11/15(木) 19:51:20.03 ID:O

うちは結婚して約八年、私達が結婚した時はまだ義弟は独身だった。
私と義弟嫁は会社が同期で同じ部署、特に仲良くはなかったけど
勤務先の慣習で同期の女性全員を披露宴に招待した。
二次会で義弟嫁が義弟に猛アタックしてたのは、夫や私もちら見してた。

「弟くんモテキ到来だ!やっと春がきたか」と夫の幼なじみが言ってたのを覚えてる。
出会いのきっかけはどうでも、それから順調に交際が始まり、婚約して翌年結婚。
同じ部署に姻戚がいるのは如何なものかという空気があり、私が別の部門に配置転換された。
ウトメもまだ現役で忙しくしていて、3家族が互いに干渉することも無い良い距離感の付き合いだったと思う。

私の配属先は実は花形業務から外れた畑違いの仕事で、当初は戸惑った。
でも仕事を始めてみたら、思ってもいなかった自分の資質を引き出して貰えて、仕事もまあ順調。
大きな仕事の隙間にタイミング良く妊娠できて、
産休あけに復帰してちょこっと頑張ってたら運良く昇格できた。
その頃に義弟嫁もめでたく妊娠したのは良いけれど、
花形部門は激務で産休育休から復帰してきたら、やっぱり風当たりはよろしく無い。
特に義弟子は少し体が弱いようで、頻繁に熱を出したり病院通いで義弟嫁もかなり煮詰まってしまい、
よく愚痴り電話が入るようになった。
仕事と育児の板挟みの、働く女性の辛さは私にもわかるので、慰めたり励ましあったりしてた。
義弟嫁実家は遠隔地で育児支援を望めないし、ウトメも現役で孫の世話に専任できる状態でない
でも私も同じ条件下で、それなりにしんどかった乳幼児期を乗り越えてきた。

先日も愚痴電話を聞いてたら、何が地雷だったのか
「うちの子は私さんちみたいに楽な子供じゃないの、
仕事だってあなたと違って主流の部署で、泣き言を言ってたら置いていかれる」
「あなたは自分が何でも適当にやってるから、真剣に苦しんでる者に冷たいのよ」
と噛みつかれた。
「今が一番きつい時期だよね。どうしようもなかったらウトメ
(トメは今年早期退職してパートに変わった)に相談してみたら」って言ったのが悪かったのか?
安易な励ましで追い詰めちゃったのか?
もう面倒くさいので「私との会話で不愉快にさせてごめんなさい」って言ったら、無言で電話切られた。
吐き出し長文ですみません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
945名無しさん@HOME2012/11/16(金) 09:03:41.07 ID:0

従妹と元カノ達女子グループのせいで今地味に修羅場。

俺、従妹、元カノの全員がアラフォーで同じ高校の同学年だった。
俺は今、八歳下の妻と子アリで、親の代からの家族経営に毛が生えた程度の会社を営んでいる。

高校時代、やはり同学年にA子という子がいた。
自分とは小学校から同じだったのだが、その頃からちょっと変わった子で、
今でいうKYと中二病を混ぜた感じ。
中学校に入ってからは完全にボッチだったが、
本人はあまり気にしていない様子で、一人で本を読んだり、お経を暗記したりで、
女子からは嫌われ、男子からは訳分からんというか、空気。
高校は中途半端な進学校で、就職するヤツはいないが、
レベル高い大学に行けるのはほんの一部、といった程度の学校。

元カノは、その学校で準ミス○○校に選ばれていた(ただし顔より女子人気で決まる)ので、
それなりには可愛く、本人もそれを良く自覚しているタイプ。
俺と元カノは高校時代はまあ仲間内、といった感じで、大学卒業して地元に帰ってきてから、
互いに東京の私大と女子短大に行っていたことで話題が盛り上がり、付き合うことになった。
20代半ば過ぎになり、そろそろ結婚も考えんとなあという頃に同窓会があった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
279名無しさん@HOME2012/11/14(水) 20:16:21.93 ID:0

転勤で環境が変わったストレスで、1年で10�s以上太った夫。
私の食事の管理が甘かったのも原因の一つなので
無理のない範囲で2年かけて元に戻した。
それをトメに「こんなにやせ細って息子が可哀想」と言われて
義実家で声をあげて泣いてしまった。
夫やウトさん、コウトさんが私を慰め、トメを〆てくれたんだけど、
後からコウト嫁さんに「うまくやったわねwwwww」と言われた。

コウト嫁さんとは学校は違うけど、大学の演劇サークルで交流があった。
「私さんに先に泣き落とし使われたから、しばらく私使えないじゃんw」と言われたけど
逆に、今がトメを懲らしめるチャンスだから
機会があれば今度はしくしく泣いてみたらどうだろう、なんて打ち合わせてるなんて
義実家の面々は気づいてないだろうなぁw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
841名無しさん@HOME2012/11/13(火) 17:38:06.08 ID:0

義実家は長男教なので、ウトメは夫に関心が全く無い。
その妻である私にも、うちの子達にも無関心。
数年前、トメの激しい干渉と束縛と嫉妬によって、今まで結婚が出来なかった
義兄(長男)に、ようやくトメの御眼鏡に適う女性が現れた。

相手は金持ちのお嬢様なので、おっとりとした色白美人だが
(トメ曰く 「私の若い頃にソックリ」)非常にハキハキして気が強かった。
あっという間に義兄は嫁実家経営の会社へ転職し、嫁実家の敷地内に
豪邸を建ててもらって暮らし始めた。

トメは「息子を返せ!跡取りを返せ!」って喚いていたけど、
彼女は真面目な顔で「何か継ぐ物がありましたっけ?」と言い放ったらしい。
半ば諦めたトメに呼びつけられ、こういう事なのでこれからはあなた達が
同居しなさい!と言われて唖然としていると、夫がトメに向かって、

夫「俺の嫁さんの名前知ってる?」
トメ「当たり前じゃない、知ってるわよ!...よ、よし子さんでしょ!」
夫「いいや、よし江だよ。で、うちの息子の名前は?」
トメ「...あ、......」
夫「名前も知らない子供が跡継ぎなんて、おかしいでしょ?はい、おしまい!」
そういって義実家を後にした。

ちなみに私の名はよし子(仮名)なので、トメ、合ってます。
その後久しぶりに義兄に会ったが、無表情だった以前と違って、すごく幸せそう。
今では義兄嫁さんの恩情wで、時々ウトメに甥姪を会わせてあげているらしい。
一応皆幸せになりました。多分。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
484名無しさん@HOME2010/01/19(火) 10:59:32 ID:0

数年前のことを思い出したわ…

夫の伯父が亡くなってお葬式に向かう車内でのこと。
運転する私に延々と「いかに自分が伯父にお世話になったか」を語り続ける夫。
約2時間ほど。

知らない道の運転であまり彼の話を聞けずにいると「話を聞け!」などとのたまう。
生返事しつつ、どうにか到着。
葬儀に出て、火葬場まで着いて行って、その後の初七日法要にも出席。
義理と勤めは果たした、と思っていたら
帰りの車の中で走り出すなり「なぜ泣かなかったのか」と責められた。

1度くらいしか会ったことのない人に対して特別な感情は沸かないと反論すると
「だから行きの車の中で伯父さんの事話してやったのに!」とのお言葉。
アホくさくて、ウトメがまだいる義親戚宅へUターン、車から蹴り出して置き去りにしてきた。

それが直接の原因ではないけれど、いろいろな積み重ねを経て、
現在はシングルマザーで楽しく生きています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
151名無しさん@HOME2006/10/23(月) 21:48:52

ではさっそく。


【話の背景】
・去年、父が消費者金融に借金しまくって、親戚中にお金を借りてなんとか返した。
(父は現在、改心して働いている)
・私は自衛隊に入りたかったが、親戚中に反対されて断念。後悔しまくっている。
・某協同組合マンセーな親戚にゴリ押しされ、今年就職。
しかし、貯金等のノルマが厳しく、親戚には頼れるわけもなく途方に暮れている。辞めるかどうか考え中。

この前の休日に車洗ってたら、いきなり伯父が現れた。
この人はやたらと自慢話が多いし、お金にうるさいので昔からあまり好きではなかった。
絶対仕事の話始めるぞ、やだなぁ・・・と思ってたら、予想通り私の仕事の話になった。
「○協は給料いいだろー。ボーナスだってかなりいいぞ」
「お前も○協に入ってよかったと思ってるだろ?」
んなわけねーよ、とか思いつつ、愛想笑いしながら車洗ってた。
伯父はどんどんエスカレート。



このページのトップ