鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

2016年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
454: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/05/08(土) 21:46:55
みんないいなぁ、何とも平和だ
嫁の父親に鍛えられたのは俺くらいなもんだろうなw
あれはきつかった…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
367: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/03/29(木) 18:51:26.47 ID:Mf5UfUgq
1年付き合った彼の家に行った。
結婚前提で付き合ってるって事でのご挨拶だった。

電車で2時間半。
彼宅に着くと、ご両親がニコニコと待っていた。
優しそうな感じだった。

夕食をご馳走になり、
お酒が進んでくると彼父が
「結婚したら、すぐに子供を作るのか」
と聞くので
「生活が落ち着いてきたら、考えます」
「ふーん。生理はちゃんときてるの」
「は?」
彼を見ると、私と目を合わせずにビールを飲んでる。
彼母も目を合わせずに、テーブルを拭いてる。
「だから、28日周期?30日周期?」
「え、あの・・・」
「大事な事だから、まさか不妊を隠して
結婚しようってんじゃないだろうなぁ?」
彼も彼母もフォローなし。
なんでこんな失礼なことを言われなきゃいけないのか分からなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
281: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2009/03/23(月) 03:51:48
元嫁が癌で余命半年だと言われたらしい(元義父母から連絡)
子供達と会わせてあげて欲しいと言われたが、子供達が会いたくないって言ってるから無理って言ったら
「そりゃ娘は申し訳ない事しましたけど、もうすぐ死ぬ人間相手にひどいです。冷たすぎます」
とか言って泣かれた

「じゃあ子供達にあんた達はいらないって言ったお宅の娘はひどくないんですか~?冷たくないんですか~?」
って言い返したらすいませんだけ言って電話切った

間男には逃げられて、挙げ句余命宣告はさぞかしこたえるだろうなあ。2年でえらく人生変わったなあ~自業自得だけどと思ってる俺はやっぱり冷たい人間なんだろうなあ


間男はエリート街道まっしぐらだったのに、元嫁との不倫がきっかけで閑職に追いやられて婚約解消されたし

自業自得だけど2人ともお気の毒さま




やっぱ俺性格悪いな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
343: 1/2 2014/11/12(水)01:11:21 ID:OzmsUiaLd
 
娘の名前が『偉大(じいにあす)』になりかけた。

嫁がマタニティハイでラリってしまい、
「立派に生きて欲しいから、偉大な名前にしないと!」と考えて、
「それならいっそ偉大って名前にしちゃえば!」というどういう思考連結なのか
理解できない展開で『偉大』と名付けたいと。

一番謎だったのはなんで偉大でジーニアスなんだ、と。

恐ろしい事に、義父母がそれに大賛成ムードで俺の味方は義弟ただ一人だった。
二人でどれだけ説得しても「今時の子供には今時の名前でしょ!嫌なら離婚!」と
ムキになるだけで会話が成立しねェ。
義弟に至っては「ガキが生意気にほざくな!!」と義父に殴られてしまった。


色々アドバイスを受けて、上司を食事を呼ぶ事に。
上司に前以て名前の事で揉めていると伝えていたので、快く説得作戦に乗ってくれた。
嫁に上司が来るからご馳走を用意して欲しいと伝え、日程を決めて上司を家に招く手筈を整えた。
嫁も大ハリキリだったので、コレで上司に何とか説得してもらえれば大丈夫だ


……そんな風に思っていた時期が、俺にもありました。


当日、上司を家に招き、食事を待ってる状態で談笑しながらさりげなく嫁が妊娠した事を伝え、
上司が「へぇ、それで、娘さんのお名前は?」と尋ねると義母が誇らしげに
「偉大と書いてじいにあすなんです」と。
ちょっと上司が沈黙して、「じいにあす、ですか?子供にそんな名前はさすがにどうかと…」
義父が「どういう意味でおっしゃったのですか?」と尋ねると、
上司は「子供の名前は一生を決める大事なものです。その一生に一度の宝物を、
子供が不幸になるようなプレゼントにしてはいけま」ズドォォォォオオオン!!!

上司が最後まで喋りきらないうちに義父が全力でテーブルを叩いた。
「お帰りください」
頭上に「?!」を浮かべている俺・義弟・上司。
「○○(俺の事)の上司がこんな礼儀知らずな人間とは思いませんでした。
幻滅です。早々にお帰りください」
義弟と俺がなだめようとしても
「黙っていろ!こんな奴にうちの床を踏む資格はない!!」と完全ヒート状態で手がつけられない。
「しかしですね」とあくまで冷静に諭そうとする上司に対して拳を振り上げ
「殴られる前に消えやがれってんだ!!!」と凄まじい声量で怒鳴りつけた。
俺と義弟の制止も聞かずに、義父は上司を家から追い出してしまった。


その日の深夜、上司から
「力になれんで済まん。あれはもう無理だ。
子供の名前は覚悟しておいた方がいい。」とメールが来た。

声殺して泣いた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)01:49:15 ID:TxTQ9attw
 
立ったら核

このページのトップ