120: 2011/05/01(日) 11:48:05.81
まとめサイトで知ったけど、こんなスレあったんだ 

うちも嫁だけタヒんだ 
俺と子供と家が残った 
海沿いで働いてたから、避難途中で津波にやられたらしい 

幸い見つかったけど、所持品でかろうじて嫁ってわかるくらいで 
とても子供に見せられる状態じゃなかった 
遺品、重かった 
水と泥で、嫁の体重くらいあるんじゃないかって思った 
火葬前にそっと見たら、水が抜けてて、ちゃんと嫁の顔になってた 

子供はまだ小さくて、ママがタヒんだことわかってない 
「ママどこ?」って泣いてばかりだ 
泣いて泣いて、泣きつかれて寝る毎日だ 
保育所再開したけど、とても預けられる状態じゃなくて、仕事の時間は 
俺の実家で待ってる 

嫁が植えたチューリップがやっと咲いた 
子供がママお帰りって言うんだ 

俺、これからどうしたらいいんだろうな 





129: 2011/05/02(月) 08:32:19.69
子供に対して切れそうになることは無いんだが、時間無かったり 
どうしようも無い時はつい声が大きくなる 
それで子供が余計泣いての悪循環なのはわかってるんだが 

うちの嫁、9月に出産予定で、妊娠がわかったあたりから 
子供がイヤイヤばかりになったんだ 
朝起きるもの嫌だし、食事も嫌!になってて 
嫁は上手くあやしてたけど、どうして良いかわからない 
同じようにしても「ママがいい!」になるんだ 

今日は泣きながら朝ごはん食べて、嫁が使ってたエプロン握り締めて 
寝ちまった 
子供もものすごくつらそうだし、そんな子供を見てる俺もつらい 
保育所から相談に乗るから一度来いって言われてるから、片付け終わったら 
子供つれて行ってこようかと思う 

131: 2011/05/02(月) 21:28:58.53
>>129 
子供は2歳くらい?

132: 2011/05/02(月) 23:26:12.95
>>131 
夏で3歳になる 

電話してから保育所行ったら、保育師さんも来てた 
保母さんが子供をちょっと連れて行こうとしたけど、 
「パパといる!」で断固拒否 
こんな時なのに、俺も必要とされてるんだと思って 
ホッとしてしまった 

保育所からは子供が自家中毒?ではないかと言われた 
仕事再開初日に預けたとき、ひたすら吐いてたらしい 
会社向かう途中で連絡きて、吐いてたって言われたけど 
病院でも何でもなかったし、その後吐くこと無かったんだよ 
風邪気味かな?くらいに思ってたんだが、違ったようだ 
強いストレスでなる事もあるらしくて、母親がタヒんだのが 
子供ながらにわかってるんじゃないかって言われた 
泣くことも大事だから、受け止めてやらなきゃいけないらしい 

130: 2011/05/02(月) 20:32:54.65
子供の気持ちの面は、時間が解決してくれるよ。 
気にしない方がいい。出来ることはないしな。 


133: 2011/05/02(月) 23:32:22.14
>パパといる!」で断固拒否 
子供は 
恐怖と戦っているんだよ。守ってくれる人が自分の前から居なくなる恐怖。 
シンドいだろうが、少しでも長く肌に触れていてやれる時間を確保できないだろうか。 
触れている状態が一番の癒しじゃないかな。


>>133 
昨日、会社にもう少し休めないか聞いてみた 
上と相談するらしいが、なんとか子供の側にいてやりたいと 
思ってる

134: 2011/05/03(火) 01:40:49.56
大地震で怖い思いをした上に最強の保護者を失ったんだから、 
世界の底がすっぽ抜けて、何を信じてよいのやらわからない状態なんだろうな。 

注意してほしいのは、子どもは親のタヒを自分が良い子じゃなかったせいだと 
考えがちな点。 
「ママは○○ちゃんのことが大好きだった」とか「お空から○○ちゃんのことを 
いつも見守ってる」とか、とにかくママがいなくなったのは子どものせいではない 
という姿勢を取り続けてくれ。


>>134 
振り回されてて、そういった言葉が足りなかったかもしれん 
不安を取り除けるように心がけるよ

135: 2011/05/03(火) 03:05:00.13
タヒんだと伝えたか 
タヒに顔見せたか 
葬式参加させたか


>>135 
タヒんだっていう直接的な表現はしてないと思うが、会えないといった 
事は伝えた 
タヒに顔は、損傷がひどくて見せられなかった 
葬式は出た 
嫁の両親・俺の両親・俺と子供しかいない簡素な奴だ 
それが精一杯だった

136: 2011/05/03(火) 09:18:00.04
>>120さんにとっては一回の経験だし、担任の先生もそうかもしれないが、保育所の集団としては、母親が突然いなくなるケースはたくさんある。 
ノウハウもある。 
保育所だけで対応できなければ、精神科(児童心理)に詳しい医師、児童相談所、母子保健の専門家につないでくれる。 

>泣くことも大事だから、受け止めてやらなきゃいけないらしい 
>>120さんも、リアルでも誰か受け止めてもらう人がいたほうがいい。まずは実家か。 
酒には逃げるなよ。

137: 2011/05/03(火) 15:24:52.68
>>136 
昨日来たのは保育士じゃなくて、保健士さんだった 
保育所で呼んでくれたらしい 
酒は飲めないから、逃げる事はないと思う 
幸い友人がまめに連絡くれるんだが、子供の事もあってゆっくり 
話ができない 
ここがあって助かる 

138: 2011/05/03(火) 15:35:56.14
昨日あれから色々考えたんだけど、子供が落ち着くまで 
仕事を休もうと思う 
保育所行って一緒に居たのに、夜になったら子供に蕁麻疹が 
でてた 
小さいのに、すごいストレス抱えてるんだと思った 
なんか支えてるつもりで、なにも判ってなかった自分が 
情けなくなった 

実家でもずっと泣いてるらしい 
俺の親父になついてて、じーちゃん子だったのに 
じーちゃんじゃ駄目なんだ 
預けるとずっと玄関で帰ってくるの待ってる事もあるみたいだし 
子供も俺の親もつらいだけだと思う 

地震の日、俺仕事で外出してたから、迎えに行くのが遅くなってさ 
信号消えててすごい渋滞だし、連絡とれなくて結局8時くらいに 
保育所行ついたんだ 
真っ暗な中で、ろうそくとかの明かりがついてて、毛布に包まれて 
子供が待っててさ 
その時は泣いてなかったけど、すごく怖かったよな

162: 2011/05/06(金) 21:38:09.32
とことん娘と一緒にいようと思ったら、PCする時間 
とれなくなった 
前は外遊び好きだったのに、外でるの嫌がるから 
今日は3時間シルバニアやった 

なんつーか、ママがタヒんだのわかってるぽい 
わかってるけど、認めたくないって感じだ 
俺も同じだから、なんとなくわかる 

仕事は遅めの育休って事で、最大半年休める 
ようにしてくれるらしい 
まだ決定ではないけど、上の人が頑張って 
くれたんだって、同僚が言ってた 
本当に助かる ありがたい 

娘が今日は髪を結ばせてくれた 
少しずつ、頑張っていこうとおもう

163: 2011/05/06(金) 21:53:54.43
頑張れなんて無責任なことは言えない。 
ともかく生きてくれ。 
そして、泣ける余裕ができたら泣いてくれ。

165: 2011/05/06(金) 22:39:11.02
頑張らなくていいし、毒吐いてもいいよ。 
ずっとここ見てるから、書ける時に書いてよ。 
シルバニア3時間、すげー! 
もしかしたら、箱庭療法的な意味で、いいのかもしれないな。 
よくわからんが、とにかくやっぱ、シルバニア3時間は尊敬するぜ!

166: 2011/05/06(金) 22:43:43.59
>>162 
一度、その「上の人」に娘と挨拶に行く機会を作るといい。 
人に助けられて生きているということが娘にも実感できるだろう。


191: 2011/05/27(金) 22:46:48.12
久々に書き込みにきた。 

今朝、子供が「あれ着る」って嫁が干してった洗濯物の服を 
指差した。 
フリースとか厚手の服なんだけど、それでも着たいんだと。 
「パパも」って言うから、俺も厚手のトレーナー着てやった 
嫁が最後に干した洗濯物、うっすらホコリかぶってんの。 
2人で来て、嫁の服だけ残ったから、「ママのたたんであげよう」って 
言って、2人でたたんだ。 
たたんでるうちになんだか泣けてきて、子供も泣いて、2人で泣いた。 
結構暑かったから、汗まみれになったけど、一日冬服で過ごした。 

ずっと一緒にいて、すこし落ち着いたんじゃないかと思う。 
まだ泣いたり、「ママがいい」って言うけど、「パパ好き」も増えた。 
時間はまだかかりそうだけど、頑張れそうな気がするよ 

気を抜くとまだすごい喪失感につぶれそうになるんだけど 
あぁ、本当に会いたいな 

192: 2011/05/28(土) 00:31:36.58
>>191 
不快ならスルーしてくれ、だが言いたい 
子供の為にも超がんばれ

199: 2011/05/28(土) 11:05:10.75
>>191 
読んでくれるか分からんけど書いてみる 

父子家庭で育った者です 
母親は自分が3才のときにガンを発症 
5才のときに亡くなった 
母親と暮らした時間はせいぜい3年ぐらいと思う 
自分の経験から云わせてもらうと子供は強い 
今が1番辛いときだと思う 
でもここを乗り越えれば>>191の子供は>>191の最強の味方になってくれるハズ 

自分の父親は当時サラリーマンで出張が多い部署だった 
妻(母親)は入院しているし子供は幼いという事で断っていたらしい 
ただ自分が小学校に入った辺りから断れなくなり行くようなった 
父親・母親の両親ともに自分が生まれる前に他界してた 
頼れる親戚はいなかった 
結局当時小学1年生の自分を自宅に残して出張するようになった(兄弟はいない) 
夕飯は当時よく通ったとんかつ屋でひとりでも食べられるように店に頼んでた 
朝食は用意してくれていたパンとか 
まあそれでも小1の子供がひとりで過ごすんだ 
始めの何回かは泣きながら寝てたさ 
父親からの電話でも 
「お父さーん 早く帰ってきてー」 
と電話口で泣き叫んでた 
そんなのを何回か繰り返してたが、ある日を境に一切泣かなくなった 
父親からの電話も 
「全然平気」 
「お土産買ってきて」 
とか泣もせずにヘラヘラ答えてた 
自分でも不思議だったけど今考えるといくら泣いても無駄と悟ったんだと思う 

小3でご飯炊けるようになった 
小4ぐらいからは簡単なオカズ作ってた 
中学は給食がない地域だったので3年間自分の弁当作って行った 
たまには父親の分も作った 
他の家事もそうやって覚えていった 
子供は日々成長していく 
そのうち>>191に子供が手料理を作ってくれるようになるさ 



221: 2011/06/02(木) 18:05:05.56
>>191 
洗濯物取り込めたんだ(ToT) 
娘さんも少しずつ受け入れ始めたのかな… 

>>191と娘さんには人より幸せな時間が増えることを切に願っている。


引用元:http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1300251656/

1000: 名無し@HOME