鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

嫁・旦那

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09 18:45:49 ID:g2mT2KHi0


子供と実家に帰るとか言い出したwwwwwwww

実は昇格したのにwwwwwwww


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

435: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/07(日) 11:10:28.13 ID:xlduqvaR.net
下記の内容で夫とケンカしてしまい、夫曰く
100人にアンケートでもとってみろよ!
とのことだったので
ちょっと第三者の客観的な意見が聞きたい

妻が役所関係の書類が入った封筒を持って夕方帰宅、
リビングのPC机(普段主に夫が使用)にとりあえず置きその後外出

夫が夕食をPC机で食べる際に書類を移動、PC机の引き出しにしまう

妻帰宅、双方とも特にその件については触れずに就寝

翌朝夫の外出後、書類が机上に無いことに妻が気づく

机上や周辺を探しても見つからないのでやむを得ずそのまま外出

昼休みに妻から夫へLINE
妻「机に置いた書類知らない?」
夫「一番上の引き出しにしまった」
妻「何故しまった・・・」
夫「夕飯食べるのに邪魔だった」

妻「いや、だったら在処を教えとくとか別の見える所に移動するとか
食べ終わったら戻すとか色々選択肢あったのでは」
夫「汚れないようにしたんだが」
妻「まぁあるならいいや」
ここでやりとり終了

その夜、夫が帰宅後から就寝まで終始不機嫌のため妻が問うたところ
「昼間のLINEはないだろう」とのこと

夫が「何故良かれと思ってやった事なのに
自分が一方的に責められなくてはならないのか。
そもそもあそこは自分の席なのだから初めから別の場所に置けばよかっただろう」

と言うので
「別に責めたつもりはないが、昼間LINEしたとおり
移動したなら一声かけるなどしてくれても良かったのではないか。
仕事でもそういう事(持ち主に黙って物を移動しそれを伝えない)をするのか?」
という主旨の事を言ったところケンカになってしまった

ちなみにLINEのやりとりはほぼ原文まま

自分の席とはいうが
共用のリビングなのだから何処に置いてもいいのでは?
これは思っても言えなかったが・・・
最近こんな感じの細かいケンカが増えてしまってちょっとげんなりしてる

長くなってしまって申し訳ないけど男女両方の意見を聞きたい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
191: 名無しさん@おーぷん 2016/04/08(金)12:16:05 ID:joH
人生最大の修羅場は新婚旅行で行ったグランドキャニオン
眺めがよくて嫁が身を乗り出しちゃい前にいた白人のおばちゃん落としかけたこと
グランドキャニオンてよくテレビで見るとおり断崖絶壁で柵がないとこもかなりあって落ちたら必タヒ

バランス崩して落ちる直前まで踊りのように抵抗したおばちゃんの根性のお陰で間一髪で俺はおばちゃんの服掴めた
まんまファイト一発な状況
おばちゃん宙吊り、俺片手じゃ引き上げるどころか維持だけで腕がもげそうだった
ぶっちゃけ離して楽になろうかと一瞬考えちゃったくらい激痛だった

掴んでる間中俺はアーーーーーー!て叫んでたらしい
嫁曰くすぐに他の観光客が手を貸してくれてなんとか助かった

そのあと落ち着いておばちゃんに嫁が目茶苦茶頭叩かれてたけど旦那さんが止めてくれた
二人でジャパニーズ土下座

慰謝料というか鞄を崖に落としてるので弁償すると言ったらおばちゃんは嫁に「100万ドル請求する」と言った

周りの人も旦那さんも宥めようとしてくれたが絶対貰うと大声で宣言した

俺呆然。だがそりゃあタヒにかけたわけだし怒るどころじゃない、こりゃ訴えられると覚悟

嫁号泣してるとこにおばちゃん嫁の頭パシパシ叩いて
「だけど彼には助けられたから彼には100万ドルあげる」と言われ俺らポカーン
「ハネムーンで人杀殳しちゃ駄目」
とお茶目におどけて笑って許してくれた
「おいおいいつだって杀殳しちゃダメだぞ」と旦那さんも笑ってた
真面目に神か仏かと思った

十二年経つが今でもエアメールでクリスマスカードくれるし嫁も自分の小遣いで年一で贈り物してよくSkypeで話してる
いつか日本に遊びに来たいと言うので案内すると言ったら「落ちたくないから富士山は遠くから見るだけよ」と笑ってた

嫁はその一件以来「夫に百万ドル借金有るなんて世界でも自分だけだし夫は男の中の男」と少ない稼ぎの俺を立ててくれるので俺にとっては棚ぼた

でも真の漢はおばちゃんだと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

67:名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/21(木) 01:24:49.28

初めてこのすれに書き込む

俺は×1で嫁と結婚した
元嫁との間には息子と娘がいた
離婚理由は元嫁のウワキだが親権は元嫁に行った
元嫁は間男と結婚し、子供達はそこで暮らしていた
子供達とはたまに会えたが、子供達も今の間男が
一応父親のため、あまり親子の感じはしなかった

嫁も子供も間に奪われ、しんでしまいたくなって
無気力に生きていた俺が現嫁と出あい数年後に結婚
子供を作ったらまた逃げられるような気がして数年作らなかったが、
気持ちも癒えてきたので子供を作った
今嫁との子供はかわいい。
今嫁は子供が出来ても、俺を捨てなかった
これから、頑張ってこの子を育てようと思っていた矢先、元嫁夫婦が事故でしんだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

418名無しさん@HOME 2012/05/30(水) 09:55:42.10 0
旦那に対しての愚痴 

結婚10年。30歳前半。子供は小学校低学年と幼稚園の娘が2人。 
酒は飲むが煙草は子供の出産と同時にやめた。 
仕事はまじめにやってる。私が専業でもなんとかいけてる。 
特に問題はなかったのだけど。 

旦那の古くからの友人にAさんがいる。 
結構家族ぐるみで仲良くしてもらっていて、私も結婚前から知っている。 
Aさんは旦那よりも年上で娘A子は高校生。 
2・3歳の時から見ているので旦那はとてもかわいがっている。
先日Aさんのお宅に飲みに誘われ、迎えに行った。 
他にも友達が呼ばれていたこともあり、楽しかったようだけど旦那は飲みすぎていた様子。 
今の隣室でパソコンを使っていたA子のところにちょっかいを出しに行った。 

昔から旦那は飲みすぎるとしつこくなり、小さかったA子を泣かせたこともあったので 
私も隣室をのぞいてみた。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

136:名無しさん@おーぷん2018/07/18(水)00:47:09ID:vnB
愚痴です。
10歳下の夫から熱烈アタックを受けて結婚した。

夫の会社の同僚だか後輩だか判らないけど、兎に角その人が
「20代で結婚とか人生損してる」とか言ったらしい。


かく言う私は「何歳でも縁があって結婚したのだから、
そこは人にとやかく言われる筋合い無いと思う」と言った。
月に自由に出来るお小遣いも充分渡しているのだけど
「給料を自由に使えないとか損してる」って部分に引っかかった様子。

懇々と
「いや、共働きで収入同じくらい(と言ってるけど実は私の方が若干多い)でしょ。
加えて私も自由に出来るお金少ないよ。そこはお互い様でしょ?」
と言ったら納得してくれたが…
同僚だか後輩だかの言葉に左右されてグラグラ気持ちが揺れるので心配だ。

人を不幸な方に引きずろうとする輩が最近多い気がする。
と言うオハナシ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
837: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 11:41:30.85 ID:p5n5SRQy.net
嫁の頬の傷のはなしをちょっと書かせてくれ 

13年前に当時まだ付き合い始めたばかりの嫁が料理作ってくれることになって 
近所のMAX〇バリュで買い物することになった 
買い物終えて車に戻ると嫁が買ったプリンが食べたいと言い出しそのまま車の中で食べだした 
俺は荷物を後部に載せカートを元の位置に返しに行って運転席に戻ったら嫁が消えていた 
その時誰かが叫ぶ声がしていたので助手席側に廻ったら嫁が倒れていてその上に知らない女がマウント取って嫁を殴っていた

俺はすぐに嫁から女を引き離したが嫁は顔面血だらけになって意識を失っていた 
女は今度は俺に殴りかかってきたが俺は女を殴れないのでされるがままの状態 
通りかかった人が通報したらしく救急車と警察が駆けつけて女を傷害罪の現行犯で女を逮捕した 
嫁を救急車に乗せ近くの大学病院の救命救急に運ばれた 
嫁が1週間意識不明のときに医者からこのまま3ヶ月意識が戻らなかったら遷延性意識障害と診断しなくてはいけない 
その延命処置(植物人間)か時安楽タヒを選択しなければならない 
延命処置したら安楽タヒはできなくなってしまうと嫁両親、嫁妹、嫁弟と俺に言われた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

37:名無しさん@おーぷん2018/07/23(月)00:55:56ID:7oY
暑かったから夕飯に素麺をリクエストしたんだ。
息子と2人でテレビを見ながら待っていたんだが、茹でるだけなのに中々食卓に呼ばれない。
痺れ切らして台所の様子を見に行ったら、嫁が1人で素麺を食べていた。
暗がりで黙々と食べてて異様だった。


家族を差し置いて先に食べるなんて恥ずかしくないのかと聞いたら、
真顔で「おまえが言うな」って言われた…。
なんだか逆らったらいけない気がして、腹減ったーと騒ぐ息子を宥めながら大人しくしてた。
完食した嫁が再度素麺を茹で始めて、ザルにあけられた素麺が食卓に並んだけど、
正直生きた心地がしなかった。
空気って読めるものなんだな、と実感したよ。
おかわりを言い出せる雰囲気でもなく、息子に大半を譲って食事は終了した。
と同時に嫁からの説教開始。
開口一番に「家族を差し置いて食べるご飯は美味しかったですか?」と言われた。
もちろん今日の話ではなく今までの話な。

つまり、今回嫁が先に食べたのは今まで俺達がやってきたことを知らしめる為だった。
それから天ぷらや唐揚げといった、所謂できたてがうまい料理の度に、
自分達だけ先に食べてたことを淡々と指摘された。
100歩譲って先に食べるのはいいが、
嫁の分まで残さず食べ尽くすのはいかがなものか、と言われた。
残しておいてくれれば調理の合間に腹を満たすこともできた、とも。

俺的には、できたてが1番美味しいのに、
下手に残して冷めたりしなっとなった物を食べさせるのが忍びなかったんだが…。
口の端に登らせたら、「たかだか数分で味が落ちるわけないでしょう」とはたき落とされた。
あと、嫁が仕方なしに自分の為に調理した物まで、横から掠め取っていくなと怒られた。
一旦食卓を離れたら再度食べるのは行儀が悪いんだと。

改めて言われてみたら完全に俺が悪いんだが、その時は苦し紛れに
「なんでまとめて怒る、その都度言ってくれたらいいのに」と口走ってしまって墓穴を掘った。
都度都度注意したのに聞き逃したのはアンタ、アンタが知らんふりするから
(息子の名前)までアンタの真似をする、と反撃されて俺撃沈。
それから、「食事は家族揃って食べる」と約束してようやく許された。
嫁にも息子にも悪いことをしたと思う。

自戒の意味でここに書き込んだ。
もう先走って食べ始めたりしないし、なんだったら食事の用意とかを手伝うなりして、
嫁が早く食卓につけるよう努力する。
本当に申し訳なかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

528:名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/22(日) 19:08:43.59ID:7nWHGFQHa
旦那の財布を見たらホテルに女呼ぶやつ?のメンバーズカードが出てきた。
三回は行った形跡があった。
はぁーーーー、、最低。
めっちゃ気分落ちた。


なんでそんな事するんだろう。もうすぐ夏休みで実家に長く帰省する。
旦那は仕事でうちの実家にはこなさそう。来れても2日ぐらい?
私も子供達もいない間にまた行くんだろうな。
そう思ったら腹立つし悔しいし辛い。

問いただしたいけど、何も聞かない方がいいのかな。
何も聞かずにそのメンバーズカード捨ててしまおうか
と思うんだけど、どう思う?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

205:可愛い奥様2018/07/21(土) 01:01:13.71ID:/O6I6iw70
今日は1歳の子が熱を出し外は猛暑、
メイン級の食材もなかったため夫が会社帰りに二人分の弁当を買い、
副菜は私が家にあるもので用意するということで合意

私はカツ丼にしたんだけどごはんの量がかなり多く、
また他のおかずも合わせて食べると結構なボリュームになりカツは全部食べたけど、
ごはんは半分くらい食べたところでお腹いっぱいになってしまった


夫に「お腹いっぱいでもう食べられない」、と言うと
「せっかく買ってきたのに」「もったいない」と言われ
さらには全部食べないと子に示しがつかないと食べるよう強要され…
夫の言い分も分かるけどお腹いっぱいなのは仕方ないんだからそれを強要するのはおかしくない?
結局間をおいてお腹が落ち着いてから食べたんだけど(イライラして意地で)、
私は普段米粒一つすら残さないのに非常識みたいな扱いされて腹が立った

夫が作った手料理もしくはレストランなら頑張ってたべるけどさ、
たかがチェーン店の弁当で苦しいくらいお腹いっぱいでも食べないといけない
みたいな精神論はよく分からない

食べてる途中で「食べても食べても米が無くならない」って言ったら
丼のぞいて「減ってるよ」って言うしさ、
そりゃ魔法の米じゃあるまいし食べてるから減るに決まってる、物の例えもわからんのか

このページのトップ