鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
353: 名無しさん@HOME 2014/06/11(水) 20:57:37.62 0
相談に乗って欲しい。
俺と嫁は大学時代から付き合っていたんだけれど
当時バブル後の絶頂不況、就職超氷河期で俺は上手く就職出来なかったんだ。
嫁は一般職だけどそこそこの大企業にスルスルっと決まってしまって
「就職先も見つけられないようなダメ人間と付き合っていてもしょうがない。」と
結構な暴言で俺を振った。
俺は一時失意のどん底だったが親に頼んで就留させてもらい
どうにか1年後まあまあの所に就職できた。
その更に2年後嫁の勤めていた会社が不況の煽りで倒産した。
更に運の悪い事に嫁の実家は自営業だったのだがそこも連鎖倒産。
嫁一家は路頭に迷う。
当時親と別居していた嫁は嫁両親の夜逃げに連れて行ってもらえず
マジで天涯孤独の職無しになってしまった。
当時は小泉改革前で派遣とか今ほど充実してない上に
ネカフェなんかも今ほど便利ではなく
嫁はマジでしばらくホームレスをする羽目になったとか。
ホームレス中の嫁と偶然再会した俺は、余りの境遇に同情して
持ってたお菓子なんかを分けてやったがこれが餌付けになってしまったようで
それ以来「寄りを戻してくれ。」としつこかった。
別れた経緯上ありえないのだが余りのしつこさに、ついイラっとして
「近くの川(1級河川)に橋から飛び降りたら(当時真冬)許してやるよ。」と
脅しで言った所本当に飛び降りて肺炎こじらせた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
140: 名無しさん@HOME 2014/03/10(月) 16:31:46.91 0
大分前に別れた元旦那の話で申し訳ないけど吐き出させてください。
全部元がつきます。

結婚後、夫と私は田舎から東京に出てアパートを借りて暮らしていた。
1年後に娘が産まれ、私がまだ入院している時、見舞いに来た夫が
「俺の実家で暮らすことにした。嫁子の荷物ももう全部運んであるから。」と…

自営で大型トラックを使う仕事をしていた義実家。
そのトラックに荷物を積んで、ウトが義実家まで運んだらしい。
はぁ?何の相談もなく直前に言うか?
と思いながらも仕方なく産まれたばかりの娘を連れ、義実家へ。
ウトメ・大トメと同居開始。

私は小さな土産物屋に就職したが、夫は義実家の自営業を手伝うことに。
ウトは「給料は夫にもちゃんと払うから」と言っていたのだが
一度も支払われたことはなかった。

そのため、私が稼いだお金だけ(手取15万)で、私・夫・娘の生活費を全て賄わなければならなかった。
それでもその中から細々と娘の将来のために貯金をしていた。
同居開始から4年後に次女も産まれたのでその分も貯金を続けていた。

長女が中学生になったころ、娘たちの預金口座をチェックすると、
合計100万ほどあったはずのお金が全て無くなっていた。

夫を問い詰めると、「義実家の借金返済のために使った。」とのこと。
借金があることは知っていたが(無理矢理保証人にされたことがある)
詳しく尋ねると、義実家には800万の借金があるとのことだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
91: 名無しさん@HOME 2014/05/12(月) 10:44:29.94 O
旦那の使ってないポーチ整理してたら、ゴムが出てきた(整理は問題ないです)
数年前で子供ができる前の物っぽいけど、私は心あたりのないゴム
旦那に何か言う事ない?と聞いても
「なんであるかわからない」としか言わない
旦那は、この件について他に何も自ら発言なし
私が1人で頭パンクしそうになって、泣いてしまったり、旦那とちゃんと目を見て会話できない
浮気してた感じは無いと思う(思いたい)けど、何も言われない
「浮気はしてないよね?」と聞くべきか…疑われたと傷つくかな…
面倒くさいと思われている様子もあるし、「勝手に思ってれば?」的な雰囲気もあり、『余計な発言はしない』というような考え方みたいなのもあるようで
常々「無いものは無い!」というようなハッキリ断言もしないのでこちらがモヤモヤウジウジしてしまって
不安の方が大きくなって頭の中がぐるぐるしている
私の気持ちのもちようはどうしたらいいんでしょう?
ハッキリ聞いていいんでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
774: 名無しさん@HOME 2014/04/12(土) 07:50:44.69 0
過去話です。
義弟夫婦は大学の同級生で結婚して、結婚式も同期ゼミのパーティだけだった。
のちに義弟嫁が妊娠するが、里帰りもしないで、義母と家政婦とたま私が手伝って
産後は乗り切った。義実家も我が家も義弟宅も同じ市内なので、子供を連れて来たりして
交流は結構あった。その義弟嫁が暗い顔してお願いががあると訪ねて来た。

義弟嫁は三つ子で義弟嫁だけ健常で残りの男子二人は肢体不自由児と重度自閉症児。
小さいころから手伝って当たり前で、なんでも自分だけ後回し。
肢体不自由児のおむつを替えていたこともあったとか。
高校卒業後に福祉専門学校に行き、家で二人の介護しろと言われて
我慢たまらず、自分の味方になってくれる母方の祖父母の元に家出して
祖父母と養子縁組して学費を出してもらい、大学進学したとか。

その後両親とも兄弟とも縁を切った状態で、母方の祖父母が盾になって
くれていたのだが、近年祖父が亡くなり、祖母も体が弱って自分の意志で
老人ホームに入所したそうだ。それから母親から「戻って来い。結婚なんて
許してない。子供も置いてくるか、連れて来て兄弟の介護を手伝わせろ。」と
矢の催促が来るようになって、着信拒否したら電話番号変えたりしても
調べて手紙も来る。「これ以上無視すると嫁ぎ先とお前を返せと抗議してやる。」
と書いてあったそうだ。義弟も一生懸命に義弟嫁を支えたようですが
義弟嫁自身が怯えてしまい、なかなか対策もできなかったとか。
当時ストーカーとかあまり浸透してなくて、警察も本腰いれてくれませんし
何といってもその時点ではまだ民事でしたので。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
622: 名無しさん@HOME 2014/04/09(水) 19:03:14.27 0
私はある夢がありました。それを仕事にしていきたいと思い、
バイトをしながら夢を追いかけていました。
そんな私を旦那が見初めてくれ、夢を追いかけていていいから
結婚してほしいと言ってくれました。

結婚後はバイトもやめ、夢を目指すことに専念しました。
が、それが面白くない義弟嫁にグチグチと嫌みを言われるようになりました。
でも家事はすべてしていましたが実質ヒモの様なものだったので
しょうがないかな、と思いスルーし続けました。

そんな中義兄嫁には、夢を目指す私を応援してくれて、うまくいかなかったり
義弟嫁に言われた嫌みに内心傷ついていた私を慰めてくれたりと
大変お世話になりました。
義兄嫁はボランティアなどにも積極的に参加していて周りからの評判もすこぶるよく、
当時の私は菩薩のような人だと思っていました。
当時は本当に本当にこの人に救われたのです。
この人がいなければ夢を叶えることもできなかったと思います。

補足ですが、内心私のことを良くは思っていないようでしたが
旦那は無精子症で、それを知っていた義両親はそんな息子と
結婚してくれたのだからと、表面上は良好な関係だったと思います。

その後私は運よく夢を仕事にできそこそこ収入も得るようになりました。

このページのトップ