鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

雑談・相談

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
535: 愛と死の名無しさん 2011/11/21(月) 10:29:46.61
んじゃ、流れを戻そうか・・・ 
ありがちな話だとは思うけど、数年前に経験した結婚式。 

新郎(×1子×3)新婦(初婚)ともに40代。 
新郎側友人として披露宴に参加したのだが、 
新婦側の親族が新婦妹夫妻のみと言うのに出くわした。 

後日、新郎に確認したところ・・・ 
新婦両親は既に他界。新婦は妹を育てるのに必タヒに働いて婚期を逃した模様。 
で、問題は新婦親族の取りまとめをしている立場の人物。 
この人物が、結婚に大反対。その影響力により、新婦側親族は皆欠席となったそうな。 
自身が納得いかないから欠席はわかるけれども、 
立場を利用して回りを巻き込むなよと思った次第。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
600: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/05(火) 02:34:56.46 ID:6gMPePQH
通っていた病院で明細書を見ると「初診料」が取られてた。 

初診じゃないし、って受付の人に聞いたら 
「違う症状で診察したなら初診料かかる」って言われた。 

同じ症状での受診だし、先週も来たって言うと「調べます」って言われて、その後音沙汰なし。 

いつも明細書なんてみないけど、たまたま見たらこれ。 
なにこれ、ずうずうしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 以下、VIPがお送りします 2017/03/24(金) 13:42:59.867 ID:HmFj/lHRd
昨日の夜思い出したらすげームカついてきたから 
会話の内容思い出して文章にして打ち込み終わった 
パワハラにもほどがあるわ 

俺「飲み会って強制参加じゃないですよね」 
上司「別に来なくてもいいけど」 
俺「なら今日も俺はいいです。酒も飲めないし」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
975: 1/3 投稿日:2010/05/23(日) 11:17:39 ID:O+GmjhU/
クレクレと言うには少々毛色が違う&スケールが大きいのですが。 

私は仕事の関係で自衛隊と付き合いが有り、個人的にも軍事関係が好きなので、仕事以外でもよくイベント等に行っています。 
少し前に知人から連絡が有り、親戚の親子(Aさんとします)を基地の見学に連れて行ってあげられないかと言われました。 
小学生のA太郎君が戦闘機や戦車が好きで、大きくなったら自衛官になって操縦するのが夢だそうです。 
私は民間人なので広報の真似事をする必要も無いんですが、たまたま時間が出来たので了承しました。 
見学の申請をしてAさんに誓約書(担当官の指示には従う事、等の簡単なものです)も書いてもらい、 
途中 
「A太郎のお友達とそのママさん達も誘って良いか」 
と聞かれたのでそれも追加申請(誓約書も)しておきました。 

当日は広報室でビデオを見て自衛隊やその駐屯地の部隊の役目等について軽く説明を受けた後、 
車両や施設を見学したり、体験用の装備品を実際に身に着けてみたり、わりと和やかに進行していました。 
しかし途中でA太郎君が 
「トムキャット見たい!運転席に乗るの!トムキャット!」 
と言い出しました。

陸とか空とか以前に自衛隊機じゃねーよ、米軍でももう退役しとるわ、見たいならイラン行けイラン。

広報さんが
「僕トムキャット知ってるなんて詳しいねぇ、でもねぇ、自衛隊の戦闘機じゃないんだよ、アメリカの海軍で昔使われてた戦闘機なんだよ」
と説明しても納得せずに乗りた乗りたいと言い続けていました。
そもそも、現役の自衛隊機だったとしてイベントでもない限りコクピットに座れる筈も無いんですが。
(イベント等では装備を外したりした状態の機体に監視付きで座れる事は有ります)
それ以前に来ていたのは陸自の駐屯地なので、戦闘機がいる筈も無いんですが。

その内母親のAさんまで
「息子は飛行機見るのを楽しみにしてたんですよ!どうにかならないんですか?
って言うか事前に聞いてたのと話が違う!飛行機に乗れるって聞いてたのにふじこふじこ!」

と騒ぎ出しました。



F-14 トムキャット
01

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
762: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2016/02/29(月) 11:57:50.35
うちの嫁さん、いつの頃からか疲れたって寝てばかりで 
正直自己管理が出来てない、ゴロゴロサボってんじゃないよと思ってたら 
そのうち目に見えてガリガリに痩せて来て、フラフラになって来てさ 
一人である日病院に行って、さすがに電話してどうだったか聞いたら「膠原病だった、もう治らないらしい」だった 
今は症状落ち着いてるけど、飯も作るし仕事も行くし、ただ俺が帰って来たときに黙って寝てるって感じだったから 
そんな病気になってたとか気付かなかったよ 
子供は「お母さんがシんだらどうしよう」って泣くし、嫁も「シなない、大丈夫」って言うけど顔色悪いし元気ないし 
ガンじゃないだけ良かったじゃんって思うし、俺も色々調べて 
「お前の病気は大したことない、同じ病気の人は全国に何万人いる」って励ましたんだけど 
俺には冷たい顔で「あっそ」と言うだけだった 
シぬ病気じゃなくても家に病人いると家の中暗くなるよ

このページのトップ