鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ひどい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
336: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)20:10:50 ID:kxL0Avhpo
復讐っていうか因果応報っぽい話だけど

中学のときやたら「苦労は身になる、苦労しろ、汗を流せ。その苦労が実って将来の糧になる」
って語る教師がいた
その説自体はべつに間違ってないんだろうけど、たとえば部活で今は間違ってる筋トレだとされてる
うさぎとびを
「こういう地道でつらい訓練があとで実るんだ」って顧問や父兄の反対を押しきってやらせたり
腹痛で苦しんでる生徒を「そのくらいでなんだ。アフリカにはもっとつらい子供たちがいるんだ」
って怒鳴って保健室に行かせないで盲腸を悪化させたり
とにかく変な人だった。

その教師がよりにもよって三年のときうちの担任になった。
そういう人だから生徒にもすげー嫌われてて、父兄からも何度も苦情がいってたらしいんだけどなぜか
担任をはずされることはなかった
こいつに苦労しろ、つらい思いをしろって呪いのように言われ無理難題をふっかけられた
当時のクラス委員はすごい優秀な子なのに病んでしまい途中から登校拒否になった
受験でもさんざんみんな迷惑かけられた
やっと卒業できたときは嬉しくてしょうがなかった

月日が経ち、先日その教師の最近の動向を知った
そいつは家でも「苦労しろ、人よりつらい思いをするのがいいんだ」のモットーを押しつけて
嫁さんが痛みを訴えてるのに病院に連れて行かず
やっと息子がそいつを振りきって病院にみせたときにはもう手遅れだったらしい
息子も娘もそいつを嫌って、嫁さんのタヒ後は祖父母の家から高校に通い
高校卒業後は行方もわからないとか
「なんでおれがこんな目に」と定年後は毎日飲んだくれて嘆いてると聞いたので
当時のクラスメイトで
「つらいみじめな思いできてよかったですね、来世の糧になりますよ」
って、匿名で寄せ書きしてポストに入れてきた

反応は知らんが、あとで地元のやつが巡回したらポストが
バットでぶん殴ったみたいにひしゃげてたらしいからたぶんキレたんだと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
553: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)20:44:49 ID:???
普段は仏のような人々なのだが、仏だからか知らないが、少し常軌を逸した行動が目立つ隣家

ある日学校から帰ったら、実家に続く土手道に植えられていた開花前の桜の木が半分ほど伐採されていた
生まれた頃から花見していた桜並木が突如消失しているのを見て愕然としていたら祖母が来て、伐採したのは隣家だと言った
祖母が何かチェーンソーの音がするな……と庭に見てみたら、隣家が一家総出で桜の木を伐採している最中だったとのこと

田舎産まれ田舎育ちらしく、あまりそういったことに対して目くじら立てる人ではないはずの祖母が
「あれァ全部、おらがこの家に嫁に来た頃に植えられたサクラだったのに……」としょげていた
しかもその桜並木は地域の人々がその土手が出来たことを記念して植えたものだったはずだ

頭に来て役場に電話を入れた。「どちら様ですか?」と聞かれたので「匿名で」と言ったら「あぁ、わかりました」と丁寧な対応
これこれこういうことがあったのだけれど、私が伝え聞く限り、あの土手道の桜は全部地域の人々の共有財産だったはずだ、
無念でならないからあの土手の権利者を確認してくれ、と言ったら、窓口の人は同情してくれて「必ず調べます」と言ってくれた

そうしたら案の定、桜の木は全部隣家ではなく、別の家の土地に植わっていたことが判明した
しかも隣家が桜の木を伐採した理由が「田んぼに毛虫が落ちてくるから」という理由だったらしいい

「あの桜には毛虫なんて湧いたことがないし、毛虫が田んぼに落ちてきてなにか困ることがあるのか」と土地の所有者が電話してくれて、
隣家はただただ謝罪するしかなかったそうだ。要するに土手の下の田んぼの畦を野焼きするのに邪魔なので伐りました、というのが真相だったようだ
以前、隣家の野焼きの火が延焼して桜の一本が丸焼けになったことがあったので白状しないわけにも行かなかったらしい

狭い田舎なのであっという間にその話は地域全体に伝わり、隣家は「何しでかすかわからないサイコ一家」みたいなイメージが定着した
古い木だったので切り株になった桜は結局枯れてしまった。平常時は仏みたいな人々なのに、少しのキッカケでああいうことを平気でやらかす隣家が怖い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
514: 名無しの心子知らず 2008/01/08(火) 14:48:37 ID:aZtNhKTQ
普段親しくしているママ友グループでの事です。 
いつも育児でゆっくりと食事もできないねという話題になって、休日にランチに行く事になりました。 
子供は旦那か実家に預けて、オシャレもしよう!とグループ(4人)で大盛り上がり。 
店は雑誌で探したフレンチで、予約もしたし楽しみにしていました。 

当日は私が車を出す事になったので、うちに集まって貰いました。 
Aさんが最後に来たのですが、格好を見てビックリ。 
普段着のジーンズ・トレーナー・スニーカー&大きなバスケット。 
たまの事だから奮発しようという事で、そこそこの格好でないと浮いてしまう店。

流石にジーンズは・・・と言ったら 
Aさん「ランチで1万も出すのって高く無い?お弁当作ってきたから○○緑地公園でピクニックにしようよ。」 

○○緑地公園は普段よく行く公園で、ピクニックに最適です。 
でも今回は予め、大人だけで美味しい物を食べに行こうと決めていたし、予算も最初から決まっていました。 
ピクニックなら子供がいる時に連れて行った方が良いし、今日はレストランの約束でしょう?というような事を言いました。 
Aさん「でも~、1万あったら家族で沢山食べられるし、オシャレするのにもお金がかかるし。」 
オシャレと言っても、皆、入園式用に買ったスーツとかでわざわざ買った人は居ないのですが。 
Aさんもその手のスーツがあるから、服が全く無いというわけでも無いし。 

Aさん「ね、お弁当、全員分作ってきちゃったし、お店はキャンセルの電話すれば良いじゃない!ピクニックにしようよ。材料費は割り勘で宜しくね。」 
嫌がるのを無理矢理誘ったわけじゃないし、店を探していた時のAさんはノリノリでした。 
それに高いと思うなら、もうちょっと違う店を提案してくれれば応じていたし。 
あまりにも勝手な言い分に、思った事を言いました。 

・レストランでランチを楽しみにしていたのに、勝手に予定変更しないで。 
・値段が気に入らないのなら、検討している時に言って欲しい。 
・そんなにピクニックしたいなら、家族で行ってください。 
他の2人も「私達もランチを楽しみにしていたから、レストランに行きたい。」と言いました。 

予約の時間も近づいていたし、結局ランチは3人で行きました。 
Aさんは家族で公園に行ったようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

240: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)09:56:06 ID:kvyQfrxSc
私の仕事は基本土日休みだが、時々土曜日に出勤することがある。
その日は土曜日出勤の日で、普通に仕事して帰ってきた。
すると、家の前になんか塊が置いてある。のぞき込んでみると、なんと赤ん坊だった。ピンク色のタオルに包まれていて、哺乳瓶も置いてある。
急いで抱き上げたが、赤ん坊はタヒんでいた。私はパニックになりながら警察に通報。警察はすぐにかけつけてくれた。
誰もがどこの赤ん坊だ、母親はどうしたと怒りに震えていた。
警察からは赤ん坊を預かる約束をしていないか聞かれたけど、身に覚えが無いので、約束していないと言った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
960: 名無しさん@おーぷん 2017/03/09(木)23:20:45 ID:11N
それくらいで最大の修羅場なんて・・・と思われるかもしれないけど、子供の頃だったから本当に修羅場だった
高校生になって家が貧乏だから学校に許可をもらってバイトをすることになった
そこは新しくできるラーメンのチェーン店で、新規でバイトを募集してたこと
家から自転車で五分でつけるので、夜遅くなっても安全なことから親にも学校にも勧められて応募した
バイトに受かった子たちは厨房を除いて女性しかいなくて、それも皆レベルの高い子ばかり
飲食店なのに髪染めてる、ネイルしてるのうな人も混じっていて、飲食店っていってもこんなものなのかな?と思っていた
最初はバイトの女性だけで25人くらいいたんだけど、短期間にどんどん女性が辞めていった

一ヶ月後には10人ほどしか残らない
しかも残った子は何やら店長と親密な感じだった
女性が減っていくに連れて、店長は女性にバイトの後の予定を聞いて誘い出すようになった
中学卒業してまだ三ヶ月もたってないようなお子様な私にはその意味が全くわからなかった
そのうち店長が私にも声をかけるようになった
だけど私は親との約束もあるので、断ってすぐに帰っていた
でも店長はそんな私に「親の門限なんとかならないの?」と言い出し、それも無理だと断るとイライラした様子を隠そうともせず「俺の誘い断ったらバイト続けられないのわかってる?」と言い出した
本当に意味がわからず、「え、何でですか?私何かしましたか」と真面目に答えると、見かねた厨房の高校生バイトくんが「店長、勘弁してやってください」と言い出した
私だけ状況を理解できなくて、でもとても危険な誘いをされていることだけはわかって怖かった
店長は「処/女っぽいから食ってやろうかと思ったのにこんなブスどうでもいいわ、二度とこなくていいよ」と吐き捨て、何か言おうとする私を厨房の高校生が止めた
家に帰ってバイトを首になったと話したら、両親や祖父母から「飲食店のバイトすら首になるような仕事しかできないのか」と情けない娘だと言われて今でもその時の言葉が胸に刺さってる
大学生になったときに近所のスーパーで厨房の人と再会したんだけど、その時には私はもう大人だったから色々教えてくれた
店長は若くて可愛い女の子だけを採用していたこと
短期間にどんどんやめていったのは店長が食おうとして失敗した子をクビにしてたから
残ってたメンバーは全員店長と行為しまくってたこと
行為しまくってるバイトの人の時間も店長がいじって給料水増ししてたこと
私はまだ16歳だったし手を出したらやばいよなーでも味見したいよなーと店長がよく口にしてたこと
私が本気で真面目に家のために働いてるのを見て、こいつならクビをちらつかせればいいなりになると店長が話してたこと
厨房の人が止めに入ったから未遂に終わったけど、厨房の人がそのせいでクビになったこと

全部教えてもらったら急に怖くなって初めて膝が笑う経験をした
初めて味わう部類の恐怖心に体が火照ってなんでか笑いが止まらなかった
でも膝は笑ってるし怖くて仕方なかった
私が辞めて三ヶ月くらいで店は潰れてなくなったんだけど、厨房の人の話を聞いたら全部納得できる

今は結婚もしてるけど、バイトのときの経験と厨房の人の話から、性爻渉が汚いものだって気持ちが拭えない