鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ひどい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

920名無しさん@お腹いっぱい。
勤務先のアルバイトで40歳のおっさんが居るんだが、いつも持ってきてる弁当が美味そうなのよ。 
こないだはオニオンリングフライが入ってたんだが、おっさんが囓るとサクッパリッて音が響いてくるの。 
弁当に入れててまだサクサクかよって思わずガン見したらおっさんが分けてくれたんだが、案の定激うま。 
おっさん曰く、女房は衣をビールで溶くのがコツだって言ってました、と。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
318: 本当にあった怖い名無し 2008/08/30(土) 08:57:44 ID:tv0eEO820
母親の双子の妹が出戻りで、家に転がり込んできた。
この人が、また、離婚されても当然な感じの、女を捨てている人で、
甥である俺の目なんか全然、気にしない。

下着姿で朝飯食うわ、風呂上りは乳丸出しでうろつくわ、トイレの紙が
無きゃ俺に持ってこさせるわ、好き放題。俺はといえば、目のやり場に
困ってどぎまぎするしかなかった。本人はそれを面白がってセクハラしまくり。

ある日、俺は、セクハラを止めないと実力行使で追い出すと宣言したが、
叔母は、あれだけやられてあたしを押し倒すことも出来ないお子様なんか
怖くない、と鼻で笑いやがった。
最初は少し脅かそうと思っただけだったのだが、いい加減頭にきていた
俺は、挑発の言葉で切れた勢いで、叔母を強引に押し倒してしまった。
叔母もまさか赤ん坊の頃から知っている甥にやられるとは思っていなかった
らしく、ショックを受けたのか、一回やった後はマグロ状態。
やりたい盛りの上に、DTだった俺はぐったりしてタヒ体のようになった
ままの叔母を相手に朝まで延々とやり続けた。正直、母親と同じ顔で、
年だって40overでそこらじゅうたるんだ身体に慾情するなんて、自分
でも予想外だった。
双方とも我に返ってから、中田氏しまくって妊娠したらどうするの、
と叔母は逆切れしたが、こっちからみれば、あれだけいじって
おいて何を今更という感じだった。

その後は向こうも考えることがあったのか、振る舞いには改善が
あったが、結局、家庭内には漠然とした重苦しさが残ってしまった。
俺は進学を期に家を出て、それからはほとんど帰省もしていない。
でも、そのうち絶対、冠婚葬祭みたいな不可避のイベントは起こるんだよな。
そうなったら、まともに顔をあわせなきゃならないんだが、今からもう気が重い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

629最初 2012/05/11(金) 00:36:16.62 0
私…26歳 既婚 0歳児持ち
兄…31歳 
A…33歳 兄の元婚約者

私が妊娠して実家に里帰りしてのんびりしてるる時に
兄が紹介したい人がいると連れてきたのがAさん
紹介された時は正直、合わないだろうな~ぐらいの気持ちだったんだけど
結納が済んで何故かAさんが頻繁に家に出入りするようになってからおかしくなった

遠まわしに出来婚乙、高卒乙、底辺乙、腰かけ乙されるようになった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
347: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 15:00:56.55 ID:ZA/rBILh.net
上司からのメールで業務に必要だから下記のものを用意するようにと指示があった(身バレ防止のため品名はフェイク) 
・コピー用紙 
・ハサミ 
・ま~ん() 

で、3番目はなんだよコレと思ってま~ん()ってなんですか?と返信すると

品のないことをメールすんな!!最低だぞ!とぶちギレメールが来たので 
いや、上司さんが送ってきたメールに書いてありましたが何を用意したら良いのかわからなくてすみません、品のないことなんですか?と再返信したら 
「マジック」と打とうとしたんだが予測変換でそうなってしまった、すまんすま~ん() 
と返信が来た… 
尊敬していた上司がま~ん()なんて言葉を予測変換できるくらい多様してたことにも引いたし 
自分を棚にあげて説教するのにも引いたし業務のメールを読み直さないことにも引いた 
謝罪のメールでもまた予測変換されてるし… 
本当にドン引き

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

12名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/30(日) 06:20:45
近所の修羅場の悪夢を見て起きたので吐き出し。 
身バレするのでフェイク入れ&グロなので注意。
夕方、店をやってる我が家に泣きながら入ってくる向かいの家の奥さん。 
「救急車呼んで」と。 
何があったか聞けば「旦那が切腹した」。 
うちの親が急いで救急車呼んで一命を取り留めたが、
向かいの家も店をやってるため、 
旦那の姿が見えた。  

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
893: 名無しの心子知らず 2008/10/19(日) 07:02:26 ID:nQjXV/uM0
犬(室内飼いの小型)の散歩は平日は私(専業主婦)がやっているが、土日は仕事が休みの主人にしてもらっている。
昨日の夕方主人が犬の散歩をしに外に出て行ったはずなのに、
隣の旦那(カーマニアでレアな車を複数台所有)さんのガレージで車談義をしている。
「ポチ(犬の名前)はどうしたの?」と聞くと、「近所の放置子が散歩したいっていうからさせてあげてる」とのこと。
わたしは慌ててポチを探しに出かけた。

放置子は近所の大人にも子どもにも相手にされないので犬を子分にしたいのだろうが、
犬が立ち止まっても無理矢理ずるずると引き回し、犬が言うことを聞かなければ怒鳴る殴る蹴ると無茶なことをする。
親の真似でもしてるんだろう。
放置子は可愛がると称して嫌がっている犬が吐くまでいじりまわす。つまりは、犬を飼ってはいけないタイプの人種だ。
だいたい未就学の子どもが道具もないのに犬のうんこをどうやって拾うというんだろう。

さんざん探し回るとやっと放置子が見つかった。農家に入り込んで犬と一緒にブドウを盗んで食べていた。
「だってポチがブドウ食べたそうだったんだもん。お腹減ってるっていうもん」
と、放置子は罪をうちの犬のせいにしていた。
私は農家の方に、放置子とうちの犬が勝手に食べたブドウ代をわたして平謝りした。
帰宅後うちの犬は、放置子が食べさせたブドウの皮を吐くわ下痢するわで大変だった。
(放置子は実を食べて、犬には皮ばかりを与えたらしい)
犬は病院で注射を打たれて痛い思いをして可哀想だし、万札が予定外に飛ぶし、さんざんな週末だった。
今回は夫の落ち度なので、犬の治療費とブドウの賠償分は、夫の小遣いから天引きとなった。
命に別状がなかっただけよしとしなければならないけれど、
サンダル履きのまま犬を探して走り回り、今日は私も筋肉痛でつらい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
674: 名無しさん@HOME 2012/04/10(火) 04:41:10.20 O
寝れないので投下 

修羅場は結構沢山ある(父方両親に孫と認められない、父親私に興味が無く浮気・遊びで帰ってこない、父弟嫁に杀殳されかけるetc) 

その中でも一番のトラウマ 
新しい父親は厨二引きずってるような人 
気に入らなければDV 
当時小学生の私と張り合っては母にとっての一番が自分じゃなく子供なのが気に入らない 
物欲が我慢出来なく、勝手にペット買う。子供が欲しいと思ってと私のせい 
稼ぎが足りなく母にパートに行かせてるにも関わらず俺が養ってやってると威張る

そんなどうしようもない屑だから、両親はよく掴み合いの喧嘩をしていた 
流血、家破壊当たり前 
八つ当たりされるし、怖くてその場に居たくないのに、隠れてる間に杀殳人が起きそうな恐怖で動けず 

特に離婚に発展した時はまさに修羅場 

その日も喧嘩は母の些細な行動に継父がキレたことから 

いつものように掴み合いの喧嘩をしてたんだけど、継父が母の目を殴った 
容赦の欠片も無く 

暴れる母の首を締めつつ玄関まで引き摺り閉め出す継父 
外で開けろと暴れる母 
恐怖だった 

分けます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1:風吹けば名無し2018/02/18(日) 19:01:46.07ID:uXHb7Vxar


奨学金「返さなあかんねんで?ほんまにええんか?」

学生「はい」

奨学金「将来の返済こんだけなるけどええんか?ホンマに大丈夫か?」

学生「はい」

奨学金「おっしゃ貸したろ!」


奨学金「返してや」

学生「いやああああああああああ!!!!!!酷いンゴおおおおお!!!!!」

奨学金「」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
855: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 22:43:02.17 ID:29cJfB820.net
都心のコーヒーショップのレジに並んでたら、何人か前に一人で来てるお爺ちゃんに気付いた。 
斜めがけバックに襟付きシャツで可愛い感じだったけど、頭は弱くなって来てたようで 
お爺ちゃんはパフェを1つ、レジで注文してて 
レジ「お飲みはよろしかったですか?」 
爺「…えっ?頼まないとダメなのですか?」 
レジ「いえ、だいじょうぶです。パフェだけでよろししですか?」 
爺「付いてるの?…いやぁ…飲み物あったほうがいいねぇ…」 
レジ「あっ、ではご注文をコチラから…」 と、頭上のメニューを指差す。

爺 上を見上げるも視力の問題で見えなかったようで、(30秒ほど虚空を見つめ考えた末)「アイスコーヒー」 
レジ「SMLいかがいたしましょう?」 
爺「…ミ…ミディアム…?ウ…ウェルダン…?うーん…ちょっと分からない」呆然と立ち尽くす 
レジ 呆れ顔をしながらグラスを3種類もって来て選ばせる。 
会計 パフェだけなら700円ぐらいのに、よく分からないまま頼んだコーヒーのせいで1000円オーバー 
会計が終わってアイスコーヒだけ先に渡して 
「パフェはお席までお持ちします」 
爺 「えっ…」と聞き返すも店員は次の人の対応に移ってたから爺は放置。 
アイスコーヒの盆を両手で持ったまま、その場でずっとパフェが出てくるのを待ち続ける。 
手が疲れたのか一旦席にコーヒーを置きに行き、また戻って来てパフェを待つ。 

うまく説明出来ないけど、なんか泣きそうになった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
954: 本当にあった怖い名無し 2014/03/04(火) 21:52:10.32 ID:lV2MMVzF0
ようやく片付いたのでまとめたら厄落しに投下させてもらいます。

このページのトップ