鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ワロタ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ワイの職場の忘年会の参加者の数wwwwwwwww


1 :名無しさん@おーぷん:2017/12/09(土)09:23:18 ID:l2b

5人www
30人くらいいる部署なのにみんな拒否www
部長ブチ切れてて吹いたわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
661: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/18(金) 01:59:30.60
台所行ったら、妻が煮立った大鍋の前に立ってて、まさに今パスタを投入するところ。 
二人分をつかんで、入れる直前にコンロの火を消し、パスタを入れ、少しかき回してからまた火をつけた。 
何でそんなことするんだろうと思い、火を消した理由を聞いた。 
俺に教わったんだと。

「いつ?」 
「んー。XXXに住んでたときだから、結婚前だね」 
十数年前かよ。 
よくよく聞いてみたら、何となく思い出した。 
当時は全然余裕がなくて、鍋なんか小さいやつが一個あるだけ。 
その小さい鍋でパスタ茹でると、麺が鍋に入り切らずに鍋のふちに当たるので、その部分だけ熱で固くなって食感が悪くなる。 
だから入れる瞬間には火を止めて、パスタが湯で柔らかくなって鍋の中に全部入ってからまた火をつけてた。確かに。 
「それ、それから毎回やってんの?」 
「うん」 
教えたこっちは全く忘れてることを十数年ずっと。しかも、今じゃでかい鍋で茹でてるので、やる必要すらないことをずっと。 
「何でそうしろって言ったか覚えてる?」 
「理由は言わなかったよ。でもわざわざ教えてくれるんだから、そうした方が美味しくなるんだろうなって思った」 
思わず、うーんってうなった。行動そのものは無意味で、愚かだとさえ思えるけども、人間の偉さって実はこういう事なんじゃないかと。 
何気なく言われた一言を、疑問にも思わず十数年、素直にねえ。 
結婚してよかったと思った。 
変な話だけどさ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
349: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)17:38:13 ID:Lus
パート先の社員にバツ3のおっさんがいる。
性格の不一致でバツ1、再婚して不倫してバツ2、不倫相手と再婚してまた離婚してバツ3。
社員のお局さん(おっさんと同期入社)によると
バツ3つ目の時点までは押しの強いイケメンでモテたらしい。

バツ3つでさすがにちょっと懲りて、独身貴族を気取って十数年。
独身貴族を気取ってる間に劣化が進んで、今は貧相な感じになってるのに
未だに自分が若くてモテる気でいて、ウザい感じになっている。

ほうれい線や目じりの皺くっきり、痩せてるのに腹は出てる、なのにファッションは二十代向け。
で、上から目線で若い男性社員に「女の扱いがなってない」系発言、女性社員にはスキンシップ過多。
みんな半笑いでそのおっさんを見てる感じだった。

そして今年、美人の女の子が入社。
爽やか系でスレてなさそうな、親が息子の嫁に欲しがりそうなタイプ。
この新人さんが、おっさんの好みにどんぴしゃだったらしく、おっさんに火が付いた。
4回目の結婚目指して新人さんのまわりをウロウロ。
で、この新人さんがやってくれた。

休み時間におっさんと会話中、
新人さん「へー、一人暮らしなんですね」
おっさん「そーなんだよ、仕事から帰って家事を一人でするのって侘しいわー」
おっさんは多分、新人さんが「えーじゃあ遊びに行っちゃおうかな」的なリアクションをすることを期待してた。
新人さん「大変じゃないですかー、今、独居老人って問題になってますもんね」

まさかの独居老人発言に、おっさんの笑顔が凍るwwwさらに追い打ちで
新人さん「私の祖父が(おっさんの名前)さんとあまり変わらないくらいの年なんですけど
祖母に先立たれたら俺は生きていけないってよく愚痴ってるんですよ」
おっさん「え、でも(新人)さんのおじいさんって若くても60代とかでしょ、俺はまだ(四捨五入で50)歳でー」
新人さん「えー、祖父60代ですけど、(四捨五入で50)も60も変わらないじゃないですか」

おっさん、完全に心が折れて撤退。
普段この新人さん、こんな爆弾発言は絶対しない子だから、多分わざと言ったんだと思う。
ずっと付きまとわれて、ずっと張り付いたような笑顔でやんわりだけど塩対応してたし。
自分がとっくに中年で、爺さんになるまでそんなに時間がないことに気が付いちゃったおっさんは今後どうするのか注目してる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

184:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2017/02/05(日) 14:48:05.20 ID:33E3fdBt.net

ついさっき父と母と歩いてて
父がJK風の女の子二人組とぶつかって
お互いにぶつかった感じだったけど一応謝ってた。

そしたら、オッサンに触られたー痴漢じゃね?キモーみたいな反応されて
父、(´・ω・`)←こんな顔になってた
それを後ろを歩いてた母が見て、そのJK風の子に「違うわよーあのオジサン面食いだから。安心して」って爽やかな笑顔で言っててフイタ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 17:52:25.07 ID:p5twhkh70.net
ワイ「割引シール見えないんすか?」
店員「え?」
ワイ「・・・50%割引のシールが貼ってあるじゃないすか。ったく、計算も出来んDQNは社会進出してくんなよ(小声)」
店員「50円引きですが・・・?」
ワイ「・・・」(無言で惣菜売り場に向かい弁当を元の場所に戻す」

人気のない公園に到達したワイ「ン・・・ン・・・ンゴオオオオオオオオ!!!」



ワイ「50%割引の300円弁当が3つで450円や!」店員「計750円になります」ワイ「は?」
引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1464166345/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/21(金)12:09:44 ID:VXwVbDrYg
「こんな女とは思わなかった……」だとよ
間男には心から同情する

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

716: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/03/07(金) 11:52:30 0
最近、健康に目覚めたらしいウト。 
「ウォーキングの時にかぶる帽子を編んでくれ。
スキー場でよく見るようなカッコいいやつな」 
とわけのわからんオーダーを受けた。 
「手持ちの余ってる毛糸でいいから」って、
なんで私がウトに手編みなんだYO!とキレかけたが、
ちょうどベージュと黒の毛糸があまっていたので編んで差し上げた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

658: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/28(火) 18:01:03.02 0
件名:命名 

♪自信作♪ 
振留(ふりる) 
振袖から留袖までの女の一生。フリルも女の子の象徴。私の造語です。 

織染(おるめ) 
織ったり染めたりの女の一生。おり+そめで「おるめ」。私の造語です。 

麻織or紗織or絽織(さらり) 
夏生まれに相応しく夏物で。さらりと。私の造語です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
88: 名無しさん@おーぷん 2015/05/21(木)16:35:20 ID:tvm
浮気して別れた彼女との話書き捨てる
勢いで書くから長くなったらごめんよ

震災のあった年、同じ大学の女の子と付き合ってた
入学直後のオリエンテーションで仲良くなって付き合うことになった
当時二年以上付き合ってたことになる
卒業して就職したら結婚しようか、なんて今思えば青臭いことを言い合って
お互いの親とも仲良くやってたよ
そんな日々にあの震災があった
彼女はちょっと北(原発問題のあった県)の出身でちょっと実家に帰るね、と帰っていった
すぐに彼女から被害はなくて大丈夫だったと電話があって安心した
で、しばらく親と一緒にいるね、と言われたのであっさり納得した

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

327: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/26(水) 13:34:42.77 ID:JMDbedlW
会社でのことが落ち着いたので厄落とし。 

A…30代後半勘助 
B…30代後半中途採用勘助 

私…30代前半既婚
(入社前に結婚していたこと・夫婦の方針で冠婚葬祭以外は指輪はつけないこと・
飲み会などに頻繁に参加していたことなどから独身と思われていた模様) 

Aと私はあまり接触がなかったが、
Bが入社してAが教育係としてペアを組んでからおかしくなった。 
ほぼ同時期に個人的な連絡先を聞いてきたり、
やたらと三人での飲みや休日の外出に誘ってきたり。
もちろんほとんどのことは断った。 

このページのトップ