鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

やれやれ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
113: 可愛い奥様 2010/12/10(金) 23:36:59 ID:x8r3KskpO
職場体験に来たABC 
一目見てAはかなり勝ち気、BはAの太鼓持ち、Cは不器用だと分かった 
作業を頼むと案の定、ABはテキパキとCはゆっくりと始めた 
が、ABはしゃべってばかりで、Cに仕事を押し付け何もしない 
Aは2日目になると私にタメ口を聞き、完全に馬鹿にした態度を取り、しまいには「役立たず」とまで言って来た 
腹が立ったが、どう怒っていいか分からなかった。が、何気ないAの一言で分家の分家と分かった

最終日、Aに「ご両親に○○の(私名字)がよろしくと言っていた、と伝えてね」と言うと「はいはい」と答えていたが、その夜、両親が菓子折り携えAを連れて来た 
そこで職場でのことを全て伝えると両親の顔色が青黒くなった 

その後、Aの評判は一族内で最悪のものとなり、Aの家族は分家お出入り禁止となった 
おかげでA父が事業に失敗した時、一族の誰も助けなかった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

83: 1/2 2014/03/21(金)21:29:14 ID:4SankhVcc
文が下手なので箇条書き修羅場、時期は10数年前で携帯が普及してない時代

・おおみそかの夜に当時生後4ヵ月の娘が高熱で引きつけ
・救急車呼んだら一緒に行った嫁が「すぐ着てくれ、覚悟もしてくれ」
・暖房消して戸締まりして慌てて病院へ
・娘一度心停止してて危ない状態
・自分も嫁もパニック起こしながら看病
・朝になってから上の2歳の娘を思い出す
・豪雪地域で、その日も気温マイナス
・凍タヒしてないかと心配になって慌てて引き返す
・家の鍵が開いてて誰もいない
・誘拐か自分で家を出たかと警察へ通報
・警察到着して家を調べる
・手紙みたいのをリビングから見つける→見ると俺実家から
・娘を連れて行くという置き手紙→俺警察に叱られる
・実家に行くと兄嫁の家に娘いると言われてびっくり→兄の家は新幹線の距離

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

594: 名無しの心子知らず 2010/06/29(火) 12:29:48 ID:Gva/yHFz
カレーがうまい。昨日の朝から汗だくになって作ったカレー。 

24時間前、換気扇をブンブン回してカレー作り。 
スパイスを8種類入れて、しょうが、にんにく、トマトもたっぷり。 
途中インターフォンが鳴ったので出てみると 
「洗濯物飛んできてたので届けにきました」と娘をだっこした見知らぬママ。
「それはすみませんねー」と出たはいいが、ママは洗濯物なんか持ってない。 
持ってるのは大きなタッパー。 
「換気扇からカレーのいいにおいがしたので、おすそ分けもらいに来ました 
これに入れてちょうだい」 
あー、これが噂の、とワクワクしながらも、戸惑った表情を作って 
「お口に合うかわからないので、おすそ分けできないんですよー」と 
クネクネしながら断るも「いいからクレ」というようなことを言っていた。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

642: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/25(日) 20:55:06.45 ID:/YdqfW94
公園の道の向こうから白い杖をついた人(A氏)、
こちらから盲導犬を連れた人(Bさん)が来た 

このままではぶつかってしまう、と
とりあえず近くにいたBさんに 
「向こうから杖をついた人が来ますよ」 
と声をかけた 
(盲導犬が分かっているとは思ったけど) 
Bさんは足を止めA氏が通り過ぎるのを待った 

ところがA氏は何を考えたか、急に杖を振り回し、Bさんの盲導犬を叩き始めた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

825: 名無しの心子知らず 2012/11/28(水) 13:24:35.18 ID:tAo/0w1y
北海道の停電で思い出したので書かせてもらいます 

1/2 

数年前の風の強い冬の夜、うちの近くの電線が切れて辺りが停電になった 
家の中でランタンと石油ストーブををつけてしばらく電気がつくのを待っていた所に玄関を叩く音がした。 

そこには5才位の男の子と地味めな母親らしき知らない女の人が立っていた。 
一時の強風は落ち着いていたけれど、まだ外は風が強い。 
その人の言う事には、近くのアパートに住んでいる 
だけど停電で心細い。こちらは電気が点いてるので、お宅にいさせて欲しい 
食事もしていないので、何か食べさせて欲しいと言い出した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
401:1/22006/08/14(月) 18:13:54ID:6gu1i8+i
俺は何もしていないから、武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど

とある会合で酒を飲んで、ちょっと物足りなかったので知り合いが営む和食料理屋に行った。
カウンターには会社員風の先客が3人。50代が1人と30前半くらいのが2人。50代の隣にひとつ椅子をあけて俺が座った。
30代のうち一人は話に相槌と愛想笑いをするくらいで無口。
もう一人はオクターブ高い猫なで声でしゃべる、まるっきり太鼓もちみたいな奴で。
手を揉みながら「ええ~、まったくもってそうですよねぇ~。部長のおっしゃるとおりですよね~」
なんて言ってるもんだからおかしくって、(うわ、本当にこんな奴いるんだ)って思って最初は聞き耳をたててたんだわ。
この部長って呼ばれてる奴がどうも酒癖が悪いみたいで、10分くらいしたら急に舌打ちを始めた。
で、聞こえるように「若造が一人でこれるような店じゃねえんだよ」なんてつぶやきやがる。
よこの太鼓もちも拍手しながら「いや、まったくもってそのと~り」みたいなこと言ってるし。
多分、ちょっと上等な店に部下を連れて来てかっこいいとこ見せたかったんだろうと思う。
そこに俺みたいな若造(といっても30歳だが)がいるのが面白くなかったんだろ。

こっちも相手するもの面倒なんで無視してんだが、途中でついジ□リとにらんじゃったんだ。
それがまた癪にさわったみたいで、物言いがエスカレートしてくる。面と向かって言うわけじゃないが
「いまどきの若い奴らは」とか「こんなとこに一人で来るようなやつは彼女もいねえんだろ(余計なお世話だ)」
とか好き放題言ってる。横の太鼓もちは相変わらず「いやー、まったく部長のいうとおり」。
俺も胸糞悪くなったけど、相手してもしょうがないし。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

495: 名無しの心子知らず 2011/03/21(月) 23:19:00.22 ID:twXgJ3Wi
昔話を聞いてほしい 

学生の頃、町のドーナツ屋さんでバイトしてたんだけど 
新作ドーナッツのキャンペーンを屋外でしていて、
800円以上お買い上げでお持ち帰りのお客様にお好きな新作を2つまで、
ファミリーには来店頂いた人数分差し上げてたんだ
キャンペーン初日に開店準備してると、甘い匂いに誘われて
男の子と女の子(おそらく兄弟)が来た

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

9951/4 2011/03/08(火) 20:08:49.86 0
梅ついでに。 

その家とは、越してきてから普通に仲良く付き合う間柄。 
うちは小梨、向こうは一人っ子蟻ですが、親同士は年齢も近く、悪くない関係です。 
この修羅場で一番可哀相だったこの子も、この春めでたく大学に合格し、 
一人暮らしをすることになったそうなので、もうぼちぼち時効かな。 
その子がまだ小学生だった、夏も近いある宵のこと。
旦那は早めに横になり、私は風呂を上がってのんびりしてたと思う。 
その家から、ドダーーン!とただならぬ音が。 
何事?強盗?どしたらいいの?としばし固まっていると、 
突如うちのドアを激しく連打する音と、 
「助けてーーーお父さんがお母さんを刹しちゃうーーーーー!!!」と絶叫する声が。 
その家の子だった。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

822:名無しの心子知らず2010/03/26(金) 22:11:25 ID:Vp7joeFu
ママ友5人でランチをしてお会計の準備をしていた時、
Aさんがお財布出したら一緒にポケットティッシュケースがぽろっと落ちた。

それ見たBさんが「可愛い・・・それ可愛い・・・」と。
Aさんも普通に可愛いでしょーと返して、そのままティッシュケースをテーブルに置いてお会計の準備をしていたんだけど、
Bさん尚も「可愛い・・・可愛い・・・」とティッシュケースとAさんを交互にガン見。

Aさんはティッシュケースをすっと鞄にしまい、ぎょっとしたとか引いたとかじゃないけど、
私や他ママさんなんとなくそんなBさんを眺めてた。
そしたら眉をハチの字にして泣きそうな顔でAさん見つめて
「可愛い・・・いいな・・・可愛い・・・」としつこい?感じ。
Cさんが咄嗟に関係ない話を振り、それに乗っかる私たち。
けどBさんはお構いなしに「可愛い・・・(ry」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
710: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/19(木) 15:42:00.54 ID:K8iH0VIq
ちょっと昔の話。 
高3の時に一緒のクラスになり仲良くなったが卒業と同時に完全疎遠になった元友人から、 
9月に結婚式をやるので是非来て欲しいと言う招待メールが来た。 
式会場はイギリス。 
「旅費は実費になっちゃうけどその代わり海外挙式はお祝儀はいらないし、 
皆が来やすいようにシルバーウィークを選んだので気軽に参加してね! 
(私)ちゃんはとっても大切な親友の1人です!是非出席して欲しな!」との事。 
仲は良かったが卒業してからの9年間完全疎遠の関係で、 
ハイシーズンのイギリス旅費出して挙式参列なんて気軽に出来ねぇぇぇぇ。

1日放置してたら「メール届いたかな?」 
「ごめん、(私)ちゃんの電話番号変わって分からないから暇な時私に電話くれる?」 
「久しぶりに会わない?あと昔(私)ちゃんって書道習ってたよね? 
超達筆な字の(私)ちゃんにお願いしたい事があるんだ。説明もしたいし会いたいな。 
私の最寄り駅まで来れる?」とメールが届いていた。 

その後も「メール読んでるかな?」メールが何回か来てたけど、 
現在全く関わりないのを良い事に放置していたらある日突然パタリと止み、 
それから1ヵ月後に最初に貰った招待メールの再送を最後に連絡は一切来なくなった。 
メールでは大事な友達とか大親友だと思っていると言う文章がやたら書いてあったなぁ…。 

本気で出席してくれると思っていたんだろうか。

このページのトップ