鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

怖い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

830名無しさん@HOME 2013/02/09(土) 16:28:27.56 0
一か月前に離婚してきました 
長男坊教育のせいかはしらないけど、
理解できないほどの息子・娘差別が酷くて我慢の限界 

「(娘が書いてた願書破り捨てて)女に勉強は必要ない」 ←いつの時代だ 
「働け、養ってきた費用返せ(と数十枚のエクセル印刷?した紙を娘に。見たら生まれてからかかった費用)」 
「お前は顔は普通だから夜の仕事でもしたらどうだ?」 ←意味がわかりません
全部直接娘に吐いた言葉 
実の娘に対して、隠れてこんな暴言吐いてるとは思わなかった 
ある日出張の日に夕食作ってたら台所口で長男がそわそわしてて
おかしいと思ったんだけど、 
「お姉ちゃんが…」ってぽつり呟いて泣き始めて発覚、
我慢強くて上で勉強してた長女呼んで洗いざらい聞いて3人で泣いた 
子供たち気付いてあげられなくてほんとごめん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

132: 恋人は名無しさん 2011/07/18(月) 00:31:12.27 ID:HxRsWxt20
カップルじゃないけど異性.のス㋣ーカー話。 
一人暮らしを始めたばっかの時の話を書き捨て。 
当時俺は学生。 

日当たり&家賃の安さで選んだアパートに入居してすぐ 
近所に「自称・ゴミ捨て場管理人おばさん」がいることを知った。 
毎朝ゴミ捨て場の前に仁王立ちで、みんなが差し出すゴミ袋をいちいちチェックしては 
OKなら「ウム」みたいな感じでうなずき 
ちょっとでも気に入らないと怒鳴りつけるということをしてたおばさんだった。
髪はおばさんパーマを通り越してパンチパーマに近く 
顔はおばさんを通過しておじさんに果てしなく近づいている感じだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

2571 2013/01/22(火) 13:48:55.62 0
後味悪いかもしれない、なんかよく判らない修羅場です 

結婚した後分かったんだけど、夫の実家がニート(夫の実妹)を飼っていた 
それまで夫含む義実家が必タヒに隠していて、完全にいない存在になっていた。 
結婚式もお互いの家族だけで簡単に済ませちゃったし全然気付かなかった。 
まさかそんな、家族を隠すなんて。
ウトメ夫ともに凄いちゃんとした人達なんだよ。 
ある時義実家に遊びに行ったら、二回から何度か大きな物音がしたんで気付いたの。 
ウトメも夫も凄く謝って、全てこちらが面倒を見るから気にしないでくれと言われた。 
実際義実家は代々の資産家だし、夫も私も金銭的に問題は無いし、
今までその妹に迷惑をかけられた事などもなにも無いし、
とにかくあまり関わらないでいようと思った。 
夫によると、妹さんは本当の引きこもりで、全く部屋から出てこないんだそうだ。 
ご飯もあまり食べない。携帯やパソコンも(多分)持ってない。日々何してるんだか謎。 
息を刹すようにして生活していて、だから家族も妹さんと顔を合わせないように気を遣って 
生活しているんだとか。大学までは普通に行ってたんだけどって。
5年以上ひきこもりか…。 

そんなある時、本当に偶然に妹さんに出くわしてしまった。
義実家の廊下で。夜中に。 
妹さんは、メチャクチャ美人だった。昔の柴咲コウみたいな一目で分かる美形。 
聞いてみたら、通っていた大学と言うのは東大だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

558: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:34:57.83 ID:/vK0WlCE
去年の今頃解決?した話を思い出しながらカキコ。
携帯なので改行おかしかったらごめん。 

私(20代後半)は夫(30代後半)と娘(年中)の3人家族。
その日もいつものように娘を幼稚園にお迎えに行ったら、
同じクラスのAさんがすごく怒った顔でこちらにツカツカ向かってきて、
「絶対に許さないから」って言われた。 
何のことか訳が分からず、kwskしてみたけど
「人前で話せることじゃないでしょう」とか
「ご主人も交えて」とか言って帰っていった。 
本当に身に覚えがなかったので、変なことに巻き込まれてる?と怖くなって、
とりあえず夫に
559: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:36:14.63 ID:/vK0WlCE
「こんなことがあったので、すぐに連絡取れるようにしといて」
って電話を一応入れて私も帰宅。 
その夜、Aさん夫妻が私宅を訪ねてきた。
夫も帰っていたので同席してもらって話を聞くと、もう絶句。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
305: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/24(火) 16:08:06.42 ID:WCIb7376
自分が子供の頃、母がよく腰痛で動けなくなることがあった。 

そういうときは家事ができないので、夕食はレトルトカレーやインスタント麺や 
自分か父が弁当を買ってきて食べるんだけど、その日はなぜか父が夕食を作ると言い出した。 

父は何作ってくれるんだろうってボーっとしながら、料理する様子を見ていたら、父は声にならない叫び声をあげうずくまった。 
その姿を見て、お父さんも腰痛になった!と思った。 
両親が痛がる姿を見るのは哀しいけど、腰痛でもタヒぬわけじゃないし数日で歩けると知ってたんで 
焦る気持ちが少ししかなく、お弁当3つ買いに行かなきゃって思うのが先だった。

腰痛になったときに話しかけられても応えられないから、気分悪くならないようにしばらく放置していてね。 
あと、絶対に触らないでって言われていたんで、しばらく様子を見て父に大丈夫?って近づくと、父の腹に包丁が刺さっていた。 

ここからはパニックで、「おと…おと…おと(うさん)」「おか…おか(あさん)」を交互に言いながら泣いてた。 
断片的にしか覚えてない。 
母が奥の部屋から這いながら出てきた姿。うずくまる父。ドカドカ入ってくる救急隊員の人達。 
ストレッチャーに乗せられて運ばれる父と母。何事かと集まる近所の人。病院の廊下。制服の警官。 
多分警察と思うスーツの中年男性や、やさしそうなスーツの女性。 
一つ一つの細かいところや臭いなんかははっきり覚えてるけど、前後のつながりは記憶にない。 

あとで聞いたら、事故の内容はこんなのだった。 
まな板で食材を切る→包丁の刃先を自分の方向に向けて置く→右手を伸ばして物を取ろうとする 
→包丁の持ち手に左手をつく→さらに手をのばす→包丁ズレる→刃に向かって一気に腹部を押しつけてしまう 
→焦って包丁をどけようとしてさらに刺さる 

警察も最初は、母動けない父血だらけから強盗?→父の暴力に耐えかねた母が刺した?など混乱したっぽい。 
母は見てないので何が何かわからず説明のしようがない。わかってることだけを言っても疑いの目で見られる。 
唯一の目撃者の自分も事情を聞かれたものの「おとおとおかおか」と泣きじゃくるだけで役立たず。 
術後うっすら麻酔から醒めた父は「俺が自分でやった」って言ったらしく、自杀殳かと思われたらしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

583: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 10:03:17.00 ID:1xHErT60
衝撃的体験と言えるかどうか・・・だけど、思い出したので。 

20年ぐらい前のことなんだけど、当時私はまだ20代半ばの独身だった。 
職場の同期で一番仲が良かった友人A子が突然田舎でお見合いして結婚退職。 
半年ほど経った頃、だいぶ落ち着いたから泊りで遊びにきてと招待され、 
お言葉に甘えて遊びに行ったんだ。 
義理のご両親が建ててくれたという新居は、大きくて立派な日本家屋だった。 
客間として用意された和室は12畳もあって、 
玉の輿だとは聞いてたけど、ほんとにすごいなぁって感動していた。 
披露宴で初めて紹介されて2度目に会う旦那さんと3人で食事しながら 
10時頃まで盛り上がったあと 
勧められるままに先にお風呂を頂いたんだけど、 
お風呂から上がって脱衣室に出たときに、なにか違和感があった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
525: 事件 2008/06/05(木) 21:38:36 ID:RRaGnEds0
では自分の体験だけど。都内の某ホテルにイベントで泊まった時。

徹夜で製本してたんだが、隣の部屋がどたん、ばたんとうるさかった。
私は寝ないつもりだからいいけどうるさいなあ、と思いながらも製本。
静かになったのは2時ぐらいだったと記憶している。
ああ、やっと寝たのかと思いきや、今度は廊下をばたばた走ってくる音。隣のドアをがんがん叩く音。
何か叫んでいた男性が、今度はこちらのドアをがちゃがちゃ。
「すみません!ホテルの者です!非常事態なんです!」
なんだなんだと思う間に、鍵かけていたドアがばん、と開いた。

入ってきたスーツのおじさんが二人、あわただしく
「隣の部屋で非常事態がおきまして、申し訳ありませんが失礼します!」
言うなり、壁を ぶ ち 抜 い た( ゚Д゚)

隣の部屋のがたがたいう音は、どうも宿泊してたおじちゃんが、首を吊るための紐をかけようと四苦八苦してた音だったらしい。
静かになったってことは…とこっちは((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしていたが、どうもうまくいかなくて諦めたところだったみたい。
自分的には「安いホテルは壁が薄いんだな」ぐらいで、おじちゃんも助かったしまあいいか、だったのだが。

後日、どうもその部屋は自杀殳者を呼ぶ部屋らしいと聞いた。
その部屋と両隣、値段がカプセル並みの破格のお値段だったのは……
いっそ客入れずにあかずの間にすればいいのにと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

74名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 15:45:15.24 O
兄の嫁はバツイチ。 
なんでも不妊が原因で離婚されてバツイチになったそうな。 
それでまた離婚はされたくないと結婚してすぐ不妊治療。 
うちは私と兄と姉と弟の四人兄弟。 
そしてそれぞれに三人ずつ子供がいる。 
だから子作りを急かすこともないし、それが原因で離婚を迫ったりもなかった。 
兄嫁は不妊治療に年間三百万円費やした。
 
そして二年目に妊娠。 
実家で兄嫁が妊娠報告した途端、兄が怒り離婚話に。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
768: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 17:39:09.76 ID:n1RO2bG1
何年か前、仕事で深夜タクシー帰宅した時のこと 
ウチのマンション、エントランスの前にガードレールがあるから正面じゃなくて建物の角で車を止めてもらうんだけど、支払いを済ませたら運転手さんが「いま降りない方がいいです」って言うのよ

その時視界のすみに何か動いたのを感じてドアの外を見たら、顔から血を流したオジサンがこっちを見てた 
このタクシーに乗りたくて待ってるならドライバーの方を見ると思うんだけど、真横に立ってコチラを凝視 
ドア一枚挟んだすぐそこに血を流したオッサンがいて自分を見下ろしてるなんて、一目で凍りつきそうなほど怖かった 

ミラーで様子を見ていてくれた運転手さんが暫くして「今なら大丈夫です、念のためマンションに入るまでここで見ていますから」と言ってくれて、お礼を言って足早にマンション入り口へ 
自動ドアを入る時に振り返ったら、一度は遠ざかってたオジサンがこっちに戻って来ていて、早く自動ドア閉まってくれ!と焦った 
兎に角もの凄く怖かった体験 

いま思うと、やっぱりタクシー拾いたかったのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
108: 名無しさん@おーぷん 2014/12/27(土)09:38:15 ID:xhr
他の人に比べたらたいしたことないけど、私にとって最大の修羅場。最近よく頭をよぎるようになったから、頭の整理もかねて吐き出す。
たいしたことない割に長いのですみません。

大学3年か4年ぐらいの時だと思うんだけど、子宮頸がんが話題になり始めて、
うちの母親が、検査をしてきたほうがいいんではないかと言い始めた。
私も、がんだし早期発見できたらいいよなあと思って、自宅から少し離れた総合病院に行った。

病院に着いて、子宮頸がんの検査だと伝えると、病衣を渡されて、下着はつけずにこれに着替えろと。
診察室に入って椅子に座ると、足を固定され、椅子がぐぐぐと上がって、背もたれが倒れた。ここまではよかった。
次の瞬間、急に脚乗せてた台が頭より高い位置に上げられて、上がったと思ったら左右に開いた。
強制的にM字開脚のような形にさせられてパニくる私。
その後、膣口に金属の感触がしたもんで、半泣きでやめてくれと叫ぶ私。

ここまででお分かりかと思うけど、私は当時、ぼっち歴=年齢の完全なる喪女。
無論、経験などあるわけがない。
あまりに叫ぶ私に、先生が、「セ●ロスと一緒だから力抜いて~」と。
私「ないです!」
先生「は?」
私「ありません!!!」
先生「経験ないの?」
私「そうです!だから降ろして!!」
ほんと恐ろしい思いをした。医療行為だとは120%承知してるけど、事前の心構えもなくいきなりM字開脚とか、
本当に申し訳ないんだけど、レ○プされるときってこんな気持ちなのかなあって思えるぐらいの恐怖感があった。
まあ喪女だった(そして検査の知識がなかった)自分が一番悪いんだけど。

無事に降ろされた後、先生が「だったら検査じゃなくてワクチンだね」って言ってくれたんだけど、
その時の、憐れむような失笑のような表情が未だに忘れられない(´・ω・`)
その後、家に帰って、子宮頸がんがどういうものか含めて、恐ろしかったわ~って母親にその話ししたら、
「あんたが叫んだから検査なくなったんでしょ」とか頓珍漢なこと言われてほんと腹立ったなあ。

それはそれとして、ならワクチンを打ったほうがいいねって母親に言われたから、病院でもらってきたパンフレット見せて、
「ワクチンも5年ぐらいしか効果ないらしいから、もしそういう相手ができたら打てばいいよ」って言ったんだけど、
性/犯罪がどうのこうの~とか言い始めたから、「性/犯罪者にだって選ぶ権利ぐらいあるっしょ」って言ったら悲しそうな顔された。
いやさ、だってさ、貧弱な上半身(AAAカップ未満)に妊婦のように飛び出た腹、肉でぶよぶよの脚、冨永愛を潰したような顔の女、
誰が犯罪のリスク犯してターゲットにするんだよ。日本で一番痴漢が多い路線通学に毎日使ってたけど、痴漢にも一度も遭遇してないよ。これは喜ばしいことだけど。
全部貴女からの遺伝ですよ。…とは言えなかった。しかしこれも心の中での修羅場。今でも。

後日談として、その時ワクチンは打ったんだけど、5年以上経って、案の定何もなく、今でも平和に順調にぼっち歴=年齢を更新し続けております。
周囲に男性も少なくない環境だけど、告白すらされたことない。
見た目なのか中身なのか、何かしら致命的な欠陥があるんだろうなあと思うと少し残念、というか悔しい。
ジャニオタ、アニオタ、声豚、スケオタ、サカ豚、といろいろ理由は思い浮かぶけど、
そういう属性の友人でも結婚したり恋人いたりするから…。
もう諦めてはいるけど、一度ぐらい、恋人とクリスマスとかバレンタインとか過ごしてみたかったなあと今でも思う。

たいしたことないのに長々とすみませんでした。
よいお年を。

このページのトップ