鬼女事件簿

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

舅・姑

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

736: 名無しさん@HOME 2020/06/12(金) 21:07:55.63 0
しょっちゅう魚が届く。 
別に悪いものじゃないんだけど、
明日送りますと言われて届くのさんま30匹とかサバ13匹とか鰈10匹とか、多すぎる。 
この前減らして欲しいとお願いして、穴子4匹になったと思ったら、
その2日後にデカイまぐろの柵がきた。 

正直魚あまり好きじゃないからうんざりするし、
上でもいたけど送るって言われてお礼して、届いてお礼してがめんどくさい。
旦那今在宅だって言ってるんだから、自分の息子に連絡して欲しい。 
あとこっちがお礼言う連絡は私だけど、
母の日や父の日のプレゼントのお礼は旦那にするのも地味にムカつく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

617: 名無しの心子知らず 2020/06/29(月) 14:39:21.39 ID:VVPTPtIJ
コロナの関係もあって初めて義実家に1歳の息子を連れていった 
元々放し飼いのチワワがいて、
たまに牙を剥くから旦那先に注意してもらってたんだけど
義両親ははしゃぐとたまに犬が子供の周りをウロウロ 
これだけでもイラついてたんだけど義母が
「育児疲れてるでしょ!ちょっと寝なさい!」って言われて逆らえず
(いまだ嫁キャンペーン中)2時間ほど横になった間に
「一升餅、終わらせといたからー」 
普通母親がいないのに勝手にイベント事やる?
別に餅を背負わせるだけだって分かってるけど勝手にやられてモヤモヤ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

206: 名無しさん@HOME 2014/07/19(土) 17:59:18.48 0
偽実家きてる
もう夕飯終わったし片付け終わったし、
旦那は飲みながらウトとテレビ見てる

聞いてよ、ここ来ると
嫁はキッチンでポツンとひとりでご飯

しかもキッチンにテーブルとかないんで、
シンクの脇に立って食べたよ
この辺の風習らしいよ本当か?地名晒したいわ

リビングから爺とウトメの笑い声聞こえたし、
乱入しなかった婆えらい

義兄嫁が
「ご飯時間の前に帰るよ」
って言ってた理由が今日分かった
あとで爺〆てやる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

475: 可愛い奥様 2019/05/08(水) 02:47:46.84 ID:23jVzEFr0.net
隣人(30代子供2人のパパ)が交通事故で追突され入院
結構重い症状でひと月以上入院中
姑が「そんなに休んでいると怠け癖がついて大変」「働く気なくす」
よく軽口としてもそんな事が言えるな
姑が入院した時は同じこと言わないと

嫁子さんは幸せよねとか言われる
けど夫はうつ病で子供は自閉症
こんな人に言っても無駄なので黙ってる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

153: 名無しの心子知らず 2020/03/22(日) 23:49:38.27 ID:Wl7wQ7BI
産褥機で辛いだろうからと近所住みの義母が食事を作りに来てくれる事になった。 
義母は絶対に見返りを求める人なので無償ではないはず。 
まあそれでも有難いなと思っていたら、
1週間分の献立を全て考えて紙にまとめておくように言われた。 

それならしんどくても自分で適当に作りたい。 
妊娠中も家事を増やす小さな嫌がらせっぽい事が何度かあったしモヤモヤする。 
でも親切なところもあるので判断がつかない…
嫌がらせかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

431: 名無しさん@HOME 2011/09/19(月) 16:10:15.41

豚義理します。 

普段から嫌がらせ(ご飯に調味料滅茶苦茶入れられる、嫌み等) 
の糞トメ。今回はPCをお風呂に投げられついにぶちギレ。 

旦那は見て見ぬふり。

もう我慢ならんかったから旦那と糞トメのPC、携帯全てお風呂に投げ入れた。


ギャーギャーうるせーから離婚届けと
今までされたまとめの紙を旦那の顔に投げて実家に帰ってきた。

スッキリ!!
後は離婚だけだ!!

何か旦那と糞トメからキモいメールが来てるけどシカト。

金なら家で一番稼いでるからお前ら別になんていらねーんだよ馬廘。 




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

740: 鬼女事件簿 2010/12/17(金) 12:32:22 0
結婚後3年子どもができず、検査したら夫が原因だった。
しかし私にマゴマゴ攻め立てるウトメにそのことを告げるでもなく、
まあ「嫁にあんまりプレッシャーかけるな」とか釘刺してくれてたので
なんとなく「ウトメが悪い」と思わされてたけど、
本当に私のことを考えてくれているなら、状況をちゃんとウトメに伝えるべきじゃない?
ウトメが「孫が見たい。できないなら身を引くことも考えて欲しい」と言ってきたので
「うちの両親は夫君が原因だとわかっても、離婚しろなんていいませんでしたけどね?」とつい言ってしまった。
え?とポカーン顔のウトメと、青ざめる夫を見て止まらなくなって
「原因は夫君の液が少ないからなんですよ。私は健康体。私だって親だって子ども欲しいんです。
なのになんで夫君が原因なのに、私がそんなこと言われなきゃいけないの?
夫君も夫君だよ。全部私のせいにして、自分は高みの見物かよ、おめでてーな。
子どもできなくてもやっていこうと思ってたけど、もうあんた自体に愛想が尽きた!」
というわけで実家に帰ってきました。
両親は「子ども出来なくても、二人で仲良くやれればいいじゃない」と言ってたけど
「そうじゃなくて夫のこういう態度に愛想が尽きた。もう愛情とかないから!」と言ったら理解してくれた。
ウトメからは電話があって、私は出なかったけど、両親に
「息子を問い詰めて、子どもが出来なかったのは息子が原因だと分かった。
嫁ちゃんには申し訳ないことを言った。謝罪の言葉だけ伝えて欲しい」とのことだった。
夫からは「ウトメがひどいこと言って悪かった」とメールがきてる。
どんだけ理解できてないんだ、鳥頭。
「ウトメは関係ない。原因はあんた。愛が失せたのも離婚したいのも子どもができないのも
ぜーーーんぶあんたが原因だから!」
と電話でひと息に言ってガチャ切りした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

411: 名無しさん@HOME 2020/02/16(日) 13:44:51.50 0
嫁姉や嫁両親とは遠距離で俺とは年1~2回会う
義家族がこちらに出向いた時や逆に義実家に帰省した時など、
外食になることが多いが支払いはいつも俺


食べ終わると嫁父が「(俺)くん、ご馳走さん!」
嫁姉や嫁母に至っては美味しかったねーと
朗らかに喋りながら退店していく

最初のころは嫁が驚いて自分の財布を出してたが
結局我が家の財布に変わりないので
そこは断って俺が出した

嫁が義家族に何か言ったのかある時の外食時に
珍しく義母が支払おうとしたが義父が
「うちはお金がないから。いつもご馳走さん」
と言って嫁母がオロオロしながらも財布を引っ込め
やはり支払い俺

結婚前から嫁両親は既に年金暮らしで
嫁姉は非正規社員を転々としてたらしく、
嫁が家計を支えてたそうなので
嫁が財布を出すのが普通だったっぽい

なんかモヤるんだけど、
義両親義姉みんなあまり余裕ないみたいだし
俺が払うのが普通?

頻度も低いし高級店じゃなくファミレスみたいな所ばかり
だから嫁や義家族に文句言うつもりは無いんだけど、
俺がモヤるのが間違いなのか聞きたい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

919: 名無しの心子知らず 2020/04/14(火) 00:26:21.10 ID:bnm4DQzE
義実家に子の写真を持って行ったんだけど、
話がちょうど食事が始まる時だったからどうしよう
と思いながらも「今見ますか?」って言ったら

「見ーてーくーだーさーい!
見ますか?じゃない!見てくださいって言うの!」
て言われてタヒねと思った

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

77: 名無しさん@HOME 2012/03/28(水) 10:53:50.90 0

正月に行ったとき、夫がトメから白木の箱入りの素麺(おそらくお中元の残り物) 
を押し付けられた。 
うちは夏場に2~3度食べる程度なので、こんなに沢山要らないって断ったけど 
「じゃぁ朝食べれば良い」とか色々言われて押し付けられたそうだ。 
仕方なく、チャンプルーとか普段しない料理もやってみるけど、夏場ならまだしも 
冬の素麺は全然減らない。 

まだ賞味期限があるので、朝は煮麺にして夫に出している。
その話を、先日あったウトの三回忌で義兄夫婦としてたら、トメが反応。
「朝ソーメンを食べるの?何で?朝はしっかりご飯食べさせてくれないと困る」
って、私を非難。
夫が、お袋が朝食べれば良いって言ってたじゃないかって反撃してくれたけど、
「わたしはそんな事一言も言ってない!朝からソーメンは可笑しい!」と譲らない。
ぁぁぁまたこれだ、とウンザリしてたら、義弟の子が
「俺も聞いてた!ばぁちゃん確かに言ってたよ。嘘ついたらダメじゃん」
義弟の子に激甘なトメは「あれぇえ~?ばぁちゃん言ったっけぇ?そう?」と
ヘラヘラ。ムカつく。
「法廷で証言が必要なら俺がするからね!」とニッコリ笑う義兄子に救われた。

このページのトップ