鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

舅・姑

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

269:名無しさん@HOME2012/08/17(金) 10:24:03.34
ブタ切って

未熟児で生まれた息子のことをチクチク言うウトメ
棚行にきた若いお坊さんにも愚痴ってました

トメ「あんな小さく産んじゃって……ウジウジ」
坊「え、何グラムだったんですか?」
トメ「1500しかなかったんですよ」
坊「え、大きいじゃないっすか。俺、950gだったみたいですよ」

その場にいた全員が固まりました
だって、坊さん195センチ超えたかなりなマッチョマン

坊「うちの両親なんて「あんた未熟児じゃなかったら3メートルぐらいに
なってたんじゃない?未熟児に生まれてよかったわぁ」って言ってますよ」

息子抱っこしてくれて、「小さい小さい言われたら大きくなれんよなぁ。
元気になぁれ大きくなぁれって言われたら俺みたいにでかくなるぞぉ」
って言ってくれた
それまで防波堤にもなってくれなかった夫が覚醒
結婚以来の同居解消してくれたうえ、私と息子はウトメと絶縁になった


この時期になると思い出す5年前のスカ話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

325: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/07/04(日) 01:12:51 P
私は新聞紙使われたこと会ったよ 
ある日起きたら箪笥の中身が新聞紙になっていて、 
トメ「息子ちゃんが汗水流して働いて得たお金であんな贅沢な物を買うなんて!嫁の服なんてこれで十分!」と言っていた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

842:名無しさん@HOME2009/02/16(月) 16:57:32 0

独身の義兄(長男)が家を買ったのだけど、
未だに肝心の嫁が来ない状況で
既にトメが転がり込んでしまってる。

4月にお産なのだけど、
その義兄の家へ孫を連れてきて
産褥期を過ごせって義母が五月蠅い。


なんだか、それじゃあ、義兄の嫁と内孫みたい。
義兄にも「●●家の嫁と孫として面倒見るから。」と言われて超キモイ。

里帰りできる実家もあるし、なるべく義実家には係わりたくないのに。
授乳も会陰の手入れもなんで他人の家出しなきゃならんのか…。

確かに四捨五入したらもう50になる義兄が結婚できるとは思わないけど
なんで私が同居嫁にならなきゃならんのか…。

当然のごとく断ったけど「○○家の嫁と孫」ってアバウトにくくりたがる長男教信者の義兄が無性に気持ち悪くてしょうがない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

82: 名無しさん@HOME 投稿日:2007/11/02(金) 17:54:55 0
空気読まずに投下。 
余りスカとはしないかもだけど。 
あと、暴力ネタなので嫌いな人はスルーで。 

結婚後すぐ同居。 
それ以来、テンプレ通りのイビリをしてくれた姑。 
そして、争いごと大好きで姑と争ってる時に嬉しそうに顔を出す姑姉。 
私が娘を産んだときなんて、
二人して「この女腹め!」「男生めなくて何が女だ!」と散々罵る。 

だけど、事態は急転。 
私が、とある病気をして手術をした日の事。 
目を覚ますと、夫と舅がなんかニッコニコ笑って立っている。 
勿論、私が大ッ嫌いな筈の姑がいなくて、
「ああやっぱり見舞いにも来ない、でも静かでいいや。」って思っていると、
二人から衝撃の言葉が。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

296: 1/4 2008/11/08(土) 11:30:19

トメは金に汚く、勝手に買い物をしてはスッとレジから離れたり、
家の実家の金を当てにしたり、とにかくもううっとおしい事この上ない。
おまけに一度嫌味を言いだすと、何時間でも何時間でも言い続ける。
内容はくっだらない事ばっかり。
一番うんざりしたのは「隣の家のブロック塀についた苔が気に食わない」w
知るかっつーの。
ウトも夫も何度も〆に〆てくれてはいるが、治らない。
むしろ「私の家族を洗脳したくそ女」みたいな扱い。自分は被害者。

前置きが長くなったけど、
この前、私の曽祖母が亡くなって、私にいくらかの遺産を残してくれた。
トメにだけは言うまいと思っていたが、私の実家に
「悲しいのは分かるけども、○○家の嫁なのにいつまでたっても帰ってこない。
大体嫁子さんはウダウダ」
と嫌みの電話をかけてきた時、電話にたまたま出た叔母が
「遺産の手続きもあるので…」と弁解。
その後私の携帯に「大変だったわね、しばらくゆっくりしてきてね」と優しい電話がきた。

ちなみに叔母は驚いてた。
「遺産が、って話した瞬間から声のトーンがあからさまに変わったのよ。
(`△´)こぉ〜んな声から、(゜∇゜)コーン!!な声に!」って。
そういう女なんだよー。

家に帰ったら遠まわしに遺産遺産とうるさく、適当に流してたら
直球で「大事な事だから聞くわよ。遺産はいくら頂いたの!?
ご遺言書にはなんて書かれてたわけ?」
こっちも直球で「遺言書では約300万と土地になります」と答えたらムッハーってなって帰って行った。

このページのトップ