鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

お見合い・結婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 15:48:11.13 ID:pVr3rVCx.net
正直結婚したい
孕ませればおk?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
55: 名無しさん 2014/04/27(日)13:35:25 ID:0gCZNfJMk
学生時代の初カレ。
尊敬出来てウマも合う、大好きな人だった。
彼に釣り合うよう自分も就職や仕事を頑張った。

そして、「私は結婚したいと思っています」と告げた。

彼は、「ちょっと考えさせてくれ」と答えた。
「自分は複雑な家庭に育っており虐待を受けていた。
だから家庭や結婚子育てについて懐疑的であり嫌悪すらある。
でも君は好きだ、一生一緒にいたい。暫く考えたい」

そう言われて、半年待ったけど音沙汰がなかった。
(既婚者だったというオチでもない。)
だから諦めた。
やがて今の旦那と出会い結婚した。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
526: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)18:28:39 ID:D5D
犯罪といえば、ある日、同僚のA子が
「結婚を決めて準備してるけど新婚旅行の行き先で揉めてる」
とこぼした。

婚約者は学生の頃に海外留学してた経験があるらしいけど、
A子本人は海外未経験。
結婚しても仕事は続ける予定だし、
がっつり休みをとれるチャンスは結婚の時しかないから、
絶対に新婚旅行はハワイに行きたいのに、
婚約者は
「ハワイなんてつまらないよ。国内が一番だよ」
と拒否するらしい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

313
名無しさん@おーぷん 2016/07/15(金)17:28:08 ID:riL
結婚について悩んでいます。よろしくお願いします。

私27歳、会社員。彼36歳、会社員。交際2年半です。
彼の実家は兼業農家で、長男です。
実家の敷地が広く、実家のすぐ隣の同じ敷地内に
私と知り合う以前に建てた新婚用の離れを建てており
彼は現在食事やお風呂は母屋で、それ以外は離れで暮らしています。
(すみません、母屋・離れと言う言い方が合ってるのかどうか分かりません)
結婚したら"敷地内同居"と言う形になると彼に言われています。
今春彼からプロポーズされ、OKし、双方の両親にも挨拶を済ませました。
お互いの仕事の兼ね合いから、式を挙げるのは12月、それまで同棲等は予定していません。

相談と言うのは、結婚後も日々の食事は母屋で彼の両親と妹と共に食事をとるように言われています。
もちろん食事を作るのも母屋の台所です。たぶん義理母になる人と一緒に。
新居予定の離れも普通の戸建なので、当然台所もちゃんとあるのですが基本はそうするようにと。
家族の団欒は大事なことなので、同じ敷地内で暮らしていて別々の食事と言うのはよくないと言うのと、
そうしたほうが水道光熱費は親が払ってくれるので助かるだろ?と言われました。

私は同じ敷地内なので、濃い付き合いになるんだろうなぁと実は少し気おくれしていました。
週末ぐらいは一緒に食事するのもしょうがないかなと私なりに譲歩するように考えていたのですが
日常的にそうだと同居と同じように感じています。
それで彼には、週末やイベント時に一緒に食事するのはいいけど夫婦の暮らしも大切にしたいと言いました。
そうしたところ、彼から「それが出来ないならこの結婚は無しにしよう」と言われショックです。
私は破談になっても仕方のないようなことを言ったんでしょうか。
その件があってから半月ぐらい経っていて、今冷戦状態と言うか連絡を取り合っていない状態です。
メールもないです。こちらからも送ってません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
106愛とタヒの名無しさん 2011/03/07(月) 12:07:55.07
上手くまとめれなかったので少し長いです。

従姉の結婚式の披露宴でのことだったんだけど、
新郎友人のスピーチで女性が出てきた。
うちは田舎者ばかりなので
結婚式に異性の招待客はあまり歓迎されない。
でもおめでたい席だし、
今時そこまでやいやい言うのもどうだろうということで
招待客名簿を見た時も 
親族の誰も異論を唱えなかった。 新郎側スピーチで女性が出てくるというのが物珍しいということもあって
普通は軽く聞き流されるスピーチも
一族皆思いっきり注目だった。
それまで適度にリラックスしていた感情の雰囲気が
一変、この女性は新郎の何だろう?という雰囲気になっていた。
自分のスピーチの番に来た途端
いきなりそんな空気になったことに動転したその女性は
しどろもどろのスピーチ。

しかも身の潔白を晴らそうと思ったのか
「新郎さんとは親しくありません」
とか
「あんまり知りません」
とかスピーチにふさわしく無い言葉だらけに。家も近所で幼なじみで兄弟のように育ったという紹介だったのに
この言いわけは 身の潔白を晴らすどころか
余計怪しげな状態になった。たぶん 少し酔った親族の
「あれは新郎の元コレ?」みたいなことを言ったのが
スピーチ女性の耳にも聞こえてたんだと思う。
それで余計頑張って誤解を解こうとしたんだろうと思う。

このページのトップ