鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

美人・ブス・容姿

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名も無き被検体774号 2017/07/25(火) 14:36:45.41 ID:Do7n57Za
コンタクトレンズ禁止
天パなのにストパー禁止

そんな容姿で恋愛できるわけないじゃん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
916名無しさん@おーぷん 2017/07/17(月)11:06:54 ID:z30
彼氏の友達に紹介されて以後、一緒に遊んだり飲みに行くようになった。
彼氏の友達は学生時代の仲間で、彼氏を含めて男5、女2のグループ。
そこに私が加わった。
私以外の女性2人のうち1人Aさんが、いわゆる姫的存在で、美人。集まりにほぼ皆勤。
もう1人の女性Bさんはグループ外の彼氏持ちで、お花見とか大きなイベント以外は段々来なくなった。
姫は姫なもんだから、皆にチヤホヤされてるだけで動かない。
BBQでも座ってるだけだし、座ってても周囲が世話を焼く。
片や私は姫には程遠い外見で、チビの固太り。
私の対応もよくなかったんだけど、周囲にからかわれたり
Aさんと比較されるたび「ごめんねネタキャラで~」とか言っていたら
その扱いが定着してしまった。
動くのは嫌いじゃないから雑用も率先して動いてたら
「コイツは動くのが当たり前」「Aは動かないのが当たり前」これも定着した。
たまにBさんが来ると、私の扱いがひどいって苦情を言ってくれて
その場では治るんだけど、また次の集まりではもとに戻っていた。

そのBさんが去年結婚して、集まりに全然来なくなった。
女性メンバーが私とAさんだけになり、私に対する皆の態度はどんどんぞんざいになった。
「Aちゃんを見習え」「Aちゃんに比べてお前は…」
「Aちゃんに教えてもらえ」「Aちゃんに謝れ」「Aちゃんと並ぶな」
気が付くとこんな台詞しか言われなくなってた。
彼氏も笑いながらこれを言う。そして雑用は全部私。
いい加減鬱憤が溜まってたんだけど、大人なのにキレたらみっともないかなとか
場の空気を悪くするのはよくないかと思い、
彼氏にだけ陰で「ああいうのはやめて」と言っていた。

三連休前の金曜日、また飲み会があって、彼氏の家に集まった。
どういう流れか細かいところは忘れたけど、
私がグラスを運んだりしていたらCさんという男性が「のろま!」と言って私の腿をグーで殴った。
結構な痛さだったので真顔になってしまい「やめて下さい」と言ったら
お尻を平手で思いっきり叩かれて、「何がやめてだよ」と続けて両手で尻を連打された。
皆ゲラゲラ笑って、彼氏も笑っていた。
Aさんも「あらあら」みたいな顔でお上品に笑ってた。
なんかその瞬間すべてが嫌になって、バッグ掴んで帰った。
Cさん他男2名から「のび太のくせにナマイキ」的なメールが来た。
彼氏からは「子供じゃないんだから~」と呆れたようなLINEが来てた。
電源切って放置してるけど、会って別れ話しなきゃいけないのかな。
もう会いたくないし、何もかもめんどくさい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
573:名無しさん@おーぷん2016/02/21(日)22:12:20 ID:???
職場の地味な子が最近ヘアスタイル変えたりネイルしたりしてるので
「最近お洒落だね、彼氏でもできた?」と聞いたら
「私に彼氏がいないって前提で話してますよね。それって失礼じゃないですか?」
「〇〇さんは他人に見せる目的でしかお洒落しないんですか?」
「他人の目ばっかり気にしてないで、
自分のためにお洒落しようっていう気持ちをもった方がいいですよ」
等と言われた

普段あまり喋らない人だからびっくりした
何がそんなに気に障ったのだろう


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 02:00:55.01 ID:SSJvzFFO.net
傷つけないでそれを促す方法ないかな…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
699:名無しさん@HOME2012/02/12(日) 13:30:31
小さい頃から露❍狂によく会う。

初めて会ったのは小学一年生。
帰宅中、路駐していた車からオッさんに声かけられた。
「おじさん、病気なんだ。こんなに腫れちゃって。助けて。ハァハァ。」
局❍出していた。


確かにスゲー腫れてるw

ピュアだった私は、おじさん苦しそう!大変!とか思ってリアルに焦った。
でも一緒にいた友人が、このおじさん変な人だよ!ヤバイ、逃げよう!って、手を引っ張ったので走って逃げた。
今となっては友人に感謝。

それを皮切りに露❍狂に会いまくる人生が始まった。

このページのトップ