鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

イジメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
433: 名無しさん@HOME 2013/12/06(金) 07:59:58.17 0
朝から失礼します。 
ウトメの介護からコトメが一方的に逃げていて腹が立ちます。 

コトメが言うには弟(うちの夫)と私は差をつけて育てられ 
コトメだけ虐待されたり、それにうちの夫が加わったりして 
心身ぼろぼろになり、逃げるように家を出てほぼ縁を切っていたということです 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
949: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 14:46:02.32
うちも叩かれたりするけど、力加減がうまいのか旦那が非力なのか、 
こっちは痛いのに跡が残らないんだよなぁ 
平手打ちされて、やだ!鼻血出たんじゃない?!口の中切れたかも!と思っても 
なーんも血とか出てないし翌日になってもアザにもなってない。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
362:名無しさん@おーぷん2017/04/17(月)22:20:52ID:rKE
結婚して一年ぐらいになるんだけど、結婚前の家族同士の顔合わせの時から
なんか義姉に嫌われてるっぽい印象はあったのね。

初対面で嫌われるなんてこと今まで無かったから
気のせいかと最初は思ってたんだけど
パッと目が合った時に「あ、今私のこと睨んでたな」って感じがしたんだよ。

すぐに普通の表情に戻すんだけど、今絶対睨んでただろ!みたいな。
彼に「私、もしかしてお義姉さんに好かれてない?」って聞いたら
「嫌われる理由ないだろ」ってあっさり否定されたけど。
でも結婚してからもずっとそんな印象が消えなかったんだ。

義姉は30代半ばでまだ独身だったし、
お見合い10回ぐらいしてるけど纏まらないらしいって聞いてたから
もしかしたら弟が先に結婚したのが気に入らなくて、
その気持ちが私に向かってるのかなって思ったけど
そんなふうに思うのは意地悪かなと思ったし、考えないようにしてた。
でも一年経って、やっぱり私は嫌われてる・・・と言うより憎まれてる気がした。
だとしても、理由は全く思い当たることがなかった。
そう感じた出来事は、それだけみると些細なことなんだけど回数が重なるとそうは思えない。

義姉は両親と同居で、私たちは義実家とはスープの冷めない距離に住んでたので
結婚してからは月1ぐらいでみんなで外食してたのね。
大抵義父が運転する車に助手席に義母、後部シートに義姉が乗って迎えに来る。
で、私、旦那の順に乗る。つまり私は後部の真ん中。旦那はど真ん中嫌いなので。
降りる時に義姉の後ろからついて出ようとしたら、
私が頭を出したところで思いっきりドアを閉められて
思いっきり頭を打ったんだけど、「あらごめん」だけ。

普通ドアを閉めるときって、そういうの注意しないもん?
次からは警戒して意識して義姉じゃない方から出るようにしてたんだけど
ある時うっかり義姉の方から出ようとして、思い出してヤバイ!と思った時には
身体が既に出かかってるところに勢いよく閉められてまたもや頭を強打。
ヤバイ!って意識が頭を引かせたのでまだマシだったけど、
それがなかったらどうなってたか。
義父母が「気を付けなさい!」って叱ってくれたけど知らん顔。

他にも細々と色々あった。
義実家の玄関に脱いで揃えてあった私のパンプスを踏みつぶされたりとか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 以下、VIPがお送りします 2017/04/03(月) 05:24:32.599 ID:kkpbxFjq0
永遠に春休みならいいのに

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
334:1/22011/02/22(火) 17:43:45.43
去年の事。従姉妹(新婦)の結婚式での不幸と最悪なおまけ。

新郎はオタク。新婦はそれを承知。
俺と弟は新婦と仲がよく、婚約する以前から新郎はもちろん、その趣味の友達とも交流があった。
優しい人たちで、たまーに会う時は兄弟共々よくしてもらってた。
俺達はオタクがどうとか気にした事もなかったんだけど…。

新郎友人の席は結構な割合で趣味の仲間がいたようで、俺の見知った顔もちらほら。
新婦側や職場関係に気を遣ったらしく、新郎紹介ではオタク趣味に関して一切触れてなかった。
(良く思わない人も多いだろうから…と友人たちが助言したと後で聞いた)
途中までは何事もなかったんだけど、新郎友人による余興が申し訳ない事に…。

このページのトップ