鬼女事件簿

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

感動

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

115: ↓名無しさん@おーぷん 18/11/06(火)08:49:46 ID:AxR
娘が結婚したの。
娘と言ってもね、婆とは血が繋がってないのよ。
娘が4歳の時、婆がママになったの。(本当の母親は1歳になる前に他界したのよ)

爺は子供がいることで婆との結婚になかなか踏み切れなかったみたいなのね。
婆はそんなの関係なく爺と結婚したかったのだけど。

ある時婆と爺と娘とで買い物に出掛けた時に、爺が急用で30分ぐらい会社に行ったの。
その間娘と一緒に本屋さんで時間潰したんだけど、とっても良い子だったから
「一番欲しいの選んでいいよ。お姉さんがプレゼントする」って言ったのね。
そしたら俯いて婆の手をギュッと握ってプルプル震えてるの。
「遠慮しなくていいよ?選んでいいよ?」って言ったら更にギュッと握ってきたの。
ちょっと出過ぎたことしちゃったかなーと思いながら、そうこうしてるうちに爺が戻ってきて。
娘の様子がおかしいと気付いてどうしたの?って聞かれて、そのことを話してたら
今度はしゃくりあげて泣き出したのよー。
その日はそれでお別れして、婆すごく落ち込んだわ。
あー娘に嫌われちゃったらもうダメかもーって。
そしたらその日の夜に爺が「ちょっとだけ出られる?」って電話掛けてきて
近くの公園で話したのね。
そしたら娘が“一番欲しいの”は婆だったのよ。婆にママになってほしかったんだって。
でも言葉にできなくて、気付いてもらえなくて、悲しくて泣いたんだって。
それ聞いて婆の涙腺は破壊されたわ。そしてプロポーズされて結婚したの。

式の間中その時のこと思い出して、涙が止まらなかったわよ。
ずっとずっと良い子だったわ。妹のこともとっても可愛がってくれて一生懸命面倒見てくれて。
ああ、あの時本屋さんで気付かなかった鈍い婆の代わりに、ちゃんと爺に気持ちを伝えてくれて良かった。
おかげで爺と夫婦になれて、ふたりの娘の母親になれた。
ありがとうと崖から叫びたいわ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

274: 可愛い奥様 2012/06/13(水) 13:58:00.23 ID:+DM6KiM60

娘と彼が週末に結婚の挨拶にやってきた! 

小さい頃から「娘の旦那になるヤツは3回なぐる」と言っていた夫が 
涙ぐみながら彼氏に「娘をよろしく」と頭を下げていた 
娘彼はずっと娘に聞いていたらしく覚悟して来たのでポカーンとしていたw 

夫の涙なんて初めて見たよ!結婚して15年も経つのに!

・・・はい、「計算があわない」と思う方、その通りです
娘は私の連れ子。
私より先に娘にプロポーズをしてくれた夫だし、
思春期もずっと会話を絶やさずに父親として頑張ってくれたので
娘はずっと父親大好きに育った。もちろん私も。

男なんて信用できない!と独身を通すつもりでいた私の心を溶かしてくれた
夫にはずっと感謝してる
「これでやっと新婚みたいにふたりっきりになるね」と言ってくれたので
まずは旅行しよう!といろいろ探していたら
「これからは2部屋取らないといけないから予算アップだなぁ、働かなきゃ」

・・・どうやら娘夫婦も一緒に連れて行くようだ・・・夫め・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

149: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)09:03:42 ID:???

20分かけて長文書いたのにエラーで消えちゃった。頭にくるからもう産業にするわ。

溺れた子発見し、初の人命救助
女の子助かる
後日涙の再開

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

461: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/02(火) 19:10:00 ID:0Wxw8Uos
流れ読まずに投下。 
武勇伝じゃない気がする上に、かなり昔の話なんだけど。 

俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる。 
しかも俺が13、妹が3歳の時に母親がタヒんじまったんで、 
俺が母親代わり(父親は生きてるからさw)みたいなもんだった。 
父親は仕事で忙しかったから、妹の世話はほぼ俺の担当。 
飯食わせたり風呂入れたり、つたないながらも自分なりに一生懸命やってたと思う。 

妹が5歳の時のこと。 
保育園に妹を迎えに行ったら、なぜか大泣きしてやがる。 
その日、お遊戯会の役を決めたんだが、妹はやりたかった役になれなかったらしい。 
まあそれは仕方ねーだろ、あきらめろと最初は諭してたんだが 
よく話を聞いてみると、どうもおかしい。 
劇にはいろんな動物や妖精や探検家?が登場するらしく、 
女の子の一番人気は妖精。妹も当然妖精がやりたかったようだ。 
希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンにゆだねられるも、 
妹は見事勝ち抜いて妖精5人のうちの一人に選ばれた。 
ところが、先生が「○○ちゃん(妹)は動物の方がいいんじゃない」と妹を妖精役から外したという。 
そんな馬鹿なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめた。 
そこで分かったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないこと。 
そして、妖精のひらひらの衣装はとても難しく、俺の家では無理だと判断され、 
お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたことだった。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/12/20(水) 17:01

3年前の話。 
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。 
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど 
子供が2人置いてかれてた。 
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子 
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく 
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。 
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って 
聞いても答えない。 

「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

748: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 2015/03/11(水) 10:36:55.94 ID:gOYYFZOi.net
震災の時、実家で流れて来た?猫を拾って飼っていた(雑メス5歳)。

一昨年、家に来るヤОトの配達員が変わり、挨拶と配達に来た際に
猫が配達員に駆け寄り配達員の兄さんが、号泣しながら「トラ(仮)!!トラ!(泣」と抱き締めて 元飼い主だったと判明。
兄さんは、再会時ペットが飼えないアパート暮らしだったので暫く家で預かる事になり
主に猫の面倒を見ていた母親と姉が「いつでも猫に会いに来て下さい」と
家も両親兄弟も亡くした兄さんに同情した。

私は去年大学に入り家を出たが、
年末姉が結婚すると言うので、帰省したら 相手がその配達員の兄さんだった事。
猫を見に行っているうち、おやつ、ご飯と親しくなり姉とも親しくなったらしい。

猫は3日で恩を忘れてしまうと言うけど、意外とずっと忘れないものかも知れないよね。
震災つながりで姉が猫と共に嫁さ行くのでかきこ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

889: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/03(日) 05:24:58

俺、嫁27 

少し長くなるけど聞いてくれ。 
嫁との初デートの時(お互い大学生だった)に嫁がある店で見つけたネックレスが綺麗だと言っていたんだが、お互いあんまり金持ってなくてその時は買えなかった。 

俺が金曜に仕事帰りで少し寄り道してたら、偶然嫁が欲しがってたネックレスと同じ物が売ってて俺は思わず買ったんだ。 
正直8年前のことなんて嫁は覚えていないだろうと少し見くびりながらも、嫁に渡してみた。

嫁号泣。俺挙動不審。 

嫁は覚えていたようだ。

思わず、「8年前から愛してるよ」と言った。慣れないことを言ったのでかなり赤面した。 
向こうのスレはageてないけど、手はつないで寝ました。 

文才なくてすまん。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
445:おさかなくわえた名無しさん2008/07/23(水) 20:46:10ID:1nwSJRu7
学生時代は漫画アニメ部に所属し、特に友人も居ず、
クラスの男子からは無味無臭の気体くらいに思われていたと思う。
卒業文集の、みんなのあだ名欄にも、あだ名欄にも関わらず
『〇〇さん』と書いてある程度の女子でした。

一ヶ月後の同窓会の案内が来て、行くつもりは毛頭無かったけど、
親が『家から出ないとお小遣いやらない』と言うので行く事にした。
祖母に、同窓会に行く事にしたと伝えたら、目頭を押さえて喜んで
「これで準備しなさい」と50万円くれた。
それを見ていた母が「それは全部準備に利用しなさい、レシートは必ず提出しなさい。
漫画なんか買ったら毎日麦飯にする」と脅すので、麦飯は嫌だから準備に使う事にした。

服屋に行って派手なお姉さんに「同窓会に行く感じ・無理してない感じ」と伝えて、
上から下まで揃えてもらった。
家で着たら、露出が多くて腕毛と足毛と脇毛と背中毛がフサフサなので、
エステに行ったら、あれもこれもとプランを組まれて、眉毛ごっそりとヒゲと、
なんかケツの毛まで抜かれた。

化粧品なんてビオレとニベアしか持ってなかったので、
当日、髪を切たり染めたり・ついでにメイクもしてくれる所に行って
「全部おまかせします」と言っていじってもらった。
つけまつ毛痒い。口がヌラヌラする。髪がサラサラで頬に刺さる。

その格好で一度家に戻ったら、祖母が大喜びして
玄関先で家族皆で写真を取る事になった。
なんか父が涙ぐんでた。
娘や孫の見た目が変わるのがそんなに嬉しい事なのかと、かなり衝撃を受けた。
私は愛されているんだな。
皆で玄関先まで見送りに出てくれた。ちょっと恥ずかしかった。
予定通り、同窓会は嫌なので駅前漫喫でくつろぐ。そろそろ帰る。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1 :名無しさん@おーぷん:2016/07/26(火)21:33:51 ID:6Kk

色々懐かしくなったので聞いてくれ
というかヤソキーってイイ人もいることを聞かせたい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

572:素敵な親父たちへ2005/03/26(土) 01:22:11

自分、今年大学2年で親父ではないのですが、ここのスレずっとROMさせてもらってました。


高校生くらいの時から全く親父と会話をしなくなりました。
親父は調理師なんですけど、俺が受験間際の時に転職して、
朝は俺がまだ夢見心地の時に仕事に出かけ、帰ってくるのは俺が熟睡している頃で、
日曜以外は全く顔を合わせない生活になったんです。
この頃特に理由があったわけでもないのに、親父が大嫌いでたまりませんでした。

どうせ前の職場からリストラでもされて、
転職先で朝から晩までこき使われてるんだろうとか思ってました。

去年の春、遠くの大学に入学する事が決まり、一人暮らしを始める事になったんで、
色々準備をしたり荷物などをまとめてた時に、
母親が「コレも持っていきなさい」ってアルバムみたいなものと
ノートと通帳をダンボールの中に入れてて…

見送りの時は母親だけで、仕事人間の親父は来ませんでした。


新しいアパートでそのダンボールを開けて、母親が入れてくれたものを出してみたら、
アルバムは俺が小さい頃の物で、親父と風呂に入ってる写真だったり、
親父の腕にぶら下がってる写真だったり、親父の膝の上に座って2人でテレビに釘付けになってるような写真ばかりでした。
ノートには、米のとぎ方からチャーハンの作り方、煮物の作り方、ケーキの作り方まで
色々な料理の仕方が何十ページにもわたって書いてありました。

通帳には百万以上もの大金が入ってたんです。

このページのトップ