鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

830: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 00:24:22
新郎が少し不幸になるだけのはずだった結婚式 

ウチの姉の結婚式での話。 
結婚式の招待客を決める席で、母と姉と新郎母が新郎にないしょで 
新郎がずっと好きだった人Aさんを呼ぼうということになった。 
その人は新郎母のいとこの子(?)なのか、新郎が子供の頃からずっとあこがれていた人だったらしい。 
本人は隠してるつもりだったらしいけど、新郎家族はみんな知っていた。 
家族間で色々いってからかっていたりしたらしい。 
年も5つ向こうで、何年か前に結婚もしている。 
しばらくおつきあいも無かったので、ちょっとしたサプライズというらしかった。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

351: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2013/05/13(月) 15:14:29.73
従兄弟の結婚式で受付をした。 
長テーブルで、横には新婦側の受付の人達。 
こっちは順調に受付が進んでいるんだけど、新婦側はザワザワ 
何だろうと思ったら、新婦側のゲストの殆どが手ぶら、 
つまりご祝儀を持ってきてなかった 
受付に名前だけ書いてスーッとスルーで席に着く。 
新婦側受付の人はやっぱり親戚の若い人達で、え?え?みたいになってた
そのまま披露宴が始まっちゃって、新婦両親が来て凄い揉めてた。 
でもその手ぶら友人達は二次会にも参加するようだった 
二次会の開場前に新郎が泣いてる新婦を庇いながらその友人達の所にきて 
「無銭飲食はやめて下さい。食った分は払ってください。」と毅然と言った 
すると新婦友人ら
「新婦ちゃんにご祝儀要らないって言われたんですけど…」 
えっ ってなる新郎と俺ら。
新婦はブンブン首を振ってる 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

21: 愛とタヒの名無しさん 02/12/09 15:56
結婚式・・・というか二次会で。 
新郎新婦共通の友人が、二次会の企画を立てて、披露宴組もそのまま合流。 
まぁ、新郎側の友人は普段から結構悪乗りする人が多かったんだけど、 
やってくれたよ…って感じでした。 
お金を出し合ってのプレゼントは、どこかでもガイシュツの 
エッ○な下着と大人のおもちゃ(幹事の悪乗り)。 
新婦側は引くことこの上なし。
顔を引きつらせながら「ありがとう…」という友人(新婦)の顔はいまだに忘れられない。
そしてアルコールもたらふく入り、宴もたけなわになった頃、
新郎友人(女忄生)が「私、○○の事好きだったんだ~」と爆弾発言。 
もちろん発言した人はむっちゃ酔っ払っていた。 
それに悪乗りした人が、新郎を押さえつけて、
その女忄生に「気持ちの整理をするんだ!」と言ってキスさせようとする…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

607愛とタヒの名無しさん 投稿日:2010/05/19(水) 22:27:06
20代カップル結婚式。 
新婦が選んだドレスは、カラーの高い上半身にピッチリしたタイプ。 
ところが式当日までに新婦が太ってしまい、
背中のファスナーが閉まらない。 
慌てて代わりのドレスを探したが、
サイズが合うのは胸元が出るタイプのものだけ。 

新婦がそれじゃ嫌だとごねるも、もう式まで時間が無い。 

式中止か、代わりのドレスを着るかの二択。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

177: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2007/10/24(水) 01:13:34
その日の新郎は
4ヶ月前に関連会社のほうに転職した元ホテル社員A(33)だった。 
ホテル中が祝福ムードで迎える中、
何も知らず私の30分後にシフトに入っていたBちゃん(22)は
宴会予定表に載っている新郎名を見て絶叫、突然泣き崩れた。
幸いにもそのとき彼女の異常に気付いたのは私だけで、
軽くたしなめ裏に下らせて事情を聞いたところ
BちゃんはAが辞める2ヶ月ほど前(Bちゃんはまだバイト始める前)、
彼に口説かれ、年も離れてるし最初は疑心暗鬼だったものの…
かなり真剣に付き合って欲しいと言われ続け(てるように見えたようだ)

…要は、食われちゃったらしい。
しかも初めて。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

4901/2 投稿日:2010/07/07(水) 15:32:11
同僚の新婦A子は数年前に婚約破棄した経験があった。 
理由は婚約者の母親が「大事な跡取り長男にふさわしくない女だ」と反対したからだそうな。
なぜふさわしくないかというと 
・顔が気に入らない 
・四大じゃなく短大卒なのが気に入らない 
・痩せすぎ。あの体型じゃ立派な男子(次の跡取り)は産めないに決まってる 
・家柄が気に入らない。祖父母の代が農家なんて平民じゃないか 
・同い年なのが気に入らない(もっと若いのがいい) 
ということらしかった。 
要するにいいがかり。
たぶん誰が嫁だろうと気に入らなかったんだろう。 
ちなみにA子はすらっとしてるけど別に痩せすぎではない。 
当時の婚約者は100%母親の味方でA子をかばわず、そのまま婚約破棄となった。 

そんなA子も数年かけて失恋の痛手を癒し、彼氏ができて結婚が決まった。 
私を含む同期の同僚数人も招待してもらえた。 
披露宴が始まると、新婦側の友人席(たぶん元同級生とか)がザワザワしている。 
別のテーブルだったからはっきりは聞こえなかったが、元婚約者が勝手に来てたらしい。 
勝手にというか、本来招待した友人にかけあって 
「どうしてもあいつとやり直したい」と泣きついて、出席を代わってもらったらしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

529愛とタヒの名無しさん 投稿日:2012/03/14(水) 16:38:37.50
兄の結婚式での話。 
うちは父子家庭で兄と私は15歳くらい離れてる。 
そんでもって所謂複雑な家庭というやつで、私と兄は血の上では従兄妹。 
忙しい父に代わって面倒みてくれた兄は、私にとって親みたいなもんだった。 
で、私が中学生の時に父も亡くなってしまって、祖父母からの援助もあったけど、そこからは本当に兄が私を育ててくれた感じ。
その頃、兄は彼女がいたんだけど、私らにご飯作ってくれたり、お古くれたり、本当に世話になった。 
年が離れてるから、仲良し!って感じじゃなかったけど、優しい大人のお姉さんって感じで私は憧れてた。 

そして私が高校卒業すると、兄は彼女と結婚することになった。 
こじんまりとした式だったけど、大好きな二人がようやく一緒になれるのが、私も嬉しくて、世界一素敵な式だと思ってた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

660愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/01/20(木) 19:54:17
流れが止まってるみたいなので、このスレ初カキコ。
長くなるかも知らんがゴメンナサイ。 
新郎新婦、両親族不幸だったけど最後には新郎の株がすこし上昇した話。 

私が新婦友人として参加した式。 
前提として新郎新婦は5年間付き合って、両両親ともずっと公認の付き合いだった。 
で、ついに結婚式をあげることにして万全の準備をおえたら、
式1週間前に新婦父親が急逝。 
あわてて式を延期にして、一年後に挙式。 
披露宴の席で、新婦母の卓上のわきには葉書サイズの新婦父の写真が写真立てに入れて置いてあった。 

宴開始後一時間ほどは何もなく、いい雰囲気で進んでいた。 
が、酒がすすみ酔った新郎叔父が新婦母にしつこくからみだす。(いうのはなんだけど新婦母はだいぶ美人) 
わざわざ新婦母の隣に居座り、新郎親族たちにになんど注意&連れ去られてもまいもどってくる。(しかも声がやたらでかくて高砂まで聞こえてた) 
やがて、ついに聞くに堪えない(書くのもイヤだ)卑/猥な言葉を言い出したところで、新郎父と新郎兄が飛んできて後ろ首ひっつかまれて退場。
新郎母が新婦親族に謝り倒してた。 
やがて新郎父と兄だけ戻ってきて、ああ強制送還されたんだなと思いつつ会場のみんなはホッとしてた。 
実際そのあと30分くらいは和やかに進行。 

だが、本番はここからだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

858愛とタヒの名無しさん 投稿日:2010/12/24(金) 00:03:27
散々だった話 

24歳の新婦は凄く綺麗な人だったので、
それなりに良い男と結婚したのだろうと思って披露宴に行ってみたら、
新郎はどう見ても40後半。 

まぁそれも有りなのかなとその時は思いましたが、
問題は新郎が40代なので、新郎友人で来てる方々は皆40~50歳のオジ様。
新婦友人は全員20前半の若い娘。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

668愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/02/27(日) 00:34:28.77
今回の地震で思い出した不幸な結婚式 
新婦友人として参加しました 

新郎が消防とかの仕事しているのは前から聞いていた 
式前日遠方で災害が発生したけど、気にせず参加しました 
式が始まる前、新郎側に空席がいたるところにあれ?とは思っていた 
その理由が新郎新婦入場のときにわかった 
新婦はウェディングドレスだけど、新郎は制服しかも作業着のような服装 
マイクを渡され新郎が話した
災害が起こったこと 
自分も救助に向かうこと 
仲間たちはもう支度をしていること 
「申し訳ありませんが、集合時間は30分後です。
私はこの場で失礼して任務にあたります。
妻も理解してくれています。」 
式最後のお礼の挨拶をアレンジしたようなことを話して新婦にマイクを渡す 
新郎の仕事を理解していること 
自分の幸せは十分味わえている、人命には変えられないこと 
食事会になるけど食事は美味しいものを選んだから食べてほしい 
そんなことをしっかり話して新郎を送り出した 
参加者も拍手で新郎を送り出した 

ここまでなら幸せな式だったかもしれない 

つづきます

このページのトップ