鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

238愛とタヒの名無しさん 2007/03/11(日) 10:03:25
本日挙式で、8時入りの新婦様と
9時入りの新郎様が来ません…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
66:愛とタヒの名無しさん2010/05/28(金) 13:15:37
文章書くのが下手だけど。


披露宴は中盤まで何事もなく行われてて
新婦が若干、頻繁に出入り口を見たり会場をキョロキョロしてるってくらいで
俺は「友達が遅刻でもしてるのか」くらいに思ってた。
んで、新郎新婦がお色直しで再入場した時に
会場が業者に頼んで作ったというイメージビデオを流す演出があった。
俺は見るのは初めてだったが、会場では結構有名な演出らしくて
ビデオの作りも物凄くカッコよくて良かった。
ビデオが流れている間、手の空いてるスタッフが見にくるくらいだった。

で、そのビデオ作った業者も客の反応見に会場に入ってたんだが
その中の一人に妊婦さんがいた。
そんなにお腹は出てなかったけど細い人だったので何となく妊婦とわかるような感じ。
その人を新婦が高砂から発見したんだろうね、もの凄い顔して
妊婦さんに近寄っていった。
俺も他のスタッフも、え?って思って固まってた瞬間に
新婦が妊婦さんをビンタ。んで、何だかんだと妊婦さんに喚きながら
妊婦さんの腹もビンタ(だったような)。
妊婦さんが悲鳴あげてお腹おさえてうずくまって、新婦は上から蹴りを入れてた。
我にかえった周りのスタッフや親族がやっと止めに入った。
妊婦さんはお腹押さえて「痛い痛い」って泣きだして
新婦は「こんな所にまでノコノコきやがって!杀殳してやる」的な事をわめいてた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
166:愛とタヒの名無しさん2010/05/31(月) 11:17:37
従姉妹の披露宴の最中に天井から水が降ってきたことがある。

しかも、雨漏りなんてレベルじゃなくて、まさに「ざばーーーっっ」てかんじの
大量の水が。
そこの式場、数年前に潰れたのを買い取ってリフォームしたところで、見た目は綺麗だったんだが
内部の骨格部は古いままだったらしく、天井裏を這っている配水管が老朽化して破れ、貯まった水の
重みで天井が抜けたということらしい。

翌年、その式場はまた潰れた。従姉妹は披露宴だけやり直したがっていたが金銭面で諦め、今では親族中では
あの披露宴について語るのはタブー化している。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
332:1/32010/06/03(木) 20:31:15
この間出席した友人Aの結婚式が不幸だった・・
文才ないから読みにくかったらごめん

大学時代の友人なんだけど、その頃から結婚に対して凄く憧れている子で
30目前に結婚が決まって、1年以上前に式場を予約して入念に準備をしたらしい。

が、同じく大学時代の共通の友人Bが今年に入ってから急に結婚をきめたんだけど、
それがAの式の2週間前。 で、Bの式に出席して驚いたのが、BはAが決めてたドレスの色や
引き出物など、ほとんどのことを真似してた。

やっと結婚できるのがうれしかったのか、Aは飲み会などで結構詳しくみんなに内容を話していたのと、
今年大学時代の仲間内が短い期間で続けて3人結婚するから内容が重ならないように牽制の意味もあったみたい。
それが裏目にでた。

Bは普段から天然色の強い子だから悪気があったのかどうかわからないけど、
AとBは特に仲が良かったから、『おそろい~♪』ぐらいの感覚だったのかも。。

で、あわてて式の内容を変更するのが物凄く大変で、
着たかったドレスも、こだわった引き出物も全部キャンセルしたらしい。
一年前から色々悩んで決めてたのを知ってるので本当にかわいそうだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
393:愛とタヒの名無しさん2010/06/04(金) 16:51:39
>招待してない奴が式当日に襲来
>席を増やしたものの新郎新婦そっちのけでどんちゃん騒ぎ

飛び入りの人たちが8人前後だったかな、10人はいなかったと思う
テーブルを用意した上で、それでも席が足りなかったらしく、まだ到着していなかった自分の席に割り振られたらしい
割り振ったのは新郎、飛び入り組は仕事の都合で二次会からの参加だったのが、新郎のために皆休日出勤等で間に合わせたらしく
そんな感じだったので新郎がえらく感激してたそう
自分はもっとも遠隔地(九州から前日の夜に前乗り。式は東京で行われました)からだったので、「当日来ないんじゃないか」と新郎が勝手に判断した
新郎とは面識がなかったけど、ドタキャンするように思われてたのがorz

その後は、
新郎「俺のために休日出勤してまで式に来てくれた、どうしても出席してほしい」
新婦「それは大変嬉しい、でもだからと言って突然の来場で事前参加がわかっているお客に迷惑かけるのか」

と、どっちも譲らない
開始の時間が迫りその内新婦が泣き出してしまい、そこで遅まきながら踏ん切りがつき、自分が席を譲って出席辞退しました
自分は二人の間に入っていましたが、飛び入り組はそれぞれ知り合いと旧交を温めていたのか、当事者の場にはいませんでした

このページのトップ