鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

13愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/03/27(日) 00:38:25.40
1年くらい前、新郎友人として出席した結婚式の話。 
会場に入ると、あちこちのテーブルでぴちぴちと跳ねるものが…… 
よく見ると 金 魚 だった。 
言い方は悪いが、お祭りの金魚すくいの安っぽいやつ。

その会場のキャンドルは、ガラスの器に水を張ったところにロウソクを浮かべたもの。 
後で聞いた話によると新婦が、「ここに金魚を泳がせたらステキ!」と思いついたらしい。式の数日前に。 
式場スタッフも「そのような前例はないので」と、やんわりと断ったものの、 
「どうしてもやりたい」「金魚は当日までには、こちらで用意する」とゴリ押しされ決行。 

しかし、当然ながらキャンドルの器は金魚が入ることを想定されていない。 
見た目ほど水が入らず、当日届いたイキのいい金魚は勢い余って器の外へ。 
小さな水たまりに金魚を放した状態。と言えば想像しやすいかな。 
さすがに金切り声とまではいかないが、あちこちで「ヒッ」と息を飲む声が聞こえた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

905愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/04/10(日) 12:50:05.39
数年前、従兄の結婚式に招かれた時の話。 
新婦側の参加者が軒並みドタキャンで空席が目立っていた。 
会社関係は上司を始め全員欠席(10人くらい)、友人関係も半分くらい欠席(15人くらい) 
何があったんだろうね?と他の招待客とヒソヒソ。

会社関係者が欠席って新婦の勤めてた会社の経営ヤバいの?とか。 
お祝いの電報も一切読まれず、
異様にニコニコしてる新婦と不審顔の新郎の従兄っていう変な披露宴も漸くお開き、
って辺りで写真撮影してた新婦の友達のひとりが新郎に何かを耳打ちした。 
新郎の顔色が変わり、新婦も顔色を変えて、慌ただしく披露宴終了。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

392:愛とタヒの名無しさん[sage]2012/04/17(火) 17:08:31.22

不幸な結婚式に出席してきました。
私は、新郎会社関係者(上司)で出席。
新郎、めっちゃエエ男なんですよ!社内でも取り合ってくらいwww
でも、何故か、社外の女と結婚。それだけでも許せんのに。
しかも、なんと!その女、例の放射能まき散らした、電力会社の正社員!
この状況だけでも、とにかく悲壮www悲惨www不幸杉wwwなんだけど。

新婦関係者(勿論、電力会社の社員でしょう)には、男性は近寄らず。
当たり前だ、あんな会社の馬鹿と誰も話したくもない。
男性は、こちらに話しかけてきて、チラチラ見てる新婦側友人面白すぎwww
関係を聞かれて、「上司です」って言うとあからさまに安心顔の女性陣。
ちょっと、余裕なさすぎじゃない?ああ、どうせ彼氏にも逃げられてるだろうから、だから、あんなに女豹みたいな目で見てたのか、狩場じゃねぇし、最早あんたたちじゃ無理だってw

新婦上司がまた必タヒ!
新婦は高卒で入社、勉強を重ねて社内でしか役にも立たない資格を必タヒにとって、頑張り屋だと。
ふうん、聞いたけど、その資格取らないとクビになるんでしょ?そりゃ必タヒになりますってw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

90愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/11/04(金) 16:39:20.32
十年ぐらい前の話。そのころ私は専門学校の講師の補佐をしていた。 
その専門学校はアナウンス系の学校で講師は結婚式の司会のアルバイトをしていた。
私はまだまだ下手だったけど先輩講師に誘われて
いくつかの結婚式場とブライダル会社と契約をしたいた。

今は司会業をしてないので、今の事は知らないが
その当時は中年以降の人に人気があり若い私にはあまり仕事が回ってこず、
ある休日自宅でまったりして居たら先輩の奥さんから電話があり
先輩が朝緊急入院してしまったので
今日の結婚式の司会を替わってくれないかと言って来た。
大安で日曜日でお日柄もよろしくての日だったので、
他の司会者は全員で払っていたそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

204:恋人は名無しさん2018/02/11(日) 09:57:18.62ID:tF8VdrU80
結婚式やりたくない...
「そっちが労力と資金負担するなら当日の新郎の役割くらいはやるよ」
じゃあかんですかね...?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

4351/2 投稿日:2012/01/16(月) 10:41:54.21
流れ㌧切りで。 
AKBネタでちょうどタイムリーに不幸になってきたよ。 
今流行ってるのかね>AKB 

一昨日、高校時代の親友(新婦)の披露宴に呼ばれてきた。 
新婦は高校卒業後、他県の国立大の医学部看護科に進学し、医学科の新郎とサークルで知り合い結婚することになった。 
新郎新婦は、看護士・医師として病院(それぞれ別の病院)に勤務している。 
なので、新郎新婦の友人として、勤務先の看護士やら医者やら大学の後輩(現役の医学部学生)までたくさん来ていると 
いうことだった。
式は午前中に親族のみで執り行い、夕方から披露宴が始まった。 
披露宴は300人規模で行われ、二次会にもほとんどがそのまま参加したようで、かなり大きな規模の二次会になっていた。 

二次会の幹事は新郎新婦の学生時代のサークル仲間が務めていて、私たち地元の友人には特に何も事前に連絡がなかったので 
完全にお客さんサイドで参加した。 
ところが、地元の友人数人と集まって談笑していたところに幹事達がいきなりきて「ちょっと話がある」と控室に連れて行かれた。 
行ってみると、控室にはなぜか女子高生の制服が。 
私たちの高校の制服でもないし、なんだろうと話を聞いてみると「君たちでAKBやってよ」と言われた。 
制服を着て「♪会いたかった~イエスッ!」と踊ってほしいらしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

415愛とタヒの名無しさん 2012/06/17(日) 21:41:52.67
新郎、旧帝卒イケメン高身長、名の通った会社勤めのエリート。 
披露宴の余興の打ち合わせで新郎に何回か会ったけど、真面目で性.格もすごくいい人だった。 
新婦Aは私らの大学(普通の私立)の同級で、顔もスタイルも性.格も普通。 
超奥手で男関係一切なかったけど、親同士が知り合いの縁で話がまとまったらしい。 
ただし、いわゆる「腐」。
しかも描く方でBと共同サークル主催してた。
新郎にはひた隠しにしてた。 
私らにも、泣いて「絶対内緒にしてて」と。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

327愛とタヒの名無しさん 2009/06/02(火) 17:56:20
では次の式の話 

80人くらいの会社で先輩が結婚した時の話 
主賓挨拶で社長が挨拶した 
ワンマンかつ思いつきで何でもやってしまううちの社長、 
とんでもないことを言い出しやしないかと思っていたら案の定 
「○○君のこのよき日にわたしからもおめでたいお話を、 
今日を持って○○君を課長に昇進させます!!」 
何も知らない会社関係者以外の人は拍手喝采だけど会社関係者は全員真っ青 
「・・・今の課長はどうなるわけ?」 
と思っていると社長が 
「あ~、××君、君は今日から課長を降りて主任に戻りなさい」 
冗談だと思っているのか周りは大爆笑だけど笑いが一切無い会社関係者席 
絶対に社長本気だ・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

152:愛とタヒの名無しさん2018/01/20(土) 14:24:59.54ID:l9JjyKDE
私の結婚式が不幸だったらしい

元々彼氏に病気や借金などの不幸が続出していた
苦学して卒業後も真面目に働いていたのに、
肺炎から慢性的に肺が炎症を起こしやすくなり
治療費が嵩んで200万の借金が出来たところに失業…

なので私の勤め先の関連会社で翌年春から雇ってもらえるように打診した
関連会社の雇用条件は非正規月給15万
それでも当時は氷河期で失業率も高く、仕事があるだけありがたいと思った
結婚式はキャンペーン中に申し込みしたので、
地方とは言えそこそこのホテルで総額120万で30人呼んで挙げられた
ドレス後回しで予算投入した料理も好評だった
披露宴ではなくお食事会となったので、楽しくお食事してもらえてよかった

結婚式での誓いのキス
ベールを上げて、見つめあって…
新郎に「無理!」と言われた
借金も病気も妹が鑑別所アガリってのも嘘だった
失業も嘘だったし従兄弟が精神障害者ってのも嘘だった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

433愛とタヒの名無しさん 2007/10/29(月) 21:48:55

友人の結婚式の話 
友人の家はかなりの旧家で本人曰く「本当かどうかは知らないけど平家の末裔らしいよ(笑)」ということらしい 
で、そういうのがモチネタだったんだけど、合コンの席で偶然 
「偶然だけど、俺は、源氏の末裔らしいんだよ」なんて盛り上がった相手が、新郎 
二人とも本気で信じているわけじゃないんだけど、そういうのがきっかけで知り合った 

そして、結婚式当日 
その話を聞いていた上司がスピーチで 
「平家の末裔である新婦と、源氏の末裔である新郎が、この日めでたく結婚し…」なんて冗談交じりにスピーチをした途端 
新郎側の親族席がザワついた 
「平家だって?」「そんな話聞いてないぞ…」とか小さい声ながらも私の席まで聞こえてくる 
明らかに様子がおかしい

このページのトップ