鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
42: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)17:23:33 ID:zJT

自分が不幸な式の話。長くてごめん。

昨年のクリスマスイブに、先輩(20代後半♂)の結婚式に招待された。
先輩と私は同じ集落の出身。。
いわゆる過疎地で、喩えだけど、
小学生から高校生まで同じ校舎で学んでいるような
ド田舎を想像してもらえればいいと思う。
子供が極端に少ないために友人の年齢幅も広くて、
10歳くらい違っても一緒に遊ぶような関係だったりする。
親戚関係もあったりするので、小学生も中学生もなくてみんな仲良し!
という感じ。
先輩は東京の会社に就職し、
そこで同僚女性(先輩の6歳年上)と結婚することになって、
私を含めた共通の友人たちに招待状が来た。
私たちは先輩が上京した後は先輩とほとんど交流がなかったけど、
皆に慕われていた人だったので全員で出席することにした。
面子は、男6人(20代~30代)、私を含めて女2人(20代)。

披露宴からそのまま二次会に参加したんだけど、
そのときに花嫁さんを紹介してもらった。
花嫁さんとは初対面だったけど、
これまた田舎じゃ見たこともないくらい綺麗な人で、
話し方も垢抜けてて本当にまぶしかったw

おめでとうございます~とか奥さん綺麗ですね~とか、
そういうありきたりの会話をしてたんだけど、そのうち先輩がうるうるし始めて
いきなり目の前にいた私の肩をがしっとつかんで、
ほとんど抱きしめるみたいなかっこうでわーーって泣き始めた。
私たちも新婦さんも、他の出席者もぽかーん。
恐る恐る先輩に
「どうしたの?」
って聞いたら、嗚咽交じりで何を言ってるのかわからなかったんだけど、
辛うじて聞き取れたのが
「お、おれは・・・お・・・おまえ・・・」
って単語だけ。

全員「?」状態だと思うんだけど
新婦さんだけは何かしらのピースがはまったみたいで、
突然私と先輩の間に体をねじ込ませるようにして、
私を突き飛ばして
「この~~~!」
って叫びながらビンタしてくれたorz
デコっていうの?石がついた爪で頬をえぐられて大出血。
式場の人に応急処置をしてもらったけど、
予想以上にひどかったようでそのまま病院送り。
2次会は結局新婦さんの錯乱が収まらなくて救急車騒動になって、
そのままお開きになってしまったらしい。

翌日、新郎新婦のご両親が私のホテルまで謝罪にきてくれて、
そのときに聞いたこと↓
・先輩が泣いたのは、地元を離れて10年くらいたったのに、
当時の友人が皆来てくれてくれたことで子供の頃の思い出がよみがえって
感極まってしまったから。
・私の肩をつかんだのに他意はなく、たまたま目の前にいたから。
・あの時先輩は
「俺はお前らと友達で本当に良かった」
って言いたかったらしいけど、
「俺は」と「おまえ」しか言えなかった。
それを聞いて、新婦は
「俺は本当はお前が好きだ」
って言おうとしたんだと邪推して激昂したらしい。
(先輩は新婚旅行で2週間休みを取るため、
仕事を先に片付けようとして毎日残業だったせいで、
新婦は以前から浮気疑惑を持っていたそうだ)

新郎新婦本人たちも謝罪に来たいということだったけど、
まずは怖い思いをした私の意向を伺ってから、ということで先にご両親が
謝罪と事情説明に来てくれたそうだ。

それでびっくりしたのが、
2次会の後にヒステリーで失神した新婦を病院に運んだら、
なんとそこで妊娠が判明したらしい。
マリッジブルーと妊娠初期の精神不安定?
で暴走したんじゃないかってことで、冷静になった今は
「なんてことをしてしまったんだ」
とふさぎこんで
「私さんに謝りに行かせてください」
とホテルで泣いているそう。
とりあえず直接会うのはお互い落ち着いたらってことにして、
東京観光もそこそこに帰ってきてしまった。

事情がわかったからもう怒ってはないんだけど、
顔の傷が消えなさそうで本気で凹む・・・
皮膚とその下の組織がえぐれてるところがあって、
そこはもう皮膚の移植をするかどうかっていうレベルらしい。
ちょうど頬のど真ん中だから髪でも隠れないし、
もうすぐ大学の卒業式&会社の入社式があるから泣けてくるw
治療費&慰謝料で高級外車が買えそうなお金を提示されて、
そんな大金欲しくないんだけど、昔からの家族ぐるみの付き合いを考えると
ここで受け取らないのも相手の立場が・・・
とか考えてしまう。
とりあえず治療にかかった実費だけを負担してもらうのが
ベストなんだろうな。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
393: 愛と死の名無しさん 2011/11/17(木) 13:12:02.69
不幸どうか…悲しかったので。

初夏に行われた友人(と思ってた)の式。
披露宴会場の席一覧に書かれた自分の名前には『新郎知人』。
周りを見渡すと他の知り合い含め皆『新郎友人』。

式場内ひとりだけ知人でした。
友人と思っていたのは一方通行だったのねん…。

なんだか悲しいやらいたたまれないやらで、何食っても味がわからんかったわ。

うーん、人数合わせか知らんが、
こんな扱いなら呼ばんで欲しかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
245: 愛と死の名無しさん 2010/06/02(水) 15:56:22
844 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 15:45:09 ID:XR4ZSfGT
じいちゃんが他界したので親戚一同が大集合した。
見たことも無い親戚が大半だった事もあり、軽く挨拶する程度でその場は終わった。

で、数ヵ月後に知らない人から結婚式に出席して欲しいとハガキが来た。
とりあえず無視しても良かったけど、母が一応連絡してみたら葬式で軽く挨拶した親戚のおばちゃんだった。
田舎に住んでいるために、結婚式に呼べる人が少なくて困っている。
特に若い人が少ないので何とか協力してもらえないでしょうか?との事。

まぁそんなに遠くないし行って来たら?と母親にも言われ参加することに。
当日、受付を済ませて新郎新婦に挨拶も終わり親戚の控え室のベランダで休んでいたら
新郎新婦と新郎両親が入ってきた。
新郎「っていうかさ、さっきのアイツ誰?俺知らないんだけど」
新郎母「○×さんよ、親戚も遠くて高齢な人が多くてなかなか来てもらえないから、来て貰ったの」
新郎「知らん奴に来てもらってもなwマジで何しにきたんだよってw」
新郎母「あんた、来てもらっておいて何言ってるの」
新郎「いや、別に俺は頼んでないじゃん」

「そうなんだ、頼まれて無いなら帰るわ、祝儀と交通費は返せよ」と、俺ベランダから登場。
固まる親戚一同、ニコニコ笑いながら「あんたの旦那こんな奴だけど、まぁ頑張ってね」と新婦に挨拶して
部屋から出る俺。受付でご祝儀返してもらってる最中も「穏便に」と言われたけど
「あそこまでバカにされて、式の間耐えろっての?悪いけどあんな最低な新郎など祝う気にはならん」
と言って帰ってきた、ヤジ馬も結構居たし最悪な結婚式になっただろうな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
83: 愛と死の名無しさん 2013/07/17(水) 09:30:36.12

吐き出させて下さい。私の過去の話です。

彼とは私が大学生の時に合コンで出会いました。
彼は勤務先も良くルックスも良く、交際は順調でした。

しかし交際中、
彼はあまり私を彼の両親に会わせてくれませんでした。
私に問題があるのかなと思っていたのですが、
それはきっと、全く違う理由からの事であったと、
今なら分かる気がします。

しかし私は、結婚後の事まで考えると、
どうしても挨拶は済ませておきたかったので、
結果的には挨拶へ行きました。

彼の家族はとても私を歓迎してくれました。
特に彼のご両親は涙を流して喜んでくれたほどです。
そして話は進み、結婚式の当日になりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
419: 愛と死の名無しさん 02/10/07 20:12

交際6年の末結婚。
その間、新婦は浮気しまくり股かけまくり。

披露宴の最中、最後まで別れ話がもつれた
やくざさんが舎弟連れて盛大に“お祝い”してくれました。

当然破談。