鬼女事件簿

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

スカッとする

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

149: 名無しの心子知らず 2010/06/14(月) 12:11:00 ID:Xt9ZvRI2

こないだ見た泥ママの話を。 

とあるファミレスへ友人と行った。通された席の仕切りを挟んだ隣には30歳くらいの女忄生が4人。 
こっちをチラチラと気にしながらコソコソ話していたし、 
なんだか険しい顔をしていたから変だな、と思ってた。 

友人とお喋りしていて気付いたけど、どうも泥ママ(以下A)と、その被害者三人が話し合いをしている様子。
なんだかヒートアップしてるみたいで、声を抑えなくなってきていた。

被「あと、私の子が持ってた××(何かわからなかった。多分おもちゃ)はどうしたの?あれは絶対返して」
A「A太が気に入らなかったからオクに出した。でも200円くらいにしかならなくて…」
被「信じらんない!○○がケガしないように、わざわざ削ってからプレゼントしてくれた物って知ってた癖に!」
A「そのせいで大した額にならなかったんだから!200円払うわよ!」
被「そういう問題じゃないでしょうが!!」
A「なんで200円で怒るの?千円じゃ怒らなかったのに!」
被「だから、そういう問題じゃないっつってんでしょ!」

私も友人も、下品だと理解しながらも耳ダンボ。
他にも細々とした被害について話す被害者三人。
盗られた物は使い差しのネイルとか、石鹸一つとか、ジャガイモ二つとか、雑誌の特集ページ数枚とか、
冷凍していたお肉の残りとか、なんともチンケなものばかり。
聞いてるだけのこっちがうんざりするくらいだから、被害者の方はもっとうんざりだったろうな。

Aもうんざりしてたようで、帰ると言い出した。まだ話は終わっていないという被害者達。
警察に突き出すにも、物が物だけに突き出しにくいよな〜と思っていると、
Aバンッと大きな音をたててテーブルを叩いて立ち上がり、

「もういいじゃない!私だって傷ついているのよっ!!これ以上苦しめないで!!!」と叫んだ。
店内がシンとなり、私らメダマドコー ( Д ) ゜゜゜゜( △ )


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

79: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2010/12/17(金) 15:18:07 ID:yUAsNUJU
会社帰りの電車にて、優先席にお爺さんお婆さん妊婦さんが座っていた。
途中の駅で太めのおばさんが乗ってきて、妊婦さんに
「ここは年寄りのための席なんだから座るんじゃないよ!さあ立って!」と
絡み出した。

妊婦さんは「すみません、つわりで気分が悪いので・・」と軽く断っていただんが、
おばさんは振り上げた拳を引っ込めにくいのか「子供孕んだのはあんたの勝手でしょ!」と
頭おかしい絡み方をはじめた。

そしたら大人しく座ってたお爺さん(見た感じ80才以上)が、おばさんに対して
「だまれ馬鹿者!ここは優先席であって年寄りの席ではない!」
「貴様のようなもんより身重の母親が優先されるにきまっとるだろ!」
「大体なんだ!醜く超え太りおって、三途の川の渡し舟が沈まんように
少しは痩せろ!身体を動かせ!楽をしようとするな!みっともない!」
とデカイ声で一括した。

迫力に押されたのでか、おばさんはちゃんと妊婦さんに謝って、
お爺さんにも「すみませんでした」と侘びていた。
お爺さんも「分かればいいよ、私も言い過ぎた」とさっぱりと許していた。

なんか、スゲーカッコよかった。
一連のやりとりを優先席に座ったまま眺めてた自分が恥ずかしくなった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

579: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/30(水) 17:37:04.46 ID:wnvOeKf0

武勇伝というには激しさが足りない話かも知れないけど 

小学生の3年4年と親の仕事の都合で祖父母の家で暮らしてた 
生活自体は楽しかったけど、クラスのバカが参観日に来た婆ちゃんを見て 
「ババア」ってあだ名を付けてからかうようになった 

あだ名は最終的に「un***」になって、由来も参観日に来た婆ちゃんが 
un***漏らしたからというとんでもないデマに 
修正しようとしたけど出来なくて、婆ちゃんをバカにされたのが 

悔しくて相手のバカと喧嘩になって、怪我をさせてしまった 

呼び出された婆ちゃんに理由を黙ってたけど結局ばれてしまった
婆ちゃんは「お前はいい子だねぇ、ありがとう」と頭を撫でてくれた

この一件であだ名も自然消滅して4年になった


持ち上がって初めての参観日に婆ちゃんが来てくれたんだけど
白髪を染めてなんか女優っぽい髪型にして化粧をして
真珠のネックレスをしてよく似合う桜色のスーツを着てた
最初ちら見した時は婆ちゃんだと思わなかった変身っぷり

授業中何度も振り返って婆ちゃんを見たけど
モデルみたいに真っ直ぐ立ってにこにこして見てくれてて
美人じゃないけど、他のお母さん達に負けてない華やかさだった
クラスのバカは「ババア」が来ると思ってたらしくて
ニヤニヤしながら振り返りまくったんで先生に叱られた

当然その後にあだ名が復活する事はなく平和に過ごせたよ

余談だけど婆ちゃんの桜色のスーツはオーダーのなんだけど
今私が着ると、身長は5センチくらいしか違わないのに
ウエストはきついのにおsi**とmu**は余る

50歳手前の頃の婆ちゃんはナイスbaディだった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

708: 愛とシの名無しさん 2009/03/24(火) 11:21:14

長年付き合っていた2人から略奪婚をした新婦。 

結婚式当日、スピーチで新郎の元カノ登場(会場にはそれまでいなかった)。 

固まる新郎新婦。 
「お2人ともおめでとうこいます。」と笑顔で始め
「新郎はとても素敵な方で〜」と、付き合っていた時のことを上手くオブラートに包み、持ち上げ、 
「お幸せに」 
と〆。上手なスピーチに会場も盛り上がる。 

すると新郎大号泣。

急に立ち上がり、元カノに 
「待ってくれ!俺はお前が好きなんだ!愛してる!許してくれ!戻ってきてくれ!!!」 
と大絶叫。 
元カノは「無理です^^」と笑顔で即答し颯爽と立ち去る。 

「どういうことだ!?」と詰め寄る新婦親族。 
「ごめんねぇ、元カノさん」と泣く新郎親族(元カノ贔屓だった)。 

略奪婚がバレ、両親になぐられる新婦。
最終的に破談。新郎も新婦も親族から縁切り状態。
ついでに友人達からも縁切り。元カノスピーチも事情を知ってる友人達で仕組んだもの。

元カノは「DQN行為にみんなを巻き込んでごめんなさい。誰も幸せになれないね」

と凄く反省してたけど、正直スッとした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

439: おさかなくわえた名無しさん 04/10/23 17:43:00 ID:AEJAXeYE

個人医院勤務です。 

最近院長の娘さんが跡継ぎとして入職しました。 
小児科医として最高の資質を持ってるというか、とにかく優しくて穏やか。 

白衣の変わりにアニメ柄のエプロン着用、看護士も白衣をピンクやモスグリーンに移行、 
診察室にポスターを貼り、ぬいぐるみや花を飾り恐怖感を出来るだけ失くし、 
おりこうさんにしてたごほうびにと、帰りに飴を一つ。 

夜中だろうが朝だろうが昼休みだろうが往診もするし 
小さいぬいぐるみをもってあやしながら診察して、患者さんからの評判も最高。 
眠りかけの猫似のおっとり系お嬢様で、職員にも気配りを忘れない良い人です。 


ある日どっかの団体の人が

「日本人は働きすぎ!休まなければいけません!」とロビーで騒ぎ始めました。

なんかゆとりがどうのこうのと言って、
「土曜日も仕事してるなんて、週休二日が当たり前の世の中になってるのに」
「労働者のプライベートなくつろぎの時間を削り、家庭生活の崩壊を招く」
「少年ハン罪が増えてるのも親が子と過ごす時間が減っているからで、
過酷な労働条件を強制する事で、ハン罪の増加に加担している」
と、ゆんゆんな事を熱弁。

20人くらいの観衆(患者さんと保護者)がいる事が余計活気づけた様です。
仕事の邪魔だからと帰ってもらおうとしたのですが、院長に話をさせてくれの一点張り。

その日院長は学会でいらっしゃらなかったので、副院長が登場。
お嬢の副院長じゃ太刀打ちできまいと踏んだ怖めの師長が駆けつけたのですが

なんと鮮やかに撃退してくれました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

222: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2019/01/16(水) 20:15:36.25 ID:ddvl8w8H.net
前の会社に気分屋でパワ八ラセク八ラ上司(課長)がいた。

そいつのパワ八ラに耐えれず事務員が辞め、中途で入った子がギャルっぽいけどサバサバした明るい子で、ある朝痴.漢にあったらしく警察と話をするから遅刻すると連絡があり、遅れて出社してきた。

課長が彼女を見るなりニヤニヤしながら「触りたくなるほど魅力的だったってことだね~、女忄生冥利に尽きるね」と、痴.漢にあったことが名誉なことみたいな言い方をした。

そしたら彼女が「そうなんですか?じゃあ課長の娘さんと奥さんが痴.漢に遭いますようにってお祈りしておきますね。」と返した。
次の日も出社するなり「昨日の夜も暇だったんで課長の奥さんと娘さんが早く痴.漢に遭いますようにって4時間ぐらいお祈りしておきましたよ!早く痴.漢に遭うといいですね!」と言い
それから数日間は毎日「おはようございます課長!昨日も奥さんと娘さんのことお祈りしておきましたよ!娘さん、そろそろ通学中に念願の痴.漢されてるかもしれませんね!女忄生冥利ですね」
「課長、奥さんはまだ痴.漢に遭われてませんか?毎日毎日お祈りしてるのに、まだなんですね…明日も頑張ってお祈りしておきますね!」と、まるで呪われたみたいに爛々とした目で嬉しそうに報告していた。

週が明けて月曜日、また課長出社してくると彼女はニヤっと笑って「課長~!」と声かけたら、課長が突然土下座して「悪かった!あんなこと言って悪かった!もう嫁と娘を呪わないでくれ!頼む!」と絶叫した。
結局、土下座事件が広まって話が大きくなって社長案件になり、課長は違う土地に飛ばされた。

課長の土下座も、彼女のニヤっと笑った顔も土下座した瞬間に冷たい真顔になり細い目で見下していたのも衝撃的だった。

彼女とはお互い会社辞めた今でも今でも仲良しだけど、
あれ以降あんな彼女は見たことない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

927: 名無しの心子知らず 2019/05/14(火) 09:30:30.77 ID:NjyV5KSD
子供と2人の時にフードコートで
ラーメン屋のお子様メニューが食べたいと言われ、 
自分だけ別店舗にするの手間が大変だからと
同じ店のラーメンにして食べてたんだけど、 
スープが思ったより熱くてビックリした子供が愚図ってしまった 

すぐ後ろにいた老害達が一斉に
「あーかわいそう親が食べたいからって無理やり」
等聞こえるように喚き始めたから、
「うちの子が食べたいと言ったからこの店にしたんです。
かわいそうってなんですか?
こんなところで家の持ち寄りご飯食べてる皆さんの事ですか?」 
カチンときて言ったら数人キーキー怒っててこんな親でかわいそうとか言い始めた 
子供の為に念の為席移ろうかなと思って準備してたら、
「かわいそうって、なんで?
ラーメン美味しいのに?食べた事ないの?美味しいから食べてみて」
と子供がそいつらに話始めた

その後ゴニョゴニョ言い訳して席を移って行ったけど
家から持ち寄り飯で盛大に宴会してたアイツらにモヤるわ~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

54: 名無しさん@おーぷん ID:KeF.rn.am

高校のいじめ問題の解決がムナクソ悪かった。
結論先に言うといじめる方が悪いって前提だけどいじめられた子の神経も分からん。
A君はクラス中の男子のみならず他のクラスの人からもいじめられていた。
暴行受ける・所持品をビオトープに捨てられる・裏掲示板に色々晒すetc。
先生も頼りにならずむしろいじめに加担していたと思う。

とうとう限界が来てA君は親を頼った。親を頼るのは普通のことでA君に同情できるが、彼の親は普通ではなかった。彼の親はボウリョク団関係者なのだ。
結果A君のいじめに関わった人達、みんな不幸な目にあった。特に先生は何されたか分からないが相当げっそりしてて心労で倒れそのままタヒんだ。
A君がいじめにあっていたことは同情する。
でもどんな事情があったってその手段を選んだ時点で彼は間違っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

951: 名無しの心子知らず[sage] 2013/08/31(土) 07:44:22.72 ID:Y56e70sD
最近越してきた家の奥さんが、放置親に
「あなた子供好きそうねー」
と言われて
「はい!自分の子供のことですよね?もちろん大好きですよ!うちの子2年生と年長
なんですけど、やっぱり可愛いと思いますよー。放置さんも4人もお子さんいらっしゃる
なんて子供大好きなんですね!たまに託児所でもない普通の家に無償で子供預けたがる
人っていますけど、信じられませんよね!『何人も子供いて大変なの!』って逆切れしたり。
2人目、せめて3人目で気付くでしょ!って話ですよね!その点、放置さんはそんなこと
しないでしょうし、安心ですう」
大体↑みたいなことスラスラ言い返してた。
このスレの住人か前住んでたところで余程なことがあったのか気になるところ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

261: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/30(金) 14:24:29.43 ID:XpI31/w2.net

長いので、二つに分けて。フェイク有。私が家を出ていた頃の話なので、伝聞である。 

私には、十歳ほど年が離れた従妹がいる。素直で利発でお手伝いも良くする子で、私も両親もその子を大変に可愛がっていた。 

そんなある日、当時小学生の従妹が両親のもとを訪れ、 
「おじさん、偉くないの?」 
と、目に涙を浮かべながら聞いたという。 

それだけではどういう意味か良く解らないので、詳しく話を聞いてみると、従妹にはAという友達がいるのだが、その子に、 
「お前のおじさん下っ端w」 
と嘲笑されたそうだ。 

私の父はとある一部上場企業に勤めていたが、Aパパも同じ会社で働いていた。Aパパの職位は課長。一部上場企業の本社勤務の課長を親に持っているというのがAの自慢の種。 

あまりにも自慢を繰り返すし、時々他人の親を見下すような発言もするので、たまらなくなった従妹が、 
「私のおじさんだって、同じところに勤めているよ。」 
と反論したそうだが、数日後にAから上記の台詞を返されたという。 
そこまで聞いて母が思い出したのが、Aママの存在である。 
私の母は、Aママを時々近所のスーパーで見かける事があった。ご近所さん情報で、Aパパが私の父の同僚であるとは知っていたが、夫の会社の関係を持ち出してどうこうする気の無 
い母は、Aママに話しかけるような事もなかった。 

ところが、先日Aママが向こうから寄ってきて、父の事を根掘り葉掘り聞いてきたという。おそらくは、従妹から聞いた話がAから伝わって、自ら「品定め」に来たのだろう。 

特にAママがこだわったのが転勤の話。その企業では、新卒はもれなく地方の営業所からスタートし、その後転勤する場所によって、本社に戻った後の出世の度合いが違う。大都市勤 
務が続いた人ならば、その人は有望な出世株と判断できるわけだ。 

ちなみに、私の父の転勤回数は0。それを聞いて「転勤なし→転勤すらさせてもらえない人→いい年なのに使えない下っ端」とAママの脳内では変換されてしまったようだ。それがA 
ママからAに伝わって、Aの発言に繋がったのだろう。「転勤が無いという事=私の父のキャリアが本社から始まってそのまま変わっていない」という例外に気付かなかったのが、Aマ 
マの頭の残念なところ。

このページのトップ