鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

いい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

935: 素敵な旦那様 投稿日:2005/04/19(火) 22:07:02
すいません、相談してもいいですか?

938: 935 ◆0lI03N/8RU 投稿日:2005/04/19(火) 22:17:24
・詳しい悩みの内容 
嫁に「もうあなたの食嗜好についていけない。あなたのお母さんともやっていけない。 
愛情が枯れかけてる。別居したい」と言われた。 

・最終的にどうしたいのか 
別居・離婚は回避したいです。 

・相談者の年齢と職業、収入 
26歳会社員、400万円台 

・配偶者の年齢と職業、収入 
28歳専業主婦 

・子供の有無 
いません 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

214: 名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火)19:47:37 ID:xqo
うちの息子が3歳のとき、テレビにTHE ALFEEが出てたんだけど、
普段音楽番組全スルーの息子がテレビにかぶりつき。
当時だんご3兄弟大好きな普通の子だったんだけど、なぜだかすごくハマったらしい。
特にALFEE好き旦那が喜んで、大きくなったらライブ連れて行くんだ!
と2人揃って連日のALFEE祭り。

しばらくして、私の仕事関係で縁があって、
ALFEEのメンバーのすぐ近くに行けることになった。
(面談ではない。インタビューとか番組収録の見学程度に考えてもらえれば)
旦那と息子2人で行かせたんだけど、帰ってきた息子が大興奮。
子どもだったからほんの少ししか現場に入れなかったんだけど、
それでも大満足だったみたい。
話を聞いてみたら、それまで知らなかったけど、
ALFEEのファンというよりも高見沢さんのファンだったようで、
「よかった!タカミー最高!」と3歳児のくせに
いっちょ前に高見沢さんを褒め称えるのがやたらと面白かった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

458: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)11:15:08 ID:fZnjRZaLG
俺がガキの頃、
うちの親父は「ちょっとここ押して」と頭を指さし、
押してもらうと同時にブッと屁をこくという技を得意としていた。

たいがいの場面でウケた。
うちのアホな俺&弟妹などはそのたび大喜びだった。
親父はなぜか自由自在に屁が出せる男で、
アホな俺はそんな父を本気でスゲエと思っていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

494: 名無しさん@おーぷん 2015/08/11(火)01:03:45 ID:???
7つ下の妹から結婚する。
お兄ちゃん今までほんとに有難うなんて言われちまったよ。

俺が二十歳の頃に両親は居眠り運転の車に正面衝突されてタヒんじゃってさ。
残されたのは俺と妹と両親が自営業してた小さな飲食店。
もともと家業継ごうと思ってたんだけど、
いざいきなり両親がいなくなると何もわかんねぇの
18から2年一緒に仕事してたけど、
なにからなにまで一人で店やるのってほんとに大変だし、
妹は暫く塞ぎ込んじゃうしで本当に参ってた。

当時そんな状況なもんだから、
親戚が見兼ねて妹を引き取ってくれるって言ってくれたんだよ。
そんときに妹が、
負担になりたくないし、
私の世話までしてたらお兄ちゃんまでタヒんじゃうよなんていうの、
13歳になに言わせてんだ俺って思ったらすごく情けなくてさ……

でも、その言葉があったから逆に頑張れたのかもしれない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/03/11(日) 04:49:56.14 ID:B6Ng0Iiw0
高校に入学して1週間も経たないうちに車に轢かれて
左足を複雑骨折と診断された。 
それまで松葉杖など使ったこともなく不自由な生活が続いてた。

階段は松葉杖と手すりを使ってうまく昇り降りしていくんだけど、
ある雨の日の放課後に階段を降りていて中間踊場のところで
濡れた床が原因で松葉杖が滑って派手に転んでしまった。 

中間踊場で転んだので命や身体に危険はなかったが
松葉杖が下まで落ちていってしまった。 

松葉杖がないと歩けない状態なので困り果てていると
生徒会という腕章を巻いた女の人が近づいてきた。 
嫁「こんな所で何遊んでるんですか?ふざけてるんですか?」 
俺「えっ……(´;ω;`)」 

これが嫁との初会話。

このページのトップ