鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

いい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
445:おさかなくわえた名無しさん2008/07/23(水) 20:46:10ID:1nwSJRu7
学生時代は漫画アニメ部に所属し、特に友人も居ず、
クラスの男子からは無味無臭の気体くらいに思われていたと思う。
卒業文集の、みんなのあだ名欄にも、あだ名欄にも関わらず
『〇〇さん』と書いてある程度の女子でした。

一ヶ月後の同窓会の案内が来て、行くつもりは毛頭無かったけど、
親が『家から出ないとお小遣いやらない』と言うので行く事にした。
祖母に、同窓会に行く事にしたと伝えたら、目頭を押さえて喜んで
「これで準備しなさい」と50万円くれた。
それを見ていた母が「それは全部準備に利用しなさい、レシートは必ず提出しなさい。
漫画なんか買ったら毎日麦飯にする」と脅すので、麦飯は嫌だから準備に使う事にした。

服屋に行って派手なお姉さんに「同窓会に行く感じ・無理してない感じ」と伝えて、
上から下まで揃えてもらった。
家で着たら、露出が多くて腕毛と足毛と脇毛と背中毛がフサフサなので、
エステに行ったら、あれもこれもとプランを組まれて、眉毛ごっそりとヒゲと、
なんかケツの毛まで抜かれた。

化粧品なんてビオレとニベアしか持ってなかったので、
当日、髪を切たり染めたり・ついでにメイクもしてくれる所に行って
「全部おまかせします」と言っていじってもらった。
つけまつ毛痒い。口がヌラヌラする。髪がサラサラで頬に刺さる。

その格好で一度家に戻ったら、祖母が大喜びして
玄関先で家族皆で写真を取る事になった。
なんか父が涙ぐんでた。
娘や孫の見た目が変わるのがそんなに嬉しい事なのかと、かなり衝撃を受けた。
私は愛されているんだな。
皆で玄関先まで見送りに出てくれた。ちょっと恥ずかしかった。
予定通り、同窓会は嫌なので駅前漫喫でくつろぐ。そろそろ帰る。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

190: 3分の1@\(^o^)/ 2014/05/09(金) 20:11:00.65 ID:NqgO5rme0.net

因果応報って悪いことの方だけ?いいことをしたらいいことが帰ってくる話ならあるよ!

私が中学校のとき、クラスにいじめられている転校生(男)がいた。
悪口は当たり前で、ひどい時は弁当を捨てられて、殴るケルも合ったのに、教師にこっそり告げ口しても何も改善されなかった。
当時の私は正義の味方気取りなとこがあったから、ある時、また弁当を捨てようとしていたので、そいつの首根っこを後ろから掴んでそのまま押し倒した。
そいつは自分が人を殴るのに、自分が痛い目するのに慣れてなかったせいか、みっともなく泣き喚いた。
多分、自分はそいつと、その取り巻きに「みっともないことをするな」と言い捨て他ような気がする。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

117: 名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木)22:26:18 ID:AKc
実父に会いたい。

小学校に上がる前に両親が離婚。
私の親権は母親へ。
小3の時に母親が再婚。
再婚を機に実父との面会はなくなった。

中学校に上がる頃、
実父の父(私の祖父)が危篤だということで、
一度だけ会いに行った。

実父と母の離婚理由は
直接聞いたことはないけど、
恐らくクソトメだったんじゃないかと私は思ってる。
私にはいいばーちゃんだったけど。

実父も祖母も久しぶりの再会に涙してた。

私は母の手前
「この人たちは母の敵だ!母を守らなければ!」
と、中学生なりに考え、彼らに他人行儀で接し、
冷たくあしらってしまった。
今となってはすごく後悔してる。


結局、母の新しい家庭も居心地が良くなく、
高校卒業後すぐ実家を出て、相談もなしに結婚。
やっと自分の家庭、安心出来る場所が出来て、
今はとっても幸せ。
だけど、子供を持ちたいとは今は思わない。

母から離れて、
客観的に当時を見られるようになった。
何故離婚の道を選んだのか、
実父の目線から知りたい。
中学生当時の事を謝りたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

420: 名無しの心子知らず 2010/07/20(火) 15:48:13 ID:PFwyr0G5
姉が旦那さんに先立たれたとき、
旦那さんの中学後輩の3人子持ちのシングルマザーが 
お腹に姉旦那の子供がいる。
中絶費用を出してくれる約束だった、と言ってきた。 
姉は頭真っ白な状態だし、
旦那さんのお母さんは「だったら生んでくれ」て言い出すし 
カオスだった。(姉夫婦は小梨) 
結局お金欲しさの狂言だってわかったけど、
姉と姑さんの関係は修復できないまま 
遺産も放棄、姻族関係終了届を出して実家に帰る結果になった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
499: 名無しの心子知らず 2009/04/17(金) 14:28:00 ID:BzCIMAm0
ゲリラ豪雨が多発していた頃、降り出したので持ち歩いていたビニ傘さしていたら
ベビカを押しながらズブ濡れで小走りしていた女性に遭遇したので貸したら後日旦那さんと一緒に
菓子折り持って丁寧なお詫びに来た事がある。

家がすぐそこだし返さなくていいと言ったが私が駆け足で入っていった万村に来て管理人さんに特徴話して
「それなら私さんかも?」と管理人さんがピンポンしてきた。(ええ、ピザですともorz)
なんでも児童館に置いておいた傘が消え、店も無いしベビカはカバーあるから大丈夫、と帰る所だったそうで。
しかも直後に二人目判明したそうで。尚更風邪ひかなくて良かったねと・゚・(ノД`)・゚・

しかし児童館で傘盗みって・・・自分&自分の子が濡れなきゃ他人はどうなってもいいって事なのかね・・・

傘話に便乗&その時の子ももう生まれているだろうなーと思い出したのでカキコ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

317名無しさん@HOME 2012/07/26(木) 17:38:54.75 0
姉が結婚するときが一番の修羅場だった 
姉と私が子供のときから、父の後輩であるAさんがよく家に遊びに来ていた。 
Aさんは結婚してすぐに奥さんを亡くしてしまった人で、
それからは一生独身を貫くと宣言している人。 
でも子供好きなので、私や姉の送り迎えなどを買って出てくれていた。 

そんなAさんのことを姉が好きになった。中学生の時。 
高校生、大学生になって就職した際に、ついに姉がAさんに告白。 
Aさんは断ったんだけど、姉はひかずに、私を巻き込んで恋愛戦略を練り始める始末。 
アプローチしだして一年が経過したときにAさんが根負けしたかのように姉と付き合うことを了承。 

姉とAさんは23歳差。 
姉はAさんの子供がほしいとばかりに結婚をせまり、両家をまきこんで修羅場だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

524:おさかなくわえた名無しさん04/06/09 13:51 ID:A1/yO2ki
高校時代、地下鉄で通学していたとき、制服のブラウスのボタンが
突然弾け飛んだ。ちょうど胸の辺りだけが弾け、胸だけが開く格好になった。
その頃は衣替えで半袖のブラウスしか着ていなくて、開いたブラウスから
胸元と下着が見え、恥ずかしくてしゃがんでしまった。
周りは興味本位で覗き込んでくるサラリーマンや、ひそひそ話をしながら
こっちを指差して笑っている同じ女子高の生徒ばかりで、起き上がることも
できず、鞄で胸元を隠したまま半泣きになってしまった。
すると、「あらあら、お嬢さん大丈夫?」と上品そうな初老のご婦人が
声をかけてきてくれた。
「ちょっとすいませんね」と周りに散らばったボタンを拾ってくれ、
「お嬢さん、恥ずかしかったでしょう?こんなおばちゃんの
服でよければ、ちょっと羽織ってて」とカーディガンを羽織らせてくれた。
次の駅で私の肩を抱いて一緒に降りてくれた。
「これを縫わなきゃねぇ。でも、学校にはもう間に合わないでしょう?
おばちゃんが電話しておきましょう」と学校と家に電話をしてくれた。
当時は携帯電話などなく、ご婦人は公衆電話から自腹で事情を
説明してくださり、「お母さまがすぐ来て下さいますって。よかったわねぇ。
もう少し、辛抱してね」と紙袋から上品そうなカットソーを手渡してくれた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

436名無しさん@HOME 2014/09/22(月) 06:39:14.25 I
昨日のトメ 
ここのとこの寒暖の差に負けて風邪を引いた。 
何か軽い読み物のリクエストがあったので文庫本と共にオマケでセーラームーンを一冊入れておいた。 

今日のトメ 
朝起きたらトメからメール。 
「あのマンガ、すごく面白いのね…。次来る時続き持って来てくれる?」と 
大変お気に召した模様。早速今日お届けに上がろうと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

322スペースNo.な-74 2009/12/11(金) 13:00:50
今年のボーナスは去年の半分だった。
予想以上にやばい。
嫁に伝えるのが辛い。 

嫁にそっと明細を差し出す。 

俺「ごめん、これしか出なかった・・」 
嫁「どれ・・・ってぇすくなっ!すくなっ!」

グサッ グサッ 心がいてぇよ・・んで期待せずに聞いた

俺「それで・・この度の俺の小遣いはどうなるんでしょうか?」 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

213名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/22(火) 13:34:59
先週、俺の実家に帰った時の事。 
子供たちも嫁も田舎を満喫しまくりで早々に寝てしまい。 
居間に親父と二人きりになった。 
親父は無口で温和な忄生格だがその時はやたら嬉しそうに 
好きな日本酒を俺にも飲めと杯を勧める。 
「よく帰ってきたな」なんてポツリポツリ話しかけてきて、 
なんだかこっぱずかしいなと思いながらも相槌打ってた。
いきなり満面の笑みをこぼしながら親父が 
「いい嫁さんにきてもらったよ。お前は人を見る目がある」と嬉しそうに言った。 
「そうか?」と照れながら返すと、
「次男が僕はおじいちゃんに似てるってかーちゃんに言われた」と親父と話をしていたらしい。

このページのトップ