鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

いじめ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
176:彼氏いない歴774年2011/02/25(金) 19:58:25.06ID:it8ot61E
小学生の時に私をいじめていた奴が今現在私が働いている会社の新人清掃員としてやってきた
どうやら向こうも私に気付いたらしくやたら馴れ馴れしく
「あ~!○○さんうちの事覚えとる~?小学校一緒やった●●よ~」
と気持ち悪いぶりっこの声で話掛けてきて苛っとしたので気付かない振りして無視した


そしたら
「あんた何無視しとるん調子に乗らんでよ!うちを誰だと思ってんの○○のくせに!」
って若干キレ気味に言ってきたので
「△△さーん(←ベテランの清掃のおばちゃん)なんかこの新しい人、全然掃除しないよ」
と言っておばちゃんに報告
おばちゃんの前でいじめ女に
「誰かと勘違いしてるみたいだけど私はあなたの事を知らないし、仕事中に馴れ馴れしくため口で話掛けるのやめて下さいね。一応私、あなたの上司なんですから」
と言ってやったらおばちゃんにこってり糸交られていた

1年経ってもろくに清掃が出来ずに後輩にも「あの人本当に容量悪いよねー、いつも怒られてるし一緒に仕事(清掃)したくない…」と馬鹿にされる始末

ざまあww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
505:名無しさん@HOME2012/02/10(金) 22:19:20.90 0
ふと思い出した修羅場。

物心ついた時から、父は娘である私のことが心底どうでもいいようだった。
兄には甘く優しく、誕生日・クリスマス・子供の日などのプレゼントは惜しまなかったし(私には何もなし。お祝いの言葉すらない。)
昔のアルバムを見てても、兄を抱いてたり手を繋いだりしてる写真は山ほどあるのに、私と一緒に写ってる写真はゼロ。
ただ、兄は普通に私のことを妹として可愛がってくれてたし、母も兄と私を平等に扱ってくれてたので当時は特に気にしてなかった。
ここまでが前提。

小学生の頃、私はかなり酷いイジメに遭ってた。
そんなある日の学校で、いじめっ子に階段から突き落とされた上に顔面に思いっきり蹴り入れられて、左足靭帯断裂・前歯2本折れるという自体に見舞われた。
病院に行って、手当てを受けてから家に帰ったときには既に18時ぐらい(だったと思う)で、父・兄は既に家にいた。(母は私と一緒に病院にいた)
いじめっ子に対してカンカンに怒りながら、父と兄に私の怪我の事情を説明する母。
→途端に天を仰いで爆笑する父。
→「たかがいじめで病院とかwww弱すぎだろwwww」
  「顔蹴られた?どうせ汚い顔なんだから別にいいだろwwwどうせなら整形でもしてもらえばwwwww」と笑いながら言われた。
→母・兄ブチ切れ。母は台所にダッシュして包丁を、兄は護身用に部屋に置いてあった金属バットを持ってくる。
→母、父の腹を包丁で刺す。兄、バットで父の肩のあたりをフルスイングを繰り返す。
→母、途中で包丁を落とす。(後で本人に聞いた話によると、人の体を刺す感覚に「ゾワッ」となってしまい最後まで刺せなかったらしい)
→折られた歯と足の痛みを堪えつつ、泣きながら兄を止める私。

その後すぐに母・兄・私で家を出て、私だけ母方の祖母の家に預けられた。
「もしかして母と兄は逮捕されるのか?」とビクビクしてたけど、1~2週間ぐらい?経って(この辺ちょっと記憶が曖昧だけど)二人揃って私を迎えに来てくれた。
それからは二度と父に会ってないし、離れてた間に何があったのかも誰も教えてはくれなかったし私自身も聞こうと思わなかったので
自分の身に起こった修羅場なのに詳しい事情がわかってないのですが、あのときが人生で一番の修羅場でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
470: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/20(木) 18:15:26.73 ID:24kVIhxJ
マンションのベランダからふと駐輪場の方を見下ろすとヤンキー中学生3人がいた。 
2対1で喧嘩なのかイジメなのか、よく分からんが揉めていた。 
1人が廃自転車の山に蹴り飛ばされ、あまりに一方的になってきていたのでベランダから「こらこらー!」と叫んだ。 
2人は逃げるように立ち去り、俺はなんとなく気になって駐輪場まで降りていった。 
まだ廃自転車の上に倒れたままの中学生(A)に声をかけると、「痛い、痛い」と言っている。 
よく見るとタイヤのスポーク?(針金みたいな)が腕に2本刺さっていて、1本は何とか外れたが 
もう一本は学生服の上から見事に腕を貫通していた。 
俺が抜いて良いものか分からなかったから、とりあえず腕に刺さったままのスポークをタイヤ部分からペンチで切り離した。

俺が「病院で抜いてもらった方がいいと思うけど親に連絡取れる?」 
と聞くと、「今、親いないです」とAは答えた。 
俺は予定も無かったし緊急の病院も近くだったから俺が車で乗せていくことにした。 
病院に向かう途中、Aに俺の携帯電話から親の職場に電話をさせた。 

病院で事情を話し、受付を終えたところでAの母親が到着した。 
Aは母親に「転んだだけ」と説明した。 
あの年頃、喧嘩かイジメは母親に知られたくない事なんだろうと察した。 
Aがそう言う以上、俺からアレコレ言う必要もないかと思い、俺は帰ろうとした。 

その時、母親に引きとめられ、母親は「A、この人(俺)にやられたの?正直に言って。この人がやったの?」発狂しだした。 
Aは「違う。ここまで連れて来てくれただけ。俺は転んだだけ。」 
そして母親は「あなたがいたらAも本当の事を言えないと思うから、帰ってゆっくり話を聞きます。電話番号はさっきのやつがあなたの番号ね?」 
そう言われて胸クソ悪かったけど俺は帰った。Aは軽く俺に会釈した。 

数時間後、母親から電話があった。 
「Aは、転んだだけとしか言わない。あんな所で一人で転ぶ訳がないでしょう?」と言い、とりあえずその駐輪場まで来てほしいと言われた。 
すぐに向かうと母親と警察がいた。 
俺が言っていいものか、と悩んでいたら、Aがすぐに駆けつけてきて、起きた事を全て話した。 

母親は俺に何も言わずに帰って行った。 
母親ってそういうもんかね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

41: 名無しさん 2014/03/18(火)13:02:11 ID:wluWsXoR1
私が小学校に入学する直前に母が再婚した。
義父にはもちろん遠慮もありながらも普通に暮らしていた。
義父側の親戚にも初孫といってかわいがってもらって嬉かった。

小学4年にあがった頃、母が長年わずらってた腰痛がひどくなり
手術とリハビリで半年ほど隣町の大きな病院に入院することになった。
私は近所にある母方の祖母の家で過ごすことになった。
義父は仕事の関係で長期出張があったりもするので、
義父と二人で母を待つという選択肢は家族の誰も持っていないようだった。
正直ほっとしていた。
義父と二人で過ごすと思うと、やはり多少気が重い部分があったので。
母が入院して数ヶ月たったある日曜、その日もいつものように
親戚の車に乗って隣町の病院の母のところへ。
お見舞いに頼まれたものがあると病院の前にスーパーで親戚と
買い物をしていた時、ふと目に留まった人がいた。

義父が見知らぬおばさんと腕を組んで買い物をしている光景だった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

288: 本当にあった怖い名無し 2012/03/09(金) 22:08:44.39 ID:iMBJBt0W0
俺の嫁さんを中学時代いじめていた奴が俺の職場に入社してきた。 
昔、嫁さんにつき合いを断られた腹いせに、嫁さんが所属してたバレー部の女動員して 
身体と心に大怪我させやがった。 
プライベートはあまり皆話さないので、俺の嫁さんのことをそいつは知らない。
俺も嫁さんの天敵だって知ったのは飲み会の写真を嫁さんが見たとき。 
それでも3年以上黙って普通に接してきた、つかそいつの指導社員として過不足なく 
仕事を教え込んだ。 

そして、そいつが地方の(表でも裏でも)超有力者相手の仕事でミスって、
そのままでは有力者の顔を思いっきり潰す結果になることを知った。 

トラブったときの解決策は俺しか知らない。 

俺はそのままほっておき、そいつは有力者の顔を思いっきり潰した。 
そしてその代償にと、顔に有機溶剤の強烈な奴を町のチンピラに浴びせられた。 

その次の日、青くなったうちの部長に“寝ずに考えた”(ホントは3行前の時点で 
わかってた)といって解決策を提案して採用され、なんとか丸く収まった。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
769: 本当にあった怖い名無し 2009/11/11(水) 23:56:48 ID:2vrl0p0o0
中学校2~3年までずっと苛められた
無視、給食に異物混入、財布からお金を抜き取られる、制服・体操服を汚される
椅子や机に落書き、教科書にカッターの刃をしかけられる、殴られる、蹴られる、首を糸交められるetc
担任に相談してもイジメてる奴らの味方で、HRの時に相談した事をバラされた

それだけじゃなくて俺の何が悪いのかをディスカッションの題にした
それでも我慢して中三の2学期に今までのイジメを記録していたテープ、日記、怪我した場所の写真、怪我の診断書を校長、PTA、教育委員会etcに提出した

結果、担任は他の学校へ、イジメてた奴らのリーダー格は退学、リーダー格ではないけど苛めてた奴は内申書が悪くなったのか軒並み志望校不合格
俺は同じ中学の奴らがいない志望校に合格し、その後の人生は順風満帆だった
先日、中学の同窓会に出席したら俺が医学部に進学した事を知って擦り寄ってきた女子(こいつも俺を苛めてた)がいたので思い出し書き込み

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

161: 本当にあった怖い名無し 2012/05/11(金) 20:57:16.13 ID:EDWJVH0d0
中学校の時、優等生のAにいじめを受けていた。 
そいつは中学生の割には頭が回る奴で教師の前ではいい子ぶる上証拠を上手く隠していやがった。 
おかげでこっちが教師に文句を言っても「Aがそんな事をするわけないだろ!」と言われ相手にされなかった。 
在学中に教科書を破かれたり志望校に送る内申書を隠されたり便器をなめさせられたりトラウマを植え付けられて卒業。
高校では、Aを見返そうと思って勉強に打ち込んでそれなりに頭のいい国立に進学した。 
その後、教育実習のため再び中学に行ったらAがいやがった。 
後ろでこっそり他の奴と話しているのを聞いていたら、
どうやら採用試験にパスしたらしく、 
来年からの配属の話で盛り上がっていた。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
331: 1 2014/09/13(土)17:47:50 ID:???
20年以上の話で、厳密に当事者ではないので
詳細が色々と不明で申し訳ない。

私の地元は都心まで一時間半の微妙な田舎だった。
ちょっと前まで農村で、現在は完全なベッドタウン。
だから、元田舎者が頑張っちゃってる感の強い町だった。

小学校二年生の時に転校生Aちゃんが来て仲良くなった。
Aちゃんは荒俣先生と春日を足して二で割ったような人で
つまり変人だった。でも顔はエンクミみたいで可愛かった。
明るくて面白く良い意味で雑な性格で、人気者になった。
Aちゃんを好きな男の子も多かったと思う。

でも5年になった頃にAちゃんへの苛めが始まった。
きっかけはボス女子グループの、多分嫉妬だと思う。
何かあったのかもしれないけど、良く分からない。
それにボス男子グループが同調して、まずシカト。
Aちゃんは変人なので左右違う靴下を履いてきたり、
変な言葉使いで話したり、流行も知らなかった。
今までそういう部分を皆好きだと言っていたのに、
掌を返したようにそこをつつき始めた。
キモイ、シネ、クサイ、クルナ、キチ。

私や、元々本当に仲が良かった人達は気にせず
付き合っていたけど、一緒になってばい菌扱いされるので
Aちゃんが気にして距離を置くようになった。
Aちゃんは虫が好きで良く見ていたけど、それでばい菌扱い。
絵が上手くて飾られていたけど、泥をつけられて破られてた。
運動会でAちゃんが門制作などを担当する事になったら、
「こいつがやるなら運動会ボイコットする」って騒いで
担任も止めないでニヤニヤするだけ。
Aちゃんが中学受験するから気に入らなかったんだと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
820:本当にあった怖い名無し2012/10/14(日) 12:30:57.15ID:aLvHZvdI0
発端


私は高校2年生の時、虐められていました。
私をいじめていた子は剣道部のA(男性。文武両道である程度イケメン)、
B(女性。凛々しい姿とは裏腹に弱いやつへの情けが無い。)、
顧問のC(高校2,3年時のクラス担任であり、強いやつは贔屓するが、
弱いやつは担当教科の世界史の成績も下げる。口が悪い。)の三人

虐めの内容は竹刀と木刀でのリンチで、理由は「高校1年の夏に部を辞めた軟弱者へのリンチ」でした。
正直何でそんなことで (命の危険を感じたため高校1年の夏合宿の前に部を辞めた。) 虐められるのかは分かりませんでした。
虐めを対処してほしいと顧問のCに対し訴えたのですが、「お前が悪い。あいつらはすぐ辞めた
軟弱なお前のことを想ってやっているのだから虐めではない。」と言われ相手にされませんでした。
私自身も「あいつらに何を言っても効果が無い。男のくせに女にも虐められているとバレたらどうしよう・・・」と思い、
受験勉強に勤しみ、虐めに耐えながら地元ではない東北の大学に進学しました。

大学で虐めの後遺症 (竹刀を見ると涙がボロボロ出る。吐き出す。) を治療しつつ、
就職先も決まった時に地元に里帰りしました。
大学を卒業し6年たった後、私はあるきっかけで母校に立ち寄ることになり
所要を済ませて帰ろうとした矢先、剣道場から自分を虐めたAとBが出てきて自分と鉢合わせに。
そして再び自分をなじり、曰く「自分たちは教師として母校に戻ってきた。お前のような軟弱者の人間を更生するために教育者になっている」と。


私の事をあざけりながら去って行った2人を見て、私は文字通り「腸が煮えくりかえる」ほどの怒りを覚えました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
742:名無しさん@おーぷん2015/05/01(金)01:30:49ID:Ihi
決行フェイク多めで申し訳ない

私が復讐したのは4人
妹を殴ったり服を脱がせたり挙句の果てには髪まで切ったクソ女共

毎日どこか傷ついて帰ってくる妹に耐えきれず復讐決行
兄が釣りが趣味で兄友が漁師だったので魚揚場?というのか魚を船から降ろす所も見せてもらったりした
そしてそこではフグが取れたのでこっそりとフグを持ち帰り
どこに毒があるかなどわからないので血抜き(のようなこと)をし袋に入れハンマーでぐちゃぐちゃに
そして残った液体を妹をいじめた奴らの飲み物にほんの少し混ぜるということを学校卒業まで(約2年)続けた結果
4人とも内臓機能に異常が出て衰弱しやがて1年後に1人タヒに
遂に2日前に最後の1人がタヒんだようなのでカキコ

極少量ではフグ毒も効かないと言われましたが塵も積もれば山となるということですね
皆さんフグを食べる際には気を付けてください

このページのトップ