鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

すごい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
28:名無しさん@おーぷん2015/02/10(火)21:16:02ID:47W
姉は地元が大嫌いだった。出る杭は打たれるが罷り通るクソ田舎で、スポーツ至上主義、頭良くても運動出来ない奴はpgr…姉には苦痛な場所だったはずだ。
そんな姉、この度実家を新築し両親にプレゼント。超が付く豪邸になった。でも、それはあくまで「別荘」扱いで姉の職場の近くの介護付きマンション買ってあるって。ちょっと俺も何が起きてるのか分からない。
姉は地元から出世頭なんてもてはやされてるけど無視。寄付もしてくれと頼まれてるけど無視。姉の金を期待した同級生共が臨時の同窓会するって連絡きたけど無視。
さらには俺と妹の学費も全部持つからこの田舎から出ろと。姉貴ちょっと何言ってんのか分からない。
衝撃的なのは、家は貧乏でもなけりゃ金持ちでもないこと。そんな大金何処から出てんだと両親が姉に尋ねると「株で儲けた泡銭だから」
姉の頭が良いのは知ってたけど、株って…そんな難しいこと…
何で田舎から脱出させたいのに実家を豪邸に建て替えたのか聞くと「馬鹿にしてた私が建てた家と、大事にしてた息子娘が建てたショッボイ家と比べて、クソ共が惨めになりゃいーなって。そんだけ。されたことは一生忘れらんない。許さない。」って。
家族にゲロ甘の姉がこんなにも闇を抱えていたことに衝撃的でした。
引越しの用意がおわんねえ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
114: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/15(土) 18:42:31 ID:IJQNSEqy
この間、飛行機に乗っていたら、 
スチュワーデスが大声で「どなたか工員の方いますかー!」と叫んでいた。 
俺が手を上げると機長室に連れて行かれて取れかかっている部品の溶接を頼まれた。 
俺は簡単に溶接して直した。

自分の席に戻ると俺の活躍が飛行機内でアナウンスされて、周りの乗客から拍手が起こった。 
俺は工員で良かったと胸が熱くなったよ。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
277: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:N0k8Xhy+
両親から、「妹が結婚することになった。相手の家族との顔合わせを 
予定しているので、都合が良ければ同席するように。」という連絡を受けたので、 
久々に帰省することにした。 

ちょうど俺の方もプロポーズ済みで、先方の両親への挨拶を控えていた 
時期だったので、自分の両親には「俺の方にもそういう話があるから 
帰ってから詳しく説明させてくれ。」ということだけ告げて、当日は 
直に会場(地元のホテル)へ向かった。

ホテルのスタッフに会場(単なるレストランの個室だけど)まで案内して 
もらったんだが、扉を少し開けて中を覗いたところ、「俺の彼女」がいた。 

取り敢えず扉を閉めて彼女に電話を掛けてみたところ、 
・確かに同じホテルの同じレストランの個室にいる。 
・目的は、「彼女の兄」の結婚相手とその家族との顔合わせ。 
・相手の家族(彼女の兄の結婚相手の兄)が、まだ到着していない。 
ということが確認できたのだが、どうにも扉を開ける勇気が無く、しばらく 
外でモジモジした挙句に思い切って中に入ってみたら、やはり彼女と 
その家族の前に座っていたのは、見慣れたウチの家族。 

自己紹介の際、滝のように汗をかいたことはよく覚えているが、俺がどういう 
台詞を吐いたのか、各々どう反応したのかは、誰もよく覚えていないそうだ。 

久々にウチの実家で妹夫婦と会うので、記念に?書き込み。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
525: 事件 2008/06/05(木) 21:38:36 ID:RRaGnEds0
では自分の体験だけど。都内の某ホテルにイベントで泊まった時。

徹夜で製本してたんだが、隣の部屋がどたん、ばたんとうるさかった。
私は寝ないつもりだからいいけどうるさいなあ、と思いながらも製本。
静かになったのは2時ぐらいだったと記憶している。
ああ、やっと寝たのかと思いきや、今度は廊下をばたばた走ってくる音。隣のドアをがんがん叩く音。
何か叫んでいた男性が、今度はこちらのドアをがちゃがちゃ。
「すみません!ホテルの者です!非常事態なんです!」
なんだなんだと思う間に、鍵かけていたドアがばん、と開いた。

入ってきたスーツのおじさんが二人、あわただしく
「隣の部屋で非常事態がおきまして、申し訳ありませんが失礼します!」
言うなり、壁を ぶ ち 抜 い た( ゚Д゚)

隣の部屋のがたがたいう音は、どうも宿泊してたおじちゃんが、首を吊るための紐をかけようと四苦八苦してた音だったらしい。
静かになったってことは…とこっちは((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしていたが、どうもうまくいかなくて諦めたところだったみたい。
自分的には「安いホテルは壁が薄いんだな」ぐらいで、おじちゃんも助かったしまあいいか、だったのだが。

後日、どうもその部屋は自杀殳者を呼ぶ部屋らしいと聞いた。
その部屋と両隣、値段がカプセル並みの破格のお値段だったのは……
いっそ客入れずにあかずの間にすればいいのにと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
353: おさかなくわえた名無しさん 05/01/31 10:35:02 ID:w7mbHQcD
池乃めだか、数年前十三駅のホームで見たなぁ 
前から強面のちっちゃいおっさんが歩いてくる!と思ったらめだかさんだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
182: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 02:20:47.34 ID:IaSqvdUa.net
~前提~ 
俺の彼女の話 
彼女は極度の恋話嫌いなので俺と付き合ってることは周りに極秘、仲の良い幼馴染で通っていた 
~前提終わり~ 

俺の彼女の金銭感覚は変わってて、長く使うもの(鞄、定期入れ、衣類)は高い金をかけて使い古すんだが、娯楽に入るものは最低限しかかけなかった 
着飾るものが立派だけど中身が伴っていないってので、学生の頃は馬鹿にする人が多くて、中には「お前にこんなもんいらんだろ」と取り上げようとする人もいた

ゲームと読書が趣味なのに「中古で出るのを待つ」と言って、モンハンは3が出た時に投げ売りされた2を買い、本は図書館でリクエストしてすませていた 
周りは、流行りに乗り遅れて気づいてない人、貧乏でモンハン3を買えず安かった2を3と間違えて買ったバカ、と言っていた 
俺がそれを気にして新しい物を買おうとしたけど、「別に今すぐしたいものでもない、2でなぜ楽しめないと思う?私はこれが楽しいよ」とあっさり断られたうえ、 
「私は私の楽しみがある、迷惑をかけているのでなければ周りに理解を求めるつもりはない、私の行為はお前にとっての迷惑か?」とはっきりとした意思を示されたので、本人が気にしてないならと俺もそれ以上なにも言わなかった 

大学三年になったある日、4月生まれの俺の誕生会を開くって口実で、全員二十歳超えたから飲み会しようぜってことになった 
仲いい友達が誕生日プレゼント用意してくれることになり、当日友達は皆でお金を出しあってワインを、彼女は名前が刻印された時計をくれた 
その時計が結構な値段がするもので、「これから就活も始まるから、仕事始まっても使えるものを選んでおいた」と、どこにつけていっても恥ずかしくないものだった 
けど誰かがボソッと「偽物じゃねーの」と零し、周りが同調しだしたんだ 
「偽物だと思うなら徹底的に調べろよ!」と俺がキレ、友達も謝罪しろと迫ったが、意地になった野郎がマジで調べて結局本物だと判明した 
なのに周りは彼女に謝罪せず、盗んだ金じゃないのか、とか言い掛かりまで付け出したので、それからそいつらとは関わりを断った 
彼女は相変わらずどうでもいい、みたいな顔してたけど、俺に高価な贈り物をしたので一部媚びだす人も現れたらしい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
691: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/05(火) 20:53:11.93 ID:+qB3TnDm
昨年のこと。 
入籍翌日がちょうど土日だったので、京都に一泊旅行をしました。 
新婚旅行ではなく、何となく節目を二人でお祝いし 

たかったので、急に思い立って決めた旅でした。 

その日の夕食は宿泊ホテルで食べようと、奮発して最上階のフレンチレストランに行きました。予約はしていません。

コース最後のデザートがでてきてびっくり!happyweddingのデコレーションとキレイに盛り付けられたスイーツ、 
「おめでとうございます」の言葉と素敵な笑顔をお店の方からいただきました。 
旅行予約時もレストランでも結婚祝いだと伝えたことはなく、主人も何がなんだか訳がわからず、 
「何で知ってるの??」と、二人でただ感動してしまいました。 

食事が終わり、最後にお店の方とお話しました。 
「実は私たち昨日入籍したのです。でもどうして分かったのですか?」 
「女性の方はとてもキレイなダイヤの指輪をされているでしょう。そして男性の方はお食事会中、 
たびたびご自身の指に触れていらっしゃいました。私も男なのでわかりますが、男性は結婚するまで指輪をずっと付ける習慣がない方が多いので、慣れるまではつい気になって無意識に触れてしまうのですよね。あぁ、きっとお二人は新婚さんかなぁって。」 

そんな温かな対応に感動し、とてもいい旅行になりました。きっと一生忘れることはないでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
4:おさかなくわえた名無しさん[]2012/02/05(日) 23:31:43.51ID:AALKO909
じゃあちょっと前の話を


同じマンションに凄い美少女がいる。

線が細くてすらっとしている。
純日本人なんだけど、顔かたちが東欧にいる少女みたいな感じ。
黒髪、黒目だけど、髪はロングでさらさらで、目は光の反射に
よってちょっと灰色っぽく見えるのが凄く神秘的。
こんな美少女に朝エレベータで挨拶されると幸せになる。

ある日、私がたまたま会社半休して病院帰り、近所の公園で
その少女が変な男(20代後半?)に絡まれてた。
何しているんだろうとそっと立ち止まって見ていたら、
その男、とつぜんその少女に抱きついてきた。
 「すきなんだよぉ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
878:彼氏いない歴774年2012/11/06(火) 22:59:07 ID:AV0aFi8B
高校生の時に体験した事。

うちは母子家庭で、母親は病気がちだった。グレようとするタイミング毎に母親が手術。
高2の夏休みにやはり母親が入院し、DQNなりかけだった私は夜毎繁華街を徘徊していた。
ある日、いつも通りにゲーセンで時間を潰していたら

綺麗なお姉さんのグループに声を掛けられ、アホなJKだった私は尻尾を振ってついて行った。

そして何故か化粧品や服や靴、キラキラしたノートやペン等、バイト代すら生活費に入れざるを得ない貧乏娘には憧れ()の物を色々買って貰った。
一応遠慮はしたけど「タヒんだ妹にそっくりで」やら
「妹にしてあげたかった事をさせて欲しい」やら言われて、「そんなもんかな」と納得した。

ご飯をご馳走になって高そうなホテルに泊めて貰って朝ごはんまでご馳走になって、流石に「何かおかしい?」と思い「帰る」と言ったら封筒を渡されて「おうちで開けなさい」と言われた。
車で繁華街の駅まで送って貰い、お礼を言ったらお姉さんたちに順番にキスされた。

家で封筒を開けたら50万円入っててビビった。

あれは何事だったんだろうと今でも思う。
しかも、お姉さん達の名前も聞いてなかったし私も
「かわいこちゃん」としか呼ばれなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第一話
第二話21:45更新予定
第三話 22:45更新予定

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 10:20:27.40 ID:C5uBl+N30
大学ジャーナリズム専攻して入社 
殊の外世間狭い業界なのでその他のことは言えない 

写真も何枚かあるが、これは俺名義ではなく 
会社名義なのでちょっとうpれない

このページのトップ