鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ひどい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
601: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/23(火) ID:GsLTXyqG
高校生の頃の話。 
近所に子供っぽいワガママをする友人がいて、いつも何かにつけて私と○○ちゃん(私)は親友!とプッシュしてくる。 
その友人から急に今○○ちゃんの家の近くだから遊びに行ってもいい?とメールがきて、暇だったのでOKした。 
しばらく家で二人で話してると「今から彼氏がここに来るから」と。 
彼氏君が到着して、今度は「今から焼肉行くから一緒に行こう」になった。 
私はあんまりお金が無いと断ったけど、○○ちゃん少食だしそれぐらい奢る!とグイグイくるのでワリカンなら1000円くらいかな?とOK。

いざ焼肉屋に行ったら2人とも鬼のように食う。私は焼きレバーとわかめスープのハーフしか食べてないのに会計6000円。そしたら彼氏君が2000円を渡してきて、 
「会計頼むねー。これ俺と彼女ちゃんの分。」と。 
私が反論しまくって皆2000円ずつで済んだけど、結構ゴリ押されそうだった…。 
そもそも奢るとか言ってなかったか!?とムカッときた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)21:14:07 ID:WwGqnPnkl
3年前に俺を振ったくせに、元カノが復縁迫ってきたwwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
95: 恋人は名無しさん 2009/12/28(月) 00:19:25 ID:GINAsDC60
2人で1万円程のクリスマスディナーを食べにいったら、 
彼氏の財布の中に2千円しか入ってなかった。 
「クリスマスは俺がおごるよ」って言ってたから 
私もお金をほとんど持っていなかった。 
フランス料理店といっても、山奥でひっそり営業しているような 
隠れ家的な個人経営の店で、クレジットカードが使えなかったから、 
彼氏が金を下ろしてくることに。

しかし時間が遅かったため、どこにいっても金は下ろせなかったらしく、 
その旨店の主人に話すと、「値段は予約の時点でわかっていたはずだ」 
と怒り出し、延々と説教された挙句、 
「金を払うまで帰すわけにはいかない。息子が使っていた部屋が 
あるから、二人とも今日はそこに泊まって、朝になったら金を 
降ろしてこい」と、一歩もひかない様子。 

結局、布団も暖房器具も何もない部屋で二人で過ごした。 
彼氏は夜の間何度か襲ってきたが、こんな状況で何を考えてんだと一蹴。 
次の日の朝金を下ろしてきて支払は無事すんだものの、 
あまりの悲惨なクリスマスにかなり険悪なムードになり、 
彼氏は「なんでお前金持ってないんだよ」と怒り出す始末。 
もうこの人とは無理だと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
805:名無しの心子知らず2011/01/01(土) 22:32:52ID:A3xuJUmd
特急電車で帰省した時の事。
すごく混んでいて、指定席の車両で立っていた。
小学生くらいの子と4歳くらいの子が座席に座っていて、通路挟んで母親が一人座っていた。
うちの子が座りたいとぐずりはじめたのを聞いて、その母親が、
「私、そっち(子供たちが座ってる座席。2人掛けだが大人と子供2人だと座れるスペース)に座るんで、この席(その母親が座ってた席)
使いますか?」と聞いてきた。

「え?いいんですか?」と聞いたら
「はい。子供料金で2440円なんで。」と言われ、「ちょーだい」みたいに
手の平見せてきた?
「え?この座席を買えって事ですか?」と聞いたら
「はい・・。え?私おかしいですか?」だってw
「買わないよ」と言ったら「あ、そうですか」とその母親はまた席についた。
譲ってくれるのかと思ったら金とるのかよw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
648: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 19:43:31.57 ID:dzl2CQHc
つい先ほど起こった事なんだが、とにかく誰でもいい聞いて欲しい。 
叩かれようが断られようが投下する。 
下らん正義感が仇となって人生を狂わされたオッサンの戯言だ。 


俺はとある製造業の契約社員、40代キモオタ。 
賃貸の安アパート暮らし。

先日の事、近くのコンビニで酒とかを買って帰る途中、 
自宅アパート方面から女の悲鳴を聞いたんで駆け寄ってみると 
男に手を引っ張られてる若い女の姿が有り「何やってんだ!」と 
声を掛けたら「邪魔すんな!」と殴り掛かってきたので反撃。 
酒が入ってた事も有り回し蹴りを当てられた拍子に 
車道に向けて転倒、まずいと思ったのか男はそのまま逃走。 
起き上がったところで女の人の両親?が 
現れて有無を言わさずぶん殴られた。 
女性の「違うの、違うの!」と言う声に耳を傾けずに数発殴られ 
訳判らないまま転倒、更に数発蹴られたけど 
警察に言った所で酔っぱらいの妄言だと言われかねない事と 
大きな怪我とかは無かったのでそのまま帰宅。 

つづく。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

793愛とタヒの名無しさん 投稿日:2009/02/28(土) 17:54:43
知人の結婚式で、新郎側の出席者がスピーチした 
内容は普通で当たり障りの無いものだったが、 
途中で新婦に向けた 
「これからは新しく出来た両親とお兄さんを大事にして・・・」 
の下りで新婦と新婦両親、新婦親戚がざわめいた
新郎、確か一人息子と聞いていたんだが 

その後新婦は新郎に、新婦両親が新郎両親に詰め寄る騒ぎになり、式は一時中断 
それから新郎新婦とその両親は姿を消し、式は食事会に変更 
しばらくして目を真っ赤にした新婦と両親が戻ってきて、 
結婚式は中止になった事と出席者へのお詫びを告げた 
新郎は最後まで戻ってこず、帰りがけに新郎の父だけが出てきたが、 
無言で頭を下げるだけで出席者への挨拶は一切無し 
訳の分からないまま帰ったが、数日後新婦から連絡があった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

156ママ友 2013/06/18(火) 09:15:32.90 0
嫁が出て行ったんだけど俺も嫁も離婚まではとりあえずする気はないから 
このスレに書き込む。
離婚問題スレの方がふさわしいと思ったら誘導して欲しい。 

去年の秋くらいから当時小1の息子と嫁が何やらもめ出した。
大人と子供だから大した事はないが頻度が多い。
理由を聞いてみると嫁が1人の息子の友達を指定して
その子と遊んじゃダメだって言うと。
詳しく聞いてみるとその友達は息子と馬が合って
一番仲が良いから息子は嫁が何を言っても内緒で仲良くする。 
何でその子がそんなに嫌なんだ?と嫁に聞いた所
その子に問題があるわけじゃないが
子供が幼稚園時代からつるんでるママ友グループのボスとその子の母親が仲が悪く
ボスの指示でその一家を無視しようという話になった。 
なのうちの子だけ仲良くしてたらボスから苦情を言われた。 
このままだとママ友グループにいられないから付き合いを辞めさせたい。と 
アホらしいので関わらないようにして息子と嫁がその事でもめている時だけ 
息子のフォローするようにしてしていたら嫁が鬱っぽくなってきた。 
また事情を聞いたらついにそのママ友グループから追放され 
無視され陰口まで叩かれるようになったと。 
これまたそのレベルの低さに辟易したんだけど嫁は相当堪えたようで 
ママ友グループが怖いとついに家から一歩も出なくなった。 
買い物も俺で家電にも出ない。(携帯には出る。) 
この時点で相当呆れたが元々専業主婦なので家事さえしっかりやってくれれば 
実害ないしそのうち精神的に落ち着くだろうと思ってたら 
息子に八つ当たりするようになった。 
いい加減にしろときつく説教したらそれ以来毎日引っ越そうと言う。 
持家なのにそんなアホな理由で引っ越せるわけないので無視していた。 

ただ困ったのが意外と多い学校行事で嫁は断固出席を拒否する。 
しょうがないので俺が有給をやり繰りして出席してたのだが 
確かに親切なママさん達が多い中そのママ友グループは感じが悪い。 
毎回こっちをチラチラ見ながらヒソヒソ。
挙句指さして嘲笑してきたので 
「何か用ですか?」と凄んでやったらそれからは直接的な行動は 
無くなったが感じは悪い。
嫁にその話をしたら 
そんな事したらますます睨まれると引き籠りが悪化して 
ついにカーテンを一切開けなくなった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
886: 名無しさん@おーぷん 2015/11/22(日)12:40:03 ID:zNM
セルフのうどん屋に行ったら、3歳児くらいの子が店内ウロウロ
→コケかけて、他の客の足につかまる
→その客がコケて3歳児の頭の上からうどんブチまけ
→子供ギャン泣き&親ブチギレ&客もキレ返す

親「うちの子になにすんのよ!」
客「放ってる方が悪い!それより救急車!」
親「あやふやにしようったってそうはいかないわよ!」
客「うるさい、それどころじゃないだろ、救急車!」
親「あんたね、誤魔化すつもりでしょ!」

みたいな言い合いになってて、客が出したスマホを親が叩き落としたりしてカオス
結局、客が店員に「見てないで救急車呼んで!やけどしたかも!」って叫んで店員が電話したみたい

子供を放ってる親も悪いし、足元を見てなかった客も悪いから
正直どっちもどっちだと思うが、その後の対応を見る限り、親がヤバイ人
他の客もスマホ持ってたと思うけど、親のキレっぷりがすごくて出せなかった
キーキー声で叫ぶ+子供のギャン泣き声で、ものすごい騒ぎみたいに聞こえた

個人的には親がスレタ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
66: 名無しさん@おーぷん 2016/06/29(水)12:22:16 ID:DpU
初めて「ネット脳乙」と言いたくなるやつに出会ったので書き込む。
人種ヘイト系の話なので読みたくない人は避けてくれ。

きっかけは他大との合同フィールドワークだった。
専攻は民イ谷学。フィールドワークと言えば聞こえがいいが、
要するに田舎へ行ってじいちゃんばあちゃんの話を直に聞いてきて論文に書き起こす作業だ。
うちのゼミから3人、S大のセミから3人で1グループ、全員男。
その中にAというやつがいた。
第一印象からしてアレだった。
自己紹介が「Aです。嫌いな物は差別と女と朝鮮人です!」
……面白いと思って言ってるらしい。
こんなやつだから女のいるグループには入れられないと後で聞き納得した。

しかしこのA、女でも朝鮮人でもない俺達でも苦手なタイプだった。
まず時間にルーズ。話をすれば相手の意見全否定で、延々と自分語りをする。
ペンだのクリップだの細々した物を持ってこず、全部借りる。そして返さない。
しかも食い方汚ねえ。クチャラー。
だが数日のことだし、と事を荒立てず耐えていた。

だが間の悪いことに、フィールドワークで行った家のおばあさん(超高齢)が
三回結婚しており、二回目の相手が朝鮮人という人だった。
上記のとおりフィールドワークは老人の話を聞くことが主で、老人の話というのはたいがい愚痴と苦労話だ。
そのおばあさんは戦争未亡人で、嫁ぎ先を追い出され、
出稼ぎ中に朝鮮人の男と出会い、優しくされてほだされて結婚。
だがその男には本国に妻子がいたことが判明。
故郷へ帰り、そこでやもめ男と再婚し現在に至る。
おばあさん談「朝鮮人の男に「さん付け」で呼ばれて、日本の男にさん付けで呼ばれたことなんてなかったから云々」
「朝鮮人はひどく差別されていて可哀想だったし、優しくしてくれたから云々」
これにAがブチギレた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
470: 名無しさん@おーぷん 2015/10/30(金)19:12:28 ID:ECh
吐き出し。

友人(以下A)が結婚したので共通の友人二人とお祝いを購入。
事前に目星はつけたものの購入日に私が仕事で行けなかったので、立て替えてもらい後日お金を払うことに。
結婚した友人は遠隔地に住んでいるので郵送することになり、共同購入した友人のうち一人(以下B)がコンビニで働いているため発送なんかはお任せした。
購入当日に行けなかったので送料は私が負担することにして品物代と一緒に後でAに渡した。
後日、もう一人の友人(以下C)に「この間のプレゼント届いたってメール見た?早速使ってくれてるってー」と言われ、私にはお礼メール来てないな…とその場はちょっと微妙な気持ちになりつつさほど気にせずにいた。

それから数日後にAと二人で遊ぶ機会があり、「この間送ったプレゼント届いたんだって?使い心地どう?」などと軽く聞いてみるとキョトンとした顔。
おかしいなと思いよくよく聞いてみると、前述のプレゼントはBとCの二人から、ということになっているらしい。(添えられていたメッセージカードにそう書いてあったと)
そもそもそのプレゼントした品を事前に持っているかどうかAに確認したのは私なので少しおかしいなとは思ったそうだが、深く気にしなかったと。もうちょっと気にして!
選んだ品を写メって確認したメールとか、お金に関するやり取りも話はほぼメールでしてたからその場でAにメールを見せて説明。
AからBとCに確認メールを送ってもらうと
C「えっ、マジで?包装とかも全部Bに任せちゃったから確認してなかった。ごめん!」
B「最初は三人で買おうって話だったんだけどD(私)がドタキャンした上にお金出さなかったんだよー。せっかくのお祝いなのにひどいよね!」
という返事が。
いやお金出したし。メール残ってるし。
Cは知らなかったみたいなので経緯を私からも説明しておいたら怒ってた。
いきなりこんなことになってちょっと戸惑い中。

このページのトップ