鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

わろた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第一話
第二話 
第三話 
第四話 

514: 名無しの心子知らず 2009/02/02(月) 17:39:54 ID:/H8wAjiN
パソコンを買い換えたのでトリップが分からなくなってしまったのですが、 
以前お世話になったキャラ弁奥です。 
今、まとめサイトを見ていて同じようなママの話が出ていたのですが、 
彼女とは、たぶん別人です。 
現在も同じマンションに住んでいてパワーアップしていて、 
今も小学校のお友達の家庭も巻き込んで大もめ中です・・・。 

早く、平和な日々が戻るように頑張りたいです。 
すみません。変なことを書き込んでしまいまして・・・。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第一話
第二話
第三話
第四話 12:43公開予定

144: 名無しの心子知らず 2007/01/30(火) 21:03:03 ID:ykMdWK4y
以前、書き込んだ636なのですが、名前をわかるようにしてと 
かかれていたのですが、どうしたら良いのでしょうか?


149: 名無しの心子知らず 2007/01/30(火) 21:10:20 ID:h4CSmFFP
>>144 
いつの636さん?コテとトリップつければいいんじゃない?


154: 名無しの心子知らず 2007/01/30(火) 21:15:47 ID:8CHcCWId
キャラ奥キターッ!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第一話
第二話
第三話 20:45公開予定

135: 名無しさんといつまでも一緒 01/09/10 14:19
別れたかったのを、それが原因で別れられたってことなら 
それはめでたくてよかったと思いますが 
「妻」なんて別にナンボのモンでもないですよ。 
愛人ちゃんと同じ、自分の幸せを願うフツーの女だもん。 
平気だよ。誰だってなれる。


136: 名無しさんといつまでも一緒 01/09/10 14:24
でもね、奥さんそんな自信満々で挑んだわけじゃないと思うんだ。 
その食卓。 
同じように気合い入れて化粧したり、ドキドキしてたり 
したと思う。 

私はダンナの彼女に会って、結局離婚しなかったけど、
それは彼女がダンナに見切りを付けてくれただけであって
彼女の可愛らしいところとか、素直な笑顔とか見て
なんでダンナが、彼女に惹かれたのかがわかったし、
自分には絶対叶わないものを沢山持っていて、
えらく落ち込んだよ(涙
今でも勝ったとか、そんな気持ちにはとてもなれないもん。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第一話
第二話
第三話


281: 346 2014/07/24(木) 05:52:57.09
このお盛んザル2匹に何言っても言い訳しか言わないとおもうのでこちらで話進めますねと俺から言い 
明日弁護士からご連絡入るとは思いますが、俺は嫁とは離婚します。娘子も俺が育てます。 
双方からはそれなりに筋を通していただきます。 
と言ったら嫁発狂 
嫁「りこんだけはいやああああああdfjkgあなたを愛してるのおおおおおおおおおおおお!!!」 
はい無視 
間嫁にこちらは離婚するつもりだが間嫁さんと間男さんの事はそちらで話し合ってください。と伝えると
こちらも離婚するつもりです。こんなクソ男いらないです。とキッパリ
そしたら間男も発狂。うん嫁と同じ事叫んでた。はい無視

今週土曜日に俺、嫁、義両親、間男、間嫁、間男両親、間嫁両親という大人数で
弁護士挟んで話をすることになり
嫁と間男は各実家にお持ち帰りされました。

ちなみに俺母はそのタイミングで来たのでワケワカメ状態だったけど
軽く説明したら「あらそう、大変ねー。がんばってね!!」
俺「…あ、うん」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
551: 名無しさん@HOME 2009/03/29(日) 14:09:07
独り相撲かもしれないDQ返し。 
良ウトメに会わせに娘を連れて行くと、必ず近所に住むコウトが現れて 
娘と遊んでいた。娘も割と懐いてたし子供好きなんだなーと思っていた。 
家は義実家へ行くと一泊していたのだが、コウトもそれに合わせてか 
義実家に泊まるようになった。ある時娘が「(コウト)君と一緒に寝たい」 
と言い出した。当然不許可。したんだが、そしたら娘がコウトに向かって 
「駄目だってー。仕方ないねー」と。コウトはちょっと焦った様子で 
頷いてその場を離れて行ったが、これはもしかしてコウトが 
娘に言わせたのかとちょっと怖くなり旦那に相談。だが娘ラブだが 
弟も溺愛の旦那は考えすぎだと一蹴。同じ女親として 
コトメ(これも近所)に相談したが、やはり考えすぎだと笑われた。 
更には嫁(私)さんはコウトを男として見ているのかしらだの 
嫁さんの欲求不満がいやらしい邪推をさせたのかしらコウトはそんな 
子じゃないと怒られてしまう始末。ついでにコトメから聞いたらしい 
旦那からも俺の弟を疑うなと絞められてしまった。


確かにコウト爽やかな好青年だし疑うのはよくないなーと思うが思い切れず、
義実家に居る間は娘から出来るだけ目を離さないようにして、
遊び相手もコウトよりもコトメ子(娘より2歳下の女児)を娘にさり気なく
お薦め。
だが気づくとコウトが近付いてくる。その時点で娘に用事を作り
抜けさせる、を繰り返した。自然と残るコウトとコトメ子。
コトメが微笑ましく見守る中、コウトとコトメ子は仲良くなっていった。

このページのトップ