鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

アレルギー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

514: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/25(月) 14:33:38
どこに書いていいのか分からないんでここに投下。 

うちの近所にとてもおせっかいな人が住んでいた。 
Aさんと言って60代前後で、やたらエネルギッシュで思い込み激しい女性。 
数年前まで息子夫婦と同居していたけど、過干渉過ぎて逃げられたらしい。 
去年引っ越してきてから何故かAさんに一方的に気に入られ、 
昼でも夜でもお構いなく押しかけてこられた。
もちろん約束もお招きもしていない。 
それでも結構親切だし何とか我慢も出来たので、程々に相手をしていた。 

ところがAさんには妙な持論があって「アレルギーは甘え。偏食の言い訳だから食べさせたら治る」 
私は軽いそばアレルギーがあるんだけどうっかり話したら、 
だまし討ちでそば粉入りクッキーを食べさせられた。 
知らずに食べたら大喜びで「今のそば粉入ってたのよ~ちゃんと食べられるじゃな~い」 
これでジンマシン出てから一切のお付き合いを遠慮させてもらう事になった。 

Aさんには「悪気は無いの!ただあなたの偏食を治そうと思って・・・」と泣かれたが、 
悪気無しにこんな事やられちゃたまらんので全て無視した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

887: 恋人は名無しさん 2010/09/25(土) 08:49:56 ID:2hzUG7bVO
離婚まぎわに元旦那から冷麺を食べさせられかけた 
蕎麦アレルギーの私が通りますよ。 
そうか、あれはやはり杀殳人未遂だったか…orz 
元旦那、私がアレルギーってことも、過去に中発作おこしてるの知ってたし。 
職業医師だしw 

もっと慰謝料ふっかけてやればよかったな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
※未解決m(__)m※
960:可愛い奥様@\(^o^)/2016/12/20(火) 00:35:00.66 ID:w+29R10w0.net
グロ話

旦那が飼ってる猫が腐ってて臭いメチャクチャ臭い
旦那の部屋からヤバイぐらい臭ってくる

一応消毒はしてるみたいだけど他の対策とか考えたりしないし病院には夏から行ってない
ヘビースモーカーで鼻がきかない旦那は腐った猫と一緒に寝てる
寝具に滲出液が付きまくってるし当然旦那の寝間着にも付いてるだろう
たまには部屋の掃除しろって言っても無視
病院行けって言っても空返事
あんな汚部屋でも平気な旦那にもう我慢の限界
荷物まとめ終わったから早朝出発する

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

624:名無しさん@おーぷん2017/12/07(木)09:55:55ID:qNj
人からしたら大した修羅場ではないのだろうけど、個人的にはタヒにかけたので修羅場。

私はアナフィラキシー持ちなんだけれど、学生時代に突然発症。
最近はアレルギーというのがメジャーになって、アレルゲンの無い食べ物とか、飲食店のメニューにもアレルゲン表示されるようになったけれど、とにかく私のときはそんなのがなく、アレルギーっていうのもあまりなかった。
ド田舎だったので、花粉症すらもいなかった。(花粉症になったら一巻の終わりみたいな田舎)

その日は普通に部活をしていて、校内周辺をランニングしていた。
途中、なんだか指の間に痒みを感じたのだけど、血行が良くなっただけなのかもと気にもせず走っていた。
ランニングが終わった後、小休憩があった時に先輩に「ちょっと顔がヤバイよ!」と言われた。
確かに気持ちが悪くて、今にも吐きそうだった。
先輩に顔が腫れてる、顔色が悪い、唇が倍くらいに腫れ上がってると言われ、先生を呼んでくるから木陰で休んでろと言われた。
もうその時には吐き気がすごくて、視界も狭くて黒いフィルターがかかってる感じ。
この時に知ったけれど、意識不明になるのって本人的には眠くなるんだよね。
「あーダメだ眠い。寝よう」っていうのが我慢できなくて、自然と瞼が落ちる感じ。
私は嘔吐をしながら寝た。

その後は先生数人に担架で運ばれ、保健室へ。
本当に当時は先生たちもアレルギーの知識もなかったし、持病があるタイプでもなかったから先生たちもてんてこ舞い。
どうするかってなった時、生徒の一大事を知らされて様子を見に来た教頭先生が、私の顔を見た瞬間「救急車を早く呼びなさい」と叫んだらしい。
その時、私は運悪く喉の腔内まで腫れ上がっていて、先生たちが対応に追われている中、静かに呼吸が止まっていたらしい。

教頭先生が私の顎を上げて、なんとか気道を確保しようとして、わずかに呼吸を確認している間に救急車が到着。
なんとなく親が来たのも分かったし、救急隊員の人に声をかけられているも聞こえていた。
病院で点滴をしたら、あっという間に意識を取り戻して回復をしたから大したことなかったのかも。

けれど医者にはアナフィラキシーショックと診断され、学校給食で一週間牛乳は飲まないで下さい、あと血液検査結果が出るまで運動はしないでくださいと言われた。
その日は突然の入院だったので入院食もなく、一晩点滴で過ごしたんだけれど心配で親が見舞いに来た時に目の前でモスバーガーを食べらた時も合わせてセットで修羅場w
もうお腹の中空っぽだから、すごく親が恨めしかったよ。

そして一週間後の血液検査結果でアレルゲンが分かったんだけれど、医者に「あと15分遅れていたら、助からなかった。教頭先生の迅速な対応に感謝してください」と言われたのが本当に修羅場だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

500: 名無しさん@HOME 2013/11/02(土) 12:34:50.34 0
悪気はなかった 
トメ(遠方在住)から突然電話があり、うちの子のアレルギーについて罵倒された 
「私が子育てしていた頃は、好き嫌いなんて贅沢病は食べて治したのよ!」とのたまうので 
思わずついつい(大事なことなので繰り返すが)悪気はないのに言ってしまった 

「そんなこと言ってるから夫のお兄さんはタヒんだんですよ」

このページのトップ