鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

エネ夫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

576名無しさん@HOME 2012/04/18(水) 22:50:15.72 O
よし、携帯からだけど投下します 

義妹&義弟は兄(旦那)大好き。 
歳が離れているせいか旦那も弟、妹大好き。 
それ自体は別に微笑ましいけど
どうやら弟妹は旦那の妻である私は大嫌いらしい。 
結婚当初から週一で旦那がいない内に我が家に来ては
冷蔵庫内の作った料理を片っ端から文句言いながら捨てたり
私の趣味の本を勝手に持ってく。 
最初はまぁ嫉妬位するかなぁむかつくなぁ位だったが一向に注意しても止めない、
ついに仕事用のPCをぶっ壊して下さったのでぶちギレてDQN返し。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

626◆0XAwoSoV4c 2012/04/08(日) 11:31:30.00 0
会社の先輩(女性.)が珍しく落ち込んでいたので 
気になって声をかけたら、元ダンナさんから手紙が届いたとのこと。 
あーそれ、ロミオメールって言うんですよと、歴代の傑作をいくつか紹介したら、 
「そうかぁ、笑い飛ばせばいいのね!」と、スッキリしてくれた。 
で、先輩のところに来た手紙の一部を、ご本人の許可をもらって晒します。 

『桜の季節が廻って来たね。
街にはピカピカの1年生が溢れています 
僕たちの子供も、生きていれば今年小学校入学だったんだね 
思えば、赤子が小学生に成長する長い年月を 
君は後悔と反省に費やしたのでしょう。
僕もそれを受け止めるべきでした 
あの子は生まれ変わる日を待っているはずです。
また1から始めましょう』 
(一部省略・改変あり)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

504名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/22(月) 07:30:16.43
義弟二人→新婚旅行から帰った次の土日から毎週末凸泊まり、遊びに連れていく事をねだり金はこっち持ち。 
誕生日などのおねだりも欠かさない。
ちちなみに立派な職もある社会人。 

義両親→義弟同様。
一例としては、産後即手伝いすると押し掛けてきたがお客様、義母の下着まで手洗いさせられる。
引っ越し翌日から押し掛けてきて10日連泊など。
金持ちなのでたかりがないのは救い(普通か?) 

夫→記念日だろうが予定あろうが義実家優先。
泣いて辛いと訴えても長男の僕チンを慕ってきてるのに何を言ってるんだね君は
本気で精神病ではないか?と、こっちが基地扱い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

786名無しさん@HOME 投稿日:2009/05/19(火) 15:35:29
私は4人姉妹で微妙な判定で末っ子。 
家族が多いのが当たり前の家族に住んできた。 
だから結婚しても子供がたくさんほしかったんだ。 
経済的な面で許される限り義理実家も産めや増やせや系。 
所謂「子梨3年は消えろクズ」って感じのウトメ。
結婚2年目にして子梨。
私に対して暴言だけでなく蹴りとか殴りまで始まってきて、 
元々病院大好き(匂いと雰囲気)な私は診断書取りまくりだった。 
職業自体が医療関係だったしね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

358名無しさん@HOME 2009/12/12(土) 11:57:41 0
元婚約者。 
挨拶に行ったら 
「この年になるとね、新しい趣味なんて始めるのは大変なの。 
だからお嫁さんが来るのだけが楽しみだったのよ、うれしいわ。」 
ジーンときて「よろしくお願いします!」と言ったら 

「これからは嫁イビリって趣味ができるわ、ありがとうね、息子」 

息子「そうだよ母さん。 
父さんがタヒんでから落ち込んでたけど、これで元気出せよ。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

108名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/30(月) 11:49:10.54
上で議論されてる内容だとスレチ判定されそうですが、ここ以外に当てはまりそうにないので投下します。 

10代のときに若気の至りで同い年の旦那と結婚しました。 
私も旦那も会社員で、田舎でしたのでふたり合わせれば生活は充分できましたが、何分若かったもので、同居を条件に結婚を許されました。 
私の親は反対しましたが、父がやや毒、母がエネ気味だったので振り切って結婚しました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

3751 投稿日:2009/03/11(水) 23:07:05
文章まとめるのヘタなので長文&古い話ですが… 

高校の時に14年上の旦那と知り合った。 
うちはボッシーで母の負担を軽くしてあげたくて就職を希望してたんだけど 
彼に「うちに永久就職においで」といわれ結婚を決めた。 
出会って二ヶ月目のことだった。 

親に紹介すると連れて行かれた家は物凄く古くて広かった。 
ウトは婿養子、トメが女主人という感じでかなり威圧的。 
「まだ世間知らずな子供」扱いするトメと 
「俺がちゃんとしつけるから」という旦那。 
この時点でやめときゃよかったんだけど、母子家庭なうえ高卒の負い目があり 
「私のせいで旦那が責められてる…」という錯覚を起こし 
「旦那のために良い嫁にならなきゃ!」という妙なドリーム入ってしまった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
65: 名無しさん@HOME 2014/12/31(水) 13:26:37.16 0
トメと旦那に頭来すぎて昨日の夜一人で帰ってきた 
夕飯にステーキ出されたんだけど、どう見ても私の分だけ腐ってた 
食べずに放置してたらトメが『嫁子さんのは奮発して熟成肉ってのにしてみたのよ』とニヤニヤ 
じゃあ旦那くんと半分こしますねーって天然っぽく旦那の皿に肉を乗せたんだけど 
そしたらトメが顔真っ赤にして『折角嫁子さんに買ってきたのに!』って怒る怒る

旦那も腐った肉食いたくないもんだから、俺は良いから食べとけって寝言言ってきた 
話にならないから台所行ってゴミ箱漁って賞味期限が今月頭のステーキ肉のパックを発見 
熟成肉って別に賞味期限切れの肉の事じゃありませんからねーって言ってパック渡して帰ってきた 
妊婦になんてもん食わそうとすんだ。二度と顔も見たくないわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

868名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/01(火) 00:30:36.33
流れ切ったらすみません。自分の修羅場です。 
元夫との結婚生活で、20代で半分ぐらい白髪になった話です。 

元夫とは、結婚式の準備から、夫側の親兄弟の意見をごり押しされていて、 
私の意見は聞いてもらえなかった。 
結婚後も、「祖母が具合悪いから」と、夫家族との同居を勝手に決められ、 
「みんな仕事しているから」と、私が仕事を辞めて介護することになった。 
それで、介護と家事で毎日くたくたなのに、食事や洗濯の仕方ひとつひとつにダメ出し。
それも嫌味とかじゃなく、「○○は××するのよ。ご存じ?」みたいな感じで言われるから、 
今のはダメ出しなのかな、雑談なのかな、とりあえず気をつけよう、と顔色をうかがうばっかりだった。 
例をあげると、浅漬けを食べている時に、「キュウリの浅漬けって、昔はお嫁さんはヘタの部分しか食べられなかったのよ。ご存じ?」っていう という感じ。 
あと、「親の躾って大事よね」と、ことあるごとに言われた。 
元夫も「ごめんな」と、私の不出来を両親に謝る、みたいな姿勢をとっていた。 
今なら戦えばよかったとか思うけれど、当時はだんだんと削られて、うなだれるしかできなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

7011/6 2007/11/01(木) 13:14:40 0
別れたエネ夫のオワタ\(^o^)/のお知らせが届いたので、皆様にお裾分け。 
長いです、食後のデザートにどうぞー。 

元旦那は、始めはエネ夫ではありませんでした。 
4人兄弟の次男の元旦那、始めは普通に暮らしていました。(別居) 
大企業に勤めていた長男がリストラされ、実家に帰りニートになった事で 
元旦那のエネミースイッチは入ってしまったようでした。 
家庭板では、見かける事があると思われる、次男はっちゃけ病を発症。 
ウトメは、典型的な長男教で、田舎の古いしきたりに命をかけている人たち。 
なので、仕事を持つ女・3年たっても子供を産まない女・同居して親孝行 
しない女の田舎的の3点セットの私は、悪そのものでいつもネチネチと 
嫌味やら小ざかしいトラップを仕掛けられたりしていた。 
エネ発症までは、ウトメに対してちゃんと対応はしてくれていた元旦那。 
長男がニートになった途端、「俺が頑張らなくては!」とウトメ側についた。 
「母さんの言う事を聞いていれば間違いない」 
「父さんはお前の事を思って言ってくれてる」 
「なんとか、上手くやってくれよ。これからは家族として一致団結しなくては。」 
こんなことをよく言われました。

このページのトップ