鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

オッサン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
713:名無しさん@おーぷん2017/06/10(土)20:02:41 ID:v3P
以前夜勤明けに少し遊びに行こうと思い、
山近くにある運動公園の駐車場に車を停め
後部座席で仮眠取ろうとしていたら
オッサンが一人山の方から走ってきて、
慌てた様子で辺りを見回していた

偶然オッサンと目が合ってしまった途端
オッサンは物凄い勢いでこちらに走ってきて、
ドアノブをガチャガチャ窓をドンドン叩きながら
「開けろ!開けろ!早く!」と叫び始めた
いきなりそんな勢いでそんなこと言われてもなんか怖いし
乗ってたのはワゴン車で、
後部座席は部屋みたいに改造して綺麗にしてたので
何やってたのかは知らんが小汚いオッサンを乗せたくなかったので
首を振って駄目だと伝えたが、オッサンは変わらず
なぜか山の方をチラチラ見ながら開けろ開けろと騒ぎ続ける

警察呼ぼうかなと思ってたら、オッサンが急に山の方を凝視して
「お”ー!お”-!おああああ!!」と悲鳴を上げながら公園の方へ走って行った
なんなんだと思いオッサンが見てた方に視線をやると
黒くて大きいものがオッサンが走り去った方向へ走って行った

後日その公園近くで男性が一人熊に襲われ亡くなったと新聞に載っていた
年齢的にも場所的にもおそらくあの窓を叩いてきたおっさんだった
df7be500


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
66: 名無しさん@おーぷん 2017/03/10(金)11:15:19 ID:RF4

2年間ずっと好きだった子に告白したら、
10年好きな人がいて
この先もずっと好きだからから無理
と言われた

誰か聞いたら亡くなってる相手だった。
しかも10こも上。

彼女今31だから当時の彼女からしても
ただのオッサンだと思う。
ここで1冷め。

おためしでも良いといったら
「興味のない人のためにおためしごときで
自分の時間取られたくないし
本当にこっちは好きでも何でもないから止めろ」
的なこと言われた

ずっと1人でいるの馬鹿らしくない?と聞いたら、
「好きでもない男と一緒にいるのは
私にとっては苦痛でしかないし
望んでも無い関係のために苦痛を我慢するのは馬鹿らしい」

普通に考えて10年も男いない訳ないし
俺にもチャンスくれよといっても
「10年ずっといないけど」って言うから

冗談で10年もフリーとかありえないと聞いたら
「自分がそうだからって
皆そうだと想ってるあたりがキモい」
と言われた

最後に俺のことどう想ってたからだけ聞いたら
「しょうもないLINEの多いただの面倒な人だったけど
たった今面倒で気色悪い人に変わった」とのこと

なんでこんなキツイ言い方するのか訳わからんし
接客の業界なんであんなじゃ出世は無理だなと思ったら
来月からチーフになるらしい。

頭硬いのもだけど想ってても
どうにもならない相手のために10年も時間取ってる
彼女の方が馬鹿らしいと思うし、
未練がましくて冷めた(笑)

俺は結婚願望ありなんだが2年もあったら
今頃良い子捕まえられてたと思う。

俺の貴重な2年を返して欲しいわ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 以下、VIPがお送りします 2016/12/22(木) 13:49:08.558 ID:K2ts2WmX0
僕=アパート2階住人独身オッサン 
少女=アパート1階の小学3年生女児 

普段面識なし、両親が外出してるのか家に入れないみたい、
ドアの前で座り込んで寒そうにしてる

どうすればいい? 
保護したら俺があらぬ罪でやっぱ逮捕される? 
見て見ぬふりしとくべきか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
252: 彼氏いない歴774年 2010/09/24(金) 22:01:04 ID:qPPBv5rU
 
夜は明かりが一切ない小道がある。 

そこを通ればコの字型に迂回する事なくマンションのほぼ正面に出られる、 
ほんの10mくらいの曲がりくねった頼もしい近道。 
ビビりなので夜は一人では通らなかったんだけど、 
酔ってた+急いでた+「あんたより暗いのは私」と言う勝利者の気持ち、 の

3つの相乗効果である夜ついにそこを通った。 

少し歩いた所の視界の先に、月の明かりが生み出した影で
オッサンがうずくまってるのが見える。
立ち止まるくらいかなりビビったけど、
近寄って「どうしました?」と声を掛けるも返事はない。
今度はしゃがみこんで、「具合悪いんですか?大丈夫ですか?」と背中に手を掛けたら

ただのでかい石だった。

何かもうとんでもなくビビってと言うか恐怖そのもので、
「やー」と自分でもびっくりするくらいの叫び声を上げてしまった。
しかもしゃがんだままビビった勢いのついた後退をしたから、
踵の位置ほぼそのままで膝だけびよーんと伸びてお尻は地面にぶった。
ストレッチみたいです。

胸の奥と脳天に衝撃を抱えつつ「オッサン→でかい石…??」と戦慄がはしっていたけど、
恐怖からくる苛立ちなのかすごいいきり立って体勢なおして歩み寄って
「大丈夫ですか!」←恐怖と酔いで呂律は悪い
「何ですか!」←石になる道を選んだ理由を知りたい
とかやってたら吐いた。オッサンの上に。


謝ろうとそれを言葉にする前に事態を呑み込めたし
急ぎの用事も済んじゃったし事なきを得たけど

心の整理はまだついてないし首は痛い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
【前】←NOW
【後】01:43公開予定


440: 名無しさん@HOME 2010/04/02(金) 20:13:43
 
件名 ツンデレにゃんにゃん 

本文 
僕になついてくれないキミは ツンデレなにゃんこchanさ 
僕にメールアドを教えてくれない君は ツンデレにゃんにゃん 
ツンツンするキミ 超cute oh!hot 
僕に返事をくれないキミは ツンツンにゃんこ 
僕をじらす イタズラな手管 oh!crazy 
キミのひざに甘えてにゃんにゃんしたい 
キミのミルクを飲ませて 
プリティ cat oh!返事をおくれよ 
(後略) 


姉の旦那の同僚(姉の結婚式で会った)からの9回目のメールがこれ。 
姉は私より9歳上で、姉の旦那はさらにその6歳上で 
同僚はさらにその4歳上だそうです。 
19歳上のおじさんからさすがにこれは勘弁してほしい。 
どうでもいいけど途中から猫の立場が入れ替わってる。 

今のとこ実害ないけど、姉旦那に言うべきかどうか考えてます。

このページのトップ