鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

キモイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

825名無しさん@HOME 2010/10/18(月) 00:47:13 0
では、ささいなロミオ話でも。 

「俺、慰謝料なんて払いたくなかったよ。
だって、気持ちをお金で割り切るなんて 
出来るわけないじゃないか。
離婚だってする必要なかっただろ? 
浮気なんて、男の甲斐性.なんだから、どっしり構えてれば良かったんだよ。 
下半身デブだから、構えるのは得意だろ? 
俺は、離婚なんて納得してないんだから、無効の調停起こすよ。 
経歴に傷つけたくないなら、帰っておいでよ。
両手広げて待ってる。」 

上記のセリフは、不倫が原因で離婚した旦那友人が作った元嫁宛のメール。 
同じ女性.としての意見を聞かせて欲しいと、旦那経由で送られてきた。 
迷ったけど、元嫁の為にも現実突きつけたほうが良いと判断した。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

661愛とタヒの名無しさん 2009/09/08(火) 18:55:34
上司がやっと捕まえた29歳の派遣社員の女性.との結婚式。 
写真が趣味の上司は挙式こそカメラをもっていなかったものの 
披露宴ではカメラを三台もクビからさげて、
客そっちのけで新婦ばかりをパシャパシャ撮り 
果ては、自分の上司(しかも社長)のスピーチ中にもかかわらず、
高砂から降りて新婦にポーズをとらせて写真をとっていた。
当然、社長は露骨にムッとして、スピーチの途中で 
「上司君はごらんの通り新婦に夢中のようで、
私のような老人が出る幕はないようなので、 
今日はここら辺で締めさせてもらいます」
とかそのようなことを言い、そのまま退席してしまった。 

さすがに焦った上司は急いでおいかけたが、社長はそのまま帰宅。 
そのまま盛り上がることはなく披露宴は終了。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

326: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/03(水) 14:38:49.00 ID:3VxzYOCl
学生時代の話です 

当時付き合ってた彼とファーストキス 
嬉しいやら、恥ずかしいやらで頭がいっぱいの私の耳にとんでもない言葉が 

「やっぱ、母さんの言うとおり練習しててよかったよ」 
は?練習って何?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

377: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/30(土) 15:55:39.69 ID:eKPAlxiH
1/2 
明るく活発で、密かに心を寄せる男性.がいた。 
やっと接点ができて親しくなり、話をしてたら 
男「俺、料理はプロだよ。特に俺の中華なんて最高!店で修行してたし」 
私「そうなんですか?ぜひ食べてみたいです」の流れで、男性.の家に行く事になった。 
料理を作ってもらうので、材料は私持ちを申し出た。
出てきたのが、レトルト温めただけ。 
え?と驚く私に得意顔。
どんな店で修行していたのかを聞いたら、答えは「居酒屋」 
どんな居酒屋かと聞いたら「チェーン店でバイト」 
どんな料理を作っていたのか聞いたら「えびせんを揚げた事がある」 
更に「お前もさー、一応女なら料理とかできといた方が良いと思うよー」と誇らしげ。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

966: 恋人は名無しさん 2011/10/21(金) 21:24:30.13 ID:GOTPH3sg0
私 当時高校生 
彼男 当時20代半ば社会人 

彼男とは部活OBの紹介で知り合い申し込まれて付き合うことになった。 
彼は一人暮らしで、やたらと部屋デートに誘われてたけど、私は恋人が出来たのが初めてなので躊躇してた。 
呼ばれてほいほい行ったら軽いと思われるかなとか遠慮があった。 
自分の中で半年以上付き合ってからだなとか思ってた。 
デートの時に彼が忘れ物をしたから家へ取りに行くと言ったのでついて行ったけど、当然外で待ってた。 
やたらと部屋の中で待っててと言われたけど、自分の中で作ったルールに従って外で待ってた。 
すると彼のママンと遭遇。 
とりあえずこんにちははじめましてと挨拶して、簡単に自己紹介をした。 
すると私が高校生だと知った途端彼のママンが激昂。 
未成年相手だなんて犯罪よ!と言いだした。 
彼男が怒られちゃうなと心配してたら、 
「未成年のクセに社会人の男の子に手を出すなんて!一歩間違えたら犯罪でしょ!」 
え~?私が犯罪者?と軽くパニックになった。 
ちゃんと別れるのよと言いすてて彼ママンが行ってしまうまで、なぜか彼男は無口。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

444: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/04(木) 23:43:24 ID:mSiZ37Te
どのスレに書こうか迷いましたが、勘違いから始まったのでこちらに投下します。 
長文な上に途中から精神的に壊れた怖い系になってしまいますので、嫌な方はスルーして下さい。 

私子(私。一課所属) 
A男(私子のひとつ年下の後輩。二課所属) 
B美(私子とは同期入社で仲が良い。二課所属) 
Cさん(二課課長。A男、B美の直属の上司) 

以前、私が某中小企業でOLをしていた時の事。 

その会社では大きなフロアに一課から三課までが入っており、結構な大所帯。 
でもひとつのフロアにいるといっても、仕事ではほとんど接点がないため、 
課が違えば就業時間内に話をする事はほとんどない。 

ある日、二課のA男が「話があるんですが…今日は定時ですか?ちょっといいですか?」と。 
別に用もなかったのでOKすると、仕事が終わってから会社の駐車場に呼び出された。 
A男とは今までロクに話をした事もなく(挨拶程度)、仕事も関係ないしで 
突然呼び出された私は「話って一体???」って感じだったんだけど、 
駐車場で向き合った瞬間、「結婚を前提に僕と付き合って下さい!!」 
差し出した手の上には小さな箱…。
どう見ても婚約指輪です。本当にありが(ry 

まさに青天の霹靂。( ゚д゚ )←私こんな顔。 
すぐに我に返って「あの~気持ちは嬉しいんだけど、悪いけど…」って言ったら 
「僕が年下だからですか?僕は年の差なんて気にしませんよ!私子さんの気持ちは分かってますから!」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

154: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/07(月) 13:42:47.70 ID:8ZDQHldy
結婚と同時に転勤、周りは子持ちばかり。当時まだ子供もいず、新米ぼっち主婦な私の趣味は料理だった。 
とはいえ、プロ級目指すわけではなく、実家では既製品を使ってたものを手作りしたり、「素」を使わずに作ってみよう、なスタンスで、 
時短より手間を優先した料理だった。
大体、そのほうが安上がりだったし、子供が出来れば時間は無くなる、お金はかかると思ってたので 
こんなに料理出来るのも、今だけだよなー、と、ぼっちを紛らわせていた。


半年くらい経って、生活に慣れてきた頃、旦那の同期であるAさんも、こちらに転勤となった。 
旦那は、結婚する前は独身寮住まいで、そのせいか、同期との付き合いが密。 
Aさんとも、私は結婚前から何度か会った事もあり、結婚式にも来てくれた人で、こちらの寮の入寮資格にAさんは当てはまらず、一人暮らし。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

801: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/05/15(土) 08:23:45 ID:ifqVG9tu0
婚約記念投下。 

私子…当時大学生。 

Aさん…おそらく30代のお客さん(よく来ていたらしいが、顔見知りの常連さんというわけではない) 

A母 (彼男…私子の彼氏。当時遠距離してた。) 

イケ男…私子と彼男の共通の友人。イケメン。 

私子は和風カフェでバイトしてた。
そこはレトロな制服がかわいく、働いてる子は清楚系が多い。 
ただ私子はけっして清楚なタイプではなく、趣味はスポーツ、好きな服装はカジュアル系。 
彼男と遠距離恋愛中だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

224: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 03:16:22.01 ID:F/qwjfdM.net
修羅場と言うか気持ち悪い話。 

妻が息子と浮気してた。終わり。 
現場を見た時に47歳になって初めて吐いたわwww


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

545: 名無しさん@おーぷん 2017/03/24(金)12:18:21 ID:gvh
夫の両親は共働き。
義母さんは資格職で、現役でバリバリ働いてる。稼ぎ◎。
私も働いてるけど簿記くらいしか持ってないし、稼ぎは義母さんの半分くらい。
夫はそれが不満で、家事は全部こっちに押し付けてきた。
「母さんは稼いで家事育児全部やってた。
なぜ君はできないの?
稼げないならせめて家事できないとでしょう」
まだ子無しだけど、これで育児も全部私なら無理だって思った。
話し合ったけど夫は歩み寄る気配なし。


このページのトップ