鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ショック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/23(木)23:29:23 ID:1BG
俺「明日、お金ないから奢ったり出来ないし
翌日が早起きだからあんまり一緒にいられないけど
それでも大丈夫なら行くよ」

彼女「来るの嫌なら来なくて良いよー」
俺「」

飯を奢らないだけでこの仕打

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
197: マジレスさん 2016/07/11(月) 16:45:23.78 ID:yBV7zJlK
この前電車内で痴漢にあった
しかも、違う2人から連続でされて
あまりにもびっくりし過ぎて
逃げるとか出来なくて次の駅までされるがままだった

その後、駅についてから隣の人に助けを求めて
私は犯人の手を掴んだままホームに降りて
そのまま泣きながら駅員室まで連れて行った

とりあえず駅員さんに110番してもらって
気持ちを落ち着かせてると
警察署まで一緒に来てと言われて
女の警察官2人に連れていかれた

深夜遅くまで事情聴取みたいなのされて
写真も撮った後に後日また来てと言われて
その日は家に帰された

後日また事情聴取されて
その時私が、犯人はどうなったかと聞くと、
もう釈放されてると言われて
しかも、事件当日に私より早くに
犯人の親が迎えに来て帰したらしい

どうして私より早く
警察から解放されているのかも
意味がわからなくて怒りを感じた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
350: 可愛い奥様 2016/08/23(火) 22:49:02.55 ID:OUA/97zl0
高畑のニュースを見て
「40代女性ってw」「40代女性に希望を与えたなw」って
笑いながら言ってた夫。ゾッとした。

「私が40代だから怒ってるわけではない。これは犯罪。
『私40代だけどいいな~』なんて思う女がいるとでも思ってるのか。
外でそんなこと言ったら総スカンくらう。心底軽蔑した。訂正しろ。」
と言って

ちょっと驚いて「外では言わないよ~・・ごめん」とか言ってたけど
どうしよう、もう顔も見たくないくらいの嫌悪感だ。

夫は普段あまり口数が多くなく、
人からもいつも穏やかとか優しいとか言われてるけど
時々微笑みながら毒を吐く。

でも今回ばかりは許せない通り越して心底がっかりしてる。
これから仲良くやっていく自信が全くない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
949: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:02:37 ID:Oei
元夫からのロミオメール。
元夫はバツイチ子持ちで、私は不妊なので納得の上で娘を育ててきた。
娘がまだ乳飲み子の頃に元夫は離婚していて、私は娘が2歳の頃から育ててた。
だから娘は私が継母だと知らなかった、血液型も合ってたので、
知らせるのは成人ぐらいで、と元夫とは話し合ってた。
ところが、娘が病気をし、骨髄移植が必要かもしれない、となった。
元夫は私が実母だったら骨髄移植できたのに、と
娘の前で号泣(子宮内で大丈夫なんだから母子なら必ず移植できる、と元夫は思い込んでいた
不安定だった娘は、元夫の号泣以来私を拒絶、結果娘の退院を待たずして離婚。
娘に恨みはありませんが、かなり罵倒されたのもあり、戻る気はありません。

ここからロミオメール
なあ、夫婦の縁は切れても親子の縁は切れないだろ?
俺はおまけでもいいよ?
戻ってこれるよな?
娘も寂しがってるよ、お母さんのご飯が食べたいってさ。
夫婦としてはアレだけど、お父さんお母さんとしてやり直そう。
待ってるよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/14(金) 22:55:25.05
誰か聞いてくれ。 

俺のバカな妹がうちの娘の髪勝手に染めちまった。アホみたいな金髪。 
嫁は生まれた時から娘の髪すげー大事にしてたから
びっくりするくらいショック受けて泣きじゃくってしまった。

俺は染め直すしかないと思うんだが、嫁は娘の頭皮が赤くなってるの気にして、
身体に悪いから染めたくないって言う。
じゃあどうする?って聞いたらただ泣く。
嫁がこんなに泣いてんの初めて見た。
どうしたらいいかな。変な汗が止まらん。

てか来週七五三の前撮りするんだ。どうしよう。
頭皮赤いのにもっかい染めたらやばい?
嫁泣きながら寝てしまった。どうしよう

このページのトップ