鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

スカッと

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
401:1/22006/08/14(月) 18:13:54ID:6gu1i8+i
俺は何もしていないから、武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど

とある会合で酒を飲んで、ちょっと物足りなかったので知り合いが営む和食料理屋に行った。
カウンターには会社員風の先客が3人。50代が1人と30前半くらいのが2人。50代の隣にひとつ椅子をあけて俺が座った。
30代のうち一人は話に相槌と愛想笑いをするくらいで無口。
もう一人はオクターブ高い猫なで声でしゃべる、まるっきり太鼓もちみたいな奴で。
手を揉みながら「ええ~、まったくもってそうですよねぇ~。部長のおっしゃるとおりですよね~」
なんて言ってるもんだからおかしくって、(うわ、本当にこんな奴いるんだ)って思って最初は聞き耳をたててたんだわ。
この部長って呼ばれてる奴がどうも酒癖が悪いみたいで、10分くらいしたら急に舌打ちを始めた。
で、聞こえるように「若造が一人でこれるような店じゃねえんだよ」なんてつぶやきやがる。
よこの太鼓もちも拍手しながら「いや、まったくもってそのと~り」みたいなこと言ってるし。
多分、ちょっと上等な店に部下を連れて来てかっこいいとこ見せたかったんだろうと思う。
そこに俺みたいな若造(といっても30歳だが)がいるのが面白くなかったんだろ。

こっちも相手するもの面倒なんで無視してんだが、途中でついジ□リとにらんじゃったんだ。
それがまた癪にさわったみたいで、物言いがエスカレートしてくる。面と向かって言うわけじゃないが
「いまどきの若い奴らは」とか「こんなとこに一人で来るようなやつは彼女もいねえんだろ(余計なお世話だ)」
とか好き放題言ってる。横の太鼓もちは相変わらず「いやー、まったく部長のいうとおり」。
俺も胸糞悪くなったけど、相手してもしょうがないし。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
595: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 13:45:42.24 ID:cwNBwXX2
「武」ではないが胸がスーッとした話。 

キリスト教系の私立小学校で、当時としては珍しく中高と同じ教科担任制だったので、担任の先生に 
教わるのは国語と社会だけで、算数、理科、体育、音楽、図工、聖書は別々の先生だった。 

その中で、図工の先生の価値観の押しつけが激しくて、あるテーマで自由に絵を描くはずなのに 
ちょっとでも自分の考えと違うとその場で画用紙を破られて、結局は皆ほとんど同じような絵を 
描かされるような、無意味な授業だった。図工と音楽は、その道から専門家を講師として雇っていて 
(私立はそういうことができるそうだ)、児童心理などはまったく無頓着な人のようだった。

ある日の授業で「家族」というテーマで自由に描けということになったが、相変わらず同じような 
価値観の押し付けをしてきて、祖父母との思い出を描いていたら「何なのこの絵は!ふざけてるの!」と 
破ろうとしたので「やめてください。祖父母との大切な思い出なんです」と初めて抵抗した。 

その態度に先生は「あたしの授業に文句があるなら出て行きなさい!」と激怒し、私を教室を追い出した。 
ちょうどそこに担任が通り掛かって事情を聞かれたのでこれまでのこともすべて話した。担任は図工の先生に 
掛け合ったが「そんなふざけた絵を描いている子に教えるつもりはありません」などと息巻いていた。 

担任の先生は「じゃあ、教室に戻ってその絵を完成させて、私のところに持って来なさい」と私を教室に戻した。 
絵を描き上げて先生に持って行くと「この絵を先生に預けてくれる?」と言い、そのまま渡したら、先生はその絵を 
県の美術コンクールに内緒で出展してくれた。結果は金賞、全国コンクールにも出品されて、そこでも金賞を獲った。 

後日、そのことが朝の礼拝で発表され、壇上で表彰されて拍手喝采を浴びた。その件が関係するのかはわからないけど、 
図工の先生は翌年は別の先生に替わっていて、楽しみの授業へと変わった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
60: 名無しさん@HOME 2015/07/27(月) 15:05:30.28 0.net
こんな面白いスレがあったのを初めて知った・・・海外赴任から戻った所だからルールが分からないけど書かせてね。

「妊娠は病気じゃない」「陣痛なんて玉を蹴られる痛みよりマシだろ」という馬鹿舅と馬鹿旦那に陣痛シュミレーターをやらせた。

30%を2分しただけでギブする二人に「えっ!もう蹴られるより痛いんですか!?」「私、一人目の出産30時間かかったんですよね・・・。」「お義母さんは7回もこの痛みを体験したんですね。」と、姑と2人でノリノリで言った。
まぁ、MAXの痛みもきっちりと味わって頂いて、謝ってもらえたから満足。
騙して連れて行ったから、旦那は怒ってたけど「すごい悲鳴あげてたね。」と言ったらションボリしてたよ。
日本でもできるといいのにね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
709: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 01:16:50.48 ID:Pf3WUDLg
Facebookで20年近く交流のなかった部活の先輩と再会し、久しぶりに飲むことになった。 
お互い結婚して子供もそこそこ大きいおっさんだというのに、いまだに先輩風を吹かせてる。 
最初はそれも懐かしいかと思っていたが、途中から鬱陶しくなってきた。それでもあっちは 
俺のちょっとした態度に「おまえ(つーか今さら「おまえ」ってないだろうよ)そんな態度して 
現役時代ならこれだぞ」と拳を見せてくる始末。学生時代はイヤな奴だったなと思ってたが 
流石に20年も人生の荒波に揉まれて人の親になれば変わってるだろうと思ってた俺が間違ってた。

なのでこちらも「後輩」に徹することにして、「この塩水ウニ3800円って食っていいすか?」 
「この大吟醸酒3000円って飲んでもいいすか?」といちいちお伺いを立てて高いものを次々と注文。 
2人で3万近く飲み食いした末に、そろそろ会計という段になって「今日はご馳走さまでした!」と最敬礼。 
「ちょ・・・何言ってんだよ割り勘だろ」と言ったタイミングで「は?先輩、後輩に金払わせるんですか?」と 
真顔で言ったら「・・・いや冗談だよ」と顔引きつらせてた。財布見ながら困った顔してたから、 
トイレ行くフリしてそのまま帰ってFBで友達解除&ブロックした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
336: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 22:47:44.86 ID:qpN7kIcu
桜で思いだした 
もう5年ぐらい前の話 

会社主催で花見をしたんだけど 
隣の男だけのサラリーマン風のグループがとてもうるさかったので 
そいつらが大声で愚痴っているのを適当に聞いていた 
しばらくしてそいつらは近くの若い女性が多いグループに絡みだしたんだけど 
男性が少ないためかうまくあしらうことができずにいる様子 
なので私たちが助けに行ったんだけどとてもしつこかった

私は少し考え「お前ら〇〇(会社名)の営業だよな、O村さんは元気か?」と聞いてやった 
すると相手は驚き、一人が「うちのO村をご存じなんですか?」と聞いてきたので 
「むかしちょっとな」と答えて 
「こうなったからには報告させてもらう」とか言ったあとに 
「今日はもう大人しく帰れ! そして朝一で自分たちからO村さんに謝っとけや!」と言うと 
そいつらは「はい!」とか「どうもすみませんでした」なんて言って帰っていった 
その後は若い女性が多いグループと合流して楽しく飲み始めて 
同僚が「お前あいつらの上司のことを知ってるんか?」と聞いてきたので「まったく知らん」と答えた 


そいつらが大声で愚痴っているときに 
「俺ら〇〇(会社名)の営業をなめるなってのw」とか 
「O村の奴は部下に嫌な仕事ばかり押しつけてくるから困るよな?」 
なんて言っていたの覚えていて、適当にはったりで言っただけだったんだよwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
12 :名無しさん@おーぷん
いきなりですみません。

今さらだけど、ウトメの「自分達が何をしても嫁子は許すし、
嫁子は自分たちに気に入られたいはずだ」という思い込みが
スレタイ。

些細な事でごちゃごちゃ言ってくるのをスルーしてたけれど、
一言、言い返したら怒って私を無視しだしたウト。
「口をきいて貰えない、どうしよう」と私がアセって謝ると
思ったようだけど、「静かで良いわ」と放置していたら、
ビックリしてた。
「このままで良いのか」とトメ経由で聞いてきたから
「タヒぬまで、このままの方がいいです」と返事したら
トメと共に驚いていた。

ウトが、他所の家の舅が息子の嫁さんを殴った話を聞いてきて、
「自分(ウト)もお前(私)を殴りたかったが、我慢した」と
「我慢した俺様、寛大〜」「ありがたく思え」ってな顔したから、
「私も、何もかも無くしていいから心の済むまで思いっきり
ウトさんトメさんを叩きのめしたいと何度も何度も思ったんだけど、
我慢しましたよ〜」とニコッとしながら言ったら、びっくりしてた。

ウトメという種族が、自分たちが息子の嫁にかなり恨まれている
と考えず、
「嫁は、自分たちに腹を立てることが有ったかもしれないけれど、
お互い様。嫁は「それは昔の事」と水に流して自分たちを大事にし、
献身的に介護する」と
事実を歪曲して記憶し、何でも自分たちに都合良く物事が進むと
と思うのが不思議。

その後、トメが
「嫁子さんの事は本当の娘だと思っているの、だから、
私たちの事も本当の親だと思って・・・(ウトメの介護をしてくれ)」
と言ったのも、今さらというか今までさんざん嫌な事ばかりして
どの面下げてそれが言えるのかとスレタイで、

( ´,_ゝ`)プッ ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

と笑って無視させていただきました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
591: 名無しさん@おーぷん 2016/05/11(水)11:55:17 ID:???
クソな実父から財産もぎ取ってきた


うちの両親は私が2歳のときに、実父のDV、生活費使い込み等で離婚
養育費は最初の2回目で早々にバックれ、面会は一度もなかった

それから四半世紀もたって、実父方から連絡があった
実父が余命宣告されて今財産の整理をしようとしているところなのだが
私が実父の子供でない可能性があるので、DNA判定したいと言う
実父は離婚後に実家の家業をついでそこそこの会社の社長をやってて財産持ちになってた

私は、母に限ってという気持ちがあったので、正々堂々と判定に応じた
検査キットなるものが送られてきて、説明書見ながら口の中を綿棒でこすって先方に返送
まあこの時点で察してはいたんだけど、2週間後に実父と私の親子関係が否定された

そこでこちらも弁護士とDNA鑑定の業者をわざわざ呼んで実父の家に乗り込んできましたよ
裁判に使うなら第三者の立会いがないといけないからと説明した
念のため実父の会社の弁護士も呼び出し、弁護士2名の立会いの下、実父と私のサンプル採取した
もちろん親子関係立証されました

実父は昨年、60際間際になって設けた息子が可愛くてしかたなく、その子にすべての財産を
残したかったので、なんとしてでも私を相続人から外したかったみたい
アラサーにもなった娘が実子でなかったとして、相続から外すのができるのかどうか知らないけどさ
私との親子鑑定に使ったのは会社の従業員のものだったそうで、そりゃ親子関係は出ないw

結局1年ほど色々揉めたけど(新聞沙汰になりそうな事件もあったので詳細は伏せさせてほしい)
結果的に生前分与としてそこそこの現金と不動産をゲットできたので記念に書き込み
不動産は東京オリンピックの関係でかなり値上がりしているので、適当なときに売っ払って
慰謝料も財産分与も養育費もなく、苦労してきた母の老後に当てる予定

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
652: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/01(木) 22:52:57 ID:YrViI4d6
だーいぶ前にここかバイク板に書いたような気がするが 

俺が原付で十字路信号待ちしてたら後ろから、ビチビチビチっと下品な音を立てて原付がやってきた 
ノーヘルで2ケツ、前はロン毛の茶髪、後ろは茶髪の馬鹿そうな女 
(あーあ、ノーヘルか、自損でタヒぬのは勝手だけど、車にぶつかるなよ・・・・) 
と思ってたら、スイっと前に行き右を確認したなぁ、と思ったら信号無視して右折 
(あーあ、信号無視かよ、馬鹿だなぁ・・・・まぁ注意するだけマシかぁ・・・) 
と思ったら左からそこそこのスピードのレガシーが直進してきてドカン! 
(うわぁああああマジかよ!目の前で人がタヒぬのは見たくねぇよ) 
と思い、信号が青に変わってから、衝突現場に急いだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
111:おさかなくわえた名無しさん2011/06/08(水) 20:39:15.49ID:mUcTlIDU

交通事故にあった。見通しの良い田舎道の交差点で、原因は相手の信号無視。
俺の座る運転席に猛スピードで突っ込んできたのは、趣味の悪いスーツを着た
50代くらいのオッサンだった。
幸い右腕と右足を骨折した他は命に別状はなく、額から流血したものの意識も
ハッキリしている。ただパニックになった俺はアコーディオンのようになった
マイカーの中で何をするでもなくただ痙攣を繰り返していた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
311:名無しさん@おーぷん2016/01/13(水)13:08:23ID:J0m
はるか昔、私が幼稚園児だった頃、母に「バス乗って街に行こう」と言われた。
私の住んでいる所は何もない海辺の町で、街に行けるのは滅多にないことだった。
バスの中でお菓子と「この言葉を覚えれ」と紙を渡された。
バスには近所のおじいちゃん達とおばちゃん達も乗っていた。

着いたのは料亭みたいな場所。部屋に通されると、知らない人達がいた。

スーツ姿の男性や、きれいな服を着た女性。その向かいに病気っぽい(と当時は見えた)女性がいた。
病気っぽい女性の側に座り、私はバスの中で覚えた台詞を言った。
そのうち漁に出てたおじさん達もやって来て、部屋の人数はどんどん増えていった。
スーツの男の人たちは最初偉そうだったのに、最後はうつむいていた。
病気っぽい女性が泣きはじめ、おばちゃん達がなぐさめていた。
女性は私達と一緒にバスに乗って帰った。

このページのトップ