鬼女事件簿

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ニート

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/21(日)12:05:48 ID:Da0
あいつのせいでマジで人生めちゃくちゃになった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)18:09:42 ID:u1g
いまだに腑に落ちない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/10(月) 03:56:20.439 ID:ByRuQ/y30


1:浮気は絶対禁止
2:私が甘えたいときは甘えさせてくれること(その時にXXXしても可)
3:家事はしなくていいけど、干した洗濯物だけは入れておいて
4:お小遣いは32000円

なんか甘すぎて本当にこれでいいのか不安なんだけど。
というかこれで彼女どうして俺と結婚したいんだ?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 以下、VIPがお送りします 2015/01/29(木) 14:23:10.99 ID:k04TNaU1NIKU
相談所いったら 
あなたの条件だと35才以上しかいないとさw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

241: 本当にあった怖い名無し 2013/10/30(水) 23:07:05.64 ID:SYlH7cv90
流れ無視でくだらない復讐だけど。
それから面倒があるとダルいので創作と思ってください。

俺はバイオ系の大学院を出て
博士号取得後に大学に勤めたが
パワ八ラで精神を病んでニートになってしまった

ピペドという言葉を聞いたことがあるだろうか
俺はまさにそれで
探しても中々就職は見つからなかった

そんな俺だが、1年のニート期間を経て
中小企業に勤めることが出来た

希望に燃えて初出勤
バイオ系と工業系の部署がある企業だったんだが
工業系の先輩に
「お前なんでバイオ系なんて行っちゃったの?」
「工学系にすればよかったのにwww
東大まで出てこんな会社かよwww」
「まあバイオなんて(この会社から)
すぐに無くなると思うけど頑張ってねwww」
なんてからかわれた

なんでそんなこと言われなければならないのかと
それなりに努力してきた自身が情けなくなったが
それ以上に怒りがわいてきて
コイツに復讐することを決意した

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

320:名無しさん@HOME2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN 0
義兄は大学卒業してから就職したこともなくバイトを始めても続かなくてほぼニート
夫を低学歴で底辺職とpgrしまくり
小難しい単語を並べては「こんなこともわかんないの?」と馬鹿にしていた

ある日大トメさんから電話がかかってきた
「義兄が万引きしたらしく、引き取りに来てくれないかと言われている。」と

大トメさんは普段なら30分かけて歩いて行けるスーパーなのだけど
今日は具合が悪いため行けない、変なことを頼んでしまって申し訳ないんだけれど、ということで私にお鉢が回ってきた
(ウトメは仕事中)

聞くとこれまでにも何度か同じことがあったらしい
その度に土下座する勢いで大トメさんが謝罪し、商品の代金を払い
「ウトメに告げ口したらどうなるかわかってるよな?」
と義兄に脅されてなにも告げられずに密かに心を痛めていたらしい

そこで私の中で何かが切れた

そのまま警察を呼んでくださいって言ってもよかったのだけど
大トメさんがそれだけは勘弁してやってくれと言うのでとりあえず私がスーパーに引き取りに行った

スーパーの事務所に私が登場した時の義兄のキョドリっぷりは動画に収めておきたかったくらい面白かった
それをゴミでも見るような目で見下してから店長さんに謝罪した
商品の代金は大トメさんから預かってきたお金で支払った

その後帰宅すると大トメさんに怒鳴り散らすわ暴.力をふるいそうになるわで大騒ぎした義兄に
「うるさいハン罪者。世の中の最底辺のクセに偉そうにしてんじゃねえよ。カスが」
と言い放ってやったらビクッってなって固まったのもまた面白かった

武士の情けでウトメには内緒にしてやったが
義兄が夫に偉そうな事を言うたびにそっと耳元で
「おい最底辺のハン罪者。何偉そうにしてんだああん?」
と言うのが習慣になった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1 :名無しさん@おーぷん:2016/07/15(金)00:47:12 ID:zUP

クソガキが引っ越してきてからマッマに怒られてつらいwwwww

俺悪くないと思うんだがどっちが悪いか客観的に教えてくれ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

790:名無しさん@HOME2010/09/04(土) 18:07:22 0

うちの息子がやらかしたプチスカを。

うちの旦那は3人兄弟の二男。
長男(コウト1):長男教の教祖、偉そうにするのが生きがい。ウトメもいいなりになっていた。
     ウトがタヒんだ時、「兄弟の面倒をみるから」という理由でトメを丸めこみ、
     遺産の金融資産をがっぽりゲット。
     しかし、嫁の性.格がきついのもあり、実際は面倒など何もみていない。
三男(コウト2):ダメクズニート体質。今まで仕事が続いたためしがない。
     一度結婚するも離婚し一人で暮らしている。
     商工会で顔のきいていたウトのコネで何度も就職したが続かず、
     最後は金で買える資格を取って(当然親の金で)、事務所までウトメに
     建ててもらった。しかしその事務所は閑古鳥、結局生活費や養育費は
     ウトメが用立てしていた。

そんな兄弟に挟まれたうちの旦那はおとなしい平凡な会社員。私もパートでやりくりしながら節約し、
ウトメの援助なしに一軒家を購入、子どもたちも自力で全員大学へ進学した。
今まではうちの旦那も結構なエネ夫で、何かとウトメや兄弟をかばう発言をしたり
私にコウト2のパシリをさせたりして平気な人間だったが、だんだん目が覚めていった。

先日、コウト2が私に私用での車の送迎を依頼。
私自身も用事があったので、ついでに送ってやることにしたのだが、
迎えに行く時間が遅かったとか何とかで、後日電話をかけて文句を言ってきた。
それを聞いた夫がとうとう怒り、
「もうあいつには一切関わらなくてよい。これからはワシが全部対処する。」と宣言してくれたのだった。
私も、夏休みで帰省していた息子も、夫に拍手。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1591/6 2010/08/10(火) 14:23:54 ID:MM8K2Mow0
この時期になると思い出す、数年前の巻き込まれたっていうか自分から突っ込んで行った修羅場

俺男…当時大学4年、工学部、就職決定済、フツメン(だと思いたい)
彼子…俺男の彼女、幼馴染、短大卒業後某派遣会社に就職
上司A…彼子の上司、30代前半、さわやかイケメン

俺男と彼子は小さい頃からの知り合いで、高校の時から付き合いだし、当時5年目に突入した所。
交際は順調に進み、俺の卒業後に同棲開始→結婚と言うのが今後の予定(両実家も了承済み)。
彼子は俺の就職先(他県)に付いてくるので、辞めるの前提で派遣会社に勤めてた。

大学4年の夏の事
俺の研究が本格的に忙しくなってきた処に、
同時に彼子の仕事も繁忙期に入り、会える時間が激減。
1ヶ月に2,3日にしか会えなくなってしまった。

で、ある日お決まりの別れ話を切り出される。
「こんなに会えない日が続くのは耐えられない」
「私より研究の方が大事なんだね」
「もっと私を大切にして欲しかった」等々

毎日メールとか電話はしてたし、会えない理由は俺が忙しいだけじゃないのに全部俺のせいになってたり、微妙に俺のやってる研究内容を貶めてみたり、
なんだかおかしいと思って問い詰めてみたら、「好きな人が出来たの」と白状した。
更に詳しく聞くと、相手は上司のAで、既に俺と別れたら付き合い始めると約束してあるらしい。
説得を試みるが、彼子の意思は固く失敗。

別れるのは了承したけど、彼子両親とは家族ぐるみの付き合いをしてたし、小さい頃からお世話になってたから最後に挨拶だけでもしたいと彼子に言ったら、
「アンタと私はもう別れたの!今更ウチの両親に媚売らないで!私が言っておくからそれでいいでしょ!」
ってキレられた。このセリフでもう俺には一切の情が無いのがわかってしまってかなり凹んだ。

物凄くショックだったけど、当時は本気で研究が忙しかったので、何とか気を紛らわす事が出来てた。
そしてそのまま卒業→他県へ引越し→就職と大きく環境が変わったことで、彼子に対する感情も少しずつ薄れていった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

565:名無しさん@HOME2012/01/15(日) 01:32:35

友人Aは小学校の頃にいじめられて、
それ以来ちょっとだけ対人恐怖症みたいになってしまった。

それから月日は流れ、うちらはアラサ―になった。
Aは叶いっこない夢ばかり追って、金持の親の元でニートをしていた。
さすがにどうなのこの人と思っていたところ、
ある日、ひょんなことからAに告白された。

いじめ以来人が恐くて、職についてもうまくいかないらしい。
でも、Aには少数だがちゃんといい友人がいるし、
一緒に出かけても、店員などともうまくコミュニケーションが取れている。
たしかに男性.全般は苦手っぽいが、メンタル系の医者にかかったこともない。

頭にきて、はっきり言ってやった。
「そんなの甘え。いつまでも20年前のことを持ち出して恥ずかしい」
「……うん」
「誰の役にも立てずに、社会のゴミになるなら、さっさとタヒんだほうがマシだよ」
「……そうかも。ありがとね」

その後、Aはジサツしました。
遺書には、「すみません。私はこの世界に適応できませんでした」とだけ書かれていたみたい。

このページのトップ