鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

バイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
792: 1 2009/07/07(火) 19:17:15 ID:na54UIzVO
携帯から投下しやす。読みにくかったらすみません。

私と糞太郎は友人の紹介で出会い、付き合い始めた。
糞太郎は優しい性格で、今でいう草食男子(笑)のようなタイプ。
二人の共通の趣味などもあり、交際はとても順調だった。

月日は流れ、付き合って2年半になる秋、
大学4年生の糞太郎の就職が無事に決まり、私たちは結婚前提で同棲をスタート。
まだ正式に婚約したわけではなかったけど、
お互い両親と何度か食事などしていたし、糞太郎のご両親も私によくしてくれていた。
糞太郎は同棲を始めてから私にべったりで、家に二人でいれば休みなくキス、
たびたび幸せ家族計画のような話もしてきて、付き合ってからの2年半で最高にラブラブな時期でありました。

糞太郎は付き合い始めたころからコンビニでバイトしていて、
引っ越してからは原付で20分ほどの距離になってしまったけれど、
馴れていて働きやすいという理由でバイトを変えることはなかった。

そして同棲を始めて1ヶ月が過ぎたころ…。
糞太郎が突然、バイトの時間を深夜の22時~5時に変えると言い出した。
今までは18時~22時でバイトしていたのに、なぜいきなり深夜に?と聞くと、
「大学も暇になったし、今からでも少しずつ結婚資金を貯めておきたいんだ」との答え。
結婚資金を貯めたいという理由に感激した私「嬉しい!お互い頑張ろうね!!」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
375: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/05(水) 22:23:25.56 ID:mpxu6ZxC
以前のバイト先にて。

そのバイト先は受付と講師に部署が分かれていて、当時19歳の私は受付の方の仕事を担当していた。
ただ、あるとき受付部署に入ってきた4歳上の後輩が「私さんって19歳なんですかあ!?見えなーい!!!」と大袈裟にびっくりしていて、多少は傷付いたもののまあ老けて見られるのは事実だし…とスルーしていた。
でもその後も、他の先輩やお客さんがいる前で「あたしは今23なんですけどぉ、私さんは何歳でしたっけぇ??」とわざとらしく聞いてくるようになって、わたしは外見年齢も精神年齢もこいつより大人なんだしスルーしよう!と努めていた。

そんなある日、受付部署と講師部署のアルバイトを集めた飲み会があった。
テーブルは2つに分かれていて、わたしが座っていた席は件の後輩とは別のテーブル、そしてイケメンの講師Sさんがいるテーブル。
飲みつつ食べつつ皆でわいわい話していたら、後輩がおもむろにSさんの隣に席を移動してきた。

続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
147: 名無しさんといつまでも一緒 2017/12/14(木) 06:57:09.68 0
接客業の正社員してます
クリスマスの日にバイト入れる子がいなくて
みんなに頼んでいる状況なんだけどなかなか集まらなくて
そんな時に年上パートが
「◯くん入れるかもって言ってましたよ」と教えてくれた
そしたら別のバイトが良かったじゃんって言ってくれて
「◯くんは嫌だなーこっちにだって選ぶ権利ある」って
あくまで冗談で言ったんです、
私にも相手いるのになんで◯くんと過ごさなきゃいけないのって

そしたらその話聞いた年上パートが激怒しちゃって
上司に話してしまったんです
上司には怒られなかったけど内心どう思われたのかな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
852: 恋人は名無しさん 2009/05/10(日) 12:39:37 ID:CpoSvNbSO
流れ読まずにごめん。修羅場ったんだけど、需要あるかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
304:名無しさん@HOME2016/05/04(水) 09:45:03.83 0
都会に住んでた時にネットカフェで働いてたんだけど、
私と同じ時間にバイトの方が入る事になった。
四十代前半の既婚の女性で、
子供にあまり手が掛からなくなったから、
朝から夕方まで勤務していた。

で、初めて一緒に仕事をした初日に
私がトイレに行ってレジに戻ってくるとその女性が
「あの、どうしましょう...。」
と言いながら小さな紙を渡して来たから、
何だろう?と思って見てみたら、
電話番号と一緒に
「一目惚れしました。良かったら連絡下さい。」
と書いてあった。

「さっきお会計をした男性に渡されたんですぅ~。
どうしましょう!」
と言われて、えぇ...?となった。

私はその時二十代前半だったんだけど
「〇〇さんは既婚者ですし、
相手の方には申し訳ないけど
連絡はしない方が良いと思いますけど...。」
と答えたけど、何だか嬉しそうだった。

それから何度か同じ様な事があって、
レジの所にある防犯カメラで確認してみたら
彼女に紙を渡した様なお客さんはいなくて、
彼女の自作自演って事が判明した...。
何だか唐突に思い出してしまった。

このページのトップ