鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

バス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

71:おさかなくわえた名無しさん2007/02/13(火) 23:55:43

自分的に武勇伝?だった話。長くなりそうなので、
面倒な方はスルーしてください。

私はよくバスを利用するのですが、そのバス会社では
一日フリーパスを一枚500円で販売しているんです。
今までは特定の場所でしか買えなかったのですが、
新しく車内で販売するようになったと、バス内に張り出してありました。


早速、一日券ください、と千円札を出したのですが

あいにくお釣りがないとの事で、運転手その1さんは気を利かせて
「次にバスに乗るときに買って下さい。今回の分は結構です」
と言いました。その時は(何で500円のお釣りが出せないのだろう?)
と不思議に思いながらも、指示に従いました。
(当然、広告にもお釣り不可とは明記してない)

そして暫くしてから、ある日。
その日も4回程バスに乗る予定だったので、運転手その2に千円札を
渡して、一日券を下さいと言いました。
以下、運転手その2とのやり取りです。

運「はぁ?今お釣りないんだよね。500円丁度ないの??」
私「あ、はぁ・・・。すいません、千円札しかないんです。」
運「困るんだよな〜。まったく・・・グチグチグチ」

私「(かといって、小銭も全くなかったので)あの・・どうしたらいいんでしょうか?」
運「なんだよ、小銭も持ってないの〜??」
私「・・・(ここで、以前に運転手その1に対応してもらった経緯を説明)
  前はその様にして頂いたのですが・・(遠慮がちに)」
運「なんだよ、それってあれでしょ?今度からはちゃんと小銭持って
  乗れって事でしょ?(とにかく、すごく偉そう)」

何も万札出して、釣り出せって言ってる訳じゃないのに・・・。
ここで私がブチ切れ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
924: 名無しさん@おーぷん 2016/08/13(土)04:30:11 ID:MMz
愚痴というか傷ついた話

実家に帰省中のこと
家に行くまで市バスを使うんだけど、
お祭りもあって人が乗り切れないほどの満車
私が乗ったときもバス内はぎゅうぎゅうで、
私はキャリーケースを抱えてもみくちゃにされてた

私は髪がロングなんだけど、
バスで私の後ろの女子たちが
背中にカバンゴリゴリ当ててきて
髪の毛が背中と挟まって痛いなー
と思っていたら、いきなり女子たちが悲鳴をあげた

「キャア!キモいキモいキモい!」
「何それ気持ち悪い!」

その声を聞いた次の瞬間、
背中から鞄が離れると同時に髪の毛を引っ張られた
ガクン!となった

ビックリして振り返ると、
カバンを抱えた女の子と私の髪の毛を引っ張る女の子
女の子が私に押し付けていたカバンはエナメルバッグで、
ゴリゴリされてる間に静電気が発生
私のポニテの大半が
女の子のエナメルバッグに張り付き、
それを見てキモい発言をしたっぽい

でも満車時で私にはどうにできない
女子たちからは
「ちょっと気持ち悪いんですけど!」
とキレられ、いたたまれなくなったところで
「うるせー空気悪くすんな」
とどこからか男性の怒鳴り超え

私にも言ったのかも知れないけど、
その一言で女子たちが表向き黙ったので助かった
その後も降りるまで
「気持ち悪」「キモい」「邪魔」「きれよ」
と後ろでボソボソ言われて、首と心が現在まで痛い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
137 :名無しさん@HOME2011/12/02(金) 17:36:51

高校の時、修学旅行の自由行動で私の班は奈良の明日香村に行った
高松塚古墳の博物館でトイレから出ると後ろから男性に
「探したぞ!どこにいた!!」
と腕を掴まれ、そのまま連れて行かれた
「え?あ・・おー!?」
と遠くの同じ班の子たちを呼ぶと、彼女たちが振り返った
が、私はすでに博物館を出ていた
抵抗するも相手はかなり怒っており、ものすごい力でそのまま一台のバスに引っ張り込まれた

乗っていたのは同じくらいの年の人たち。私と似た制服を着ていた
「よし!これで全員だな」
と男性が言うと、乗っていた一人が
「せんせ〜、その人誰ですか?」
と手を挙げた
すると男性、私を見て
「君は誰だ!」
と言う
恐怖で半泣きの私は言葉もなく、周りはざわざわする
そこへ班の子たちがバスに飛び込んで来た。後ろにはお巡りさんと先生の姿が
明日香村には私の班しか行かなかったので、引率の先生が一人、そっと後からついて来ていたらしい
私が連れて行かれるのを見た班の子たちが手分けして、追い掛ける子と博物館の人に110番してもらう子に分かれて動いたらしい
そこに先生が合流して、みんなで追い掛けてきたとか

「他校と自分とこの生徒も分からないんですか!」
と怒る先生に男性は終始ぺこぺこ
私は大泣きし、お巡りさんはあきれ顔。班の子たちは私を抱きしめて一緒に泣いていた
男性によると、生徒が一人いなくなってしまい、探していたらよく似た後ろ姿の私がいて、出発時間が迫っていたので焦ってしまいよく確かめなかったそうだ
「にしても制服とか違いはあるでしょう!あんたそれでも教師か!!」
と先生の説教に男性は一層ペコペコ

後日、そこの学校の校長から謝罪の手紙と共に地元の特産品が学校に送られて来た
今となっては笑い話だが、あの時は本当に怖かった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
343: 恋人は名無しさん 2007/02/01(木) 01:46:33 ID:JgHDwxY90

流れを無視してなんとなく思い出した修羅場体験。

二年前、バイトの残業で遅くなった日の事。
残業が思ったよりキツくてバスの中でぐったり。
気付いたら終点のバスターミナルまで寝過ごしてしまった。
慌てて引き返そうとするも遅い時間なもんでもうバスが無かった。

ここで簡単に図解。
□――□―――――□―――□
左からターミナル、彼女の部屋、俺の家、バイト先

路線は違うんだけど、まぁ大体こんな感じ。
俺の家まではタクシーで行くと結構かかる。
それなら彼女の部屋に泊めて貰おうと思い付いて家へ向かった。
向かう途中でその旨を連絡しようと携帯に電話……が、出ない。
アパートに到着してみたら電気は消えてる。
「もう寝てるかな…でもまぁ合鍵も持ってるし、床ででも寝させてもらって明日の朝に詳しい事情説明すればいっか」
そんくらいの軽い気持ちで部屋に入った。
思い返すと自己中だが、もうクタクタで一刻も早く休みたい気持ちで一杯だった。

で、合鍵使って起こさないようそっと部屋の中へ。
靴を脱ごうとして…ここで異変に気付く。
玄関に男物の靴が…

もう残業の疲れとか休みてえーとかいう気持ちが全部吹っ飛んだ。
俺は浮気とか絶対に許せないタイプ。
自分も絶対にしないし、もし彼女がしたら彼女も相手の男もぶん殴ると決めてる人。
なもんで躊躇無しにズカズカと部屋に踏み込んで電気ON。
部屋の隅っこのベッドの上には彼女と、見た事の無い男が一緒に寝ていた。
ここで正気が完全に無くなった。
怒りに任せて男をベッドから引きずり出した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
505: 彼氏いない歴774年 2013/05/18(土) 19:45:19.92 ID:vv6QthAy
この前バスですごい親子に遭ったので
吐き出させてください 

私は2列シートの
窓側に座っていたんだけど、 
しばらくして小学生くらいの男の子が
私の隣にドスンと座ってきた。 

そして大きな声で
「あ~しくったな~。
景色見れないな~失敗したな~」

それだけでも引くのに、
近くに立っていた母親は
注意するどころか
「ホントだね~困ったねぇ~」
と煽り始めた。 

その応酬がずっと続くものだから、
周囲の目も気まずいし席を立った。 

すると子供は素早く窓際を陣取り、
その隣に母親が座った。 

お礼の言葉も無く「よかったね~」
と言い合ってる親子を見て、
唖然とした・・・

このページのトップ