鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

バス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
325: 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2014/04/10(木) 15:24:48.29 ID:RfDORPIn

家から少し離れた場所に水泳やらバレエやらの習い事教室の施設があって、送迎バスが出てる
家の前がその停留所になっててその時間になると教室通いの子供やその親が集まってくる

家の庭も停留所になるくらいだからそこそこ広いので子供が入り込んで遊んだりしても
道路で遊ぶより安心して見てられるから大目に見たり

障害児みたいのが大声で喚く声が毎日続いたりすると「ああもうそんな時間か」
みたいな感じでほんわか生活推奨派だったんだわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
915: 名無し 2016/10/31(月)11:18:37 ID:Qs9
吐き出しです。

先日あったことで、
小学校からの友人の結婚式で、
早めに美容室が終わり
駅に一時間前に着いて待っていました。
(15:40発)

送迎バスがでるとのことだが
まてどまてど来ない。
十分すぎて式場に確認したら
「責任者の方と連絡されました~?」
連絡先も誰かも知らない。

「え、じゃあ確認して折り返します」
20分以上待たされました。

「バスはちゃんとつきました!!
1 5 : 3 0 に〇〇駅の〇〇側でした。ですので~」
カチンときて
招待状に書いてあった時間が違う、
集合場所も地元民もあまり使わない
スポーツ施設側(駅からの出入口はない)で、
招待状には駅の名前だけだったので
バスターミナルもある正面で待ってたと伝えるも、

「じゃあ隣県(会場)の主要駅までなんとか来て
そこからタクシーで来てくださいとのことです!!」

帰りました。

直後新婦から連絡来て御祝儀は送る、
晴れの日にごめんでまた後日で終わり。

調べたら当日欠席なら電報送るのがマナーとあったけど
そんな気力もなかったしなにより疲れた。

友人はやっぱり遅れてでも~で何件かLINE来てたけど
そこまで行くのに軽く1時間以上かかるから。
正直無理。

既女板に間違えて投稿して
書き方が悪く私の頭の悪さがうかがえると
レスがついていたので一部書き足しと添削してます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
79: 名無しの心子知らず 2017/02/12(日) 12:17:13.05 ID:Qgd7FDSz
5歳と2歳の子供を連れて、よく路線バスに乗るんだけど 
今日初めて、一人分の子供料金を払ってと言われた。 

今まで同じ路線を何十回と乗ったけど、初めてだったし知らなかった

びっくりした反応をしてしまったら 
「嘘だと思うなら本部に確認してみて!」 
「抱っこなら無料だけど、歩いてたら有料なの!」 
規定通りの扱いも、数十円払うのも、別にいいんだけど、
なんだかモヤッとしてしまった。
有料/無料の曖昧な線引きにイラッとしたのかもしれない。

じゃあもう実家のある隣町への2000円弱の中距離バスは乗らない!と思った。
子どもが増えることへの実質的な豊かさは、
この国では得られにくいなあ…不便ばっかり。切ない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
924: 名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木)13:31:08 ID:kzazDA165
最近あってとっても腹立たしかった事。

先日母親が私が着物にはまっていると言ったら喜んで誂えてくれた訪問着を着る機会ができた(お友達と食事会)
バスを使って街までいく事に。
しかし運悪く込み入っており、運の悪い事に子供連れがぺちゃくちゃ話しながら立っていた。
そしてちらちら私のほうを見ている。
和服を着るから否応なしに目だってしまう事もあったけどもしかして子供と席を変わってくれとか言われてしまうのかとひやひやしていたら男の子の母親が
「すみません、席の取っ手に子供を捕まらせてもらえないでしょうか?」
と言われてちょっとほっとしていた。
まあ少しだけ威圧感感じたけれどこちらも着物だし無理に立たせようとは思わないだろうと安心していた(優先席ではないし)
しかしこれが間違いだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
577: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)01:57:22 ID:HmQ
夫の転勤に伴い、雪国生活一年目の夫婦です。
文章をまとめるのが苦手なので、箇条書きにします。

夫の通勤先について
・市街地から離れたやや高地にあり、最寄りのバス停は徒歩10分ほど坂道を歩く
・自家用車通勤率ほぼ100%
・普段は夫も自家用車通勤、通常30~40分だが、冬期はおよそ倍はかかる
・8:30-17:30が定時だが、実質8:30-19:00くらい

冬道の運転について
私:大学卒業まで降雪・積雪がそれほど珍しくない地域の地元に住んでいた
運転歴10年で、冬道での運転にはそれなりの経験も自信もあり
夫:運転歴は私より長いが、冬道の運転経験はほぼゼロ
これまでの経過
・10月くらいから何度か冬期の通勤方法について尋ねたが、曖昧になっていた
・私は漠然と、バス通勤にするのかと考えていた

夫の言い分
・朝は私に勤務先まで自家用車で送って欲しい(7時には家を出たい)
・帰りは最寄りのバス停まで、同僚の車に乗せてもらう

私の言い分
・10時から15時までのパートをしている
・机上計算では夫を送ってもパート間に合わないこともないが、
夫と一緒に家を出るとなると朝の家事が出来ない
・冬期はバス通勤をして欲しい
・夫が仕事終わりの時間を2時間前に知らせてくれれば迎えに行けなくもない
・今年度中に少しでも冬道の運転に慣れて欲しい(どんなに短くても3年はここで勤務する)

夫の反論
・朝の家事が疎かになってもしょうがない(手伝うとは言ってない)
・朝のバス通勤は自家用車よりも時間がかかるからイヤだ
(自宅最寄りバス停からの直通だと、家を6:30には出ないといけない)
・朝をバス通勤にすると勤務先に着いてからの時間が長すぎる(順調にいくと1時間ほど早く着く)
・冬道の運転は怖い、練習しても無理だと思うし、練習する暇もない
・残業は突然決まるから、事前連絡は出来ない

私の反論
・百歩譲って、行きも帰りも私が送り迎えしてもいい
・だが、その為にはもっと短時間のパートか、専業主婦になるしかないと思う
・雪国勤務が長引く可能性もあるから、冬道の運転に少しずつ慣れていって欲しい

夫の反論2
・今のパートより条件がいい働き口はそうそうないから続けて欲しい
・子供が出来るまでは共働きでやっていきたいと言ったのはそっち(私)
・私が運転出来るのだから何も問題ない、パートと家事をちょちょっと調整して

こういった話し合いの経過です。
正直、八方塞がりなのですが、何か突破口はあるでしょうか?

このページのトップ