鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ブランド

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
336: 名無しの心子知らず 2006/01/17(火) 15:17:54 ID:e/liKo4d
あまりブランド品に興味が無い私
嫌いな訳じゃなくて、特別欲しいと思わないので
殆ど持っていない(母からお下がりで貰ったものが数点あるくらい

公園でよく一緒になるママさんが3人居て
Aさんはブランド品が好きらしく、色々持っている
Bさんは「欲しいけどなかなか買えないわ~」と言っているが
以前購入した、大切にしているものがいくつかあるらしい
Cさんは「ブランド品は持っていないし興味ないわ」と言う人

この間、買物中にばったりCさんと会った

その日私はブランドのバッグを持っていた
それはデザインが気に入って、購入したもので
初めて自分の意思で手に入れたブランドバッグだった
(ちょっと大袈裟だけど

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
423: 愛とタヒの名無しさん 2016/12/05(月) 01:42:34.10 ID:+zwz4f2P
今彼女と結婚指輪のことで揉めてる。 

婚約指輪は結納があるから必須。
彼女が昔からティファニーに憧れていて欲しいと言うから
25万位のを渡した(選んだのは彼女)。お返しは時計。

結婚指輪は最初はいらないと思ってたけど
結婚式するし彼女がどうしても夫婦の証として欲しいと言うから買うことに。 
そこで結婚指輪もティファニーかカルティエがいいと言い出した。
お金は勿論折半すると。 
うちは田舎だからどっちも県内になくて
1番近い所でも家から片道3時間近くかかるし交通費もバカにならない。
シンプルなデザインなんだからどこでも変わらないだろう、
長くつけていれば傷もつくのにブランドにこだわる意味が分からない。

近所のツツミやピコとかで買おうって言っても全く聞かない。もうめんどくせ。
結婚指輪いらねってなりつつある。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
748: 名無しの心子知らず 2010/01/15(金) 12:51:24 ID:5PvZiDny
職場の後輩への出産祝いに、
赤ちゃん用のレインポンチョとレインハットを送った。
届いたという返事が来た。

「いくら私が後輩だからって、
こんなソニプラの商品送るのは非常識じゃないですか?」
だってさ。
SENSE OF WONDER、可愛いと思ったんだけどなあ・・・
ソニプラと言われるとは思わなかった。
そんなに安っぽく見えるのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
434: 名無しの心子知らず 2010/07/19(月) 07:43:07 ID:RRksrRrV
学校で面談があり、そこで泥に出会った。
暑い日ざしで新しい日傘をさして行った。
その傘は先日の葬式のために買った490円の代物。
ただちょっと地味なのでもう葬式には使わないだろう、と思い軽くデコってあった。
傘をまとめる紐?の裏の部分にストーンで私の子供達のイニシャルを作ったり。

面談を終えて傘置き場に行くとない。「間違えられたかなー。ま、安物だしいいや」
とあきらめた。下の子は2歳だし追いかけるのにいっぱいいっぱいで普段は日傘なんてささないし。
下の子がいない日だけ、キレイなママになってみたかっただけだしww
で、帰ろうと歩いていたら前に立ち止まり談笑しているグループが。そのなかに私の傘が見えた。
とりあえず声をかけた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
983: 2013/06/04(火) 14:38:12.87 ID:XJ/kuR/N
数年前の話だけど、弟が結婚して義理の妹が出来た。 
ある時、義妹経由で私が仕事で使う道具を安く購入することが出来た。 
その御礼として義妹が大好きだというブランドのTシャツをプレゼントすることにした。

(そのブランドは女の子に割と人気があって、喪女の私でも名前くらいは聞いたことがあった。)
ショップに行ってプレゼントする服を選んでいると、
周りの店員よりも年齢高めの店長らしき女性が私のところにやってきて
「なんでこの店で買い物しようと思ったんですか?」
「雑誌見て一度は行ってみようと思ったから来たんですか?」
「店の雰囲気からして自分とは合わないなーと思わなかったんですか?」
など言われた。

チビ・デブ・ブスと三拍子揃ったパーフェクト喪女だが、
その時は仕事の帰りで自分なりにきちんとした格好をしていた。
私が返事に困って戸惑っていると、追い打ちかけるように
「うちの商品はあなたみたいな人には買ってもらいたくないんです」
「あなたみたいな人でも気軽に入れるショップと思わたくないんです」
顔から火が出るほど恥ずかしかったし、逃げ出したかったけど
義妹にプレゼントする服をと思って、1枚だけTシャツ選んでレジに行った。
若い子がレジにいて精算しようとしたら、件の店長っぽい人がすぐ来て
「今日はお売りしますけど、うちで買うのはこれで最後にして下さい」と言われた。
●にたくなるような気持ちで買ったプレゼント、義妹に渡したらとても喜んでもらえたので少しは気持ちも楽になった。
それでも、未だにあの時のことは忘れられず、今は何でもお店で直接買うことが出来ない。

このページのトップ