鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

プレゼント

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
934: 名無しの心子知らず 2017/08/05(土) 22:16:29.52 ID:yn2+qf+Y
夫と私のどっちが正しいことを言っているか、判断してください 

息子と娘がいます。小学生の高学年、低学年です。 
先日、娘の誕生日で欲しいもの何でも1つ買ってあげるよと夫婦で言いました。 
すると娘が言ったものは、明らかに以前から息子が欲しがっていたものでした。
聞くと、お兄ちゃんが前から欲しがっていたから、この機にあげたいと。 
夫は偉い!と褒めてましたが、私が口を挟みました。
それって褒めることじゃないよね?おかしいよね?と。 
誕生日プレゼントは娘の欲しいものを遠慮なく頼むべきだと娘に何度言っても、
お兄ちゃんが欲しいと言ってるから私もこれが欲しいと言います。
余りにも頑ななので、結局それを買いましたが、案の定お兄ちゃんに渡しました。
夫は娘のことを心優しい子に育ったと思ってますが、私は絶対間違いと思っています。
このままでは、将来、好きな男性にどこまでも貢ぐような女になりかねないと。

お兄ちゃんにあげたプレゼントは、夫がいないときに私が取り上げ、捨てました。
息子には、こういうのは仮に相手が上げると言っても
絶対受け取ってはいけないものだと注意しました。

それを息子と娘が夫に伝えて、夫は私の考えがおかしいと言います。
私は夫の方が間違っていると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
154: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 22:45:41.74 ID:2aobTbWG.net

【相談お願いします】 

◆現在の状況 
嫁と男友達が誕生日やクリスマスにブランドものの
プレゼントを送りあっている、やめてほしい

◆最終的にどうしたいか
その男友達との付き合いを絶ってほしい

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
35/会社員/500

◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
30/会社員/400

◆結婚年数
4年

◆子供の人数・年齢・性別
いない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
336: 恋人は名無しさん 2017/07/08(土) 01:11:15.09 ID:jakw4vaG0
15日彼女の誕生日でボーナスで買おうかなって
ずっと迷ってるカルティエのアンティーク時計があったから、
これはいいと思い内緒で購入したのですが、
明後日また時計見に行こうよって言われてます。
(店員も覚えててくれて内緒で買いに来たのがバレてる )
何気なく違うことしようかと提案しても行きたがってます……
もちろんアンティーク時計なのでお店にはありません。
おそらくショックを受けると思うのですが、
隣で慰めても微妙だし、お店の人にも恥ずかしいし……
やっぱり先にプレゼントしてあげた方がいいのか悩んでます。

ちなみに自分は当日ディナーに行くので
その時にでも渡したいのですがどうすればいいですか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
761: 恋人は名無しさん 2017/06/28(水) 22:10:41.07 ID:fYQPrZiN0
タイミング悪かったらごめんなさい

誕生日プレゼントに
何がほしいか聞かれた際に
将来の事を考えて(同棲の話をしていた)

オーブンレンジほしいと言ったら
「似たようなもんだろ」
と2000円くらいの
オーブントースターをもらった

これでパンを焼け、
ケーキを焼けって言うんだから泣ける

来月彼の誕生日で
PS4が欲しいと言われていたから
初代PSを「似たようなものでしょ」
とプレゼントしようか別れようか悩み中

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
177: 名無しさん@HOME 2011/11/21(月) 17:30:26.04 0
1/6 
ありがとう。纏めてみた。文章おかしかったらごめん。 
年齢は全部当時のものです。 

私子…21才・学生(Aとは違う大学) 
A子…21才・学生 
A彼…22才・学生 Aと同じ大学 

A子は高校の時からの友達で、お互い別々の大学に入った後も、ちょくちょく連絡を取り合ってた。 
そのA子に、彼氏が出来たのが、大学2年の時。それがA彼だった。  

A子が一時期、大学内のモメ事で悩んでいた時(私も頻繁に、電話で愚痴を聞いていた)、  親身に相談にのってくれ、また、同じ研究室だったそうだが、その中でも、頼れる先輩とあって、  A子は好意を抱いた様子だった。  その後ぐらいから、A子から電話で、A彼と出掛けた話とか、こんな所が素敵とか聞かされるようになり、  私子は「はいはい、ノロケ乙www」な感じで、のんびり話を聞くようになっていた。


このページのトップ