鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

マザコン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
588 :名無しさん@HOME2010/12/27(月) 19:42:14

件名 愛しの君よ
本文 愛しの××ちゃん!
ご機嫌は治ったかな?そろそろ僕が恋しくなったんじゃないかな?
いい加減素直にならないと、僕に捨てられちゃうぞぅ?
いいのかなぁ?
××だって僕に惚れてるんだから、お互いに悪い所は肝要にならないとダメだぞ?な?
僕だって××のダメな所目をつぶってるじゃないか。
それを俺にだけ我慢しろっておかしくね?
お前、俺の事が好きだとか言ってたの嘘?

これで本気で別れるとか言ったらマジぶっ杀殳すよ?
つか早く連絡よこせ。お袋に謝れ。
連絡しねーんだったら、こっちも本気なっからな。
もう一度言う。
26日の17時までに連絡よこせ。
わかったな?

と言う元彼のメールが今日届いた。
途中で怒りのあまりに人格が変わってしまったらしい。
自分と自分の母親がやった事を棚に上げて何を言うんだか。

26日は過ぎてしまったので、絶賛スルー中。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

508: 名無しさん@HOME 2008/07/23(水) 18:40:40 O
以前友達を自宅に招いてプチ宴会を開いていたら、 
夫(もうすぐ別れる予定)が帰ってくるなりワイングラスを台所に叩きつけて割った。 
「大事な思い出のグラスを他人に使われて、もう価値がなくなった!」 
という事だったらしい。 
私とその場にいた友人達には全く理解できない行動だったけど、
夫の会社の人は「それは奥さんが悪い」と言ったらしい。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

593:  2009/09/28(月) 09:52:33 ID:K9SPs845
調理師の専門出てて、今小料理屋で調理師やってる。 
それで彼氏にも色々料理を作ってたんだけど 
「なんかこんなにこった料理もいいけど、たまにはおふくろの味が食べたいな」と言われた。 
でも煮物とか、昔ながらの料理もよく作ってたし 
彼のおふくろの味って?と職業的ワクワク感が湧き、 
彼の家に行った時彼母に 
「彼がおふくろの味が食べたいって言うんで教えてください」とお願いした。 
彼母は最初「いい年した息子にそんな事言われるの恥ずかしいわ」なんて笑ってたけど、 
一緒にスーパーに行って買い出しに。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
43:名無しさん@お腹いっぱい。2007/07/30(月) 16:43:19
嫁から母親を切るか私と別れるかと切り出されたorz

1歳ちょっとになる子供がいるんだが、8ヶ月くらいで卵アレルギーが発覚
その後嫁は神経質なくらい食べ物や身の回りのものに気をつかいだした
俺もそれなりに協力をしていたつもりなんだが、お袋はアレルギーに対する認識があまく
「ちょっとずつ慣らしていけばそのうち治る」と言い、何度かこっそり卵いりのお菓子なんかをあげようとしたりして
嫁や俺から説教されたりしていた

先日嫁が腰痛を起こし、俺ひとりでは家事に支障がでるからと思ってお袋に協力を仰いだ
するとこのことで嫁が激怒
自分に断りもなしに勝手にお母さんを呼んでどういうつもりだ、と
お前は一日寝てるしかできないし、俺は仕事があるから家事をする人が必要だろ、と何とか説得したものの
夜、晩ご飯の準備を手伝っていると、突然子供が泣き出した
顔を見ると真っ赤な発疹が
お袋に「何したんだ」と聞くと「ほしがったから…ちょっとマヨネーズを一口…」とオロオロして答えた
みるみる発疹が広がって、顔全体が腫れだしたのでいそいで近くの救急指定の病院へ駆け込んだ
お袋はしつこく「私があげたんじゃなくその子が欲しがったからあげただけ」と言い訳をしていた
嫁はその日以来、一言も口をきいてくれない

そして夕べ風呂あがりに一言「あの母親を完全に切るか私と別れるか選んでください」と切り出された
明らかにお袋が悪いんだが…お袋を完全に切るなんて無理だろ…orz

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
737: 名無しさん@おーぷん 2016/02/18(木)12:06:37 ID:JAs
元姑の訃報を知り、葬儀に出席してきた。
元姑は私にとっては良姑だったから。

数年ぶりに元夫を見た。
夫は親族席でずっと泣き通しだった。
喪主の挨拶も途中で泣き崩れてしまって出来なかった。
母親大好きのままだったんだな、これからもそうだろうなと思った。


このページのトップ