鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

モラハラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

253: モラハラ被害者@\(^o^)/[] 2017/07/25(火) 10:30:35.00 ID:U81IqQ4u.net
付き合っていた彼と入籍と結婚式をする予定で、籍を入れる前に妊娠が発覚して修羅場。
何が修羅場って、その時点でもう愛情の欠片も感じないほど相手を嫌いになっていたし、妊婦のわたしにも容赦なく殴る男だったこと。

とにもかくにも我が儘で、自分の思い通りにいかないとどんなに筋が通ってなくても怒鳴る。
家も建ててたけど、わたしの知らないうちに同居するための彼の親の部屋が作られていた。
同居しないって言ったよね?と聞くと、
同居しないとは言ったけど、俺が同居したいっていう気持ちを知ってたんやから同居するのは当たり前!それをわかってないお前が悪い!
と訳のわからない理屈で怒鳴る。
じゃあわたしも、わたしの親と同居したいってゆう気持ちがあるけど、それはどうするの?と聞くと、
お前の親は家が近いから同居しなくていい!とのこと。。
わたしの実家は新居から車で30分、彼の実家は車で5分だったんですが。。
つわりがしんどいと言うと、
俺の方がしんどい!!!そんなにつわりがしんどいならおろせ!!!
と毎回怒鳴る
わたしの親にお祝い100万円もらっても、お礼すら言わない。
わたしの親が悲しむと思って、とりあえず一回結婚だけはしようと思ってたけど、親にお礼すら言わないことでプツッと何かが切れてしまった。
彼の言うとおりにする。子供をおろすことを伝えたら、彼が泣きわめいて
今までのことは全部うそ!ごめんなさい!
と謝ってきたけど無視。
無視というか、一回泣きながら電話きただけで大して引き留められてもないのに、次の週にまだ子供をおろしてないのに彼の弁護士から内容証明が届いたよ。
子供を楽しみにしていたのに、必タヒで引き留めたのに自分の言うことを聞かずに勝手に子供をおろした。心が傷ついたので慰謝料500万円請求する。
だった。
これにはうちの親もかなり怒ってしまった。
てゆうかまだ子供お腹の中で生きてるし。
そんなクズな人と何で結婚しようとしてたんだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

619: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/17(月) 23:28:48.60 0
旦那と娘について相談させてください。 

旦那は私立理系のFラン大学を出て学教師をしており、
家での娘に対する躾が厳しいです。 
娘は旦那のことを嫌いになりかけています。 
娘は小学生です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

972: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)18:19:17 ID:XmQqdhSP7
俺の友人夫婦が離婚した。
原因は友人が嫌味ったらしく執拗に友人嫁をメシマズ呼ばわりした事と、
勝手に俺と友人嫁が浮気したと誤解して騒ぎ立てたから。

友人は常にmixiで嫁の飯がいかに不味いか愚痴っていた。
「今日の嫁の激マズラインナップpart〇〇」
といった題名で鍵付きの日記を上げていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

803: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:45:40 ID:yrV20NVYl
中学生の時、父が浮気してることを知ってしまった
うちは当時介護老人(と言っても父の親)が二人もいたから
家に帰りたくなかったんだと思う
でもそんなのは家族みんな同じだ
介護に関わってなかったぶん父が一番マシだったと思う
その父が逃げるとは許せなかった
なぜか母を裏切ったことより介護から逃げたことが許せなかった、その時は
自分も病んでたのかもしれない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

882: ◆7Apo3b2Q1plg 投稿日:2012/07/08(日) 14:37:20.49 0
ひとつ年上の人と社内結婚してそれなりに幸せに暮らしていた 
しかしある日急に私をメシマズ認定してきた。
2のスレを見たらしい。 
結構酷いことを言われたので、
自分なりに料理の基礎からやり直してみたが 
少なくとも自分には美味しく感じる。
母や友人に協力して食べてもらったりしたが 
皆「…ふつうに美味しいけど…」と首を傾げる。
勿論アレンジャーでもない。 
夫が味覚障害という事も無い(外食では同じ味覚)し、本気で悩んだ。 

このページのトップ