鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

モラハラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

222名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/27(木) 11:22:30.44
エネ予備軍?の過去話ですが。 
数年前の大晦日にすっげーくだらない理由で離婚した 
当時お互い30才くらいで結婚2年目、小梨共働き。
うちにはテレビが二台あって、一つは元旦那用、一つはリビング。 
どちらも家計から出している。 
元旦那は自分用のDVDもリビング用も容量一杯まで録画していた。 
私も使いたいから消すなりディスクに落とすなり整理してね、 
と何度も言っていた。
元旦那はハイハイって返事していた。 

年末のテレビ番組に私の親友がピアノ演奏で出演するので録画した。 
しっかり撮れていた。
翌日ディスクに落とそうとしたら消去されてた。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

526名無しさん@HOME 2013/01/02(水) 22:07:25.43 0
正月早々嫌な話で申し訳ないが、吐き出し。 
ものっそ長いので、忙しい方は読み飛ばして。 

27歳の時に3つ年上の男性.と結婚した。 
付き合ったのは2年半ぐらい。 
私は三流大卒なんだけど、彼は大学院まで出ていたので 
すごく理知的で素敵な人だと思っていた。
当時は。 
私の知らないことを沢山知ってるし、話を聞いてるだけでも楽しかった。
当時は。 
結婚しようって言われたとき、正直迷った。 
彼の実家は創業○年っていう歴史のあるお店をやっていて 
大きな家で裕福な暮らしをしている。 
私の方は早くに父が亡くなった母子家庭で、 
一応持家だけど広い庭があるだけの築50年のボロ家。 
あまりにも格差があり過ぎると思ったから。 
でも彼は気にしないって言ってくれたし、向こうのご両親からも 
特に反対はされなかったので、結婚まではスムーズだった。 
ところが結婚した途端に少しずつ本性.が見えてきた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

437名無しさん@HOME 2008/03/27(木) 01:27:09 0
自分語りが入り長い話になりますがよろしくお願いします。 

亡くなった私の夫がエネミーでした。 
私と夫は10歳違い。 
コトメが男性.関係の激しい人で小学生の娘(コトメコ)を置いて家出。 
他に身寄りが無いのでうちで面倒を見る事になりました。 
コトメコは気性.が荒く、私はともかく、夫と合わず頻繁に喧嘩。 
家出を繰り返したり、コトメコが暴力を振るう事もあり、かなり苦労しました。 
夫は引き取ってもコトメコの事は丸投げ「女だから義務教育でいい」というのを 
今は高校を出ていないと将来厳しいからと何とか説き伏せてコトメコを高校までいかせました。 
コトメコは頭がかなり良かったのと、コトメ譲りの美人だったので高卒でもちょっと良い企業に就職。 
夫と折り合いが悪いので就職が決まると離れた所で一人暮らしをして4年間一度も戻りませんでした。 

そんなある日、夫が事故タヒ、不倫相手を車に乗せ、飲酒をした上での接触事故でした。 
相手の方が大怪我を負い、過失がこちらにあるので、慰謝料で今まで貯めた貯金を殆ど使うことになり 
高校生の息子と大学生の息子を抱え、何より、ずっと夫に騙されていた事がショックで呆然自失。 
どうしていいか解らず、今までの人生は何だったのだろうかと思うと 
悲しさと悔しさでやりきれない気持ちでタヒぬ事さえ、考えていました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

830名無しさん@HOME 2013/02/09(土) 16:28:27.56 0
一か月前に離婚してきました 
長男坊教育のせいかはしらないけど、
理解できないほどの息子・娘差別が酷くて我慢の限界 

「(娘が書いてた願書破り捨てて)女に勉強は必要ない」 ←いつの時代だ 
「働け、養ってきた費用返せ(と数十枚のエクセル印刷?した紙を娘に。見たら生まれてからかかった費用)」 
「お前は顔は普通だから夜の仕事でもしたらどうだ?」 ←意味がわかりません
全部直接娘に吐いた言葉 
実の娘に対して、隠れてこんな暴言吐いてるとは思わなかった 
ある日出張の日に夕食作ってたら台所口で長男がそわそわしてて
おかしいと思ったんだけど、 
「お姉ちゃんが…」ってぽつり呟いて泣き始めて発覚、
我慢強くて上で勉強してた長女呼んで洗いざらい聞いて3人で泣いた 
子供たち気付いてあげられなくてほんとごめん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

3◆87rdXDyM.s 2013/03/02(土) 18:41:44.01 0
・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細 
夫31歳   サラリーマン 
妻(私)27歳 パート 
2年の遠距離恋愛で昨年秋に結婚 
子供はまだいません。 
欲しいとは思っていますが、田舎から嫁いできたので 
都会暮らしに慣れるまで一年ぐらい作らない予定。 

・悩みの原因やその背景 
夫が食事へのこだわりが強く 
夕食は食卓に白飯・汁物の他に5品並べるようにとの事。 
又、輸入牛はNGとか、惣菜、冷凍ものはNG。 
カレーやシチュー等、市販のルーを使うのもNG。 
お給料が手取り15万程しかなく、夫の希望通りの食卓にするのは厳しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

499: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/04(月) 11:38:00.40 ID:aymZ4U8J
私が飛び込んで行った修羅場です。 

私は五人姉妹の行き遅れ長女だが、四番目の妹が姉妹で最初に結婚。
20で結婚だったけど妹も妹旦那も働いていたし大喜びで祝福。 

スカウトされたりス㋣ーカーにあったりするくらい可愛い妹だったが、
結婚して三ヶ月後の正月、痩せ気味の妹が
さらにガリガリで肌と髪もボロボロの状態でやって来た。だけど、

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

974名無しさん@HOME 2013/10/23(水) 07:22:49.80 0
うめがてら報告 

全て今の年齢。 

俺:30代後半 有資格の自営業 
嫁:30代中頃 専業 
嫁父:50代 元公務員 
嫁母:50代 専業 
嫁姉:30代後半 
子:10歳程度双子 

嫁とは取引先に出入りする業者のOLだった。 
当時若かった俺は顔とおとなしい性.格に惹かれアタックし、
付き合って2年で結婚の了承を得るために嫁実家へ。 
そこで嫁父から同居を進められた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

365名無しさん@HOME 2012/04/10(火) 23:13:07.26 0
2年ほど前に旦那と義実家が、元旦那と元義実家になったのお話。 

自分デザイナー兼イラストレータ 
義実家&旦那 地方の家庭内工業のちっこい印刷屋 

十数年前、その地方ではわりと有名なデザイン事務所でチーフデザイナーしてた私は、 
仕事つながり旦那と知り合い付き合って結婚。 

時代はDTP最盛期で印刷所もいっせいに変革を迫られていた時期。 
アナログからデジタルへの移行期で、 
macをバリバリ使いこなして旦那とともに次々に高額の印刷機械を導入する私は 
コンピュータのことなんてハナからバカにしていたウトメから目の敵にされた。 
でも時代の流れからして今導入しないとダメだと旦那を説得して 
生き残りのために真剣に印刷のことを学び、がむしゃらに働き続けた。 

デザインができてイラストもばっちりで、 
DTPに対応している印刷屋として周りの同業者がバタバタと倒産していく中、 
何とか生き残ることができた。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

671名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 11:37:41.79 0
二十歳で結婚した元夫が今思えばエネミーだった。 
交際当時はまだ学生で親に結婚を反対されてた。 
バカだったので反対されれば反対されるほど、早く自立して自由に生きたいと思うようになった、本当にバカ。 
当時元夫は30代。 
年齢だけで反対されてると思い込んでたけど、親は正しかった。 
学生で脛かじりだから親に半人前と思われてるんだよ、
二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよ
と元夫に言われその通りにしてしまった。 
その時は私の自立を促してくれる大人に思えたけど、
一回りも年下に中退を迫るなんて単なる最低男だと今は思える。 
住むところが無いだろうから僕の実家に置いてあげると言われて、
行くところのない私を受け入れてくれるなんていい姑だと思い込んでた。 
現実は汚家の家事に姑の嫌味、何もしない舅の暴言と
働かない年上義弟のセク八ラだらけ。 
しかもエネミー夫は生活費を渡してくれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

873: 恋人は名無しさん 2010/06/11(金) 18:58:05 ID:pAsDbd020
私は当時、とある田舎の女子高生。 
まわりは田んぼばかりで、町中みんな顔見知り。
近所は親戚だらけ。 
仲の良い濃いコミュニティだが、排他的。
そんな環境でした。 

顔見知りばかりの小中学校時代を経て私は、 
高校はちょっと遠くの、電車で三駅向こうの公立に通うことになった。 
それまではずーっと、
血はつながってなくてもみんな親戚みたいな感覚の人にのみ囲まれていた私に、
高校生活はいろいろカルチャーショックだった。 

このページのトップ