鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

ロリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
513:山田 ◆nIhBzSB.ZA2012/07/10(火) 00:26:46.87 O
他のスレが思い当たらないので、此方で失礼します。
上げさせて頂きます。

◆悩みの内容
└娘に対する、義兄の接し方

◆最終的にどうしたいのか
└私自身が気にし過ぎなのか、義兄がおかしいのか…
前者なら、私が考えを改めるつもりですが
後者なら、義兄との関わりを絶ちたいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
594: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/12(月) 21:22:50
年末に嫁が俺実家の大掃除をした
その時たまたま弟の宝箱を発見してしまったんたが
(掃除機掛けるのにこたつを撤去したら出てきたらしく
半泣きで俺を呼びにきたw)
ロリ傾向だったからか、それ以来娘を連れて
実家に行きたがらなくなった。
大掃除するのが気に入らないと勘違いした俺親は
暗に嫁を非常識呼ばわりするし、かといって正直に言うのも
どうよといった状況。
血を分けた弟だし考えすぎだと言いた所だが、
ベッドサイドに娘の写真を飾ってあったのを思い出すと
生暖かい気分になる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
828: 名無しの心子知らず 2011/03/04(金) 14:17:24.15 ID:dkefGElu
兄夫婦が離婚の修羅場w
うちからパクったランドセルが原因らしいけど、子梨の私はしーらないっと

義姉さん、それは旦那が買って来たわたし「たち」用ですから。

いっつもくそちびだの狂ったデッサンだの、そんだけちっさかったら子供も産めないだの素敵な罵倒ありがとう。
ランドセルの中の物は手切れにくれて差し上げましてよー!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【前編】

887: 切り干し大根 ◆2h4xokVzvU 2009/07/25(土) 23:13:04
なんとか実家に落ち着きました。 
自閉症って名前を出されたのは初めてだけれど、正常に育たないと言われることはしょっちゅうだったのでいい加減マヒしていたかも。 
姑が狙っていたものはとりあえず親戚の家に送った。 
週末は実家で過ごして、週明けから弁護士探しかな。 
とりあえず主人が避妊拒否してる録音だけは持ち出したし、母子手帳なんかもあります。 
今日はバタバタしていたけど、明日には動きたい。 
主人には母の具合が悪いって言って来た。 
食育教室は来週に延期したからそれまでに帰ってこい、って言われてるから来週が勝負だね。 
警察には明日行くつもり。 
主人には婚約指輪預けて来たよ。 
他のモノは娘に譲るべきもので私は預かってるだけ、私個人のものはこれしかありません、ってね



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
551: 名無しさん@HOME 2009/03/29(日) 14:09:07
独り相撲かもしれないDQ返し。 
良ウトメに会わせに娘を連れて行くと、必ず近所に住むコウトが現れて 
娘と遊んでいた。娘も割と懐いてたし子供好きなんだなーと思っていた。 
家は義実家へ行くと一泊していたのだが、コウトもそれに合わせてか 
義実家に泊まるようになった。ある時娘が「(コウト)君と一緒に寝たい」 
と言い出した。当然不許可。したんだが、そしたら娘がコウトに向かって 
「駄目だってー。仕方ないねー」と。コウトはちょっと焦った様子で 
頷いてその場を離れて行ったが、これはもしかしてコウトが 
娘に言わせたのかとちょっと怖くなり旦那に相談。だが娘ラブだが 
弟も溺愛の旦那は考えすぎだと一蹴。同じ女親として 
コトメ(これも近所)に相談したが、やはり考えすぎだと笑われた。 
更には嫁(私)さんはコウトを男として見ているのかしらだの 
嫁さんの欲求不満がいやらしい邪推をさせたのかしらコウトはそんな 
子じゃないと怒られてしまう始末。ついでにコトメから聞いたらしい 
旦那からも俺の弟を疑うなと絞められてしまった。


確かにコウト爽やかな好青年だし疑うのはよくないなーと思うが思い切れず、
義実家に居る間は娘から出来るだけ目を離さないようにして、
遊び相手もコウトよりもコトメ子(娘より2歳下の女児)を娘にさり気なく
お薦め。
だが気づくとコウトが近付いてくる。その時点で娘に用事を作り
抜けさせる、を繰り返した。自然と残るコウトとコトメ子。
コトメが微笑ましく見守る中、コウトとコトメ子は仲良くなっていった。

このページのトップ