鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

上司

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
135: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 01:24:57.48 ID:JyhU0R8R0!
5年くらい前まで老人施設で働いていた。その時の上司が最悪だった。 

「休憩」「シフト表作るから」とか言いながら勤務中、休憩室でたばこばかり吸っている。ナースコールが鳴っても無視するから、上司と二人で夜勤すると私だけが1人でナースコールに対応して走り回っていた。走ると「夜中にバタバタうるさい、走るな」とキレられる。 
「職員はエレベーターを使わず階段を使え」と言うくせに自分はエレベーターを使う。私が指摘すると逆ギレ。 
「換気しろ」とわめきながら窓やドアをぱんぱん開けて回るくせに、閉めない。換気したばかりで説明したのに「まだ臭い、空気が悪い、入所者がかわいそう」とキレる。入所者が寒いから閉めて、と言うから閉めると、また開けに来る。 
それでも上司だから、と我慢していた。
昼間は明るいからフロアの電気はつけない。その日も天気がよかったし、勤務していた職員みんな、電気はつけなかった。トイレや医務室など、少し薄暗い部屋はもちろん、電気はつけていた。 
そしたらそれにきづいた上司が顔を真っ赤にしてキレた。「昼間でも電気はつけろって言ってるだろ!」とたまたま上司の近くにいた私がなぜかビンタされた。 
しかも「こいつは私の言うことを全くきかない。みろ、ちゃんと仕事しないとこいつみたいになる」とみんなの前で笑われた。 
面会に来ていた家族の方々、入所者の方々、実習生、同僚たち、みんなの前で怒鳴られた。 
なんで、私が?悪いことなにもしてないのに、と悔しくて悔しくて、でもみんながいたから「すみません」と頭を下げるしかなく、そんな自分が嫌で嫌で、成人して初めて悔し泣きした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
807: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 04:42:49.70 ID:lJFks70b
認可全滅で職場に復帰できない事を伝えたら上司が役所までゴネにいった 
案の定撃沈して今度は来年から認可になる認可外に直接交渉するから一緒に来いと…いやそこまでしてくれてありがたいけど逆に印象悪くならないか不安 
家庭の事情で認可外は絶対に入れないのにそこが無理だったら認可外って勝手に決めてるしちょっとやだと思ってしまう…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

271: 名無しさんといつまでも一緒 2013/12/06(金) 01:55:56.67 0
友人に頼まれてそいつの奥さんの浮気を調べたことはある 

修羅場に居合わせたが、色惚けしてると頭がお花畑になるって本当だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/23(水) 19:01:15.68 ID:VbpFMZy4d
嫁は前の会社の上司でした

仕事では鬼の様に恐ろしかったが、それ以外は抜けてるというかゆったりしてるのがギャップがあって興味を惹かれた

あと顔はまあまあだけど素晴らしくスタイルが良かった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

483: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/08/04(火) 12:35:22 ID:GLKWwpgvO
ストーカー事件のニュースを見て…区切りとして投下。 

バイト先で知り合った二つ上の彼氏と付き合って約1年。 
お互いに新社会人になり、忙しさに参りながらも励まし合って頑張ってた。 
私の就職先は言わば弱小で、でも仲良く頑張る貧乏家族のような雰囲気だった。 
入社から半年たち、少しずついろんなことを任せてもらえるようになった。 

その時期から、研修で大変お世話になった上司の様子が変になった。 
困ったことはないか?の心配から始まり、相談していいよ!と繰り返す。 
挙句、私が悩んでると決めつけて二人で飲みに行こうと執拗に誘ってくる。 
断っても拒否しても、それを遠慮と捉える上司(40代独身)に寒気がした。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
649: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/28(金) 01:06:14 ID:eydMIwDI
上司の頭がおかしくて辛い 

例)一部改変しています 
上司「エンジン、ちゃんと洗ったんだろうな?」 
俺「え? エンジン洗うんですか?」 
上司「そんなの当たり前だろ」 
俺「今まで洗ったこと無いです」 
上司「エンジンが汚れてたら、みっともないだろ」 
俺「エンジンがですか?」 
上司「そうだよ。お前、頭おかしいな」 
俺「すいません。車は洗うけどエンジンは洗わないです」 
上司「意味わかんねぇな。お前、これのこと何て言ってんだ?」 
俺「車です」 
上司「はぁ? おかしなこと言う奴だなぁ。これはエンジンだろ」 
俺「いや、車の中にあるのがエンジンですよね?」 
上司「はぁ? お前、本当おかしいな。エンジンがないと車走らないだろ」 

しかも思いつきで仕事のやり方やらなんやら、すぐに変えたり 
どの仕事がどれくらい時間がかかるのか全く考えずに仕事を増やしたりして効率が悪くなる 
(本人は効率を上げるためにやっているつもり) 
理由を説明して反論しようとすると「ああ、わかった。もういい」と聞く気無し 
誰も褒めたことが無く、必ず揚げ足を取ってダメ出し 
入ってすぐの新入社員にすら「辞めれば良いのに」と陰口を叩かれる 
自分だけが考えて仕事をしていて、部下はやる気が無くて無責任だと思っていて 
独自の判断で動くと怒られて、判断を仰ぎに行くとそれくらい考えろと怒られる 

もう会社辞めたい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/16(火) 15:08:31.56
上司と車2台で取引先から帰る途中で
二人そろって一旦停止のところで切符きられた。

上司がそのまま通過したからついていってしまったよ。
それはもちろん自分の過失なんだが、
反則金は自腹だから、
上司が上司嫁に電話してやらかしちゃったよ~
なんて話してて、

嫁が
アホだね~大丈夫だった?
事故じゃなくてよかったよ、気をつけなきゃダメだよ。
なんて会話が聞こえてきた。

そのあと俺も嫁に電話かけたら、
はぁ?マジふざけんな、8,000円とか自分でだせよ?
バカじゃねーの
だってさ。

小梨専業主婦。
元々俺が働いた金だよ。
その金でクーラーのなかで
毎日ゴロゴロしているお前がいうなよ。

別れたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
866:素敵な旦那様2006/01/24(火) 19:48:31
うちの場合、子供はいないんだがいきおいで家かっちまったのが
そもそもの敗因。貯金額が奥のほうが多く大分だしてる。とはいえ
自分の年収も考えず、立地最高の場所を購入した。とにかく人の
いうことをきかんやつだ。

それでも今までなんとやってきたんだが、もう限界かも。掃除のしかた
が悪いというし、やればやったであとからわざわざ自分でしなおす。
だめだと思ったら、やってるときに言ってくれりゃいいじゃん。なんか
部下がへましてるのわかってるくせに最後まで、見ぬ振りして終った
らどやしつけて自分のやりかたおしつけてくる、昔の上司みたいだ。
あと、どんなに自分が悪くても絶対謝らない。お互い違う環境で育って
きたんだから、そっちの親御さんの教えが完全だと思ってる。まじむかつく。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
685:恋人は名無しさん2011/12/05(月) 17:18:06.77 ID:qjCf+GhrO

昨日、会社であった修羅場

■上司…会社上司。社外に彼女あり。
■狂子…会社同僚。
普段から構ってちゃんだったり、気に入らない事があると急に叫ぶので腫れ物扱い。


昨日、出勤するなり狂子が急に「私妊娠しました!」とフロア中に宣言。(といっても10人弱の小さなフロアですが)
唐突な発言に馴れていた周囲もこれにはビックリ。どう反応して良いのかわからず全員が戸惑っていた。
狂子はそのままつかつかと上司の元に歩いていき「お腹が目立つ前に結婚式あげましょう」と言った。
これに面食らったのが上司。
必タヒにそんなはずがないと否定する。
周囲も最近は仕事が忙しくほとんど休みがないこと、休み明けには彼女と写った写メを上司が自慢しており狂子と浮気する暇がない事がわかっているので?マーク。
狂子は「そうね、でもこのお腹にはあなたの子がいるの」などと言っており会話になっていない。
そこに事務の子が呼んだらしい総務がやってきて二人は別室につれていかれた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
165: 恋人は名無しさん 2009/04/17(金) 21:47:19 ID:j7Xne+6IO
大した修羅場ではないのですが・・・
A・・・会社上司
B・・・私
C・・・彼氏
会社の飲み会の後の出来事です。

適当に酔っぱらっていい気分でアパートに帰り、着替えようとしたらチャイムが。
誰だろうと思って玄関のドア開けたら、Aさんがいました。私の家なんて教えてないのでびっくりです。
そして泥酔のAさんはその場で私を押し倒しました。Aさんは慣れた手つきで私の口を塞ぎ、あっという間に下着姿にされてしまいました。
「Bちゃんは綺麗だしスタイルいいしふじこふじこ」
もう何言ってるかわかりません。必タヒで抵抗しても、Aさんの行為は止まりません。むしろ興奮している様子です。
「俺の、おおきいから、おおきいの好きなんだろふじこふじこ」
確かに私行為好きですが、だれかれ構わずな訳じゃありません。大きいからいいというわけでもありません。
体をまさぐられ、下着にを脱がされかけてこのままじゃ間違いなく氾されると思った瞬間、Aさんが私の目の前から横に消えました。

このページのトップ