鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

先輩

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

44: 名無しさん@おーぷん 2016/06/01(水)15:00:26 ID:Trm

友達以上恋人未満みたいな微妙な関係の職場の先輩に冷めた。
仕事上のことに関して物知りでいろいろ教えてくれた直属の先輩で、
2人で映画や食事に行ったりデートみたいなことをして、
そろそろちゃんとしたお付き合いが始まるかな?という矢先のことだった。

私は焼きそばパンが好きなんだけど、
それを「炭水化物・炭水化物の組み合わせ、ありえないw」とpgrされた。
普通に販売されているパンをなんでそんなにpgrするんだと不愉快に思いながらも、
「ひどーい、でも先輩の好きなマックのグラ○ロも炭水化物コンビじゃないですかー」
と笑いながらツッコミ入れたら、
「グラタンが炭水化物www」とさらに笑われた。

「グラ○ロは炭水化物のほうが多いですよ」
「せいぜいパン粉くらいだからwそんなわけないwwww」
「ホワイトソースがなにからできてるかわかります?」
「乳製品に決まってるだろw牛乳とバターだよwwww」
「マカロニは?」
「デュラムセモリナだよ?w聞いたことないの?wwww」

終始こんな感じで冷めた。
一線を越える前でよかった。
「女の子に焼きそばパン好きとか言われると引くなー」
くらいならよかったんだけどなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

599:名無しさん@おーぷん2017/11/09(木)14:17:35ID:Z1K
もう辛い
職場の先輩が嫌いすぎて顔を見るだけで
吐き気がする。

私から男を奪った挙句子供授かって結婚、
子ども自慢しに育休中にも関わらず
職場に顔を出しに来る先輩の気が知れない。

今日ものこのこと子どもを連れて来やがった。
顔も見たくないし、
辛い過去を思い出して涙が出てしまうので
先輩が帰るまで裏にいようと思ったら
事情を知っている上司に

「○さん(先輩)今日復帰の手続きの確認やら
何やらで来てるから、まだしばらくここにいるよ。
辛いならかえれば?」
と言われたのでご厚意に甘えて帰った。

復帰の手続きって事は来年には復帰するのだろうな…
本当に憂鬱…復帰なんかせずさっさと辞めて欲しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

288:恋人は名無しさん2007/01/30(火) 17:21:03ID:1xBD7mvb0

かなり長いですが、誰もいないようなのでコソーリ投下。

登場人物
私A:大学時代の友達と作った小さな会社を寿退社。26歳
彼M:婚約者。大学も会社も別。束縛好き29歳
先輩K男(男性):私が勤めてた会社の社長兼同僚。大学からの付き合い。28歳。
後輩S子(女性):同じ会社の後輩。同じく大学からの付き合い。
私が辞めるにあたって全仕事を引き継いだ。24歳。


とある土曜の朝、以前勤めていた会社の先輩から突然電話がかかってきました。

曰く「仕事の担当が行方不明になった。頼むから代打で来てくれ」との事。
今は辞めた身とは言え、会社は設立から一緒に頑張ってきた小さな所だし、
頼んできた先輩もお世話になった方。
断りきれずに9時から某所の集合に了解してしまったのです。

彼Mは嫉妬深くて、仕事だろうと男性と2人でいる事を好まない人で
先輩Kと出かけた事を後から知られて問題になるのも嫌で事前に説明メールを
2度ほど送ったのですがレスはありませんでした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
172:恋人は名無しさん2010/09/15(水) 13:07:54 ID:zTFs12ED0

元彼が、私の前と友達の前とじゃ全然態度が違う人だった。

当時お互い大学生。別々の大学。
元彼はいわゆる体育会系バリバリのサークルに入っていて
先輩も友達もものすごく男尊女卑な旧態依然とした雰囲気の人たちだった。

元彼は私と二人きりの時はベッタベタに優しくて
ちょっと鬱陶しいくらい甘えてくる人だったし、自分でも
「尽くすタイプ」と自称してたくらい甘甘なタイプだった。

でも先輩や友達の前に出ると、態度が180℃コロっと変わる。
サークルの空気が
「男は女に尽くさせてナンボ」
「女は女中と思え」
「釣った魚に餌はやるな」が
不文律で、彼氏もその手前、女に冷たくあたる男を演じなければならなかった…らしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
576:恋人は名無しさん投稿日:2013/08/30(金) 16:45:04.90ID:80AZctDn0

彼氏につきまとっているストーカーと話し合ったこと。
ストーカーの脳内設定が暴走してて恐怖を感じた。

大学生のとき、同じサークルの先輩(以下彼氏)に告白したら、
「付き合いたいけど今同サークルのA子(彼氏と同級生)にストーカーされている」
「もう少し証拠がたまったらはっきり止めてもらう。A子がそれでも止めてくれないなら出るとこ出る」
「だからそれまでまってて欲しい」と言われた。
そのうちA子先輩がストーカーしてる証拠はたまったんだけど、彼氏が甘ちゃんなので
「A子に最後のチャンスをあげたい。みんなの前で付き合うことを公表しよう!うまくいけばA子も自発的に諦めるはず」
と言い出した。
私はそれに従って、サークルのみんなの前で付き合い始めることを公表した。

このページのトップ