鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

公務員

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
42名無しさん@HOME2007/11/24(土) 20:12:51 ID:0

私は公務員で、結婚後も働いているのだが、
近距離別居のパラニートの義兄とトメにそのことで会うたびにイヤミを言われる。
「税金泥棒」だの「楽して儲けてる」だの。まあ適当にスルーしてたのだが。

先日旦那に頼まれて義実家に旦那の私物を取りに行ったときのこと。
その日は体調が悪く、午後から有給を使い義実家に行った。
すると「あれ?こんな時間にどうしたの?」と義兄。有給使ったこと話すと、案の定
「いいね~公務員は自由に休めて」「さすが税金泥棒w」だのトメと一緒にいつものイヤミ。

いつもなら適当に流すが、体調不良とさすがにウンザリしてきたのでつい言っちゃった。
私「あら~税金泥棒ってwそういう偉そうなセリフは税金をちゃんと納めてから言ってくださいね、
ニートの義兄さん♪」
反撃されると思ってなかった二人は一瞬ポカンとしたが、すぐに
義兄「何だ!その言い方は!俺をそんなのと一緒にするな!俺はな司法試験の勉強をしてるんだぞ!」
トメ「そうよ!嫁のクセに生意気な!!義兄ちゃんは今は立派な弁護士になるための準備期間なの!」

私「そうですか。確かもう8年目でしたっけ?
まあ、頑張ってください。挑戦し続けるのはいい事ですしねw
でも念のために言っておきますけど、もしこのまま落ち続けても、
私と旦那君はお義兄さんとトメさんの面倒を見る気は一切ありませんからね?
お義兄さんたちだって税金泥棒の世話にはなりたくないでしょう?」

義兄「当たり前だ!!誰がお前らの世話になるか!!帰れ!!」
トメ「もう二度と来るな!!バカ嫁!」
その後、ふじこる2人を無視して旦那に頼まれたものを持って帰りました。

仕事がとても忙しく、疲れてる旦那に心配かけたくなかったので
今まで義兄達のことは話していませんでしたが
結局旦那にすべてを話し、「気づかなくてごめん。もう一切関わらなくていいから」と言われました。

読みにくいし、あまりスカッとしないかもですが、個人的に言った後とても心が晴れ晴れしたので。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
350名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)16:33:47 ID:1iMenL6Th
つい最近あった修羅場
築40年のマンションに住むAさん一家(Aさん(40代女性)・父・母)
日曜日の朝、マンションに響く大音響、直後に玄関から飛び出したAさんが半泣きで渡り廊下から飛び降りようとした
大音響に驚いて様子を見に外へ出た両隣の住人が咄嗟に押さえたけど、
あわやAさん含む2名が階下に落ちそうになった(落ちてたら死亡確実)
その後大泣きしながら事情を喚き散らすAさんに対し、父親は憤慨して室内にUターン、母親が必至にAさんを慰めていた

以下、Aさんが語った内容+マンションのスピーカーおばさんの補足による事件の真相

Aさんには幼馴染のBくんがいた。生まれた病院が同じということで小さいころから仲が良く、小中高と同じ学校に進学し、卒業後は結婚の約束までしていた。
高校卒業後、国家公務員となったBくんはAさんの家に挨拶に向かうが、Aさん父母が強硬に反対。理由はBくんが近所の市営住宅に住んで、母親と二人の母子家庭で、大学に行かず高校で就職した国家公務員だから。
当時はバブル全盛期で高校卒業後は大学に進学するのが一般的、高卒で就職するにしても民間で給与の良いところにするのが普通で、就職倍率1%を切っていて給与も安い公務員では娘を幸せにできないというのが父母の持論だった。
AさんBくんは何度となく親を説得するが、Aさんの父母が首を縦に振ることはなく、Aさんも両親と絶縁してまでBくんと一緒にはなれないとのことで、二人の仲はそこまでとなった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
727: 愛と死の名無しさん 2013/09/30 13:47:43
相談です。
相手がアラフォー公務員の男なんだけど、
ブランド・旅行好きって地雷ですよね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
795: 愛と死の名無しさん 2013/12/01 12:06:14
24歳♀大卒公務員
父は他界
母は無職
妹は高校生なのでこれから大学の学費が必要
弟は中学生でダウン症

37歳の俺へ申し込んできた時点で訳有りであると察しは付いていたが
親族の状態が重すぎて
こちらの親族は反対してる。
断るべきか…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
873: 愛と死の名無しさん 2013/09/28 23:23:49
隣の隣の県の男性(7歳年上・公務員・一人っ子)と交際して、双方の両親へ挨拶を済ませた。
遠方の男性で一人っ子という事もあり、私が相手の県へ移住する形で話がまとまっていた。
男性は「移住してくれるのだから専業主婦かパートでいい」と言っており、私の両親の前でもそのように話した。
しかし私の両親に会った直後に向こうの両親と会うと
向こうの母親は「こちらへ引っ越して来たらすぐに正社員になれるように就職活動しなさい」と鼻息荒くしていた。
帰り道で彼に聞くと、「こちらの地元で正社員の職を探せ、僕と母が求人を見て選ぶから」と言う。
前と話が違うね?と言うと、そっぽを向いて口を聞いてくれなかった。

それで職場へ今後の相談へ行ったのだが
上司たち(既婚の男女複数)に呼び出され
「7歳も年上なのに相手は思いやりがない」
「もう少し頑張れば正社員になれるかもしれないから(今は契約社員)今の仕事を辞めない方がいい」
「このご時世、妙齢で新婚の女性を正社員で雇ってくれるところなんて何処にもないよ、相手は世間知らずすぎる」
「あなたが正規で雇用されなかったらどうなるんだろう、義実家から辛く当たられると思うよ」
「恋愛で何年も付き合った仲なら反対しないけど、見合いで、しかも7歳も年上でそれは無いわ。別の人を紹介して貰いなよ」と
かなり猛反対されて、知り合いの独身男性を紹介してあげるよとまで言われて反対されている。

破談にすべきなのでしょうか。

このページのトップ