鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

冤罪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
990: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 16:35:19.02 ID:vplCxBtE.net
スーパーで買い物してレジ通して帰ろうとしたら、オバサンに声かけられて
「ポケットの中身出しなさい!」
って万引きに間違えられた


オバサン、いつの間にか店員さん呼んでて、私を万引きだと指さす
「ポケットが異様に膨らんでる!!」
ってギャーギャーうるさい……パーカーのお腹にポケットがある服着てたんだけど、中身を出せと
とりあえず裏でお話をってオバサンと共に連れてかれて
万引きだ!!これだから若い子は!!そんなみだらな丈の短い服(4Lのパーカーをワンピース風にして下は短パンにタイツ)を着てるのは頭おかしい!!
って騒ぐオバサンの目の前で、事務室の机にポケットに入れてた松ぼっくり10コ広げて見せて、買い物分のレシートとエコバッグ確認して帰してもらった

山の公園で『うわー(゚∀゚*)綺麗な松ぼっくりいっぱーいっ♪』って拾った帰りだったんだけど、20歳の大人が松ぼっくりにキャッキャッしてるのちょっと恥ずかしかったよ(´・ω・`)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1:風吹けば名無し2017/05/12(金) 21:10:43.40 ID:ameCN5300
ca886491


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
226: 名無しさん@おーぷん 2017/04/27(木)20:30:38 ID:b38
吐き出させてください。

朝の電車で痴漢されました。相手は30歳前後くらいのサラリーマン。
服装は露出があるわけでもない、普通の膝丈のスカートでした。

最初は狭いから手が当たってしまっているのかと思って我慢してたけど
途中から指でつついたり円を描くみたいに撫でたりと
どう考えても故意に触っているとしか思えない手の動きになったので
触ってる手を押しのけて「やめてください」と言いました。
叫ぶのも恥ずかしかったので、普通くらいのトーンで。
そしたら「やめてください」の「い」辺りでサラリーマンが「ふざけんなよ!」と絶叫。
ぽかんとしてたら「冤罪ふっかけてんじゃねぇ!」「どこに証拠があんだよ」
「うわ~まさかマジで今流行りの冤罪ふっかけられるとか…やられたわ…」
と続け様に言われました。
「お前自分の一言で一人の人間の人生めちゃくちゃにしていいと思ってんの?」
とも言われて周りの人からもジロジロ見られて、頭が真っ白になって何も言えず…
男の人には、嫌悪したような表情で私を睨んでくる人もいました。

近くにいた女性が
「とりあえず次の駅で降りて、駅員さんを交えてちゃんと話したらどうですか」
と言ってくれたんですが
サラリーマンは
「なんで冤罪ふっかけられた上に会社まで遅刻させられなきゃなんないの?」
と応じてくれませんでした。

最後は
「今回は許してあげるけどさ、
お前みたいに冤罪ふっかける奴のせいでどれだけの男が不幸になるかちゃんと考えな」
「もうこんなことすんなよ」と言って私の頭を撫でると次の駅で降りてしまって…

恥ずかしいのと悔しいのと気持ち悪いのでその場でボロボロ泣いてしまったら
さっきの女性が心配して色々優しく声をかけてくれて、救われました。
でも気持ちの整理がつかず、少しは楽になるかと思って吐き出させてもらいました。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/08(木)20:15:57 ID:CEU
俺が信じられないなら別れるしか無いな!って言って家から追い出しったわ
ざまぁw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
940: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/06/25(月) 21:17:52 ID:zFfWmWWI
1 :6/24 19:33:12.71 ID:NKkQCQ+H0
今日、駅の階段で財布を拾った。中身を見ると現金は全然入ってなくて
すぐにスられて中身を抜かれたあとだと気付いた。
メンドくさいもん拾ったなぁって感じだったのだが、
拾ってしまったものは仕方ない、と駅員に届ける事にしたんだ。
それで改札に向かおうとしたその時。
「あーーー!その財布!」 と後ろから大声がした。
その瞬間俺は、終わった。終わらずともかなりメンドい事になる・・と感じた。

(続く)

このページのトップ