鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

冷めた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
440: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/25(水) 16:47:53.35 ID:PEkBHZX4
百年の恋も冷めたってほどじゃないけど、去年知り合った
札幌生まれ札幌育ちの20代後半の看護師の女の子。

もう顔も性格も体型も趣味も年齢も全てがタイプだった。
向こうも俺のことをすごく良く思ってくれてた。

話していてもすごく良い意味で普通の人だったけど、
びっくりするぐらい教養がなかった。

北海道に住んでいて車で北海道内のすべての道の駅をまわったことがある
と言うけど、そもそも道内で帯広や旭川がどこにあるかすらわかってない。

「え、道の駅をめぐったんだよね?なんで知らないの?」と聞いたら
「ナビ使って行ったから・・・」
いやいや、ナビ使っててもおおよその都市の位置ぐらい把握してるでしょう。
そもそも北海道育ちなのに

回転寿司に行っても「これが好き~」とかいいながらさんまの皿を取ってるけど
それが何の魚であるかもわかってない。

よくよく聞くとバツ4のシングルマザーに育てられてまともに勉強もできなかったらしい。
もしもう少し教養があったなら本気でアプローチしてたのに

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
318: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/20(金) 02:36:28.75 ID:fOtLtXix
親をあからさまに避けられて冷めた。 

デート中、偶然同じショッピングモールに父と母が来ていたようで 
わたしを見かけたと母から連絡が連絡が入った。 

それを彼氏に雑談のつもりで伝えるとすぐさま駐車場へ。 
本当に急に手を引っ張られ、何故と訊いても答えてもらえず。

わたしが何か失言したのか、やらかしたのかと不安になっていたが 
車が発進したと同時にやっと口を開いてもらえた。 
「親に会いたくなかった」と。 
別にわたしは会ってくれとも挨拶してくれとも言っていないし帰ることないんじゃ…
会うのがそこまで嫌だったのか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
72: 名無しさん@HOME 2016/02/07(日) 23:14:24.89 0.net
嫁が抱かせてくれなくて
どうにか現状打破したい。

子供が大きくなるにつれ
回数が減ってきていたが
まだ結婚3年目
出会ってから4年目で
一緒に住み始めてから
嫌なところを見つけすぎて
好きじゃないとかなんとか言われて
好きな人以外としたくないってさw

もう一度惚れさせたいのだが
女心がわからないし
空気も読めないらしいから
少しでも教えていただきたい!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
958: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/25(土) 00:38:17 ID:MH4SO/Sw
豚切 

彼と仕事で一緒に東京に行くとき、 
「東京詳しいから、ホテル選ぶのは任せて。仕事が終わったら行きたい場所だけ教えて」 
と言われたので、「原宿・渋谷あたりかな」みたいな希望を出した。彼の希望は新宿。 
着いてみたら、1日目・新宿、2日目・渋谷、3日目・原宿みたいに宿が取られていた。 

移動のために毎日荷物もまとめなくちゃならず、 
原宿エリアにで碌なホテルが取れなかったため、おんぼろな宿に泊まる羽目になった上、 
そもそもの仕事の目的だったエリアに行くのは遠回りで、大変だった。

任せたのは自分だから責めはしなかったけど、
「次回に東京に来るときは、東京の中心地に拠点を置いて、同じホテルを使うようにしたい」と言った。

次に一緒に北海道に行くことになったとき、自分の仕事がものすごく忙しかったのと、
彼の「今度は大丈夫だから、北海道も行ったことあるし」の強い押しで、ホテル取るのを任せた。

札幌・小樽・富良野・函館、みたいな、北海道のいろんな場所を巡る4泊5日。
札幌で4泊取りやがった。がっくりと冷めた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
439: おさかなくわえた名無しさん 2014/06/22(日) 18:10:35.00 ID:SSrf2z4c.net

旦那との話です
数ヶ月前に、7歳の娘も連れて3人でTDLに行った

娘は昔からディズニー大好きで
その日は娘の誕生日ということで遊びにいった
娘も入り口に着いたとこから大はしゃぎで
すっごく嬉しそうだった

そしたら旦那が
「あーこんな人ごみじゃ疲れるなあ・・・
まったく面倒だなあ・・・
な、○○(娘)も○○(私)もめんどくさいだろ?」
といい、ハアァァァ~~~っ・・・
とわざとらしい大きな溜息をついた。

信じられないようなことを言い出したので、
私も娘も黙り込んでしまったが
忘れることにして中に入った

中に入ってからも旦那は娘に暇さえあれば
「ほらこんなに人ばかりいて疲れるやろ?
つまらんやろー?」


「ほらみてみ○○(娘)、
あんなくだらないもんに何人も列並んでるぞー。
あほらしいからもう帰ろ?」

「ふぁあああ(でかいあくび)・・・
な、○○(娘)。つまらないやろ?
すっごくつまらないやろー?俺もつまらないよー」

「お父ちゃんの大事なお給料を
無駄遣いするからこんなつまらない目にあうんやで?
もう帰ろう、んでもう来ないようにしような?」

と言ってた。最初はあんなに楽しそうだった娘は
次第に元気がなくなり、最後には泣き出してしまった

そして旦那は
「帰りたい帰りたいつまらんわーー!!!
帰りタイヨぉおおおおーー!!!ほいっ!ほいっ!」
パラパラみたいな動きをしながら、
その場でグルグル回って大声で騒ぎ始めた。

周りの目も凄いことになってきたので、
結局そのまま逃げるように帰ってきてしまった
あれ以来娘も元気が戻らないし
旦那への気持ちも少し冷めてしまった

他にもいろいろ旦那に冷めた話はあるけど
これが暫定一番です 
ちなみに旦那は関西人ではありません

このページのトップ