鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

友達

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
778: 名無しの心子知らず 2017/06/05(月) 16:37:56.60 ID:9BU6v5ne
個人面談だった。
娘なんだけど、1年生の時から嫌いな子がいて
(自己中だったりワガママだったり嘘つきだったりで)
2年生になってからその子が原因で近所の海に落ちたことがあった。
近くにいた釣りおじさんたちに助けてもらったから大事にはならなかったけど、
学校でも他にいた巻き込まれた子達の家庭でも結構問題になった。

だから娘はさらにその子が嫌いになっていて、
その件からその子に対してはシカトを貫き通していた。

そしたら、うちの子が娘ちゃんに無視されてるようですって
親が学校に電話かけてきたみたいで、
今日そのことをメインに個人面談で話されたんだけど…。

娘は無視していることも認め、なんで無視するか、という理由もしっかり答えた。
もう許さないし仲良くはできない、と。
担任は許してあげることも大切、と伝えたそうだ。

お母さんとしては、その子とは関わらないで欲しいですか?って聞かれたから
出来ればそうですね、と答えたら
許すことの大切さみたいなのをひたすら話されたよ。

なにこれ担任が言ってることが正しいの?
まさか私が説教?されると思わなかったから驚いた。
一歩間違えてたら死んでたのに。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 2017/01/14(土) 04:04:50.564 ID:dsBKUO1g0
男は3人で女は彼女含めて2人 
LINEで終電逃して帰れなくなったから泊まってるっていわれた 
凄い謝られてるんだけど、これはどう処分すべき?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【1/2】←NOW
【2/2】17:43公開予定


252: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)20:17:15 ID:DAq
妻が、娘(中学生)の学校への送迎をやめるよう要求してきました。
娘は現在私立に通っていて、家から車で20分程度で、私の会社から近いので朝晩私が、どうしても都合がつかない時は従業員に頼んでいます。
バスや電車はありますが、痴漢等性犯罪に巻き込まれるのを避ける為には、車での送り迎えは必須だと考えています。
帰りに友人達とどこかに寄りたいというときは、ある程度の時間を決めて待ち合わせたり、タクシー代を持たせたりして、娘の交友にも配慮しているつもりですし、娘本人からは送り迎えへの不満はありません。
それなのに、妻は娘の送迎を止めろと、性犯罪なんて巻き込まれないし、車での送迎は中学生には相応しくないと言います。
娘の学校には、他にも車での送迎をしている家庭も一定数あり、浮いているわけでもありませんし、大丈夫だろうと電車通学させて痴漢被害等にあったなど、悔やんでも悔やみきれるものでもなく、事実、娘の同級生達も痴漢被害にあっている子がいるようです。
その辺を妻に説明しているのですが、煩い黙れと声を荒げるばかりでどうにもなりません。
果てには娘名義の会社の株を処分するようにと要求してきました。
何故母親が持っていないのに娘が持つのかと泣かれたのですが、元々亡父が会社を株式会社にするときに、
子と孫に株を配ったので、当然配偶者にはありませんし、父の方針として、役員は血のつながった身内か社員からの生え抜きで、配偶者は除外となっていますが、それがどうしても気に入らないと泣き続けています。
娘が高校生になった時点で役員になり、月10万円程度ですが役員報酬が支払われるようになることを、絶対に阻止したいのだそうです。
娘に身の程を弁えさせろと、そのために送迎は許さないし、食事だって差をつけるし、株や役員報酬など以ての外だと、娘をあり得ない程敵視している状況です。
このままでは娘本人に直接危害を加えるのではないかと心配で、正直離婚も過ぎりますが、元の妻に戻るのならと考えて躊躇している状態です。
娘と妻の関係も日に日に悪くなり、今日はとうとう、私立を辞めさせて公立に通わせる言い出しました。
何が妻をここまでしてしまったのかわからないのです。もう元には戻らないのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
713: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/16(月) 21:19:09.33 ID:JqlfsowE
長文なので分割します。

高校時代からの友人=Aが10年前くらい前に鬱病になり休職した。
そんなAを励まそうとAの同僚=Bが旅行を提案。
しかしその旅行が最悪だった。
Aの欲しいものを探す為に何件も電気屋をはしご。
途中で私とBの興味のあるところで足を止めて盛り上がっていると、「早く行こうよ」と言わんばかりの不機嫌顔。
Aの要望でプラネタリウムへ行ったが、当の本人がイビキをかいて爆睡。
Aが疲れているだろうからとBがお茶しようと提案したがなかなかお店が見つからず、やっとお店が見つかりお茶をしていたら、歩き回って疲れたからか「Bが言うから来たけど私は別に来たくなかった」とBのいないところで暴言。
ここまでは「病気だから仕方ないんだ」とガマンした。
Bもあまりにも身勝手なAにガマンしていたようだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
177: 名無しさん@HOME 2011/11/21(月) 17:30:26.04 0
1/6 
ありがとう。纏めてみた。文章おかしかったらごめん。 
年齢は全部当時のものです。 

私子…21才・学生(Aとは違う大学) 
A子…21才・学生 
A彼…22才・学生 Aと同じ大学 

A子は高校の時からの友達で、お互い別々の大学に入った後も、ちょくちょく連絡を取り合ってた。 
そのA子に、彼氏が出来たのが、大学2年の時。それがA彼だった。  

A子が一時期、大学内のモメ事で悩んでいた時(私も頻繁に、電話で愚痴を聞いていた)、  親身に相談にのってくれ、また、同じ研究室だったそうだが、その中でも、頼れる先輩とあって、  A子は好意を抱いた様子だった。  その後ぐらいから、A子から電話で、A彼と出掛けた話とか、こんな所が素敵とか聞かされるようになり、  私子は「はいはい、ノロケ乙www」な感じで、のんびり話を聞くようになっていた。


このページのトップ